議論 61

てst

ああああ
クリプトちゃん🍥 2022-07-31 16:25:51

抜粋) 『精神科治療学』37(5) 2022

pp.471-476 「女性の就労および人権問題としてのケア責任の再分配~男性の「関わらなさ」から考える~」 平山亮

抜粋②) 『ニュースの数字をどう読むか~統計にだまされないための22章』Tom & David Chivers著、北..

第4章、サンプルの偏り 第5章、統計学的に有意 第6章、効果量(エフェクトサイズ) 第7章、交絡因子 第8章、因果関係

抜粋①) 『道徳教室~いい人じゃなきゃダメですか』高橋秀実著、ポプラ社、2022.3.14.

お互いに映し合って不定形だったはずの「みんな」がそれぞれに固まって映すことを止めている。

(抜粋①) 『臨床精神薬理』第25巻第4号 Apr. 2022

「統合失調症における糖脂質代謝障害の発症リスクに対する生物学的脆弱性と抗精神病薬治療の影響」久住一郎

加藤AZUKI氏による、陰毛論wに嵌まる人についての連続ツイート

表題の通り。以前にもあったような気もするが、改めて。
文里💉💉💉 2 2022-04-02 10:00:31

(抜粋②)『ファシズムはどこからやってくるか』ジェイソン・スタンリー著、棚橋志行訳、青土社、2020.2.25.

第3章、反知性主義 ANTI-INTELLECTUAL 第4章、非現実性 UNREALITY 第5章、ヒエラルキー HIERARCHY 第6章、被害者意識 VICTIMHOOD

(抜粋①)『ファシズムはどこからやってくるか』ジェイソン・スタンリー著、棚橋志行訳、青土社、2020.2.25.

ファシスト戦略の10の柱。神話的過去、政治宣伝、反知性主義、非現実性(陰謀説)、階層構造、被害者意識、法と秩序、性的不安、ハートランドへの回帰、「社会福祉と団結」の解体。

抜粋②) 『悪い言語哲学入門』和泉悠著、ちくま新書、2022.02.10.

「発語行為」、「発語内行為」、「発語媒介行為」が重なり合ったもの。

抜粋①) 『悪い言語哲学入門』和泉悠著、ちくま新書、2022.02.10.

"Jap" は "Japanese" の省略形だが、これらの表現は真利条件的内容としては同等だが、使用条件的内容として、集団的な序列関係が組み込まれている。

抜粋③ 『教育格差~階層・地域・学歴』松岡亮二著、筑摩書房、2019.7.10.

第7章、わたしたちはどのような社会を行きたいのか

抜粋③ 『教育格差~階層・地域・学歴』松岡亮二著、筑摩書房、2019.7.10.

第7章、わたしたちはどのような社会を行きたいのか

抜粋③ 『教育格差~階層・地域・学歴』松岡亮二著、筑摩書房、2019.7.10.

第7章、わたしたちはどのような社会を行きたいのか

抜粋② 『教育格差~階層・地域・学歴』松岡亮二著、筑摩書房、2019.7.10.

第5章、高校~間接的に「生まれ」で隔離する制度
1 ・・ 4 次へ