2019年12月7日
UR都市機構の源流、日本住宅公団が昭和30〜40年代に建設した市街地住宅のうち、福岡市内の2019年11月時点における状況について、その1。
0
タケ@ALL-A @take_all_a

最近は団地巡りの頻度が下がっていたこともあり、久しぶりに福岡市内の初期の市街地住宅を見て回ったので報告する。まずは博多区から見てみよう。2019年11月現在、博多駅前2丁目市街地住宅(1971・S46)は住民の退去が既に完了していた。#danchi pic.twitter.com/tANikcr6aw

2019-12-06 23:15:19
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

UR都市機構は、日本住宅公団時代の昭和30〜40年代に建設された市街地住宅について、基本的に「ストック再生」か「土地所有者等への譲渡、返還等」の方針を採っている。前者はおおむね建替か解体で、後者はURの管理を離れて譲渡先の判断に委ねられる。 pic.twitter.com/DpKgV9okaU

2019-12-06 23:16:21
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

博多駅前2丁目市街地住宅をはじめ福岡市の区役所は市街地住宅との併用型が多く、URはこれら全てを「土地所有者等への譲渡、返還等」としている。つまり完全に福岡市のモノとなる。さらに博多区役所は隣の公園に建て替えられる予定だ。住民の退去はそれが理由である。 pic.twitter.com/rt3kpKqvQf

2019-12-06 23:21:12
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

現在は博多区役所新庁舎の設計段階で、今の建物は新庁舎が竣工して移転した後に解体される。2022年度以降の予定。写真は住宅部分の出入り口。団地名のサインは撤去されている。 pic.twitter.com/sMtnv2tyu4

2019-12-06 23:30:42
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

現役時代の出入り口。「公団住宅」と「市街地住宅」の併記はかなり珍しい。通常はどちらか一方(少なくとも私が知っている九州・山口エリアでは)。 pic.twitter.com/GpudIThY7f

2019-12-06 23:32:18
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

サイン類が無くなった後、公団時代の痕跡が見出せるのはマンホール蓋などに刻まれた丸住マークくらいである。 pic.twitter.com/OGFRNbJQJI

2019-12-06 23:36:42
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

なお、博多駅前1丁目市街地住宅(1枚目)と博多駅前3丁目市街地住宅(2枚目)も「土地所有者等への譲渡、返還等」の扱いだが、現時点ではURのウェブサイトに載っているので、URの管理からまだ離れていないようだ(ただしウェブ上で入居の受付はしていない)。 pic.twitter.com/GBzd1RVp07

2019-12-06 23:46:31
拡大
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

博多駅前4丁目第2市街地住宅(1970・S45)は隣地のURアーベイン博多駅前ファースト(写真左)に建て替えられた。跡地には、同市街地住宅の共同事業者だった深見興産がオフィスビルを建設中である。 pic.twitter.com/LwOkaX3dXp

2019-12-07 00:05:53
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

博多駅前4丁目第2市街地住宅 / 深見ビルの解体直前、アーベイン博多駅前ファーストと並んだ景観。撮影は2018(H30)年10月。 pic.twitter.com/jJvM8j9Im6

2019-12-07 00:10:18
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

博多駅前4丁目第1市街地住宅(1969・S44)も「土地所有者等への譲渡、返還等」の扱いだが、住宅はまだUR管理のようだ(ウェブサイトに記載あり)。写真は北立面。 pic.twitter.com/UOFjmAtkQL

2019-12-07 00:17:49
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

2019年11月現在、南側隣地のひとつが更地になって南立面が見えやすくなっている。 pic.twitter.com/1QY4Pw5FkL

2019-12-07 00:19:46
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

博多駅中央街公団住宅(1970・S45)も「土地所有者等への譲渡、返還等」だが住宅はまだUR管理(ウェブサイトに記載あり)の状態。注:市街地住宅でも「〜公団住宅」の名称は多い。旧公団はその辺に割と無頓着だった。 pic.twitter.com/AenNJtL5lH

2019-12-07 00:53:23
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

住宅の出入り口。サインは近年にやり替えている。また、古い市街地住宅は定期借家か募集停止か、いずれにせよ積極的な募集はしない場合が多く、「入居者募集中」を掲げたままはちょっと珍しい。現にここもウェブ上では受け付けていない。 pic.twitter.com/PXniCCR5hm

2019-12-07 00:58:07
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

博多駅南3丁目公団住宅(1965・S40)は民間に譲渡済み。私は把握していなかったが移管されて既に数年は経っているようだ。外観は公団の名作、西長堀アパート(大阪市)の縮小版といった感じ。 pic.twitter.com/wUxrWG8ILq

2019-12-07 01:34:52
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

住宅のエントランス。昔のサインはもちろん撤去済みで、現在の名称は「セレス花野町」。検索したらリフォーム済みの写真を載せた物件情報が見つかった。 セレス花野町 by goodroom goodrooms.jp/fukuoka/detail/ pic.twitter.com/2NRzlPZ3tj

2019-12-07 01:35:41
拡大
0
まとめたひと
タケ @take_all_a

福岡県を中心に、建築・団地・土木・産業遺産などについて、ツイッターにつぶやいたことをまとめています。個人サイトの方は放置中。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?