Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
2021年4月18日
今まで書いた短い小説と詩とか短歌のまとめです。
0
小泉毬藻 @hacca0505

#生首ディスコのドレスコード 頭蓋には重たすぎるし腹部は無いし 仕方なく あばらにしまう からっぽの体は哀しと拾った実 いっそきみの 糧となりたい 日が巡れども巡れども芽吹かない きみはもしや 果実じゃないのか 肋骨を謎めくきみが ことことと 生きてる時と同じ感じだ pic.twitter.com/toDf0pUnFI

2022-05-15 20:22:38
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#短歌 ねむれない夜の色素は藍色で視神経まで重たく染める pic.twitter.com/NZgXq8e0BT

2022-05-14 23:43:29
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

なんか久しぶりに中谷美紀の砂の果実(youtu.be/f1NSkA3Q3mI)を聴いたので、「あの頃」の憂鬱な感じを思い出して作ってみた短歌 #短歌 pic.twitter.com/e8vp77L127

2022-05-09 16:43:48
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#短歌 曇天と春泥は癒着してあわいのわたしを雨で咀嚼する pic.twitter.com/fvri7T2ZJP

2022-04-28 23:26:06
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#短歌 今生は火花の如く散りたしと ふわふわしてたね不惑のきみも pic.twitter.com/jfcTlXxowP

2022-04-25 16:41:18
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#短歌 あおいろにのまれて毎夜ねてるから 頬にあるのは波のあとです pic.twitter.com/iLHyjRPRPF

2022-04-25 00:05:38
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#短歌 すきなの?と 問えば かぶりをふる君と かすむ月を見ている 真夜中 pic.twitter.com/R5IBRK0KH6

2022-04-23 23:52:28
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#生首ディスコのドレスコード 9/12 奴の死体を解体し、心臓を起点に動脈と静脈を分けて編んで蛇にした。残りは粉砕して冷凍。蛇にはこれを食わせよう。 11/14 蛇は仄かに温かく、無駄に動き回りもしない。最近けっこう懐いてきた。きつい毎日の慰めだ。 2/11 そろそろ餌が無くなる。補充しなければ。 pic.twitter.com/LVU9aMMCpw

2022-01-23 12:50:23
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

彼は何時も笑っているが感情が読めない。会話はほぼオウム返し。 戦略だろうか。居住地のみで括られた、ゴミ箱的な教室で生きるための。 ある日、前の席の人と手紙を交換するという課題が出て、俺は彼に書いた。 ――本当は何が言いたい? すぐ返事が来た。 ――言われなくても分かるから、と言われたけど twitter.com/hacca0505/stat…

2022-01-14 01:39:40
小泉毬藻 @hacca0505

たしかにそこにいる 触れなば飛び跳ね逃げ回る 指先を掠め 手の中で脈打ち すり抜け わらう 人体はほとんど水でできてる、と おまえは言った 心はそこにひそむ魚か 捕らえるには 何を針に? 何を餌に? #詩 #心 twitter.com/hitokakeranoim…

2022-01-09 18:27:21
小泉毬藻 @hacca0505

「わたしたちは夜光虫だ。 動植物で無く、菌類でも無く。 肌に血の色を宿し。 群れて生き物を殺し。 刺激を受けると青白く光らす、魂を」 宵の海辺を歩きながら君は呟いた。僕に、ではなく、どちらかというと自分に。それから、変な事言ったね。と口を噤んだ。 横顔は翳って、表情がよく見えなかった。 twitter.com/A__ugust__us/s…

2022-01-08 18:43:21
小泉毬藻 @hacca0505

#おやすみ名前の知らない人たち 【発火の街】 長いものを書いている方がおられたので、ちょっと長いものを書いてみました。長いわりにオチらしいものは無いけど。 pic.twitter.com/HmohMxPZFn

