ホットウィール改造 50

KDW#104 EJ1シビック スポコン

HWのEJ7にEGの顔面を移植し、かつスポコンテイストにアレンジ。 バイナルは頂き物デカールを活用、ボンネットにランボドア開閉、そして電飾によるアンダーネオンギミックを搭載。 ホイールもキャリパー固定で回転する。 エンジンはVTECをスクラッチし、固定用の支柱も付属している。

KDW#100 カーボネーター CCレモン

HWカーボネーターのリペイント。 コーラバージョンのカラバリをイメージ。

KDW#099 マイティフォーミュラ (マイティK F1化)

HWのMighty Kを数個のF1とマージ。 ドア開閉ギミックを追加し、HWの極太リアルライダーで〆。 眩しい赤で全塗装し、随所の自作スポンサーデカールとフレイムスで彩る。

KDW#097 リップソー ムーンアイズ仕様

HWのRIPSAWをリペイント+ディティールアップ。 無限軌道の部分に穴を開けて立体感を増強。 銃座は取り去り、代わりに部品を増やして情報量を増した。 全身のムーンアイズデカールは公式品。 おまけ程度のドア開閉ギミックも追加してある。

KDW#096 ゴルフMk7 ムーンアイズFFドラッグ

HWゴルフを塗装そのままデカールでシンプルカスタム。 ムーンアイズ公式+自作で全身を覆い、ボンネットはカーボン調、細部塗装も追加。 タイヤはリアルライダーと海外製の余りをチョイス。 フロントのターボフィンダクトもワンポイント。

KDW#095 ダッジバン フル開閉

HWダッジバンを全箇所開閉可能にカスタム。 Freddy Collectorの動画を参考に作業を行い、ディティールを増やしつつスポーティーにまとめた。 グリルに張り込んだメッキがお気に入り。

KDW#093 サイバートラック ローライダー

名前の通りサイバートラックのローライダー。 マスキングによるピンストライプにハイドロというテンプレ仕様。 ミニトラックをイメージしているのでフェンダー類もクローム化。 またミラーの増設やウィンドウ抜き、モールド追加なども行っている。

KDW#090 LBWK R34 Sexspec風

HWのLBWK-ER34をリペイント。 実験を兼ねて艶々に磨いてからグラインダータトゥーを全身に刻み込む。 更にサイドミラーやマフラーの穴あけなどで各所をディティールアップ。 ウィンドウはロストしてしまったので塩ビ板で作り直し、デカールで彩った。

KDW#088 インパラ アメリカンポリスカスタム

HWインパラSSをUSパトカー化。 パトランプはビクトリアを作った際の余りを活用、いつも通りの部品追加でディティールアップした。

KDW#087 ヘルキャット アメリカンポリスカスタム

HWダッジチャージャーヘルキャットをUSパトカー化。 パトランプはトーラスを作った際の余りを活用、いつも通りの部品追加でディティールアップした。 またエンジンが作りこまれていた為、今回はボンネット開閉ギミックも追加。

KDW#086 アキュラインテグラセダン 丸目

HWインテグラセダンを丸目4灯化。 話題となっていたトランクのモールドを修正し、純正のレッド風に仕上げた。 ボンネットのライン修正は拘りの部分。

KDW#082 スーパーバード レトロSlammed

HWスーパーバードの車高をがっつり下げて街乗り仕様に変更。 リアゲート開閉とアンテナ伸縮のギミックを搭載している。 外装は純正スタイルに纏め上げ、トランク内にはエアサス搭載と内装のノーマル戻しも行った。
くららダイキャスト

KDW#081トヨタバン スピードウィーク仕様

HW TOYOTA VANは上下分割式のキャストだが、下部を取り去ったもの。 所謂 #suraisucar だが、内装をMRエンジンのセンターコンソール化とし、トップスピードを競わせる形と意味を持たせた。 ルーフの18デカールは貼ってる時に割れたが、そのままアートに活用した。

KDW#080 シェビーLUV ドラッグスタイル

HWのChevy LUVをギャッサー風ドラッグレースカーにカスタム 元はベタベタだったものを車高を上げバンパーを追加。 ボンネットは穴を塞いだ上で切り離し、取り外し可能に。 グリル周りも大きく取り去ったので顔面の印象はかなり変わっている。 錆塗装はクリアの失敗をごまかす為に追加した。

KDW#076 EFシビック プロストリート

ホットウィールシビックEFをプロストリートレーシングカーにカスタム。 トラックスタンス風にも見える。 海外製ボディキットで武装し、内装はこれでもかとレーシーなディティールを詰め込んだ。 ボンネットは開閉可能とし、エンジンはフェラーリGTOのものを搭載。 ホイールはTE37をチョイスし、リアにはジャッキアップバーも見える。
くららダイキャスト

KDW#075 EFシビック ローライダーコンパクト

ホットウィールシビックEFをローコンにカスタム。 無論ハイドロギミックを搭載している。 キャンディブラウンにレッドのファントムトップ、内装のカラーチョイスは某セダンのローコンをオマージュ。 リアにはオーディオと手製のプラークを追加した。 ホイールはt'z market製ワイヤーホイールをクローム塗装して装着。

KDW#074 EFシビック チープ系セダン

ホットウィールシビックEFをセダン化。 元々ホットハッチだったものを、Jakarta Diecast Projectの動画を参考にリアをカットして延長、ピラーなどを追加して仕上げた。 内装は北米仕様のノーマルにし、t'z market製エリートニューポートにチープ系の塗装で〆。
くららダイキャスト

KDW#073 EFシビック ホットロッド

ホットウィールシビックEFをホットロッドスタイルに。 フロントを切断し延長、巨大なATELIER C.V.S.製エンジンを魔改造して搭載した。 タイヤはHWのF1からだが、元ボディを捨て去るのが惜しくなり分解して戻せるようにしてある。 ウィングを伸ばし、ドラッグスタイルにてまとめた。
くららダイキャスト

KDW#072 EFシビック スライスカー

ホットウィールシビックEFのボディを半分に切断して車高を下げたもの。 #suraisucar として知られているスタイル。 VTECエンジンはスクラッチで用意し、内装も勿論半分サイズ。 これで走行し、更にねじカシメで固定されている。

KDW#067 D620 ローライダーミニトラックカスタム

HWのダットサン620にダンスベッドを追加しミニトラック化したもの。 荷台は分断され可動ダンスベッドのギミックを装備。Repuのシステムとは差別化を図り根元回転タイプを採用となっている。 シェルはフルスクラッチで用意し、ウィンドウも装備。 足回りはディティールアップに加え可動ハイドロギミック化している。 レーシーだった内装のシートはベッドシートに交換し、ローライダー感マシマシ。 塗装はGXラフ..