2020年7月24日
東京オリンピック・パラリンピックのカラーリングを施したガンダムのプラモデル(公式ライセンス商品)についての所感。
0
タケ@ALL-A @take_all_a

本来ならば本日、2020年7月24日に東京オリンピックが開幕するはずが、コロナ禍のせいで1年延期となって、その来年も実施できるかどうか危うい状況だが、ここでオリンピック関連グッズのネタをひとつ投じておこう。東京2020オリンピック仕様のガンダムだ。 pic.twitter.com/Uko8akQ7c9

2020-07-24 00:04:53
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

要するに東京オリンピックのカラーリングを施したガンプラである。キャナルシティ博多のガンプラ公式ショップ「THE GUNDAM BASE FUKUOKA」で見つけた。ちなみにこの色は、組織委員会が関連グッズなどのデザインのベースとして規定した「コアグラフィックス」に基づく。 pic.twitter.com/6XpJk3VayB

2020-07-24 00:06:23
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

オリンピック仕様ガンプラのパッケージ。もちろん公式ライセンス商品で、正確な製品名は「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム(東京2020オリンピックエンブレム)」。バンダイの紹介ページ bandai-hobby.net/item/3852/ pic.twitter.com/EycWPGLQZ0

2020-07-24 00:08:35
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

パラリンピック仕様もある。ガンプラを自由にデコレーションする文化は以前からあるので、これもその一種と見なせる。そもそもSDガンダムやガンダムビルドファイターズといった〈二重のフィクション〉が存在する時点で、ガンダム / ガンプラは何でもアリだと公式側は開き直っているといえよう。 pic.twitter.com/knHlAufj8O

2020-07-24 00:14:02
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

とはいえ、それらはあくまでもフィクションの世界観にとどまっていた。ところが東京オリンピックは現実のイベント。虚構と現実が一体化したこのガンプラは、“クールジャパン” などと持て囃される日本の風潮がよく表れている。 pic.twitter.com/yKPwQHiJH2

2020-07-24 00:15:48
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

もっとも、来年も中止になれば東京オリンピックは幻に終わる。その場合、オリパラ仕様ガンプラは〈フィクションの虚構と現実の虚構〉という倒錯した構図を抱えることになる。下手な現代アート作品よりも批評性があるね。

2020-07-24 00:18:38
タケ@ALL-A @take_all_a

さらに余計なことを言うと、いくらフィクションとはいえ兵器のプラモデルをオリンピックの関連グッズに認めるというのは、平和の祭典としてのオリンピック精神に反しないのかなあ。

2020-07-24 00:20:23
タケ@ALL-A @take_all_a

ハロのオリパラ仕様もあったりしてw まあ、みんな東京オリンピックに一口噛もうとしていたんだね。 pic.twitter.com/4PjhsAtYzn

2020-07-24 00:22:20
拡大
拡大
0
まとめたひと
タケ @take_all_a

福岡県を中心に、建築・団地・土木・産業遺産などについて、ツイッターにつぶやいたことをまとめています。個人サイトの方は放置中。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?