2022-01-03 22:58:49
拡大
拡大
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#おやすみ名前の知らない人たち あれはコーシュ台座。 あれはぎろちん座。 しっこう人は電波塔の灯。 (罪人は?) 飛行機。 だって地面に落ちてくから。 列車の灯はウワバミ。 地を這いヒトを飲んでるから。 そんなあそびを延々していた、 きみはもういなくなった。 pic.twitter.com/zErnCYzbcV

2022-01-02 11:50:14
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#生首ディスコのドレスコード 【爆心地】 書いてみたのですが、長くなってしまった・これ以上削りたくなかった ので画像にしました(すいません)。 pic.twitter.com/1CB9QFjdQL

2021-12-14 19:58:06
拡大
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#生首ディスコのドレスコード あなたのような人にバレエは無理よ、と先生に言われたので、俺はシニヨンを切って男になり、タバコをふかして街を歩いた。 すると、おまえは人間失格だ、と親に嘆かれたので、喉を切って幽霊になり、夜明けの街をさまよった。 雨が降ってきた。 もう冷たくもなれない。 pic.twitter.com/xfRURLJLHq

2021-11-24 17:00:24
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

――目か耳、どちらか差し出せば望みを叶えよう 天国行きを願う私に、悪魔は笑って言った。 見えず聞こえず暮らす日々、脳裏に浮かぶのは旅先で観た踊り子。 回るたび三半規管に花が咲く。 花畑になった日、きっと狂い死ぬ。 踊り子が、ひとりでタンゴを踊りながら笑った。 #生首ディスコのドレスコード pic.twitter.com/l5Azj8h5wa

2021-11-22 19:46:36
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

ちくいち市場の魚屋の隣にある、店先にたくさんの頭を連ねた店。それが頭屋だ。 「最近は省スペース流行りとかで、腕屋とか脚屋が増えたけど、うちはずっと頭一筋さ」 店主は来る客ごとに吹聴し、ひときわ見目麗しい頭をポンポン叩く。その度、乾いた良い音が市場に響き、客は感心して買っていくのだ。 pic.twitter.com/26AG4SiO41

2021-11-07 01:32:00
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

引用RTの続きなSS (前にポイピクに投げたけど、まとめに追加したいので) twitter.com/hacca0505/stat… pic.twitter.com/DOYPRrJEdI

2021-10-30 17:33:50
拡大
拡大
拡大
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#生首ディスコのドレスコード さなぎはさなぎのままでいて。と、僕は言った。薄黒く体が透けている、毛羽が毛穴みたいな布地が、時々ぴくぴくするところがリアルにさなぎだ。 渚に棄てたさなぎを、すぐ巨きな波が来て飲み込んでいった。 しあさってには魚の餌だ。 羽化なんかしなきゃ良かったね。 pic.twitter.com/aDxrzzSeW8

2021-10-24 14:07:40
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#生首ディスコのドレスコード 言われるまま、背中の肉的な硬さの突起を引き下ろした。途端に塩素と潮の臭いがする、ねとつく液体が溢れてキリが無い。 これだから自称サバサバ系は。 悪態をついて元に戻すと、妙にすっきりした顔をして、割とこういうとこあるんよ。と言う。 今度は火をつけてやる。 pic.twitter.com/tN8aPweA0t

2021-10-24 14:07:06
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

#幻想戯言 連なった丸い指を 優しく摘む 傷から露が零れ にごった水面へ とろとろ流れ 筋を引き うずまき 閃光を放ち そのたび 手のなかで 摘んだ指が ピンク色に光っている おまえの感覚器に とてもよく似ている twitter.com/AtsushiOgita/s…

2021-10-20 01:24:35
小泉毬藻 @hacca0505

#140字小説 【長い長い冬眠】 たしか春先に、Twitter上の詩のコンテストに出そうと思って書いたものの、なんか春らしくないなと思ってボツにしたやつを再発見したので投稿(秋なので)

2021-09-11 23:07:35
小泉毬藻 @hacca0505

色づく葉が満開の頃 深みの森で 不思議な人に会った 太陽はまだ頭上 帰るには惜しい温かさ 私達は朽木に腰掛け話し込んだ 山の事、森の事、村の事、ヒトの事 また会えますか 帰り際聞くと 春になったら、と その人は眠そうに言った 白い花が満開の頃 山からきた熊が撃たれた 春が来ると思い出す

