テディベアを作ります。型紙はブログで配布しているものです。
0
いつせ🦖 @Itsuse_pico

くまを作ります。 型紙はA4版です。再販時には変更があるかもしれません。 まず、型紙に5ミリ程度の縫い代をつけて切り抜きます。自分は左右対称の型紙は省略しています。 毛の流れを確認しながら裁断。出来るだけ毛足を切らないように注意。並べて左右が揃っているか確認します。毛が飛びます… pic.twitter.com/V9UNDGmqwu

2018-06-18 01:05:23
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

今回のくまさん、販売した製作セットの半分のサイズで作ってるから小さいです。

2018-07-08 00:57:51
いつせ🦖 @Itsuse_pico

鼻先の布から縫います。 二つ折りにして、矢印の部分の曲線だけ縫います。 このカーブがお顔の命なのでここだけは特別気合いいれて…! pic.twitter.com/45mHQeUzjK

2018-07-07 16:23:16
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

頭中心と頭側面を縫い合わせます。 型紙でいうC(とがった先の方)から縫っていきます。 側面の右側左側を間違えないよう注意してください。 片側縫った様子(二枚目)、両側縫い終えた様子(前から…三枚目、後ろから…四枚目)です。 縫い終わるともふもふのかまくらみたいなのができてるはず。 pic.twitter.com/cYOdu7Uexl

2018-07-07 16:47:27
拡大
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

頭と鼻先を縫い合わせます。 かまくらの入り口に鼻先をはめ込む感じでDからぐるっと一周。 縫い終わると結構くまっぽい横顔になってるはず! ファーなど、毛足のある生地を使っている場合は毛を中に入れ込みながら縫ってください。強度を得るため縫い始めと終わりは同じ場所を何度か縫ってください。 pic.twitter.com/vqAdmIl0mQ

2018-07-07 17:06:28
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

耳パーツ。これは簡単。 上の曲線をぐるっと縫って、下の開いてるところからひっくり返すだけ。 pic.twitter.com/enj3C2xidk

2018-07-07 17:30:36
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

ここまでで出来た頭パーツをひっくり返して、耳を当ててみると…。 結構不安になる毛玉が出来ているのですが、あとで毛足カットしてお顔を縫えばかわいくなるはず…。 とりあえずここは信じて進めます。 全部のパーツが揃ってから綿を入れるつもり。まだぺちゃんこです。 pic.twitter.com/ZUlnJIVcK0

2018-07-07 17:32:33
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

腕を縫います。 手先と腕内側を縫い合わせた後、外側と合わせて周囲を縫います。 2センチほど綿詰め口を残して縫って、ひっくり返して終わり。 pic.twitter.com/1FSnIotEuV

2018-07-07 22:36:53
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

脚を縫います。 下のL-Mの直線と綿詰め口を残してぐるっと縫い合わせ、足裏部分を丸く開きます。 そこに足裏パーツを当てて一周丸く縫って、ひっくり返して終わり。 両足裏が同じ大きさになるように丁寧に返してください。 pic.twitter.com/uspT6HGOGj

2018-07-08 00:57:12
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

体を作ります。 ★マークのダーツをまず縫います。もっちりした素敵なおしりに必要な部分なのでお忘れなく。 体側面と体中央を合わせて、首からHに向けて縫います。両側縫えたら背中を縫います。綿詰め口を残すと楽かも。ひっくり返して終わり。 ツキノワグマ仕様なのでちょっと見た目が違います。 pic.twitter.com/vSepR6VnEY

2018-07-08 01:45:06
拡大
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

前のツイートに入らなかったのですが、しっぽもお好みで作ってください。ぐし縫いしてぎゅっと絞るとかわいい丸しっぽになります。 全身のパーツが揃っていることを確認したら、あとは綿詰めと組み立てです。 pic.twitter.com/ez5JFfv6ld

