大包平と三日月に慈しまれてすくすく育つ、ちい包平(大包平写し)とうぶちか(三日月宗近生ぶ)の毎日。
0
@kirihara_novel

おむつCMで初めてつかまり立ちをしている赤ちゃんを見て「大包三日家のうぶちゃんが立った時もこんな感じか…父上がw」ってなってました。

2020-09-06 21:46:28
@kirihara_novel

大包三日本丸のちいくんとうぶちゃんは古備前の子だったり三条の子だったり。古備前の子だから備前刀が構うとなると光忠やら一文字一家が構いそうな気配wwまあちいくんもうぶちゃんも光忠の作ったミルクで育ってるしな…🤔(大包平父上がいない時は光忠が作ってくれた)

2020-09-07 00:47:35
@kirihara_novel

ちいくんは鶯丸をうぐじいと呼ぶ。伯父ではないのか?と小狐丸が言ったら、おじうえと呼ばれるのは何ともむずむずすると。三条はみんなおじうえ。三日月母上が三条の末っ子だから。きつねのおじうえ、いしきりのおじうえ、いわのおじうえ。今剣はさんじょうのおじうえ。ちなみに鶴丸がつるじいなのは

2020-09-08 00:38:08
@kirihara_novel

鶯丸が、俺がうぐじいなのに何でお前がつるまるどのなんだ、つるじいで十分だ、と言ってちいくんに教えこんだ。鶴丸もつるじいの方が気楽でいいらしい。

2020-09-08 00:38:08
@kirihara_novel

チビ助、月見団子を作るぞ!お昼寝から覚めてぐずぐずと三日月母上に甘えていたちいくんに、大包平父上が声をかけた。つきみだんご?そうだ!母上やうぶちかの分も作る。俺とチビ助とでな!ちいくんはよくわからずに父上を見上げていたが、やがて理解ができたのかぱぁ!と笑った。おだんご!つくる!

2020-09-15 18:05:14
@kirihara_novel

よし、母上にエプロンをお願いしろ。はい!ははうえ、ちいのえぷろんは?ふふ、あいわかった。どれ、ちいのは引き出しに…あったあった、これだ。子どもたち用の箪笥からエプロンを出した母上がきゅ、とちょうちょ結びでつけてくれた。これでよいぞ、行っておいで。はい!いってきます!部屋の入り口で

2020-09-15 18:12:10
@kirihara_novel

待っている大包平父上が笑顔なのがちいくんはとても嬉しい。夏休みの後はまた忙しく出陣していたので、あまり一緒には過ごせなかったのだ。ちちうえは?と寂しげに問われてはなあ、と三日月が優しく笑うので、これはいかんと大包平は休みを取ったのである。父と子のクッキングタイム(監修燭台切光忠)

2020-09-15 18:12:11
@kirihara_novel

ちいくんのエプロンにはちょうちょのアップリケがついてる。うぶちゃんのよだれかけ(あえて)は三日月母上の力強い手描きの紋。

2020-09-15 19:18:15
@kirihara_novel

ちいくんは三日月母上のことが大好きだけど、大包平父上のことだって同じくらい大好きなのだ。だから遊んでもらうのが嬉しくてたまらない。三日月母上に抱きついたら甘やかしてくれるのも嬉しい。ちいくんは愛されてすくすく育っています(永遠の4歳)。

2020-09-15 20:42:16
@kirihara_novel

ちちうえもしゅぎょうにいかれるのですか?審神者から命じられればな。ははうえも?そうだ。…ちい、おるすばん、いや…。ちいくんが今にも泣きそうな顔をするので子連れで修行には行けないのかと考えてしまう大包平父上。

2020-10-09 18:51:34
@kirihara_novel

子連れで修行ってなると、三日月母上はうぶちゃんをおんぶ紐で背負って行くのかなとか考えるよね…🤔

2020-10-09 20:45:30
@kirihara_novel

ははうえ、ちいもかごがほしいです!ハロウィンを前に、大包三日ファミリーが暮らす本丸でも飾り付けが始まった。お菓子をもらえるイベントだとわかってるちいくん、籠がほしいと三日月母上におねだり。さて子どもたちの籠はどこにやったか…と母上が探していると、これだろう!と大包平父上が

