TwitterAPI有料化は可能な限り対応予定です。続報あり次第公式アカウントにて報告いたします。
2021年7月1日
福岡県住宅協会(現 福岡県住宅供給公社)が1950・S25年度に建設した畑田団地(福岡県北九州市門司区)の2021・R3年の状況について。
0
タケ@ALL-A @take_all_a

福岡県北九州市門司区の畑田団地は福岡県住宅協会(現 福岡県住宅供給公社)が1950・S25年度に建設した団地だ(竣工時は門司市)。同団地が閉鎖されているとの情報を得て私も2021・R3年6月に状況を確認してきた。 #danchi pic.twitter.com/O4Peo2uN9w

2021-06-30 23:15:28
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

1950・S25年に発足した福岡県住宅協会は、初年度に畑田団地をはじめ福岡県内に9ヵ所の団地を設置している。畑田団地の閉鎖により、当時の住棟が現役なのはおそらく残り2ヵ所程度かと思われる。 pic.twitter.com/5ftRu66pFt

2021-06-30 23:17:18
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

畑田団地が閉鎖された時期は未確認。立入禁止に付き、敷地内には入らず外からの目視にとどまった。今後、建て替えるのか、民間に土地を売却するのかはまだ分からない(たぶん後者ではないか)。 pic.twitter.com/chwEmT9JXD

2021-06-30 23:20:43
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

門司港はかつて貿易港として栄えた街だ。平地が少なく傾斜地が多いという港町特有の地形は門司港も同様で、畑田団地は小高い山の裾野に建つ。北九州市門司区(旧 門司市)の初期の団地は平地の取得が難航したのか、傾斜地の立地が少なくない。 pic.twitter.com/CnfCtRvK2C

2021-06-30 23:23:47
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

それでも幹線道路から横道1本でアクセスできる畑田団地は、利便性に恵まれている方だ。 pic.twitter.com/MTbaqF173F

2021-06-30 23:24:50
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

畑田団地は4階建て(中層棟)と2階建て(低層棟)の住棟が1棟ずつ、計2棟構成の小規模な団地で、中層棟は『福岡県住宅復興誌 I 』によると公営住宅標準設計49A型。2棟とも階段室は南入りで配置されている。

2021-06-30 23:28:25
タケ@ALL-A @take_all_a

窓の上下端に合わせて立面の端から端まで付けられた小庇が、水平性を強調している。階段室の開口部も小庇の幅に合わせており、均質な立面に仕上がっている。 pic.twitter.com/f6iHelLXuA

2021-06-30 23:30:02
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

屋上が開放されていたのは初期の団地ではさほど珍しくないが、階段室塔屋の開口部が格子状なのは県内では畑田団地しか確認していない。また、共聴アンテナではなく個別のアンテナが林立しているところに昔の団地らしさを感じる。 pic.twitter.com/P07zNltXoX

2021-06-30 23:33:32
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

畑田団地(1950・S25年度)とタワーマンションの門司港レトロハイマート(黒川紀章、1999・H11)。半世紀の差がある。 pic.twitter.com/bI0fqrQ45S

2021-06-30 23:34:56
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

上下の小庇に挟まれた帯状部分に窓がほぼ全面的に連なる。49A型本来のプランでは窓とインナーバルコニーが交互に並ぶのだが、畑田団地の場合はインナーバルコニーの開口部にサッシを嵌めているため、まるで水平連続窓のように見える(実際は壁で仕切られている)。 pic.twitter.com/KGXeNaDe1m

2021-06-30 23:41:54
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

『福岡県住宅復興誌 I 』掲載の49A型の平面図を読むと、この変更は後年の改築ではなく、当初からインナーバルコニーを内部化した福岡県独自の設計だったことが分かる。なお、「浴室」と書かれているものの、竣工当時の実情は洗面所兼シャワー室(または洗面器で行水)と思われる。 pic.twitter.com/IYCsP6gxOw

2021-06-30 23:44:19
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

ところで低層棟もあると前述したが、そこへの接近ルートは閉鎖されていて近づけなかった。 pic.twitter.com/7Uju0LuTP5

2021-06-30 23:48:01
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

敷地の外から畑田団地を見る。低層棟の存在がお分かりいただけるだろうか。 pic.twitter.com/UTUTKUilGz

2021-06-30 23:49:37
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

これが低層棟。ツタに覆われて完全に廃墟化している。『福岡県住宅復興誌 I 』には単にCBと記載。つまりコンクリートブロック造。 pic.twitter.com/XTm0ucCfex

2021-06-30 23:52:05
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

私が団地巡りを始めた初期の2006・H18に撮影した低層棟。この時点で低層棟の住民は退去済みで閉鎖されていた。 pic.twitter.com/ZgsQjdUXQM

2021-06-30 23:55:23
拡大
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

同じく2006・H18に撮影した中層棟。 pic.twitter.com/w5Ys7etmYV

2021-06-30 23:56:44
拡大
拡大
0
まとめたひと
タケ @take_all_a

福岡県を中心に、建築・団地・土木・産業遺産などについて、ツイッターにつぶやいたことをまとめています。個人サイトの方は放置中。