連絡線工事 - Uターン部を繋ぐ
0
戸田プロダクション @TodaProduction

久し振りにレイアウトの大工仕事。何しても大量の汗が噴き出る (^_^;)。 pic.twitter.com/3YvHCYvSCf

2017-08-10 15:33:46
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

M8爪付ナットを初めて使用。今日はこれくらいで勘弁しといたろ。 pic.twitter.com/3cDvkhbozj

2017-08-10 17:25:19
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

今日は地下ヤード入り口の接続路盤を切り出し。色々と考えれば考えるほど、とてつもなく困難で、到底実現出来そうにない気がしてくるのが大いに困る。 pic.twitter.com/3EAiaoMNxs

2017-08-11 18:59:44
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

3日かかってまだ収め方の段取りが決まらない。10個くらい方法を思いつくんだが、どれもが一長一短で悩みまくる。 pic.twitter.com/rkX8MtbVfA

2017-08-13 15:22:28
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

過剰な強度は必要ないけど、途中で「バキッ」と逝ったら最後だもんなぁ (^_^;)

2017-08-13 15:25:03
戸田プロダクション @TodaProduction

夢のレイアウト建設開始日より半年が経過。工事は遅々として進まず。 pic.twitter.com/3TzXQz1yT6

2017-08-20 17:03:37
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

とりあえず、この部分はM8ボルト2本で固定することにした。 pic.twitter.com/1cd11jS2fj

2017-08-20 17:05:58
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

Uターン部連絡線の路盤工事をする前に、地下ヤード入り口線の線路を敷く必要がありそう… pic.twitter.com/hh6sof1z92

2017-08-20 17:10:54
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

げげえぇぇぇぇ??(@_@;) なぜポイントマシンのコードが干渉するんだぁぁ?? pic.twitter.com/gJaOumobPw

2017-08-20 17:53:17
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

これはもう、腹をくくってやり直すしかなさそうだ (^_^;)   上  下  配   か  か  線   ら  ら  コ   直  直  |   す  す  ド   か  か   `   ?  ? 明日以降、乞うご期待 (^_^) pic.twitter.com/xAIADoTImO

2017-08-20 20:10:58
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

結構大変。線路の下のコルクが邪魔で、思ったようにトリマ加工が出来ない。 pic.twitter.com/MPAKpTiNQK

2017-08-21 12:33:05
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ふー、ポイントマシンの配線やり直し完了。テスト結果も良好。 pic.twitter.com/ptaFqVSlvV

2017-08-21 20:29:49
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

しかしまぁ、今になって考えてみると、上から直すんじゃなくて下から直したほうが、今回は遥かに楽だったような気がしないでもない (^_^;)。

2017-08-21 20:45:00
戸田プロダクション @TodaProduction

フレキシブル線路のカーブを決めるのが難しい。色々やってると、内回りと外回り、一体どっちが急カーブなのか?自分でも判らなくなってしまう。馬鹿? (^_^;) pic.twitter.com/kUQMjSROSx

2017-08-23 16:02:38
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

作業してるとゼットソーが無い、平ヤスリが無い、プライヤが無い…という具合に、工具がすぐ出てこなくて困る。使う時間より探す時間の方が圧倒的に長い。

2017-08-23 16:58:18
戸田プロダクション @TodaProduction

結局コルクの切り出しまでで今日の作業を終了。蒸し風呂みたいな暑さに参る。 pic.twitter.com/oVFODhyxOc

2017-08-23 18:41:21
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

未だに複線カーブの大小がピンと来ない大馬鹿野郎なので (^_^;)、今日は実際に複線エンドレスを組んでカーブにおける車両限界の具合を確認してみた。PECO の Code 80 組み線路 ST-17 と ST-19 による複線カーブだとこんな感じ。 pic.twitter.com/bHcSaND8Wi

2017-08-28 17:37:04
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ST-17 が R298.5、ST-19 が R333.4、その差 34.9mm ということは、国鉄車両なら直線区間の複線間隔27ミリをカーブで35ミリまで広げれば十分ということか?

