Presented by Hana
0
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

1 席替えをした。 私の左隣は、山下○○君になった。 彼とは、挨拶以外でほとんど話をしたことがない。 彼は…彼だけが、なぜか私に興味を示さない。 彼は、この私の前でも平然としている。 私になびかないのは、彼ぐらいなものだ。 絶対にオトす。 私の意地とプライドにかけて。

2022-10-07 11:14:41
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

2 私は、モテる。 と言うか、男子達がチョロいだけ。 まず、物理的な距離を縮めるの。 パーソナルスペースにグッと踏み込む。 “ねーねー…”なんて声を掛けながら。 近過ぎず遠からず、50cmぐらいまで。 普段から男子は私にデレデレだけど、ここまで近付くことで、完全に私の土俵の上になる。

2022-10-07 11:14:41
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

3 最初は距離の近さに戸惑うけど、上目遣いで近付くと、次第に警戒心を解いてくれる。 一気にドキドキしてくれるの。 私を女として見るような目に変わる。 パタパタとシャツを仰げば、胸を見てくるし… スカートをヒラヒラさせようものなら、太ももやふくらはぎを凝視してくる。

2022-10-07 11:14:42
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

4 目線の誘導なんて簡単。 男子達。 女子は、アンタ達が思ってるより視線に敏感なんだからね? あとは、適当に甘い声を出して”××君〜”って呼んであげれば、向こうは”もしかして…井上さんって…”と言う風に勝手に勘違いしてくれる。 苗字ではなく、名前で呼んであげるのがポイント。

2022-10-07 11:14:42
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

5 他には、ボディタッチとかも有効ね。 肩にツンツンと触ったり。 背中をつついたり。 膝の上に手を置いたり。 手を重ねたりなんかも… ゴミを取るフリをして、髪の毛や頬に触ったり… 耳元で小声で話し掛けたりとか。 ほんっと、チョロい。 おかげで、このクラスの男子達は皆私の言いなり。

2022-10-07 11:14:43
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

6 ただ1人。 私のお隣、山下○○君を除いて。 和:おはよっ!○○君! ○:ん…?あぁ… 軽く手を上げるだけ。 凄くダルそう。 むぅ… この私から挨拶してあげたのよ? どうして…この男は… 私になびかないのよ!

2022-10-07 11:14:44
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

7 和:顔色…悪いけど、大丈夫? ここは、心配してあげる優しい女の子アピール。 ○:いつも通りだよ。 んん…っ! 今度は、彼の机の前でしゃがむ。 これで、彼の顔を下から覗き込むような形。 どう? より上目遣いが強調された私の… ○:ふわぁ… 欠伸⁈

2022-10-07 11:14:44
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

8 私の顔… 欠伸が出るほど、興味無い? こうなったら… 椅子を近付けて… 和:ねぇねぇ、宿題やった? ○:ん…あっ…忘れてた… これは、チャンス! 和:見せてあげても良いよ?良い出来だと思うし。 見せて欲しいのなら、見せて下さいって言ってみな? その代わり、私も君にお願いを…

2022-10-07 11:14:44
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

9 ○:井上さんに解けるなら、僕にも解けそうだね。 そう言って、教科書をパラパラとめくり始めた。 は、はぁ⁈ 私に解けるならって何? 私、バカだと思われてるの? ねぇ? そう言うことなの⁈

2022-10-07 11:14:45
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

10 授業中だって… わざと教科書を忘れたフリをして机をくっ付ける。 物理的な距離は、相当近い。 私の土俵。 オトしてやる。 ○:あっ…井上さん… 和:なぁに? ○:そこの問い、答え違うよ? 和:え…あぁ…ありがと…○○君、頭良いんだね!

2022-10-07 11:14:45
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

11 お礼は忘れないし、相手を褒める。 ポンポンとボディタッチも忘れない。 完璧。 キマッたぁぁぁ! ○:いや、そもそも途中式が違う。 和:え… ズイッと顔を近付けてきた。 え…ちょ…近っ⁈ うわ…まつ毛意外と長いんだ… とか、どうでも良い発見をしてしまった。

2022-10-07 11:14:46
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

12 ○:良い?ここの問題は… 和:う、うん… 上下する喉仏。 どこか射抜くような切れ長の目。 大きい掌に長い指。 綺麗な爪。 ツヤツヤした唇。 なぜか、私が終始ドキドキさせられっぱなしだった。 く、悔しい…!