2021-09-11 23:07:35
小泉毬藻 @hacca0505

上空を通過する海鳥が鋭く鳴いた。 海は白く波だっている。 ――嵐が来ます 君は言った。 魚のように黒く澄んだ目が、遠くをじっと見ている。 やがて雨が降り始めた。 ――季節が変わりますね 君は濡れた靴下を脱ぎながら笑った。 逃げ込んだ高架下の砂は未だ、温かかった。 #言葉の添え木 「海辺」 pic.twitter.com/75QAKJO9cK

2021-07-25 00:43:17
拡大
小泉毬藻 @hacca0505

車ごと海へ突っ込もうと出かけた。熱さがべとつく夜だった。 でも海は案外遠く、僕たちは疲れきって路肩で眠った。 目覚めると外は青みがかり、静かな風が渦巻いていた。 身動ぎした時、君の腕に触れた。湿った肌に生を感じる。 海は未だ冷たいかな。と君が呟く。 かもね。と僕はエンジンをかけた。

2021-07-24 21:58:59
小泉毬藻 @hacca0505

#140文字小説 「黒の三角関係」 (リプ欄にタイトルとかタグをつける形式だと予約投稿できないのか……)

2021-06-10 12:39:01
小泉毬藻 @hacca0505

標的の写真を見た時、ひどく胸が軋んだ。 暗黒街に馴染む前、密かに想っていた同僚だった。 「断ったらどうなる」 「他を当たるまでさ」 俺は汗ばむ手で写真を懐に収めた。 「期待しているよ、坊や」 依頼主の声が耳腔をくすぐる。 見ると、かつて自分の目の中に見た、甘い色を宿した目が間近だった。

2021-06-10 12:39:01
温信(harusino) @barocco2355

巨い車輪が回っている。とめどなく雫をふりまいて回っている。その周辺で犬が己の尾を追って回転している。8匹近く。巨大な渦の周りで逆さまに小さな渦が回っている。犬の爪がツツツツツ……とせわしく音を立てる。連なるツツツ音が車輪を回している。車輪回転音は空間を規律正しく刻み続けている。

2021-05-27 19:23:43
温信(harusino) @barocco2355

月は日の光をうけて輝く 然し光の中に居る時 地上から姿を消す 地上から月が消えた時 日と月の狭間に居たら 何が在るだろう 網膜を焼く光 身を融かす熱 真空を割く放電の軋み 7分40秒間の …… 空と地の間に 曇天が延々横たわる 今日は 日も月もみえない #詩 #日記 【蝕】

2021-05-12 17:15:39
温信(harusino) @barocco2355

蛹化した君が孵るのは 月がぐるりと巡った日 僕は毎朝、蒸留水に シオネールを含ませて 脈打つ皮に噴きかける 淡紅の薄皮が 微かに震えて悦んでいる 予定通り君は羽化した 先生に手を引かれ 廊下をソロソロ歩く 白い患者衣を着た君は 花嫁に似ていた 僕は淋しくて 5秒以上 見ていられなかった

2021-05-05 00:40:56
温信(harusino) @barocco2355

みっしりした青空が、四角い建物を両側に備えた道の上に伸びている。 バスを待っていると、青色の羊羹みたいな空だね。と老人に話しかけられた。下向きの皺がはしる顔は正四角形をしている。 やっぱりバスも四角だろうか?と思っていたら、不定形のバスが来た。 そこまではきっちりしていないらしい。

2021-05-03 18:35:54
温信(harusino) @barocco2355

眠りから覚めると波間を漂っていた。 水は温く波は静かで、空には日も月も星も無い。ぼんやり暗い空である。 銀河を突き抜けた時に在る空間はこんな風だろうか。 そう思った時、眼前に深い闇が広がり始めた。 怖くなって振り返る。 遠くに何故か懐かしさを覚える光が見える。 もう引き返せそうにない

