0
るまたん @lematin

コロナになったとき、僕が感じたのは「社会から切り離される」ということだった。医療のケアもなければ、後遺症からの復帰の道筋もなかった。そこにあったのは「お前が自力でなおせば、またこき使ってやらないでもない」というメッセージだ。

2021-06-01 07:18:01
るまたん @lematin

それは、古典的な生-権力、有名なフーコーの定義「人を生きさせるか、死の中へ捨てる」タイプの権力の経験だったのだけど、この権力は新自由主義によって駆動されていて、僕が捨てられそうになったのは高度な統治哲学ではなく、「病院が足りない」という身もフタも事情のせいだった。

2021-06-01 07:18:01
るまたん @lematin

不安の中、身の置き場のなさを共有してくれたのは「難病」と呼ばれるものを患っている人たちだった。けれど、その視線の中には「やっとわかったんですか」「治ったらあなたはまた向こう側に行くんですか」という問いが含まれていた。

2021-06-01 07:18:02
るまたん @lematin

駅のエレベーターが改札から一番遠いところにあったとき、通院で半日がつぶれ、疲労で残りの半日がつぶれたとき、「いつ復帰できますか」と繰り返し聞かれたとき、僕が思ったのはああ、これは覚えがあるということだ。 そういう人たちを気の毒だと思い、でも使えないと思い、結果として切り捨てる。

2021-06-01 07:18:02
るまたん @lematin

そんなことを、僕も繰り返してきたのではないか。一緒にやれることを探すと言っても、それは結果として負担をかけることでしかなかった。ともに社会に参加するというのは、単に健康という傲慢の裏返しでしかない。

2021-06-01 07:18:02
るまたん @lematin

できないことを共有してほしい、というのは多分理不尽なことだ。それは、できる人に負担してほしいということなのだから。 だが、僕はコロナと後遺症のとき、その理不尽の中にしかいられなかった。できないことを認められなければ生きられなかった。

2021-06-01 07:18:02
るまたん @lematin

それができないのは新自由主義のせいなのか?そうだとしたら、僕は生まれた時からずっと新自由主義者だったことになる。 そこに答えはない気がする。維新はさもしい。だが、僕らが直面しているのはそんなさもしさとはもっと違った何かだ。

2021-06-01 07:18:03
るまたん @lematin

それは、生まれること、存在すること、生きることを貢献や進歩と結びつけてしまような何かだ。それを生ー権力と呼んでもよい。

2021-06-01 07:18:03
るまたん @lematin

生きること、生き続けること、苦しみが少ないこと。僕が見落としてきたのは多分そんなことだ。それを見失わないでいられるか。そのために何に抗うのか。それを考え始めている。

2021-06-01 07:18:03
にゃあ @nyaanyaa

@lematin 誰かがそういうのを「私たちは成長という呪いをかけられている」と表現してました。

2021-06-01 09:13:29
三四郎 @kumi70jp

@lematin 感染したのは不幸でしたが、心理的には一大転機でしたね。読んでいるぼくも釘づけになりました。生きるということは会社員になること、と思うことと、会社員の方法で生きていくと決めることとはまったく違う。いろんな方法で生きていく道筋を備えるのは、民主社会のあるべき姿だと気づかされました。

2021-06-01 10:06:37
黒画面 @kurogamenn

@lematin コロナ難民とお呼びしたいくらいです 世界中の紛争で国を追われてさまよう見て見ぬ振りされる人々のようです

2021-06-01 08:35:33
pass_a_round_meridian @pass_around_mer

更に言えば「難病」というラベルすら得られずに支援の谷間に落ちる重篤な病気もあります。例えば線維筋痛症は、今でも診断できる医師は非常に少なく、かつそれ単体では難病の認定は無いようです。 そもそも痛みに無理解な医師が多くて、激痛なのにそれを否定されるという。 jstage.jst.go.jp/article/jjpm/5… twitter.com/lematin/status… pic.twitter.com/sv59mnrVpq

2021-06-01 07:40:14
拡大
拡大
あつまるなköttur-lover22🐱の森 @kottur_lover22

線維筋痛症は、その苦痛から自殺も多い病気。周知されたいです。 twitter.com/pass_around_me…

2021-06-01 07:57:23
ルリポン @nr6IQGSswVgxqqz

@kottur_lover22 @KawatheCathand 知り合いの配偶者が線維筋痛症で闘病の末、自殺しました。知り合いの苦悩は見ていて辛かったです。早く有効な治療法が確立されますように。

2021-06-01 09:10:16
pass_a_round_meridian @pass_around_mer

@kottur_lover22 自分は結果的に線維筋痛症ではなかったけど、症状としては非常に似た状態になり、社会的状況としてもほぼ同じ状態になったのでよく分かります…。 拷問並の激痛、風が当たるだけでも痛いし、文字通り歩けないし、蛍光灯の光すら痛い、まともな診断がない、しかも心の病気扱いされる、公的支援がない。

2021-06-01 08:01:29
pass_a_round_meridian @pass_around_mer

@kottur_lover22 (あ、本当に心の働きや行動の方面で辛い時に精神疾患と診断がつくのは良いのです。自分の場合は、骨折した時のようなどう考えても明らかに身体が痛い状況で、精神疾患ではないことが自明の状況で、単に医師の能力が無いから心の病気扱いされたことが苦痛でした)

2021-06-01 08:10:54
pass_a_round_meridian @pass_around_mer

@kottur_lover22 (自分の場合は長年の仙腸関節不安定性が悪化して、 仙腸関節障害を発症+療養時の姿勢が悪くて同時に頚椎椎間板ヘルニアも発症、前々から複数箇所にあった筋筋膜性疼痛も悪化、という全部整形外科案件で、注射しまくりつつリハビリする日々を1年近くやって復職出来るレベルまで回復しました)

2021-06-01 08:04:52
あつまるなköttur-lover22🐱の森 @kottur_lover22

@pass_around_mer そうなんですね。慢性疼痛は本当にお辛いですよね。少しでも副作用少なく痛みを軽減できる治療法を増やしていかなければと思います。精神科医ですが、微力ながら意識していきます。

2021-06-01 08:10:49

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?