志免炭鉱竪坑櫓(福岡県志免町)の補修工事、2020年5月の状況について。
0
タケ@ALL-A @take_all_a

志免炭鉱竪坑櫓(福岡県志免町)の補修工事、2020年5月の状況。2018年10月の工事開始からおよそ1年半。工事の進捗に合わせて徐々に高くなっていた足場が頂部に到達し、櫓が完全に覆われた。 #志免炭鉱 pic.twitter.com/qjWKXM6aQx

2020-06-09 23:54:57
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

2020年2月に見たときはまだ上部の躯体が少し見えていた。ツイッターを検索すると3月末もその状態の写真が上がっているので、完全に覆われたのは4〜5月のようだ。 pic.twitter.com/vjgRPj6ZOF

2020-06-09 23:56:07
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

志免炭鉱の竪坑櫓は、専門的にはタワーマシン型という。ネットや文献に頻出するワインディングタワー型という用語は、実は誤りである。 pic.twitter.com/Qz7UkSjBwq

2020-06-10 00:00:25
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

このタワーマシン型竪坑櫓を外観で分類すると、柱・梁がむき出しの脚部で大きな巻揚機室を支えるハンマーコップフ(ハンマーヘッド)型と、櫓全体が均質なパネルに覆われたビルのようなタイプ(ビルタワー型)がある。前者の現存例が志免炭鉱で、後者は北海道の羽幌炭鉱と空知炭鉱。 pic.twitter.com/ggoo2cPriE

2020-06-10 00:01:38
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

つまりこの補修工事によって、見かけ上、ハンマーコップフ型の志免炭鉱が一時的にビルタワー型へと変貌したわけだ。炭鉱マニアならちょっとニヤリとする話である。 pic.twitter.com/VRh6E2Jlbp

2020-06-10 00:02:43
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

竪坑櫓に隣接する福祉施設シーメイトは、屋外の遊具も含めて5月末時点では新型コロナ感染防止のため閉鎖されていたが(その間も駐車場は開いていた)、6月以降、遊具や館内の諸室は徐々に利用が再開している。 pic.twitter.com/DrhUur2riw

2020-06-10 00:10:24
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

現地に掲示されている工事の説明パネル。工期は2020年10月までの予定。さて、足場が外れたらどんな姿が現れるだろう。おそらく竣工時に近い外観になるのではないか。廃墟マニアは残念に思うかもしれないが、私は楽しみにしている。 pic.twitter.com/GyPzfFB4iK

2020-06-10 00:20:51
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

補修工事によってコンクリートが剥離して落下する危険がなくなるなら、竪坑櫓の上に登らせてくれとはいわないが、せめて櫓の足下やピロティへの立ち入りは解禁してほしいなあ。

2020-06-10 00:26:49
0
まとめたひと
タケ @take_all_a

福岡県を中心に、建築・団地・土木・産業遺産などについて、ツイッターにつぶやいたことをまとめています。個人サイトの方は放置中。