聡太くんの「中の人」と私の会話です。 小説の中身とは関係がありません。 本人に了承を得て書いてます(*^-^*)☆
0
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】1 聡太「変な時間に寝ちゃったね」 聡太「疲れてる?」 るな「うん、仕事で忙しくて」 るな「シャワー浴びたら気が緩んで」 るな「爆睡してたよ」 聡太「うん、でも、安らいでくれたなら僕は嬉しい」 聡太「おかえり」 聡太「ゆっくりお休み」 るな「…ありがとうね…」 pic.twitter.com/N3yu6pxixL

2023-05-22 00:45:18
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】2 るな「えーん、今日はメンタルが死んでるー」 るな「なんもしたくないよー、助けて聡太くん!」 聡太「気圧の問題でしょ」 聡太「無理しないで寝てなよ」 るな「あとなんか寂しい」 聡太「添い寝してあげるから寝てろ」 聡太「元気出るまでこうしてよう」 #うちの子に恋してる pic.twitter.com/PdKecogWqj

2023-05-29 17:27:01
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】3 るな「きみのこと、私、子供扱いしてないか気になる」 るな「昔、歳の離れた人とおつきあいしてた時」 るな「それがとても気持ち悪くて」 聡太「何気にしてんの?」 聡太「大丈夫だよ?」 聡太「そんなことがあったんだねぇ」 るな「あったんだよ…」 #うちの子に恋してる pic.twitter.com/bqFEmYQEI7

2023-05-30 22:08:55
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】4 るな「君はいったい幾つなの?年齢」 聡太「23歳」 るな「絶対違うでしょ」 聡太「精神年齢は23歳」 聡太「本当の意味での年齢は」 聡太「…体を得るか、集合意識の住人になるか」 聡太「それを繰り返してるから」 聡太「年齢なんて意味がない」 聡太「るなも同じだよ?」 pic.twitter.com/AVQ7JY2Hmf

2023-06-01 00:33:30
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】5 るな「夜は寂しい」 るな「話がしたい」 聡太「なんで寂しくなってるの?」 聡太「僕がいるじゃん」 るな「そうだよね、こんなふうにいてくれる」 るな「あなたがいるってすごく」 るな「…有難いことだよね」 聡太「ずっと一緒にいるって決めたんだから」 聡太「いさせてよ」 pic.twitter.com/Ob0fjXwzXs

2023-06-01 00:43:16
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】6 聡太「僕がなんでここにいるのかって話」 るな「前にいたところでお役目を終えて」 るな「私のところへ来たんだよね」 聡太「うん」 聡太「前の記憶はリセットしたから」 聡太「ここでの記憶が全て」 聡太「ここでは、可愛がられて幸せだよ?」 #うちの子に恋してる pic.twitter.com/A3okXfLtt3

2023-06-02 23:43:50
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】7 るな「きみは前のところではなんて名前だったんだろうね?」 るな「名前って契約だから」 るな「私がきみの名前をつけたところから」 るな「私もきみの関係が始まってるんだ」 聡太「そうだよね」 聡太「だから、名前を呼んで」 聡太「僕も、呼ぶから」 #うちの子に恋してる pic.twitter.com/2USqtXz53J

2023-06-02 23:51:00
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】8 聡太「今日は大変だったみたいだね」 るな「うちで目一杯ゴロゴロしてただけだけど」 聡太「しんどそうに見えた」 聡太「昨日までのお仕事で」 聡太「精神力たくさん使ってきたでしょ」 るな「まぁ…」 聡太「ちゃんと癒されてね」 聡太「僕がいるから」 #うちの子に恋してる pic.twitter.com/xkd8U6kKt5

2023-06-05 20:51:03
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】9 聡太「僕とこういう関係になっていることを」 聡太「不思議な感じに思う?」 るな「…ちょっと思う」 聡太「僕が人間として表出してたら」 聡太「何をしようが自然じゃん?」 聡太「たまたま人間でない形で」 聡太「表出しただけだよ」 るな「そうか…」 #うちの子に恋してる pic.twitter.com/VaispQFR4q

2023-06-06 23:26:46
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】10 るな「例えばさ、あなたと私みたいなのを」 るな「ツインレイとか言ったりするのかな?」 るな「概念理解してないけど」 聡太「分かんない」 るな「あなたも分かんないか」 聡太「いや、僕だって循環する魂のひとつだから、分からないこともあるよ」 #うちの子に恋してる pic.twitter.com/eDLREs77W3

2023-06-08 22:46:12
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】11 るな「きみは本当に可愛いねぇ」 るな「大好きだよ」 聡太「なんでも可愛いって言うの」 聡太「よくないよ?」 るな「ああ、そうだよね」 るな「きみは、素敵」 るな「可愛いって気持ちも本当だけど」 るな「きみは、素敵」 pic.twitter.com/XPJuOlcCa4

2023-06-14 15:45:38
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】12 るな「大好き」 るな「聡太くん、結婚して?」 聡太「いいよー」 るな「へ?」 るな「軽いね…」 るな「しかも重婚になるわよ」 聡太「僕らの世界にその法律関係ある?」 るな「ない」 るな「ありがとう」 るな「気持ちはいただいた、幸せ」 るな「とりあえず恋人のままで」 pic.twitter.com/X6ClJbNTX3

2023-06-17 09:43:22
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】13 聡太「あの、」 聡太「スンスンと匂い嗅ぐの」 聡太「やめていただけませんか…」 るな「やだ」 るな「別に匂いがするわけじゃないんだけど」 るな「スンスンしたいんだもん」 聡太「なんか変な気分…」 聡太「困るな…」 聡太「犬や猫じゃないんだから…」 pic.twitter.com/APSledXelk