2017-08-28 17:42:28
戸田プロダクション @TodaProduction

いや待て、KATO のユニトラV14内側複線線路セットの場合、カーブは R315 と R282 なので複線間隔は33ミリだな? PECO のフレキを ST-17 並みに曲げる時でも「最低33ミリ」の複線間隔さえ確保すれば大丈夫ということか?

2017-08-28 17:55:46
戸田プロダクション @TodaProduction

ST-17 と ST-19 を2本づつ並べてみた。あらかじめ余裕を見ていたとは言え、路盤のカタチと全然違うじゃん?(^_^;) これを基準にフレキを曲げることにする。 pic.twitter.com/EbviHtcf7z

2017-08-28 18:05:00
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

地下ヤード連絡線のフレキ線路を敷設完了。シビアな車両限界もクリア出来た。 pic.twitter.com/IQiDUrXsnE

2017-08-30 18:10:20
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

地下ヤード連絡線は、電気的に上りと下りが独立することは無いはず。フィーダー線もマイナスコモンで共用出来るはず。「はず」なんだけど、念のため上下線でフィーダーは独立して取り出しておくことにした。 pic.twitter.com/MDjxTQ8oGC

2017-08-30 18:14:35
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

初の「現場」試運転  (情けないほどショボいが、まぁ安定した走り) pic.twitter.com/ynrn3XMCl1

2017-08-30 18:26:12
戸田プロダクション @TodaProduction

9月の段取りを決めるため色々と現地調査。ドッグボーン連絡線の路盤固定用の背板をネジ止めしたら、どうやら地下ヤード進入線の車両限界にボルトの頭が干渉しそうなことに気づいた。 pic.twitter.com/P7XWKADwz6

2017-09-01 20:46:21
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

地下ヤード進入線は台枠に対し出来るだけ「直角」に進入させたいのだが、ボルトの頭を避けるためには若干「斜め」に進入させねばならない。接続部分の処理が大変そう。 pic.twitter.com/9hEgktPrWq

2017-09-01 20:49:01
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

続いてフィーダー線の末端処理。ちょっと位置がズレちゃったけど、まぁこの程度なら良しとする。 pic.twitter.com/aFPQu0Cobp

2017-09-01 20:54:18
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ドッグボーンUターン部の路盤を載せた時点で、車両限界を再度チェック。いつぞや発覚した天井裏コードの干渉も、ポイントマシンの配線をやり直したお陰で解決出来た。 pic.twitter.com/ewMV10Awrb

2017-09-01 21:03:01
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

これで連絡線工事のための準備が整った。しかし、ここを本当に「分割式」で作ることが出来るのかねぇ? やってみないと判らんが、ものすごく心配だ (^_^;)。 pic.twitter.com/KEj59LjVFe

2017-09-01 21:12:20
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

苦労して作ったパーツを組み合わせて「さぁ! いよいよ連絡線の路盤工事だ!」と張り切って作業を開始したのに… pic.twitter.com/IJPGHmSU6X

2017-09-06 16:54:19
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

な・な・なんと!(@_@;) 2ケ月以上も前に切り出した路盤の長さが僅かに足りないことに気づいた時の「虚無感・脱力感」をみんなも感じて欲しい … orz。 pic.twitter.com/hig4LZGLag

2017-09-06 16:57:11
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

これが今週の月曜日(3日前)の出来事 (^_^;)。そのあと「気」を溜めるのに時間がかかってしまったが、諦めてサブロクから新しい路盤を切り出すことにした。

2017-09-06 16:59:58
戸田プロダクション @TodaProduction

何度やってもサブロク合板を切るのはホントに大変。新しく3枚の路盤を切り出すだけで、ものすごく神経をすり減らして大変な労力がかかってしまった。 pic.twitter.com/5yEqXfiTDq

2017-09-06 17:09:29
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

よっしゃ、さすがに6尺なら十分過ぎる長さだ。余分は勾配を合わせたあとで切り落とす。こんなことなら最初からサブロクで切り出しておけば良かった。材料をケチったばかりにドツボにハマる見本。 pic.twitter.com/bCteGI0psQ

