ほぼタイトル通り。 自キャラや創作というより、このメーカーの世界観に対する個人的な再解釈という形式です。
1
闘科

主に戦闘系魔法や、魔法以外での戦闘技術を覚える。
初等部/高等部の区分け以外に、チェス盤に倣っての白黒/序列が存在する。

喚科

主に他の魔物や召喚獣を利用する技術を覚える。
召喚科とは言うがブリーダーも対応。学科一教室数と寮がデカい。

物科

魔法植物の栽培、品種改良を専攻とする。
博物科、製薬科と履修範囲がよく重なるが、こちらは農家スキルが高め。

薬科

様々な材料から薬の錬成、錬金術を学ぶ。
毎年魔法使いではなく科学者に就職する卒業生が出るため教授は微妙な心境。

星科

星や時間に関する分野を学び、占いやひいては時間航行を研究する。
上級生はスピリチュアル派とテクノロジー派に内部分裂し、新入生を悩ませる。

芸科

芸術・技術を伴う魔術的アーティファクトの制作を専攻とする。
家政科が日常の手助けなのに対し、こちらは最初から魔術研究の目的で制作している。

物科

世界各地を調査し、未知の領域を解明するとともに博物の充足を行う。
地図の制作、遺跡の調査など魔芸科と手を組む事も多いし、生徒も違いが分かってない。

政科

日常の助けになるような魔法を学び、生活の向上を目指す。
いわゆる「魔法使いのようによく出来た家政婦」を数多く輩出している学科。

1
まとめたひと
一ノ四乗◆アバター垢 @1C4B_

世界観ガチガチに構築されまくったメーカーやどう頑張っても人間が作れないメーカーを贔屓しがち