アニメのカイジやグラゼニのシリーズ構成・脚本を担当した高屋敷英夫さんについて、色々調べています。
0
まきもgpfb @makimogpfb

「いいのかよ。ここから先は他人の金…くすねてきた金なんだぜ」と、トイレでおっちゃんを止める(カイジ2期11話・ちなみに探求中の高屋敷さん脚本)カイジも好きですね…他人のことを本気で心配し、諭そうとするわけで。 pic.twitter.com/7mdXRUI2zm

2020-02-27 21:22:14
拡大
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

カイジにここまではまったのは、画像1この場面も大きい(カイジ2期13話)。おっちゃんに対してカイジが滅茶苦茶優しく、更に名言も言う。 ゾワッとしたのは、同じ高屋敷さん脚本のチエちゃん奮戦記でも、おじさん&少年/青年が入道雲の下語らう場面があり、それが重なってくること。 pic.twitter.com/DFJc4fuO35

2020-02-27 21:34:06
拡大
拡大
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

自分のツイートを見返して思ったけど、ワンナウツ(高屋敷さんシリーズ構成・脚本)もまた、中年男性(児島)と青年(渡久地)の濃厚な組み合わせなんだな(カイジ2期では、カイジとおっちゃん)。児島さんがあまりにダンディで若々しいから忘れがちだが、渡久地との年齢差は20年くらい。 twitter.com/makimogpfb/sta…

2020-02-27 23:45:58
まきもgpfb @makimogpfb

・カイジ2期:人生の悲喜こもごもを経験し、挫折し孤独を抱える中年男性(おっちゃん)と、感受性が強く、逆境にも強い優しい青年(カイジ) ・ワンナウツ:円熟期の天才プロ野球選手だが、優勝経験がない40代男性(児島)と、鋼鉄メンタルで、どこまでも勝負にこだわる20代の男(渡久地) 少し共通する

2020-02-27 23:53:05
まきもgpfb @makimogpfb

実際、シリーズ構成の高屋敷さんは、他の担当作を見ても、中高年キャラ(特におじさん)と少年/青年の密接な組み合わせを強く描写することが多い。これは同氏が20代の頃の担当作にも見られる特徴なので、個人的な何かによる同氏の「好み」なんだと思う。

2020-02-27 23:57:38
まきもgpfb @makimogpfb

高屋敷さんが好む「おじさんと少年/青年の密接な関係」、ざっと拾った。特にF-エフ-(シリーズ構成・全話脚本)ではアニオリも目立つので興味深い。 画像は、ど根性ガエル(演出)、太陽の使者鉄人28号・グラゼニ・じゃりン子チエ・あしたのジョー2・F-エフ-・ワンナウツ・カイジ2期(脚本)。 pic.twitter.com/2IxDie2NcK

2020-02-28 00:37:11
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

F-エフ-(高屋敷さんシリーズ構成・全話脚本)では、英二郎と、主人公である軍馬の関係を、かなりのアニオリを入れて描写した(そもそも状況設定すら原作と異なる)。英二郎もまた、挫折を経験し孤独を抱えており、そういったおじさんの悲哀はカイジ2期(同氏シリーズ構成・脚本)でも強調されている。 pic.twitter.com/gn0XVS9uU5

2020-02-28 00:57:11
拡大
拡大
まきもgpfb @makimogpfb

バラで言うと、ここらですかね、英二郎と軍馬の関係: twitter.com/makimogpfb/sta… twitter.com/makimogpfb/sta… twitter.com/makimogpfb/sta… twitter.com/makimogpfb/sta… なんというか、原作に無い関係でハッとするものがあったというか、「そういうのもあるのか」という組み合わせでよかった。

2020-02-28 01:09:56

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?