2020-10-29 21:44:58
@kirihara_novel

籠を2つ持って現れた。ちちうえ!ちいのかご!よしよし、チビ助にはこれだ。かぼちゃの色をした、可愛い飾りまでついた籠である。買うたのか、背の君。ま、まあな…。いや、責めておるのではない。子どもたちも喜んでおるのだし。そ、そうだろう!どうせなら全力で楽しめばいいと思ってな!

2020-10-29 21:44:59
@kirihara_novel

少し前まで、こんな風に子ども達と関わらなかったはずなのに。もしかしたら甘やかし方を知らなかっただけなのだろうか。ちいくんやうぶちゃんと籠を持ってあれこれ騒いでいる大包平を見ていると、まるで大きな子どもだ。ふふ、大包平、俺にも菓子はあるか?そう言って背中から抱きつくと、

2020-10-29 21:44:59
@kirihara_novel

俺が用意しないわけがないだろう。俺はお前でいいからな。子ども達には聞こえぬように囁いてきた大包平に、子どもの相手だけでなく、俺をここまで喜ばせおって…!!と思わずきつく抱きしめてしまい、大包平が呻いたが知らん顔で笑う三日月だった。

2020-10-29 21:44:59
@kirihara_novel

今日は大包平父上と本丸の裏にあるお山に来たちいくん。お山の色がいろんな色に染まったのが気になって、三日月母上にみにいきたいとおねだりしているのを父上が聞いて、じゃあ連れて行こうかとなったのだ。うぶちゃんが急な寒さに風邪を引いてしまい、ちいくんの相手をしてやれない母上は申し訳

2020-11-03 19:50:30
@kirihara_novel

なさそうだったけれど、弟に母上を譲ってえらいぞ、と父上に褒められたのでちいくんはご機嫌で父上と手を繋いでお出かけである。父上は江戸城探索の隊長で忙しかったけれど、一段落ついたからとお弁当も作ってくれた。カサカサと踏んだら音がする。いつものお山じゃない。ちいくんは歓声をあげて

2020-11-03 19:50:31
@kirihara_novel

走り回った。ちいくんのお顔くらいある大きな葉っぱもあった。父上が作ってくれたおにぎりはちょっとちいくんには大きかったけど、中にはちいくんの大好きな鮭が入っていたので大喜びでひとつ頑張って食べた。綺麗なもみじや銀杏を袋に入れて、母上とうぶちゃんにお土産。存分に遊んだ帰り道、

2020-11-03 19:50:31
@kirihara_novel

父上の背中があったかくておんぶですやすや寝てしまった。また無邪気なこと、愛いなぁ…。抱き受けた三日月母上は愛おしそうにちいくんをお布団に寝かせてくれた。うぶちかはどうなんだ。こちらも眠っているうぶちゃんの頭を撫でて、父上がききます。薬が効いたようでな、もう大丈夫だろうと薬研が。

2020-11-03 19:50:31
@kirihara_novel

そうか、よかった。チビ助が母上とうぶにお土産だと落ち葉を拾っていたから、起きたら聞いてやってくれ。ふふ、あいわかった。そう言うと、三日月はさてと…と大包平の膝に乗り上げて抱きついた。ん?声は出すが、その手は当たり前に三日月を抱きとめる。寝ておる間は、俺に独り占めさせておくれ。

2020-11-03 19:50:31
@kirihara_novel

可愛いことを言う。抱きしめるだけでいいのか?いけず。ふは、冗談だ。今度はふたりで裏山に行かないか?紅葉のうちに。そう言うと三日月の顔がぱっと華やぐ。やれ嬉しや。約束だぞ?ああ、約束だ。もう黙れと言うように唇を塞ぐ。子ども達が起きないように、静かに… #大包三日 #大包三日ファミリー