2017-09-06 17:25:58
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

失敗した(短い)路盤は、将来別の場所で再利用するつもり。まだまだサブロクを切り出す場面は多いから、やっぱり先にテーブルソーを自作すべきなのかも知れぬ。

2017-09-06 17:28:25
戸田プロダクション @TodaProduction

連絡線路盤工事中。正式な位置決め後、ドッグボーンUターン部をネジ止め。 pic.twitter.com/Cip26hjthn

2017-09-09 15:41:42
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

久し振りにサンダー出動。高さを微調整しながら路盤固定用の背板を加工。 pic.twitter.com/Hsx0bLsM7N

2017-09-09 15:47:19
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

なんとか思った通りのカタチで背板が付いた。剛性もまぁまぁ許容範囲内。 pic.twitter.com/WVMur987gc

2017-09-09 15:54:16
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

あらら、背板の角が割れてるやんけ (^_^;)。あとで短いビスを揉んでおこう。 pic.twitter.com/eVlL3gF5dJ

2017-09-09 16:08:02
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

勾配検討中。もう一枚の背板も切り出さねばならん。ここは焦らず慎重に。 pic.twitter.com/tna1KrwzxG

2017-09-09 16:43:01
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ようやく墨入れ完了。勾配は2.5%を死守 (ただし理論値)。 pic.twitter.com/4domZ9Ofz0

2017-09-09 18:11:46
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

参ったなぁ (>_<)。墨入れ出来たのは良かったんだけど、2枚の背板が接続部分で最大3ミリ近くズレてる orz。長い方の背板のベニヤ板が反っているか、あるいは切り口の直角が出てないのだろう。やっぱ単純な「突き合わせ」じゃ駄目だな? pic.twitter.com/zHNHdObKEW

2017-09-09 18:31:10
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

今日の作業はここまで。接続部分についてはちょっと作戦を練り直す。作業は相変わらず遅々として進まんが、それでも今日は随分進んだ方だと思う。

2017-09-09 18:33:23
戸田プロダクション @TodaProduction

昨日の2枚の背板が最大3ミリもズレてた件、今日は直角ガイドを切り出して長い方の背板にネジ止めしてみた。てこが効きにくいカタチだが、思いっきり締め上げたら良い感じに補正することが出来た。 pic.twitter.com/XtsklD316P

2017-09-10 15:30:12
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

昨日の惨状に比較すれば違いは明らか。こっち側はこれで良しとする。 pic.twitter.com/ADzsuZAoG1

2017-09-10 15:31:49
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

問題は反対側のボルト締め部分だ。ドッグボーンUターン部を台枠にネジ止めしてしまうと、なんとレンチが入らずボルトを緩めることが出来ないことに気づいてしまった。完全なる設計ミス (>_<)、一難去ってまた一難 (^_^;)。 pic.twitter.com/UEu24SMEjy

2017-09-10 15:37:56
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

なんでこんな苦労をせにゃならんのか? きっと「何かが根本的に間違っている」んだと思う。もう少し考え直すことにする。

2017-09-10 15:45:47
戸田プロダクション @TodaProduction

ボルトの頭にレンチが届くよう、思い切って地下ヤード進入線の路盤の一部を切り取り。ボルトへのアクセスは潜り込んだ台枠の下から行なう。 pic.twitter.com/dzQppSzkoh

2017-09-10 19:06:52
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

早速実験。今度は先にドッグボーンUターン部の路盤を台枠にネジ止め。そのあと台枠の下に潜り込んで、レンチでボルトが締め上げられることを確認した。 pic.twitter.com/OEGX9Z6d9J

2017-09-10 19:10:26
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

そもそもなんで地下ヤード進入線の路盤をあんなにデカくしたのか? 余裕をみるにも程があると、もっと早くに気づくべきだった。

2017-09-10 19:17:33
0
まとめたひと
戸田プロダクション @TodaProduction

本名 戸田隆 / Nゲージ 国鉄都会型レイアウト迷走中 / 清く正しい本棚の作り方 著者 / らじるれ郎 作者 / Delphi ファン / ツイートは年寄りの日記です (フォロー非推奨)