新たな「共同編集」機能を追加しました。
0
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 用語:浸潤 (しんじゅん) > 白血球やリンパ球などの細胞が、炎症の起こっている部位に集まってくる状態 浸潤 – 難病情報センター nanbyou.or.jp/glossary/%E6%B…

2020-04-07 12:18:23
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

治療方法 > 生物学的製剤と呼ばれている科学物資の働きを直接押さえる薬を利用 > 体内に抗体をつくるための長期的な治療 炎症性サイトカインの症状,原因と治療 hospita.jp/disease/2306/

2020-04-07 12:21:44
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 炎症性サイトカインと抗炎症性サイトカイン↓のバランスが崩れると、炎症が持続し、自己免疫疾患などの疾患を引き起こすことが知られている 痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー炎症メディエーター plaza.umin.ac.jp/~beehappy/anal…

2020-04-07 12:24:36
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 間質細胞 stromal cell ←→間質細胞由来因子 疎性結合組織で発見された臓器の結合組織の細胞である。 痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー皮膚 plaza.umin.ac.jp/~beehappy/anal…

2020-04-07 12:27:10
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 1《解剖》ストロマ(◇赤血球の海綿状細胞膜);基質,間質 stromaの意味 - goo辞書 英和和英 dictionary.goo.ne.jp/word/en/stroma/

2020-04-07 12:30:23
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

炎症メディエーター 血管透過性亢進、血管拡張、白血球の遊走・浸潤、組織破壊などの作用を引き起こす。 ポリモーダル受容器を刺激し、その反応性を高め、痛覚閾値の低下による痛覚過敏を引き起こす 痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー炎症メディエーター plaza.umin.ac.jp/~beehappy/anal…

2020-04-07 12:35:20
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

痛みとサイトカイン > 炎症局所の白血球、マクロファージで産生され、炎症を増悪させ、痛覚過敏を引き起こす。 痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー炎症メディエーター plaza.umin.ac.jp/~beehappy/anal…

2020-04-07 12:36:31
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> IFN-αとIFN-β > I型IFNは、免疫抑制性サイトカインであるインターロイキン10(IL-10)を誘導する能力を介して、炎症誘発性遺伝子の産物の阻害を媒介する 抗炎症メディエータとしてのI型インターフェロン | Science Signaling Japan by COSMO BIO cosmobio.co.jp/aaas_signal/ar…

2020-04-07 13:36:07
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 抗リウマチ薬は、薬によって作用に違いはありますが、何らかの炎症性サイトカインの分泌を抑える作用を持っています。 近年、炎症性サイトカインのうち、TNF-αやインターロイキン-6の働きを直接抑える薬(生物学的製剤)が使われるようになりました。 astellas.com/jp/ja/diseases…

2020-04-07 12:41:17
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 生物学的製剤とは化合物(化学的に合成された物質)とは異なり、生物が産生する蛋白質などを医薬品として利用するものです 生物学的製剤|東邦大学医療センター大橋病院 膠原病リウマチ科 lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/kog…

2020-04-07 12:43:09
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

炎症アンプ: 局所の炎症誘導機構 非免疫系の細胞が…因子(サイトカイン)によって刺激を受けると、非常に大量の炎症性因子(サイトカインやケモカイン)が発現誘導される分子機構。 5. 免疫系におけるサイトカインの役割 jst.go.jp/crest/immunesy…

2020-04-07 12:55:37
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> IL-6が自己免疫疾患の発症制御において、中心的な役割 > 免疫細胞の中枢神経系への侵入口を発見したことから、神経系自己免疫疾患の発症仮説 5. 免疫系におけるサイトカインの役割│研究成果 -アレルギー疾患・自己免疫疾患などの発症機構と治療技術 jst.go.jp/crest/immunesy…

2020-04-07 13:00:21
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 「免疫細胞の中枢神経系への侵入口と仕組みを世界で初めて解明」 > 多くの臓器特異的自己免疫疾患や慢性炎症性疾患の発症機構も、特定の神経の活性化による特定の血管へのゲートの形成によって説明できる可能性 5. 免疫系におけるサイトカインの役割 jst.go.jp/crest/immunesy…

2020-04-07 13:06:18
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 図6 エピレグリンの作用を阻害するとマウスの関節炎が軽減する > 関節リウマチ、動脈硬化および多発性硬化症の患者の血清中エピレグリン(Epiregulin)は、健康な人(対照)と比較して有意に高い値を示す。 5. 免疫系におけるサイトカインの役割 jst.go.jp/crest/immunesy…

2020-04-07 13:15:47
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> ・mRNA分解酵素Regnase-1がインターロイキン17刺激によりリン酸化されることを発見 ・Regnase-1のリン酸化が様々な炎症反応の制御のために重要な役割を果たしていることを解明 ・インターロイキン17の関連する難治性の慢性炎症性疾患の治療薬開発の可能性を示唆 resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/20…

2020-04-07 13:20:51
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> IL-10やTGF-βのように炎症症状を抑制する働きをもつサイトカインを総称して 抗炎症性サイトカイン:バイオキーワード集 yodosha.co.jp/jikkenigaku/ke…

2020-04-07 13:22:17
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 炎症の慢性化がT細胞の抑制性サイトカイン産生を誘導する 時計遺伝子の転写因子E4BP4は、IL-10の産生を制御 E4BP4は、IL-10を介して免疫反応の沈静化に働く 免疫反応を沈静化する抑制性サイトカインIL-10の産生メカニズム発見 | 理化学研究所 riken.jp/press/2011/201…

2020-04-07 13:24:04
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

> 自己免疫疾患などの難治性炎症疾患の発症・病態形成には、炎症の慢性化が深く関わっています。 免疫反応を沈静化する抑制性サイトカインIL-10の産生メカニズム発見 | 理化学研究所 riken.jp/press/2011/201…

2020-04-07 13:25:34

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?