長文注意
0
Rootport 𝄇 @rootport

新人賞で落選しちゃった、という読切マンガをネットで見かけた。画力も高いし演出力もある。キャラも魅力的だし、ストーリーもきちんと「掴み→中盤→クライマックス→オチ」がまとまっている。これで落選するの!?と驚いた。が、反面、「ログライン」の重要性は感じた。

2022-02-05 20:34:48
Rootport 𝄇 @rootport

Q.「ログライン」って何? A. ストーリーを1~2行でまとめたもの。たとえば友達に好きな映画やマンガを勧めるときに、長々とあらすじを解説しても飽きられちゃうでしょう?一発で友達に「見たい!読みたい!」と感じさせるような一言の紹介。「何をするお話なのか」が分かるもの。それがログライン。

2022-02-05 20:36:53
Rootport 𝄇 @rootport

たとえば『鬼滅の刃』なら「心優しい少年が、家族を鬼に皆殺しにされてしまうが、鬼化した妹を人間に戻すために親の親分を倒しに行くお話」だ。『ヒロアカ』なら「誰もが超能力を持ちヒーローが当たり前に存在している時代に、何一つ能力を持たない男の子がスーパーヒーローを目指すお話」だ。

2022-02-05 20:40:22
Rootport 𝄇 @rootport

良いログラインは「誰が何をするお話」なのか明快だ。また、興味をくすぐられる〝皮肉〟がある。「心優しい少年なのに、鬼の親分を倒すの?」「能力を持っていないのに、スーパーヒーローを目指すの?」こういう皮肉やギャップを目の前にすると、誰でもこう感じるはずだ。「一体、どうやって!?」

2022-02-05 20:43:20
Rootport 𝄇 @rootport

最近読んだ読切マンガでは『ほうしょうぶしゃくらいいこ』が優れていた。この作品のログラインは「不登校になるほど滑舌の悪さにコンプレックスを抱いていた少女が、放送部員になるお話」みたいな感じになるだろう。 「滑舌が悪いのに放送部?何が起きるの?」って感じる。 shonenjumpplus.com/episode/326975…

2022-02-05 20:49:06
Rootport 𝄇 @rootport

重要なことは2つ。①ストーリーのすべての要素はログラインを実現するために存在すること。そして、②ログラインと関係のない要素は極力削ることだ。 いやまあ、100話を超えるような長期連載の大河ドラマなら、ログラインと関係ない「息抜きの回」があってもいいんだけど…。

2022-02-05 20:52:01
Rootport 𝄇 @rootport

50p前後の読み切りでは、ログラインに関係ない要素を盛り込むことはかなり難しいと思う。文字書きにも分かりやすいように喩えると、マンガ約50pは、小説で言えばざっくり5000~1万字程度の短編ぐらいの尺しかない。遊びを盛り込むよりは、削りの技術が問われる世界だ。

2022-02-05 20:54:44
Rootport 𝄇 @rootport

ログラインが決まるとクライマックスが決まる。ストーリーの一番〝エモくなる瞬間〟に、どんなエモさを読者に提供したいのかが決まる。『ほうしょうぶしゃくらいいこ』なら、滑舌の悪さというコンプレックスを乗り越える瞬間の〝あの感じ〟だ。作者が、読者に感じさせたかった〝エモさ〟だ。

2022-02-05 20:59:11
Rootport 𝄇 @rootport

〝あの感じ〟〝あのエモさ〟を読者に感じさせるにはどうすればいいか?を考えていけば、クライマックスシーンが決まるはずだ。

2022-02-05 21:00:53
Rootport 𝄇 @rootport

ログラインが決まれば、クライマックスが決まる。 クライマックスが決まれば、エピローグが決まる。 エピローグが決まれば、冒頭の〝掴み〟が決まる。 あとは物語上の必要な情報を整理して残りの〝尺〟に組み込めば、プロットができる。物語作りは本質的にパズルだ。

2022-02-05 21:02:29
Rootport 𝄇 @rootport

で、くだんの落選しちゃったマンガに戻ると(俺は)お話がとっちらかっている印象を受けた。審査員が何を考えたかは分からないけれど、「何をしたいマンガなのか」がぼやけているように感じた。 (つっても、もっとヒドい完成度で連載しているWEBマンガなんて山ほどあると思うけど)

