演劇 293

オレンヂスタ『街窩の燈火』東演公演口コミ・感想ポストまとめ

2024年2月~3月に上演された、オレンヂスタ第11回本公演『街窩の燈火』の口コミ・感想ポストのまとめです。

ダイヤリー 感想ツイ

劇団わに社第11営業「ダイヤモンドリリー」についてのツイートまとめ
ゆーとら🐯

俳優座劇場プロデュースNo.120『音楽劇母さん』感想ポストまとめ

皆さま たくさんのご来場まことにありがとうございました! おかげさまで全日程完売! 異例のスタンディングオベーションで東京公演は幕を閉じ 13日より全国公演がスタートいたしました ええっ!?音楽劇母さんは続くの!?って方はぜひ各地の演劇鑑賞団体にご連絡を

【劇団四季バケモノの子】2024/2/14開催リハーサル見学会

2/14開催のバケモノの子リハーサル見学会に関するつぶやきのまとめです。

【劇団四季バケモノの子】2024/2/23開催リハーサル見学会

2/23開催のバケモノの子リハーサル見学会に関するつぶやきのまとめです。

【劇団四季バケモノの子】2024/2/29開催オフステージトーク

2/29開催のバケモノの子オフステージトークに関するつぶやきのまとめです。

劇団fool「fool願-NEGAI-」

2024.2.22〜55 武蔵野芸能劇場
みゆっち

オレンヂスタ『街窩の燈火』名古屋公演口コミ・感想ポストまとめ

2024年2月~3月に上演された、オレンヂスタ第11回本公演『街窩の燈火』の口コミ・感想ポストのまとめです。

舞台『お菓子の神様~へたっぴパンケーキ~』

舞台の情報をまとめました! 小夏みなみはハニーチームに出演します!ご来店お待ちしてます♡ 2/1(木)14:00~ 2/2(金)19:30~ 2/3(土)16:00~ 2/4(日)12:00~

「マキュリー・ファー」まとめ。

舞台「マーキュリー・ファー」関連のイラストネタをまとめました。
静流

シニフィエ『ひとえに』感想まとめ

2024年1月13日(土)〜21日(日)@こまばアゴラ劇場にて開催のシニフィエ『ひとえに』の感想をまとめました。 ご観劇の参考にご覧ください。
シニフィエ

【萬斎さん関連】能楽・観劇(イベント) 公演感想 等(3)

【2024年~】 萬斎さん関連の狂言(能楽)やストプレなどの感想やレポの倉庫。 (基本、レスとして繋げている感想は最初の呟きだけを登録)
酒&絵馬

2024年観劇記録

あこさんの2024年観劇記録でやんす。

ひばり

@ 自由劇場。20230101:マチネ。 15世紀初頭のフランス。英仏百年戦争の最中。 国土の大半をイギリスに奪われていたフランスが最後の砦と望みを賭けていたオルレアンの土地も今や風前の灯火。 のどかな片田舎ドムレミーの村で羊の番をしていた少女ジャンヌは、そんなある日神のお告げを聞く。 「ジャンヌよ、フランス王を救いに行け。王国を取り戻せ」 ……13歳のジャンヌにとってそれはあまりにも恐ろしい..

2023年観劇総括

演劇61本、ミュージカル20本、イマーシブシアター14本+書いて無いの4本。計141本。ふぇ。2023年は良く観劇したなぁ…。だっておかわりしたのはここに入ってないのでねぇ…。

嵐になるまで待って

@ サンシャイン劇場。20230729:ソワレ。 たとえあなたが忘れようとも、私は決して忘れない。 あの夏の夜に見た景色を。あの夏の夜に言った言葉を。 それらは今も、雨のように、激しく私の心を打つ。それらは今も風のように、激しく私の心をうつ。 たとえば、あの夏の夜に来た嵐。 嵐が私の心の中で、今も叫び続けているのだ。 忘れるな、忘れるなと。

ダイアド

@ 新宿スターフィールド。20230826:ソワレ。 偶然か必然か、突然のヒューマン・スクランブル。女と男の抜き差しならないダイアド(二人関係)。 第1話「アイツを待ちながら」 第2話「磁器婚式の夜に」 第3話「ピアニッシモ・ラヴ」 第4話「駅へ」 第5話「かさぶた」

チョークで描く夢

@ 芸劇プレイハウス。20230121:ソワレ。 そこは、とある文房具を作っている企業。 代表のもとに養護学校の先生が現れる。 生徒を雇用してほしいと相談に来たのだ。 彼の熱心な説得もあり、若い女性二人を二週間限定で働かせることにした……。
あこさん

女装、男装、冬支度

@ 吉祥寺シアター。20230723:マチネ。 「女装」する女と「男装」する男が愛の冬支度。12人の俳優による妙ージカル(妙なミュージカル)。 舞台奥に12体の墓石が一列に並んでいる。雪が静かに、そして激しく降り続けている。 墓守の夫婦がお茶をしている。雪合戦をめぐる小学生男女の交流や、バイクで暴走するカップル、ピンサロ嬢と客の営み等、様々なシーンが音楽と共に幽霊のように、幻想のように、立..
あこさん

光画楼喜譚

@ 中野ザ・ポケット。20230910:マチネ。 そこは女主人が切り盛りする、夜にしか開かない写真館。いつからあるかわからないほど古くからあるそこは、誰からともなく『光画楼』と呼ばれていた。 写真館といっても主人は写真を撮るわけではなく 時代や国を超えた様々な写真が店内に飾られている。それはさながら、世界を小さな空間に切り取ったようであった。 光画楼には噂があった。 「亡くなった大切な人の..
あこさん
1 ・・ 15 次へ