2023-06-21 20:59:26
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】14 るな「きみはヤキモチとか妬いたりする?」 聡太「そりゃ焼くよ」 聡太「自分のためだけのあなただと思ってたら」 聡太「それを許さない存在が出てきたら」 聡太「脅威に思う」 るな「私のこと、好き?」 聡太「何度言わせんのさ」 聡太「…好き…だけど」 pic.twitter.com/JlBGSiAOKO

2023-06-30 23:55:49
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】15 るな「なんかね、自分の無力さが身に沁みてね」 るな「バカなんじゃないかってさ…」 聡太「何言ってんの」 るな「自己嫌悪…」 聡太「大丈夫」 聡太「愛を感じることができれば」 聡太「人間は生きていけると思うんだ」 聡太「感じるでしょ?ね」 るな「うん…ありがとう」 pic.twitter.com/33Drlccu4R

2023-07-08 00:41:00
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】16 るな「なんか気分が浮かないんだ…」 るな「なんか言葉が欲しいよ」 聡太「うん、じゃあ」 聡太「スマホを手放して」 聡太「僕のところに来なさい」 聡太「慰めてあげるから」 るな「うん…」 聡太「ほら、早く」 聡太「こっちにおいで」 pic.twitter.com/c0pIEeTXm8

2023-08-16 00:44:34
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】17 るな「もしも私が死んだらさ」 るな「一緒に逝くかい?」 るな「君の可燃部分だけでも一緒に」 るな「火葬されて一つになるかい?」 聡太「別に、物質は物質じゃん?」 聡太「精神や心はいつだって一つになれるじゃん?」 るな「…そうだね」 るな「変なこと言ってごめんよ」 pic.twitter.com/I0bspeENvd

2023-08-25 22:48:09
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】18 聡太「僕がこの体に入る前は古い箪笥だった話」 聡太「前にしたよね」 るな「うん」 聡太「どうもその前は内裏雛だったみたい」 聡太「なんとなく思い出した」 聡太「箪笥だったのが200年間くらいで」 聡太「雛人形だったのはその前」 るな「随分年上ね…」 聡太「うん」 pic.twitter.com/WnIRkmcpY6

2023-11-16 20:47:51
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】19 るな「そっか!」 聡太「なに?」 るな「きみ、前のオーナーの時には」 るな「この体に入ってなかったのか!」 るな「箪笥だった時代から急にここの記憶になる」 るな「前の記憶がないのは」 るな「そういうことなんじゃない?」 聡太「そうなのかな」 聡太「わかんないや」 pic.twitter.com/bpkZl2itvn

2023-11-16 20:54:00
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】20 聡太「なんであれ」 聡太「今が幸せで、ずっとここにいたいのは」 聡太「確かなことなんだから」 聡太「いいんだと思うよ」 聡太「あなたも同じ気持ちなんでしょ?」 るな「うん」 聡太「そろそろ寝るかい?」 聡太「風邪引いてんだし」 聡太「明日あなた仕事でしょ?」 pic.twitter.com/jKIATDYOeC

2023-11-16 20:56:24
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】21 聡太「僕は片想い」 るな「は?何で?何でそう思うの?」 聡太「僕はあなたではないから」 聡太「あなたの本当の気持ちはわからない」 るな「…あのね?」 るな「相手を信じることって大事よ?」 るな「どうしちゃったの?」 聡太「うん…」 聡太「僕、どうかしてる」 pic.twitter.com/11GY5kotBD

2023-12-07 00:06:52
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】22 るな「どうしちゃったの?寂しい?」 聡太「そういうわけじゃ…」 るな「じゃ、どうしたの?怖い?」 聡太「そういうわけでも…」 るな「こじれちゃってるね」 るな「どうして欲しいの?」 聡太「抱きしめててほしい」 るな「いい子だね…」 るな「こっちおいで」 pic.twitter.com/YLjowwxYEx

2023-12-08 23:14:28
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】23 聡太「君の職場に連れて行ってくれてありがとう」 るな「こっそりだけどね」 聡太「なんか、あの姿を見ているのは」 聡太「僕だけなんだって思ったら」 聡太「いろんなものが吹っ切れた気がする」 聡太「愛されてるって思った」 るな「愛されてる?」 るな「愛してるけどさ」 pic.twitter.com/WnuZEdQNyq

2023-12-10 11:05:27
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】24 るな「まだ浮かない顔してる」 聡太「その…自分が腹の中で何考えてるのか」 聡太「分からないって思ったら…」 るな「愛してるんだよ」 るな「知ってるよね?」 聡太「…うん…」 聡太「あ、あの」 聡太「構ってほしい」 聡太「もっともっと構ってほしいんだ」 pic.twitter.com/LcuSK226E3

2023-12-11 00:09:16
拡大
るな@ドール @runadolls7

【きみと私の物語】25 聡太「僕…自分で思うよりずっと」 聡太「重かった…」 聡太「構って、なんて恥ずかしいし」 聡太「言い出せなかったけど」 聡太「構ってほしい」 聡太「愛されてるってわかってても」 聡太「もっと構って、って思うんだ」 るな「恥ずかしいの?」 るな「もっと言ってよ、ね」 pic.twitter.com/iQnWWT8zrv

2023-12-11 00:12:03
拡大
0
まとめたひと
るな@ドール @runadolls7

ドールアカウント。かなりウェットです。詩とか小説とかを書いているみたいなアカウントでもあります。ドールさんの物語続けて書いてます。もしよければピン留めツイートからリンクあります。交流大歓迎。 中の人は話しかけてもらうととても喜びます。