2022-02-05 21:07:57
Rootport 𝄇 @rootport

お話がとっちらかった印象になったのは、おそらくログラインが弱いからだ。「これは何をするお話なのか」を言語化せずに、ネームを切っているうちに「やりたいこと」を全部詰め込んでしまったのだろう。料理で例えれば、チョコレート寿司カレーパフェみたいな感じである。

2022-02-05 21:09:55
Rootport 𝄇 @rootport

とはいえ、世の中には「カレーハンバーグドリア」みたいな、やりたいことを全部詰め込んだ上できちんとまとまった作品もあるので、一概には言えないのですけれども。

2022-02-05 21:11:22
Rootport 𝄇 @rootport

Q. エピローグが決まると冒頭の〝掴み〟が決まるのはなぜですか? A. 物語の冒頭とは「疑問形で描かれた結末」だからですよ……フフフ……(意味深な微笑み)

2022-02-05 21:20:18
Rootport 𝄇 @rootport

物語の冒頭部分は、ただ読者の興味を引く〝掴み〟があればいいわけではない。物語全体を暗示するようなものであるほうがいい。 (まあマンガでは〝掴みの強さ〟が優先されがちなのだけど)

2022-02-05 21:22:37
Rootport 𝄇 @rootport

物語とは「変化を描くもの」だ。誰かの/何かの時間的変化を描いたものが、物語である。 そして、冒頭と結末が対になるようなよく似たシーンだと、読者はその変化をより強く、より明快に感じ取ることができる。物語を読んだぞ!という満足感が高まる。

2022-02-05 21:24:35
Rootport 𝄇 @rootport

たとえば『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の冒頭と結末では、マーティの家族がどれほど変化したのかが対比されている。マーティが30年前の過去で経験した冒険の結果が分かる。観客は「あのタイムトラベルには何の意味があったのか」をハッキリと認識できる。タイムトラベルしてよかった、と思える。

2022-02-05 21:27:36
Rootport 𝄇 @rootport

『ほうしょうぶしゃくらいいこ』は、その点でも完成度が高い。この作品の1ページ目には①スピーカーから流れる校内放送、②無口な主人公、③主人公のリボンという、物語上の重要な要素がすべて詰め込まれている。さらに、最後の1ページと対になっている。

2022-02-05 21:30:45
Rootport 𝄇 @rootport

冒頭ではスピーカーから流れてくる声を聴いているだけだった主人公が、ラストシーンではスピーカーの向こう側・放送室の側にいる。これ以上明瞭に〝主人公の変化〟を描く演出は、そうないと思う。

2022-02-05 21:32:07
Rootport 𝄇 @rootport

『タイタニック』のログラインは「乳繰り合っていたら船が沈んだ」という分かりやすいものだったからヒットしたんだな!…という冗談めかしたご意見を頂戴しましたが、素晴らしい!かなり良い線を突いています!!『タイタニック』はお手本として、脚本がよく研究されている映画の1つです。

2022-02-05 21:39:27
Rootport 𝄇 @rootport

『タイタニック』のログラインは「貧乏な絵描き志望のイケメンと、望まない結婚を迫られているお金持ちの女の子が、沈む運命にあるタイタニック号で大恋愛をする(乳繰り合う)お話」……みたいな感じになるはずです。ここに詰め込まれた〝皮肉〟の鮮やかさと分かりやすさときたら!最高ですよね!

2022-02-05 21:41:29
Rootport 𝄇 @rootport

「貧乏な絵描き志望のイケメンと、望まない結婚を迫られているお金持ちの女の子」の組み合わせだけで、すでに強い皮肉があります。絶対に結ばれるはずのない二人をカップルにするのは『ロミオとジュリエット』の時代から続く鉄板 of 鉄板。たぶん人類は本能的に、こういう男女カップルのお話が大好き。

2022-02-05 21:43:25
Rootport 𝄇 @rootport

「沈む運命にあるタイタニック号で大恋愛をする」という部分にも、強い皮肉があります。私たちは恋愛にハッピーエンドを望むものです。人類は永遠の愛を夢見る動物です。でも、その舞台がタイタニック号なわけですよ。〝永遠〟から一番離れた舞台設定ですよね、沈むんだから。