2018-07-08 01:46:52
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

ぺちゃんこのくまさんに綿詰めをします。一番気合いのいるところです。ここでかわいい形を作ります。 割り箸や爪楊枝など、先の細い棒を用意して、丁寧に詰めていきます。強く突きすぎると生地が傷むので気を付けて。 同じ固さになるようにバランスを見て詰めて、コの字綴じで綿詰め口をとじます。 pic.twitter.com/1tOOpXHkhF

2018-07-08 18:47:52
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

追記です。綿は意外とたくさん入るものです。 脚にはこの写真の3倍詰めました。お好みの固さに詰めてください。 pic.twitter.com/rxOiAA1dtR

2018-07-08 18:55:58
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

頭と胴を接続します。 綿を詰めた頭側に凸のジョイントを入れ、ぐし縫いして閉じます。軸だけが出た状態にします。 胴の首部分もぐし縫いして、頭側の軸を通して縮めます。綿詰め口からワッシャー、ストッパーの順に軸に通してはめ込みます。 接続を確認したら、胴側も綿を詰めて閉じます。 pic.twitter.com/f4wyHAZxPL

2018-07-08 18:54:56
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

耳は返し口を中に折り込んで、軽くまつり縫いでとめておきます。 位置を確認しながら頭に縫い付けます。 全て揃うとこんな感じ。 まだ出来上がりが不安になる毛玉ですが、この長い毛足を全体的にカットしていきます。慎重に… pic.twitter.com/IwNIZ9nytP

2018-07-08 18:59:31
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

カットカットカット… 毛足をカットしながら毛並みを整えます。 これは脚パーツ。右がカット済み、左がカット前。 pic.twitter.com/5OlnpdjGZ9

2018-07-08 23:45:36
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

全体的に毛をカットしたのでまち針で組んでみました。左の山がカットした毛です。 なんだか不安になる毛玉からくまさんに、進化はしたかな? あとは爪と顔を刺繍して、組み上げるだけです。 pic.twitter.com/nRn1Lp9bvn

2018-07-09 00:12:31
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

説明書の方では、ジョイント受けを入れてから首をぐし縫いして閉じる、としてるんですけど、それでも大丈夫です。ジョイントの軸さえ通ればおっけー。 白いくまさん作ったときはそうしました。今回はサイズが小さくて首から通るか不安だったので、胴からストッパーを入れました。

2018-07-09 00:23:58
いつせ🦖 @Itsuse_pico

目と鼻をつけます。今回は刺繍しました。 顔の刺繍が終わったら、目引きをします。(三枚目) お顔がかなり変わる工程です。 顎から針を刺して、まち針の部分に出します。すぐ近くを刺して顎に戻します。他に、鼻周り、頬辺りを同じように刺して引き、形を整えます。 形が出たら完成です。(四枚目) pic.twitter.com/ORhUvoMmD5

2018-07-15 13:57:50
拡大
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

手足に爪の刺繍をします。 まち針などで仮止めし、場所を決めながら手足を胴に縫い付けます。 ボタンを付けながら強めに引いて、手足がしっかりつくようにします。 肩幅や腰幅などのバランスを見ながら引きを調整します。 自分は強めがすきです。 pic.twitter.com/gb7H7Ihr7b

2018-07-16 13:12:30
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

手足がしっかりついたら、座り、立ちポーズなどで動きを確認して完成です。 pic.twitter.com/y6XtPhSRdL

2018-07-16 13:14:21
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

ということで、完成です。 手足と首の5ヵ所可動、バランスをとれば自立も可能です。 身長12cm、座高9cm程度です。 AK-Gで販売した製作セットで作れるサイズはこちらの茶色いくまの方となります。 展示した白い方とは異なるサイズです。ご購入頂いた方、説明と異なってしまい申し訳ありませんでした。 pic.twitter.com/udQRB6phRc

2018-07-16 13:30:31
拡大
拡大
拡大
拡大
いつせ🦖 @Itsuse_pico

参考までに、ピコニーモDと並ぶとこんな感じ。 小さいです。 むぎゅっとできます。 pic.twitter.com/MTxKKQ14RK

2018-07-16 13:32:17
拡大
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?