2022-10-07 11:14:46
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

13 だけど、このぐらいで私は諦めない。 消しゴムをわざと彼の方へと落とす。 ○:…? 足元のそれを拾おうと手を伸ばしたのを見計らって、私も手を伸ばす。 ちょこんと触れ合った指先。 ○和:あっ… これでドキドキし… ○:はい。落としたよ? 平然としている。

2022-10-07 11:14:47
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

14 それから、左手で私の手首を掴んできた。 な、何⁈ 上を向いた私の掌に、ポスッと拾った消しゴムを乗せた。 私と彼の掌が触れ合う。 ドキッ… 和:あり…がと… いやいや、何をやられて終わってる! ドキッ…じゃないよぉぉぉ…

2022-10-07 11:14:47
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

15 お昼休みになっても、私は攻撃の手を緩めたりしない。 和:わぁ…お弁当美味しそうだね! ク、クマさん弁当⁈ 箱の中の3匹のクマさんが、私を見てくる… か、可愛い… ○:僕が作ったんだ。 自作⁈ ギャップ萌え… いやいや、何を萌えてるんだ私…

2022-10-07 11:14:48
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

16 ○:あー…良かったら…食べる? 和:え… 私としたことが、ジッと見すぎていたのかも… しかし、この提案はチャンス…! あーん&間接キスが狙える! 彼は、何の躊躇いもなく1匹の顔をスプーンで崩して掬うと、私の口に持ってきた。 ○:はい。 逆あーん…⁈

2022-10-07 11:14:48
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

17 和:いただきます…あ、あー… 美味しっ… 炊き込みご飯だ… 和:じゃあ、○○君も私の… ○:僕は良いや。 和:でも… ○:井上さん、細いからちゃんと食べた方が良いよ。だから、もらう訳にいかない。 何よそれ… 私だけが、一方的にに間接キスもあーんもしてもらったってこと⁈

2022-10-07 11:14:49
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

18 くっ… ガードが堅い… “午後の体育、男女合同だって” 体育委員からのアナウンス。 キた… これは、持てる武器を余すことなく使える…!

2022-10-07 11:14:49
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

19 まずは、準備体操。 自慢のしなやかな身体を念入りに柔軟。 ○○君はどこにいるかな… チラッと確認すると… いた…! いたけど…見事に1人でポツンと余ってる… えぇ… 先生にも気付けてもらえてない… 影薄っ…

2022-10-07 11:14:50
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

20 授業内容は、バレーボール。 男子達は、女子達の跳ねる女の子らしい部分に釘付け。 全く… それは彼も…って… ○:zzz… 寝てる⁈ 嘘でしょ⁈ 女子の体育の授業やるところなんて、滅多に見れないよ? ほらほら、起きて私の活躍を目に焼き付けろ?

2022-10-07 11:14:50
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

21 和:ふぅ…疲れたぁ… ○○君の隣に座った。 ○:ん…ぁ…お疲れ… パタパタと胸元を仰ぐ。 無反応。 髪をかき上げ、汗で濡れたうなじを見せる。 女の子の光る汗… どう? そそるでしょ? ○:タオル…貸そうか?

2022-10-07 11:14:51
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

22 和:え… 私、自分の持ってるけど… ここは、借りちゃおっと。 和:じゃあ、お言葉に甘えて… 顔の汗を拭いた。 ふわっと香る柔軟剤。 めちゃくちゃ良い香り…! 普段の○○君の香りがする… …って、私は何を言ってるんだ…

2022-10-07 11:14:51
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

23 それにしても、どうしてここまで無反応なのよ… そうだ… 最後に伸びをして… 露わになる私のおへそ。 へそチラ…どう? ○:… ○○君は、他の男子達の試合を見ていて、私に目もくれていなかった。 私が試合をしてた時は寝てたくせに… 何? わざとやってるの? ねぇ?