2021-04-30 01:05:53
小泉毬藻 @hacca0505

#日妖品 縁日で買った硝子のコップが変なのに気づいたのは夏の盛りだった。 日なたに一日置いていたのに痛いほど冷たく、底を拭うと濡れているのだ。 少々不気味だが夏にはイイ。と思って冷凍庫で更に冷やした。 しばらくして取り出すと、コップは黄色く濁っていて、手のひらで解けて消えてしまった。

2021-04-28 21:00:55
小泉毬藻 @hacca0505

「満月は頭部である」 彼女は厳かに言う。 歩道橋の途中に佇む頭上に、満月がある。 「確かにここから見るとそう見えるかも」 下から僕が答えると、彼女はこちらに背を向けて空へ両腕を捧げた。 小さな手の中で光る月は、春のたましいのような気がした。 そのまま彼女は階段を昇り、月と合体した。

2021-04-28 00:12:30
小泉毬藻 @hacca0505

#日妖品 古い友人が送ってきたのは、彼がよく描いていた模様のシャツだった。 手に取ると普通の布より温かい気がした。 翌日は雨で寒かった。 早速シャツを着てみた。 背からうなじへ、何かが這う 慌てて鏡を見ると そこには 何も無かった 数日後、彼の死を知った。 命日は荷物が届いた日だった。

2021-04-23 13:00:08
小泉毬藻 @hacca0505

夜が更け灯りが落ちると、車内は静まり、走行音だけが淡々と響いていた。窓では満ちた月が白く光っている。 ついたらきっと海に行こうね、と僕は目を瞑って言った。 窓際で友人は曖昧な返事をした。 夢現に、窓から忍び込んだ月色の蟹が彼の唇へ潜り込むのを見た気がした。 海へは、独りで行った。

2021-04-18 10:13:33
小泉毬藻 @hacca0505

夜 座っている 猫が膝に乗り 爪を立て しがみつく 地響きに似た 喉の音と共に 私の体は前屈し ついに 猫ごと 折り 畳まれ 人皮と 猫皮の 塊になる そういう夜が 来る気がする #詩

2021-04-16 00:50:21
小泉毬藻 @hacca0505

その街は殺伐としている。 やたら爆発するのだ。人や動物が。街のあちこちに血溜まりがある。 主である男に僕は、動物が嫌いなのかと聞いてみたが黙って鋏を磨くだけだった。 僕は彼を理解できない己の感性が苦しくて、街を出る事にした。 彼は去り際に胡瓜をくれた。 意外と優しげな目をしていた。

2021-04-09 22:44:46
小泉毬藻 @hacca0505

今年初の耳鳴りがした 雨だれが、屋根を叩く日 通奏低音が 体内と 天井を 叩いている あわいを とめどなく日が流れる オルゴールの円筒に すこし似ている ゼロ時を過ぎると 節くれた巨な手が ぜんまいを、ぎこぎこと、 また、巻く #詩 twitter.com/KIYOMIZU45/sta…

2021-04-05 20:57:07
小泉毬藻 @hacca0505

触れられると 噛む (撫でて欲しい) 日暮れの光りに包まれ 噛む 黄色い牙の下 砕ける 気高い憎しみが 明日は来ない 独り 今日に残され 野犬は憎しみを噛んでいる ヒト世界を 傷つけぬよう ヒト世界で 生きるからには

2021-04-02 22:47:13
小泉毬藻 @hacca0505

遅番の帰り、小さな生き物を拾った。猫だと思ったが、よく見るとフクロウみたいだった。 手当てして水とツナ缶と一緒に箱に入れると、オズオズと飲み、食べ始める。 何とか平気そう?と安心して寝ていると、いつの間にかフクロウが傍にいた。 その目は水色で、いくつも光が漂い、宇宙そのものだった。 pic.twitter.com/l1oisdAaJb

2018-12-09 08:51:31
拡大