2020-11-03 19:54:55
@kirihara_novel

夕餉を食べて大包平父上とお風呂にも入って、昨日裏のお山で集めた紅葉を貼り付けるちいくん。好きなように貼ればよい。楽しかった秋の日をこれを見れば思い出すだろう。父上とお山で遊んだことをな。三日月母上は熱が下がって少し元気になったうぶちゃんを抱っこしつつ見守っている。穏やかな秋の夜。

2020-11-04 20:46:16
@kirihara_novel

さんたさんをさがしたい。ちいくんの爆弾発言に大包三日ファミリーの暮らす本丸は騒然。絵本のように赤い服のおじいさんが来るなら、自分も見たいと言う。起きたらおもちゃが置いてあるから、ちゃんとお礼も言いたい。これは参ったな…。遠征から戻った大包平父上、三日月母上から聞いて思案中…。

2020-11-09 20:43:07
@kirihara_novel

ちいくんが?そうか、サンタさんをね…。大包平父上は、パパ友の燭台切ととさまに連絡。さんたくろーすはいるのだと信じている我が子の夢は壊したくない、しかも探してあまつさえ礼が言いたいのだと。どうしたものかと思ってな。大包平父上、同じ父親の燭台切なら何かヒントをくれるのではと思ったのだ

2020-11-10 19:21:08
@kirihara_novel

ねえ大包平さん、クリスマス前にみんなで現代遠征しないかい?先日相談した燭台切から大包平父上に連絡が。現代遠征?そう。サンタクロースが子ども達に会いに来るイベントがあるって主くんが教えてくれたんだ。ちいくんやういちゃんを連れて行って、イブはいいこで待っててって言ってもらうのはどう?

2020-11-12 14:26:42
@kirihara_novel

なるほど。そういうことも可能なのか。うん。ちいくん優しくていいこだね、サンタさんにお礼言いたいとか。まあ当日は世界中の子ども達にプレゼントを配らなきゃいけないから、ちいくんやういちゃんにご挨拶はできないんだよって僕達からも説明しようよ。名案だ、了解した。チビ助は妻にも似たのか

2020-11-12 22:39:35
@kirihara_novel

優しすぎるところがあってな。まあ、そこがまたチビ助の可愛いところでもあるんだが…。大包平さん、ちいくんのこと可愛いくて仕方ないんだね。確かにちいくんはそっちの三日月さんに似てるかも。そうだろう、そうだろう。うん、じゃあまた来月連絡するね。どうせなら一緒に遊ばせようよ。了解した。

2020-11-12 22:39:36
@kirihara_novel

計画はすぐに双方の三日月に知らされた。もちろん、子ども達には内緒だ。まずは審神者に許可を取り、遊ばせる算段もしなければならない。ではこうしたらああしたらと幼子達が寝静まってからの計画。もしかしたらクリスマス前後は例年通り連隊戦があるかもしれない。どうしたものか。

2020-11-13 08:58:56
@kirihara_novel

あまり早くてもさんたくろーすは来ないだろう?その燭台切が言ういべんとというのはいつ頃なのだ?紙に書かれた予定を見ながら三日月母上が尋ねてくる。恐らく例年の連隊戦の開始と前後するあたりになる。俺はまだしも大包平は恐らく隊長で率いることになるだろう?ああ。だがチビ助には思い出を

2020-11-14 21:54:19
@kirihara_novel

作ってやりたい。うぶはまあいつまでも覚えてはいないだろうが…。三日月の手がそっと寄ってきて、風呂上がりの少ししっとりとした大包平の髪に触れた。ふふ、ちいが父上を大好きな理由がようわかる。何だ、急に。幼子の言い分だからと流さず、ちゃんと聞いてやって。夢を壊したくないからと思案して。

2020-11-14 21:54:19
@kirihara_novel

ありがとう、大包平。俺と共にあの子達を育ててくれて。大包平は三日月を抱き寄せる。礼を言うのは俺の方だ。母上などと言われて抵抗もあったろうに。俺と共に子ども達を育ててくれて、礼を言う。ふふ、何だか面映ゆいなあ。額を合わせ、密やかに笑う。そこで大包平の端末が受信を告げる。え?燭台切?

