ハイエイジ向けSF玩具シリーズ『ダイアクロン』を用いた、個人によるオリジナルストーリーのシリーズ第1弾です。
0
ウ三ワタリ @tq73653

#ダイアクロン ブンドドストーリー 調査隊U.M.I.創設までの道のり (前編) pic.twitter.com/FTXrhZljcR

2019-10-05 20:42:49
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

修理・整備作業員として、航宙船に乗っていたはずのC型パイロット、コーニィとフィニィ。 二人は気付くと、地平線まで何もない、見知らぬ荒野に放り出されていた pic.twitter.com/nWPFH9bwn6

2019-10-05 20:42:54
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

幸い、船が難破したかのように各種資材がそこらに散らばっていたため、二人はそれをかき集めてさながら漂流生活を続ける。 遠くには時折、見知らぬ金属生命体の影が朧気に見える。地球とも他の惑星ともつかぬ、不思議な場所だった pic.twitter.com/SferZaQen2

2019-10-05 20:42:59
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

付近の捜索、本隊との通信、現在地の特定… 足掻くも成果の無い、孤独に苛まれる毎日。 しかしある時、訪問者があらわれる。遠くの影のように朧気ではない、ダイヤの友情を持った本当の仲間が pic.twitter.com/EofBWEycjn

2019-10-05 20:43:03
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

彼ら二人は最新鋭の特殊部隊。やはり移動中に謎の事故に巻き込まれ、漂流するようにここへたどり着いたのだった。 彼らはワルダーや謎の機械生命体からの警護についてくれることになった。専門の戦闘員たちはコーニィたちにとってとても頼もしかった pic.twitter.com/bx9xWSNxYa

2019-10-05 20:43:07
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

漂流者はその後も数人ずつあらわれ、編成やキャンプは拡張され、彼らは新しい共同体となっていく。 陽気なデルタ乗りたち、拳法家の若きエース、目立ちたがりの凄腕パイロット… pic.twitter.com/5rgLrcx4vJ

2019-10-05 20:43:19
拡大
拡大
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

そうして仲間も増えていったある日、あの大きな、大きなターニングポイントがやってきたのだった。(続く pic.twitter.com/62PohGIVEp

2019-10-05 20:43:23
拡大

中編

ウ三ワタリ @tq73653

#ダイアクロン ブンドドストーリー 調査隊U.M.I.創設までの道のり (中編) pic.twitter.com/A5DxT5guzF

2019-10-05 21:04:49
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

ある日、地平線の彼方から歩いてきたのはビッグパワードGV… の、最新機種だそうだ。ここまで漂着者が多いのは初めてだった。 隊長が向こうの代表者たちに説明する。隊のみんなは漂流者で、ここはおそらく異次元空間だと。 pic.twitter.com/96lsxKhvaN

2019-10-05 21:04:56
拡大
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

一方、僕らはGVデストロイヤーの修理を手伝っていた。聞けばこの機体は当初から原因不明の不具合を起こしており、システム稼働率が極端に低いのだという。クルーも主に整備担当のサブパイロットたちで、大幅な戦力増とはいかなかった pic.twitter.com/srSTuLVzwT

2019-10-05 21:05:01
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

しかしこの機体は僕たちの運命を変える装備を持っていた… 多次元視覚フィルター!! これがちゃんと機能すれば、元の場所へ帰る方法が掴めるかもしれない! GVの修理は最優先事項になった pic.twitter.com/d50yG2m8D6

2019-10-05 21:05:08
拡大
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

しかし悪いしらせもあった。 最近になってワルダーの襲撃が明らかに増加していたのだ。さらに悪いことに、あの機械生命体たちに接触して、洗脳かなにかで一部を味方に引き込んだらしかった pic.twitter.com/TchybH6ksE

2019-10-05 21:05:13
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

戦闘班のみんなは勇敢に戦った… 時には不完全ながらGVも戦闘に参加した。 しかし、本気で攻め込まれたらもう、どうしようもないのは目に見えていた pic.twitter.com/I0bGPPG6eo

2019-10-05 21:05:21
拡大
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

…もはや、選択の余地はなさそうだった。僕たちは、急いでこの地を離れなくてはならないらしい(続く pic.twitter.com/j8Jqw7hbPP

2019-10-05 21:05:26
拡大

後編

ウ三ワタリ @tq73653

#ダイアクロン ブンドドストーリー 調査隊U.M.I.創設までの道のり (後編) pic.twitter.com/k8tgEELWb0

2019-10-06 09:25:28
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

…僕らはできるだけの荷物をトレーラーに詰めて、隊列を組んで歩き出した。こうなっては物資はもう長くは保たない。 目標は次元の壁が薄いところを探し、そこから脱出すること。 静かな、しかし決死の行軍が始まった pic.twitter.com/bKvZBvqf2X

