2021年3月5日
0
bokemontaro @hichachu

高い。したがって、新しいPETトレーサーを用いて、ニューロン優位のグルコース代謝と神経炎症に関連したグルコース消費を区別することができるかもしれない[38]。 本研究にはいくつかの限界がある。第一に、FSSの病因は不明である。本研究の患者は、HPVワクチン接種後、異なる時間間隔でFSS症状を発症

2021-03-04 10:48:19
bokemontaro @hichachu

した。HPVワクチン接種がFSSの一因になっている可能性がある。HPV接種マウスでは、行動反応の変化や海馬CA1領域のミクログリアの活性化が見られた[39]。しかし、海馬の外側では神経炎症の程度が大きく、ワクチン接種とは無関係にFSS症状が発現したという我々の結果[40]は、HPVワクチン接種がFSSの発症

2021-03-04 10:49:31
bokemontaro @hichachu

に関与しているのではなく、むしろ、脳内の視床-辺縁系-脳幹領域で代謝や神経炎症に変化があった場合には、FSSの発症に備えて準備する必要があることを示唆している。第二に、rs6971多型は、[11C]DPA713[41]のような第二世代TSPOトレーサーの問題を提起している。アジア人の多くは多型のパターンが

2021-03-04 10:53:02
bokemontaro @hichachu

中等度のアフィニティバインダーであるため[41]、日本人女性における我々の所見は、多型の影響を受けていない可能性がある。 第三に、[18F]FDG試験では、患者と対照者の間に有意な年齢差があった(患者は対照者よりも若かった)。今回の研究では、若年者の先行データから脳体積に有意な変化は認められ

2021-03-04 10:54:15
bokemontaro @hichachu

なかったが、先行研究では、脳のグルコース代謝は、特に背外側前頭前野、下側頭・梨状野、および一次体性感覚野において、年齢に関連した変化を受けることが示されている[42、43]。 このことは、厳密に年齢を一致させた対照群を使用した場合、FSS群で見られるグルコース代謝の低下がより顕著であった

2021-03-04 10:55:45
bokemontaro @hichachu

ことを示唆している。第四に、我々のサンプルサイズは比較的小さかった。この限界にもかかわらず、我々は厳格な統計学的レベルで群間の有意差を示すことができた。 結論 本研究の結果、FSS患者では、脳内グルコース代謝低下と神経炎症が同時に、脳内の視床下部に存在していることが明らかになった。

2021-03-04 10:56:29
bokemontaro @hichachu

これらの領域における代謝異常および炎症異常と認知機能障害との密接な関係は、FSSの臨床病態生理の理解を深めることにつながる。→治療法についても言及なし。ステロイドなどの抗炎症治療で、臨床的に、脳画像的に一時的に改善が見られたかどうか?FSDなら、その治療により脳画像所見が改善は?

2021-03-04 11:02:14
0
まとめたひと
Cook⚡10月はADHD月間! @CookDrake

公開まとめが増えて自分でも把握しづらいので、サブアカウント(@psy_codex)でざっくりした自己リンク集( http://togetter.com/id/psy_codex )も作っています。大変申し訳ないのですが、通知仕様変更の影響で自分のまとめの通知が追えなくなり、まとめ主へのフォローの殆どを解除しました。あしからずご了承下さい。 新型コロナ後遺症対策まとめ▶https://min.togetter.com/4XjoGav

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?