2022-10-07 11:14:52
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

25 週を跨いで月曜日。 とうとう、私の努力が報われたと思えるような出来事が。 この土日の間に、私は生まれ変わった。 眉毛や爪を整え、リップも変えた。 何なら、香水も変えた。 これでガラリと印象を変え、今週中には彼を… 和:ふふ…ふふふ…

2022-10-07 11:14:53
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

26 和:おはよっ、○○君!今日は一段とカッコ良いね! さらりと髪をなびかせ、香りを振り撒く。 ○:変わらずいつも通りだけど… 無反応か… 和:だ、だよね… うわっ… だよね…って、何⁈ 考え得る中で、最悪の返しをしてしまった… それだと、まるでいつも○○君がカッコ良くないみたいな…

2022-10-07 11:14:53
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

27 べ、別に? ○○君をカッコ良いと思ったことはないし…? ○:…? 和:何? フルフルと首を横に振って、目線を前に戻した。 何だろ…

2022-10-07 11:14:53
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

28 授業中も、時折り私に視線をチラチラと送ってくる。 私と目が合う度に、逸らすし。 え… 私、今日どこか変? 顔に何か付いてる? スマホのインカメでこっそり確認するけど、朝のご飯粒をくっ付けたりとかはしていない。 ○:… 和:…? ○:っ… 本当に何なのよ…

2022-10-07 11:14:54
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

29 はっ… もしかして… ははーん… 私に惚れたなぁ…? 今までの反応… 絶対にそうだ…! 勝った…! しかも、このソワソワした感じ… 待って、告白…告白なのでは⁈

2022-10-07 11:14:55
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

30 いつだろ… お昼休みとか? それとも、やっぱり放課後かな…? ○:… ふふ… 見てる見てる… 私を見てる…

2022-10-07 11:14:55
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

31 彼からのアクションが特に無いまま放課後を迎えた。 日直の○○君が、学級日誌を書き終えるのを待つ。 教室には、2人きり。 ほら…わざわざ残ってあげたんだから… これは、私からの最大のアシスト。

2022-10-07 11:14:56
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

32 ○:ふぅ…書けた…って、井上さん⁈ 何…その”え…いたんだ”みたいな反応。 私、そんなに影薄かった? 和:私に…何か言わなきゃイケないこと…あるんじゃない? ○:なっ… 私にここまで言わせるなんて… もうちょっと、男らしい人かと思ってたのに… ○:えっと…

2022-10-07 11:14:56
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

33 モジモジする○○君。 ○:その… あーもう!焦ったい! ○うーん… 何、何なのよ! ○:か、髪…切った…? 和:ほぇ…? ○:あっ…いや…ごめん…僕の勘違いだよね…

2022-10-07 11:14:57
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

34 どうして…それを… 今日は、学校に来てから誰にも”髪切った?”なんて言われてない。 自分から誰かに話してもいない。 和:良く分かったね…切ったよ…2センチだけ…だけどね。 香水を変えたとかの分かりやすい変化よりも、些細な変化に気付いてくれたのは、君が初めてだよ…

2022-10-07 11:14:57
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

35 ○:そっか… 和:うん… ○:似合ってる…可愛いと思う… 和:へっ⁈ ○:あぁ…今日に限らず…もちろん…いつも…可愛いと思ってる… 和:ふぇぇ⁈ ○:じゃ、じゃあね!それだけだから!今日…言おうと思ってたのは… 慌てて鞄を肩に掛けて、教室を出て行ってしまった。

2022-10-07 11:14:58
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

36 … 和:… … キュン… 和:いやいや…ないないない…! どうして、私が○○君にときめいてる訳⁈ でも… 今日1日、ずっとソワソワしていたのは…私の変化に気付いたからで… たったそれだけのことを、ずっと伝えようとして… そう考えたら、急に可愛く思えて…愛おしく感じてしまった…

2022-10-07 11:14:58
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

37 あっ… 日誌、机の上に忘れてるじゃん… きっと…私に伝えるのに、よほど緊張したのだろう… 何それ…可愛い… 和:バーカ… しょうがないから、私が代わりに職員室まで届けてあげるよ…