2020-11-16 21:09:26
@kirihara_novel

大変だよ大包平さん!行く予定にしてた2020年はサンタクロースが日本に来ないって!燭台切からのメッセージに大包平は焦る。現世とリンクしているのは今は2020年である。ちい包平にはまだサンタクロースに会いに行くとは言っていないが、これは計画の変更を余儀なくされた。これは参ったな…。

2020-11-17 20:23:05
@kirihara_novel

他にさんたくろーすが来るようなところはないのか?悩む大包平の手元の端末を覗いて三日月も事態の深刻さを知る。せっかく予定していたものを練り直しである。だが連隊戦前に子ども達と遊べる少ない機会でもあるし、この計画自体を中止にはしたくない。前の年に行くのはどうだ?三日月が首を横に振る。

2020-11-19 21:04:47
@kirihara_novel

本丸と現世が繋がっている場所ならいいが、ひととせでも遡るなら子ども達にようない。俺達は過去に行くだけの力があるが、子ども達は耐え切れるかが未知数。我が家だけなら俺達で責任を持つが、燭台切のところの初月もおる。なんぞあって初月に何かあっても、もちろんちいやうぶに何かあっても…な。

2020-11-20 09:12:57
@kirihara_novel

そうなるとやはり2020年の現世に限られるか…。本場のサンタの来日がないだけで、他に似たイベントはないだろうか。どうせなら会わせてやりたいだろう。そうさなぁ…ちいの夢を壊さず、よいこでくりすますを待てるには…。連隊戦になれば寂しい思いをさせる。添い寝できぬ夜もある。三日月としても

2020-11-20 14:27:39
@kirihara_novel

今回は叶えてやりたいのである。刀剣男士に仮装させても、ちいは聡い。すぐにわかってしまうだろう。もちろん初月も。そうだな、チビ助は気づくだろうな。人の子にさんたを演じてもらうにしても…難しいなあ。燭台切の方も困っておるだろうな。明日の夜にでも連絡を取るか、三日月。そうしよう。

2020-11-20 18:31:17
@kirihara_novel

昼間、ちい包平が鶯丸に買ってもらったクレヨンでスケッチブックに絵を描いているのを三日月母上が見かけた。ちい、何を描いているのだ?懸命に色を塗っていたちいくんは顔を上げ、さんたどの!と満面の笑み。くりすますはまだ先だろう?と言うと、れんしゅうして、さんたどのにえをさしあげるのです!

2020-11-21 20:37:54
@kirihara_novel

ん、左様か。上手に描けておるな。ありがとうございます!ははうえ!よいよい。もうすぐ八つ時だ、片付けて手を洗っておいで。はい!ははうえ!練習を重ねて、よりよいものをと思う。幼いのにやはり大包平なのだなと三日月は思う。小さな背中だが背筋は伸びていて。ああこんなよいこの願いは叶えたい。

2020-11-22 19:56:58
@kirihara_novel

よいこのところにやってきてくれるのだろう?さんたくろーすという赤い服を着た老人は。ならばちいやうぶのところに来てくれるべきではないか?三日月かかさまに連絡した三日月母上はそう力説する。そうさな、ちい包平もうぶちかもとてもよいこだ、それは俺も保証する。うちの初月とてよいこだしな。

2020-11-24 20:32:02
@kirihara_novel

そうだな。素直で天真爛漫で、初月もとてもよいこだと思う。そうだろう?だからこそ、だ。ちいの願いは叶えてやりたくてなあ。ふむ…。光忠から聞いたが、現世にさんたが来るいべんとというのはひとつしかないのか?うむ、その本場の外つ国から来るのはな。では日本人がさんたをやるいべんとは?…!!