2022-02-05 21:45:46
Rootport 𝄇 @rootport

19世紀末から20世紀初頭に活躍した新聞王ノースクリフ卿いわく、大衆が興味を持つものは、究極には四つしかないそうです。すなわち、犯罪、セックス、お金、食べ物。『タイタニック』のような大ヒットムービーを見ると、ノースクリフ卿の見識の正しさを感じます。この四要素が上手く盛り込まれている。

2022-02-05 21:47:14
Rootport 𝄇 @rootport

恋愛ドラマなんて、言ってしまえば若い男女が乳繰り合うだけです。が、人類はそういうお話が大好きなんですよね。『タイタニック』がヒットした理由の1つは、それが乳繰り合うお話だったからです。ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットの二人が乳繰り合うところを、みんな見たかったんです。

2022-02-05 21:51:24
Rootport 𝄇 @rootport

QT「冒頭とは、問いの形をしたエンディングである」──『ストーリーボードで学ぶ物語の組み立て方』p245

2022-02-05 21:59:24
Rootport 𝄇 @rootport

マンガの冒頭部分、ジャンプ作品は「主人公」をすごく重視している印象がある。「この主人公はこんなやつです!この人を好きになってください!」って感じ。炭治郎は家族のために炭を売りに行くし、デンジくんは金策に悩むし、潮火ノ丸は廻しをまいて電車登校する。

2022-02-05 22:09:15
Rootport 𝄇 @rootport

比べると、マガジン作品は「主人公がどんなやつか」よりも、「どんな状況に置かれているか」を重視しているイメージがある。状況設定の面白さで引きつけようとしている印象。『ブルーロック』のように、しばらく主人公が出てこない作品もある。もちろん、主人公が軽んじられているわけではないけど。

2022-02-05 22:11:51
Rootport 𝄇 @rootport

主人公のジャンプ、世界観のマガジン……という雑な括りをすると、『進撃の巨人』がマガジンだったのも分かる気がする。『進撃』は世界観が抜群に面白くて興味をそそられるマンガだ。第1話は(扉と見開きを見せた後)調査兵団が巨人と戦うシーンからストーリー本編が始まる。エレンの登場はその後だ。

2022-02-05 22:18:28
Rootport 𝄇 @rootport

こういう創作論・技術論は、一部のワナビからは蛇蝎のごとく嫌われる。ここで紹介したいのは、日本の伝統芸能の「守破離」の考え方。先人の発明した〝型〟をまずは完璧に使いこなせるようになるまで守って、それから型を破り、離れていきましょうという考え方だ。

2022-02-06 02:33:15
Rootport 𝄇 @rootport

QT「そりゃあんた、型がある人間が型を破ると〝型破り〟、型がない人間が型を破ったら〝形無し〟ですよ」――無着成恭

2022-02-06 02:35:15
Rootport 𝄇 @rootport

こういう技術論が嫌われる理由も分かる。創作者の自由な発想を奪う〝縛り〟のように感じるからだ。でも、たとえば俺が学んだハリウッド式の脚本術であれば、ホラティウスの時代から西欧で受け継がれてきた先人の〝発明〟が詰まっている。それらを無視するのは、車輪を再発明しようとするようなものだ。

2022-02-06 02:38:08
Rootport 𝄇 @rootport

電子レンジが発明されたばかりのころ、雑誌『暮らしの手帖』は辛辣な批判記事を掲載したという。電子レンジなんか使わなくても、蒸し器を使えば充分に食事を温め直せたからだ(ついでに当時の電子レンジの性能が悪かったという事情もある)。でも、使う前から発明品を食わず嫌いするのはもったいない。

2022-02-06 02:40:17
Rootport 𝄇 @rootport

創作論・技術論は、先人の〝発明品〟の詰め合わせだ。とりあえず使いこなせるまで使ってみて、それから「自分のやりたいこと」に役立つかどうかを判断しても遅くないと思う。今の俺は電子レンジを便利に使っているけれど、パスタを茹でるときはデカい鍋を使う。そのほうが俺好みの味になるからだ。