2022-10-07 11:14:59
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

39 ○:ただいま。 美:遅ーい。やっと帰ってきたぁ… 靴を脱ぐよりも先に、姉の美月に抱き締められた。 ○:姉さん…苦しい… 美:えぇ?何がどう苦しいのか、言ってごらん? 姉さんの胸が… ○:離れてよ… 美:やーだ。離しませーん。

2022-10-07 11:14:59
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

40 僕には、ブラコン気味な姉がいる。 過度にベタベタしてくる姉のおかげで、女性に対する免疫が付いた。 ボディタッチをされても、無駄に美人な姉のと比べればどれも可愛いものに感じてしまう。 そう思っていた。 美:忘れてるよ? ○:何を? 美:おかえりのチュー! ○:しないよ!

2022-10-07 11:15:00
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

41 美:お姉ちゃんと一緒にベッドで寝よ? ○:いやだ。 美:えぇ…良いじゃん! とか言いながら、グイグイと自室へと引きずり込まれそう… めちゃくちゃ力が強い… 美:へへ…合体! ○:誤解を生むような発言は控えて。 合体と言えど、姉のベッドに一緒に入っているだけ。

2022-10-07 11:15:00
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

42 しなやかな手足が、僕の身体を絞める。 ○:苦しいんだが… この姉のおかげで、僕は女性に対する免疫を持っている… そう思っていたのに… 席替えをして、井上さんの隣になってから… ドキドキが止まらないのだ。 彼女は、学校で最もモテると言っても過言ではない。

2022-10-07 11:15:01
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

43 もちろん知らないはずがないし、前から気にはなっていた。 僕は、大多数の男のうちの1人に過ぎないのだ。 やたらと距離が近いし、最近香水を変えたのか、良い香りがするし。 美:最近、隣になったとか言う例の子、どんな感じ? 姉は察しが良く、僕が恋をしていると見抜いている。

2022-10-07 11:15:01
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

44 ○:別に。いつも通りだけど。 好きバレを防ぎたくて、つい素っ気ない態度を取ってしまう。 ○:あっ…でも、井上さん…髪切ったみたいだから…褒めてみた…よ? “女性の些細な変化には敏感でいろ 太ったこと以外には気付け” 姉の教えである。

2022-10-07 11:15:02
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

45 美:ふーん…良い感じじゃん。相手の子の反応は? ○:少し驚いていたみたいだったけど…それ以外は特に… 美:そっか。でも、気を付けなよ?ちょっかいを掛けてくるからって、好きとは限らないんだから。その子…私と同じ香りがする… ○:え…シトラスの香り⁈

2022-10-07 11:15:02
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

46 美:そう言うことじゃない。何?その子、シトラスの香りがするのね。 ○:じゃあ、ブラコンってこと…? 美:そう言う意味でもない。 ○:小悪魔…ってこと? 美:うん。 おい、怖いこと言うなよ… 美:あっ。 ○:まだ何か? 美:避妊はちゃんとしなよ? ○:会話の流れぶち壊さないで!

2022-10-07 11:15:02
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

48 はぁ… ヤバ… 全っ然○○君の顔が見れない。 と言うか、彼の存在を認識するだけで、ドキドキするし… 胸の動悸ってやつ? やだ…私、死ぬの? ○:井上さん。おはよ。 和:ふわぁぁぁぁぁ⁈ ○:え… 私の驚きように、向こうも相当驚いているみたい。

2022-10-07 11:15:03
Hana@妄ツイ学校初等部3年生櫻組 @Hana881221381

49 まさか、向こうから挨拶して来るとは思ってもいないから…さ。 だって、いつも私の方からしてたし… 待て。 落ち着け、私。 彼は、きっと私のことが好きなんだ。 だから、私は慌てる必要なんか無く、堂々と構えていれば良いのだ。 何もせずとも、向こうから近付いてくる。

2022-10-07 11:15:04
0
まとめたひと
櫻・推し沼 @S_shufflecard

昔、私が好きだったモーメント作品をmin.tで復活させる自己満足アカウントです。