2020-11-25 17:26:19
@kirihara_novel

三日月かかさまの言葉をヒントに、大包平父上は情報を集めた。もちろん燭台切も。そして日本にもサンタクロースがいるのだとわかった。そのサンタクロースが、子ども達に会いに来るイベントがあることも。日程も連隊戦の前だ。多少余裕もあるようだ。これなら行ける!燭台切と打ち合わせを終えた

2020-11-28 23:40:44
@kirihara_novel

大包平は、子ども達の寝かしつけを終えて戻ってきた三日月に手を広げた。母上の時間を終えた三日月は微笑んで抱きつく。決まったぞ、三日月。まことか?ああ。あっちの三日月の言葉が鍵になったな。宿は燭台切が手配してくれるそうだ。東京のとある百貨店でサンタに会えるらしいぞ。ああ、よかった…。

2020-11-28 23:40:44
@kirihara_novel

さてここからが肝心だ。チビ助と初月にまずサンタがいるところを見せて、あれがお前達にプレゼントをくれるおじいさんだと言い聞かせるところからだな。信じると思うか?信じるだろうな。まず我らのような存在とは違うことに気づくだろう。ならばさんたくろーすだと父上が言うのは本当だとちいは思う。

2020-12-04 23:14:17
@kirihara_novel

ちいも初月も、素直でよいこだ。燭台切も大包平と共に言い聞かせてくれるであろう。そうなれば、さんたくろーすはもうあの子達の中で本物になる。きっと良い思い出になるぞ。楽しみだな。ふふ、と柔らかく微笑む顔は本当の親のようで。ならば新しい装束を用意してやろうか。それはいい。どんな服だ?

2020-12-05 18:55:54
@kirihara_novel

赤いポンチョタイプのコートをお揃いで纏ったちい包平とうぶちか。兄弟でお揃いはなかなかないので、ちいくんは朝からご機嫌。兄上がご機嫌なので、うぶちゃんもご機嫌だ。ちちうえ、おでかけ?どこにいくの?大好きな父上の抱っこでテンション爆アゲのちいくんが可愛らしくて大包平父上の口許も緩む。

2020-12-20 12:37:35
@kirihara_novel

これから東京へ向かう。とうきょう?そうだ、燭台切のところと一緒に遊ぶぞ。初月が来る。ういちゃんもいっしょなの?やった!ははうえ!ういちゃんもいっしょ!うれしい!はっはっ。よかったな、ちい。久しぶりだ、仲良くな?はい!うぶも遊んでもらおうな?三日月母上は少し眠そうなうぶの頬を撫でた

2020-12-20 13:12:02
@kirihara_novel

待ち合わせた場所へ行くと、燭台切がどうやら係の人間に事情を話しているらしく、三日月かかさまと初月がそれを待っているところのようだった。初月は燭台切ととさまが何を話しているかよりもかかさまとの手遊びに夢中で、何やらきゃあきゃあとはしゃいでいる。ちい包平の赤いコートとは対象的な

2020-12-20 18:05:38
@kirihara_novel

青いダッフルコート。こちらは三日月かかさまと親子コーデらしい。燭台切に意識がいかないように腐心しているのがわかる。ういちゃん!大包平父上の腕からおりたちいくん、久しぶりに会えた喜びで駆け寄り、その勢いで抱きついた。ほ?何が起きたか一瞬わからなかったういちゃんが、きょとんとしている

2020-12-20 18:05:38
@kirihara_novel

ういちゃん!ちいのことわすれちゃった?いつも会えるわけじゃない、なかなか会えないお友達。ういちゃんはしばらくちいくんを見つめていたけれど、にこぉっと笑った。ちいちゃ!あたり!覚えてくれておったか、よかった。ちいはういちゃんと一緒だと大喜びでな。まあ時折話はさせておるからな。

2020-12-21 16:37:14
0
まとめたひと
きりはら🕯🌙@右みか(極)職人 @kirihara_novel

成人済兼業主腐。前ジャンル黒バス(右緑)。とうらぶ燭三日最推し、右みかを大体節操なく書く。全方位型光のふじょし。安定のスパダリ、安心のハピエン。アイコンはみけ(@MICHE_POO)さん、ヘッダーはにがい(@nigaikaraiamai)さん作。唐突にスランプに陥るし、軽率に復活する。まとめはmint(↓)にあります。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?