西表炭鉱のドキュメンタリー映画『緑の牢獄』(黄インイク監督)の簡単なレビュー。
0
タケ@ALL-A @take_all_a

沖縄県西表島にかつて存在した西表炭鉱をテーマにした映画『 #緑の牢獄 』を観てきた。炭鉱のドキュメンタリーと聞いて多くの人が予想するであろう内容とはかなり異なるが、歴史の深部をこの映画は掬い取っている。 pic.twitter.com/IK2W96aQtw

2021-10-02 21:19:25
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

福岡市では中洲大洋で10月1日から7日まで。休日の上映は明日(10/3 日曜日)しか残っていないので福岡都市圏で興味のある方はぜひご鑑賞を。九州・中国地方の上映館と日程は添付画像の通り。小倉昭和館(北九州市)のスケジュールは未定。 #緑の牢獄 pic.twitter.com/h2NiKmx7me

2021-10-02 21:21:49
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

中洲大洋で舞台挨拶をされる黄インイク監督と、パンフレットに書いていただいた監督のサイン。このページに写っている女性が『緑の牢獄』の主人公「橋間おばあ」である。 pic.twitter.com/3jF0qxw7hf

2021-10-02 21:27:54
拡大
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

一般的な炭鉱のドキュメンタリーは炭鉱夫への聞き取りで構成するが、橋間おばあは炭鉱で働いていない。そんな彼女がなぜ主人公なのかは映画を観てほしい。橋間おばあの境遇は西表炭鉱の複雑な歴史を象徴している。 #緑の牢獄 pic.twitter.com/eQ51Y1QNKY

2021-10-02 21:39:03
拡大
0
まとめたひと
タケ @take_all_a

福岡県を中心に、建築・団地・土木・産業遺産などについて、ツイッターにつぶやいたことをまとめています。個人サイトの方は放置中。