2019-10-06 09:25:36
拡大
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

飛行できる機体とパイロットはトレーラーより先行して頻繁に周囲を偵察した。 そして時折、集合してはGVを合体させ、不完全ながら次元走査を行った。夜は移動をやめ、走査内容の分析に全力を尽くした pic.twitter.com/B3PVGTUIbu

2019-10-06 09:25:43
拡大
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

行軍の最中に、行動不能になっていた二機のマニューバを修理して仲間に加え、さらに道程は続いた。 聞けばこの二人は遭難の直前、その噂が囁かれ始めていた「次元遭難事故」の臨時調査隊を護衛していたらしく、その話は「次元の壁」捜索にかなり役立った pic.twitter.com/032jF1npvu

2019-10-06 09:25:48
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

そしてついに数日後… 次元の壁を破るタイミングが訪れた。決行は明朝。最後のキャンプを張り、GVを合体させ、稼働率の不足を補うためにあらゆる手段が施された。隊長たちは周囲を入念に見張った。夜はふけていった… pic.twitter.com/n2EUPK21pW

2019-10-06 09:25:52
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

明朝。敵は幸いにも現れなかった。すべての準備が終わり、つぎはぎのデストラクター・キャノンから最高出力のプラズマが放たれ、嘘のように次元の裂け目が現れる。僕たちは急いで飛び込んだ。 pic.twitter.com/91JR62sW8v

2019-10-06 09:25:56
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

次にはっきり覚えてるのは救難船のベッドの上… 僕らは全員無事だった。 最寄りの基地で少し療養したのち、上層部からひとつの提案(命令かもしれない)を受けた。 僕らをこのまま、主に別次元の探査を行う部隊として編成したいとのことだった pic.twitter.com/QYid4uLYFC

2019-10-06 09:26:00
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

正直、別次元のことはもう考えたくない… でも、誰かがやらなければならないと思ったとき、自ずと答えは出た。 隊長は原隊復帰したい者には最大限助力すると言ったけど、結果的にほとんどの隊員がこの部隊に残った pic.twitter.com/EWMIYZ89CO

2019-10-06 09:26:04
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

こうして僕らはUnexplored Multi-dimension space Investigation… 未踏査多次元空域調査隊U.M.I.として再編成された。 pic.twitter.com/w01XmTOCbm

2019-10-06 09:26:09
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

ただ、当分は通常の小惑星探査や資源の試掘を行いながら、「次元の壁」の記録収集をするだけに留まるらしい。正直ほっとしている… 多次元理論はまだ不完全で、積極的な調査に踏みきるべきではないと考えられているらしい pic.twitter.com/oANxsNZGe3

2019-10-06 09:26:13
拡大
ウ三ワタリ @tq73653

本当はもっと、戻ってきてからU.M.I.ができるまでのあれこれを書いた方が良かったかもしれない。 でも、僕にとって大事なのは、遭難してからみんなと過ごした時間だと思う。僕に部隊のあらましを書かせるなら、そっちの方がふさわしい。 U.M.I.技術班調査技師 コーニィ (完 https://t.co/xpljvxgazW

2019-10-06 09:26:16
拡大

あとがきにかえて

これを買いたのは、ビッグパワードGV-Dを購入したことでダイアクロンの価値や遊び方に唐突に気付き、ハマり始めた頃でした。次に待っている有志の非公式ユーザーイベントに参加したく、色々考えて数日のうちにまとめたのを覚えています。

戦闘部隊でなくとも良いという発想は、池田明季哉 氏のリサーチエイト(@Research8_d)を見て。異次元を主題に置くのは、持っているトランスフォーマーシリーズのトイと一緒に遊んだり、そうしたものを出しても他の方の遊びに影響がないようにという考えからでした(結果としてあまり一緒に遊んではいないです)。

キャラクターや機体の登場順は、実際に私が購入した順番になっています。こうしたメタの取入れも先達の方々のやり方を参考にさせていただきました。部隊の全体的なイメージは筆者の前職での体験が色濃く反映されており、たいへん気に入っています。

最後に、こうしたおもちゃ遊びの文化が成熟され末永く続き、より豊かな物になっていきますように。

0
まとめたひと
調査隊U.M.I. @UMI_diac

ウ三ワタリ(@tq73653)の玩具ストーリー用アカウントです。 主にはダイアクロン隊第73653独立調査隊《U.M.I.》。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?