2022-02-06 02:41:54
Rootport 𝄇 @rootport

お話作りに〝正解〟はないし、ルールはない。創作論・技術論は、たんなる目安程度のものでしかない。航海するときのGPSやクロノメーターのような、頼りになる道具ではない。それでも、暗い海を進むときは、推測航法くらいはあったほうがマシだと俺は思う。

2022-02-06 02:48:25
Rootport 𝄇 @rootport

Q. オススメの創作術の教科書はありますか? A. ブレイク・スナイダー『SAVE THE CAT』シリーズと、シド・フィールドの三部作が〝定番〟の教科書だと思います。またリンダ・シガー『ハリウッド・リライティング・バイブル』とロバート・マッキー『ストーリー』は、この分野の現代の古典。 pic.twitter.com/q6VgCXa88r

2022-02-06 10:51:55
拡大
拡大
拡大
拡大
Rootport 𝄇 @rootport

ホラーティウス『詩論』 →古代ローマの天才詩人による創作論。時代や文化圏を超えた普遍性があります。 ボグラー&マッケナ『物語の法則』 →スナイダーやフィールドの教科書が〝概論〟だとしたら、こちらは〝各論〟。理論というよりも、実践での小ワザがたくさん紹介されています。 pic.twitter.com/drMHRfxLS3

2022-02-06 10:54:49
拡大
拡大
Rootport 𝄇 @rootport

★応用編★ ブルックス『工学的ストーリー創作入門』 →ハリウッド式の脚本術を小説に応用するなら?という視点で描かれた本。小説は映画よりも自由でいいんだ!という気持ちになれます。 グレイバス『ストーリーボードで学ぶ物語の組み立て方』 →こちらはアニメ・マンガに応用するときの本。 pic.twitter.com/jdZawFYi89

2022-02-06 10:57:34
拡大
拡大
Rootport 𝄇 @rootport

攻略本だけ読んでもプレイしなければゲームは上手くならないし、教本だけ読んでも体を動かさなければスポーツは上達しません。たぶんお話作りも同じで、何よりも「たくさん書くこと」が大切だと思います。いきなり大長編は書けないので、まずは掌編や短編から始めるといいのではないでしょうか。

2022-02-06 11:01:39
Rootport 𝄇 @rootport

小説なら5,000~1万字、マンガなら8ページくらいの超短編から書き始めて、脳内の「物語回路」を鍛えると良いと思います。脳は臓器なので、筋肉と同様、使えば使っただけ鍛えられるはずです。ジャンプ編集部の『描きたい!!を信じる』にも、打ったピリオドの数だけ作家は成長すると書かれていました。

2022-02-06 11:04:37
Rootport 𝄇 @rootport

それから、〝写経〟は凄まじく効果的な練習方法だと思います。『ヒカルの碁』のほったゆみ先生は、好きなマンガのコマ割りと構図を写経して、ネームをリバースエンジニアリングする練習をしていたそうです。これをやると、流し読みでは気づかなかったお話の〝構造〟が見えてきます。

2022-02-06 11:07:37
Rootport 𝄇 @rootport

知人の作家の羽根川牧人先生は、デビュー前後に「好きな映画を勝手にノベライズする」という練習をなさっていました。これも一種の〝写経〟でしょう。ホラティウスの「ut pictura poesis(詩は絵のように)」という格言を地で行く練習法ですね。文章で視覚的な表現をする訓練になるはずです。

2022-02-06 11:10:55
Rootport 𝄇 @rootport

俺は学生時代に生物学専攻で(高解像度のデジカメがあるにもかかわらず)1年次にはスケッチを叩き込まれました。自分の手を動かさないと、構造を理解できないんですよね。昆虫の触覚にいくつ節があるかとか、ある部位から生えている毛の本数とか。写真では気づかないことが、手を動かすと分かる。

2022-02-06 11:16:49
Rootport 𝄇 @rootport

ネームや小説の〝写経〟も同じで、自分の手を動かすことで初めて気づくものが結構たくさんあります。

2022-02-06 11:17:46
たけし。@໊ฅ^ᴗ ̫ ᴗ^🐾໊♡🫐🖤/🏰🥀/☁😼 @take07take17

@rootport 「ログラインの重要性を語るツイートが延々と続くこの矛盾感の面白さ」 ツイートへのログライン書いてみました🤭

2022-02-06 10:24:25