お話 20

# いいねの数だけ小説書くときの適当な情報を話す

上記のタグで話した事をまとめました

風見鶏の暗影

これは、創生師がまだ【カゲ】だった頃のお話――。 風見鶏静花、彼女は壱ノ笠に居を構える名家の一人娘で大切に育てられたが故に、外の世界にあこがれを抱いていた。 三条光弥、静花が外出した際に悪い奴に絡まれていた所を助け、何時しか静花へ恋心を抱いた青年だ。 創生師誕生と長い年月へと至る、始まりのお話である。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

⚠注意事項

自分は創作する上でしないものだったりなんだり。

Rhapsody277 蘭鋳・チームの長になる編

277機関とは「どの自創作作品」や「どの時代」にも属さず、罪を犯した者に罰や猶予を与えたりする存在【機関者】と呼ばれている者達が所属している場所である。 機関者の一人でもある蘭鋳は、同じ機関者で河田モコと同期の墨田から、新たに組むリーダーを頼まれる事になる。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

Rhapsody277 八重島さゑ子編

277機関とは「どの自創作作品」や「どの時代」にも属さず、罪を犯した者に罰や猶予を与えたりする存在【機関者】と呼ばれている者達が所属している場所である。その機関者でもある灰田は、ある日を境に「チームを結成する」と上司たちに宣言し、一人で行動し始め、様々な部署から機関者に声をかけて行動に入り始めた。 ――サイバー犯罪を専門に取り締まる部署の機関者は、他の機関者よりもお堅いと思いながらも、同部署に..

Rhapsody277 河田モコ正式加入編

277機関とは「どの自創作作品」や「どの時代」にも属さず、罪を犯した者に罰や猶予を与えたりする存在【機関者】と呼ばれている者達が所属している場所である。その機関者でもある灰田は、ある日を境に「チームを結成する」と上司たちに宣言し、一人で行動し始め、様々な部署から機関者に声をかけて行動に入り始めた。 ――河田モコは灰田の誘いを受け、異動の書類も既に書き終えはいたものの、上の審査に日を要すると言わ..

Rhapsody277 ミヨシノ編

277機関とは「どの自創作作品」や「どの時代」にも属さず、罪を犯した者に罰や猶予を与えたりする存在【機関者】と呼ばれている者達が所属している場所である。 その機関者でもある灰田は、ある日を境に「チームを結成する」と上司たちに宣言し、一人で行動し始め、様々な部署から機関者に声をかけて行動に入り始めた。 ――自身に罪悪感がある者程に効く誘惑能力を持つ機関者・ミヨシノが灰田チームに入るまでのお話を収録。

Rhapsody277 Condiment結成編

277機関とは「どの自創作作品」や「どの時代」にも属さず、罪を犯した者に罰や猶予を与えたりする存在【機関者】と呼ばれている者達が所属している場所である。 機関者の一人でもあるマレットは仕事終わりに立ち寄ったライブハウスなバーで一杯飲んでいた時、追跡者・ロディ・ブライトンの三人が演奏して歌唱している所を目撃する。 同作の『追跡者編』の前後に動いていたもう一つのお話を収録。 (※連載当時のまま掲載..

Rhapsody277 河田モコ編

277機関とは「どの自創作作品」や「どの時代」にも属さず、罪を犯した者に罰や猶予を与えたりする存在【機関者】と呼ばれている者達が所属している場所である。その機関者でもある灰田は、ある日を境に「チームを結成する」と上司たちに宣言し、一人で行動し始め、様々な部署から機関者に声をかけて行動に入り始めた。 ――呪文を発するとそれ相応の力を発揮する杖を使って標的を罰する機関者・河田モコが灰田チームに入る..

Rhapsody277 追跡者編

77機関とは「どの自創作作品」や「どの時代」にも属さず、罪を犯した者に罰や猶予を与えたりする存在【機関者】と呼ばれている者達が所属している場所である。その機関者でもある灰田は、ある日を境に「チームを結成する」と上司たちに宣言し、一人で行動し始め、様々な部署から機関者に声をかけて行動に入り始めた。 ――灰田や追野よりも二つも早く所属し、三つの名で呼ばれる機関者・追跡者が灰田チームに入るまでのお話..

料理座の怪人(後編)

実家の小料理屋を手伝っている一ノ宮雫は、ある日謎の存在「芸術を愛する者」に才能を見出され、願いを叶える宝石を渡されました。 その宝石に願いを込めると、そこは雫にとって見たことがない場所でもあった…。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

料理座の怪人(前編)

役場に併設されている食堂のシェフこと、前沢慎太はかつて壱ノ笠にあった「料理座」というレストランに勤めていた時のお話である。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

事務所物語 「この街にはヒーローが居る」

高校時代からの友人でもある白波レイユと偶然の再会をした朝松紗南は「壱ノ笠の平和を守るヒーローと悪い軍団がいる」という話を聞き、それを事務所長でもある秋山愁治に話した途端、何時も以上に興奮し出したのは、彼自身が特撮を始めとしたヒーロー好きとしての一面があったのだ。そんな中、愁治の親戚の子でもある結が事務所へやって来てレイユと同じことを言いだしたのだから、何時もよりも気合を入れて依頼を受けたのと同..

事務所物語「記憶の死に神」

違法タイムトラベラーこと、リリア・ノーランスが盗んだのは過去の発明品でもある「ヒトの記憶を奪い、操る懐中時計」だった。リリアはとある過去の時代へ向かい、一人の少年が居る屋敷へ行ったが、空気以外何もない白の世界へ誘われたと思えば、そこに現れたのは最初に出会った少年に似た者で、リリアはその子に懐中時計を埋め込ませたのだった――。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

事務所物語「4つのお話」

今まで勤めていた会社を突然クビにされてしまった朝松紗南だったが、ひょんなことから自分よりも一回り年上で身長も小さく、前髪で目元が見えない上に街では数少ない【多彩能力者】の秋山愁治が経営する『秋山事務所』の事務員兼雑用係として再就職が決まるのであった。自称ミュージシャンなおじさんの依頼から、自分の所で雇っている者を捜してほしい少女、何者かによって目玉を奪われてしまった男性、愁治の妹でもあるマイコ..

魔法仕掛の城

とあるお屋敷に給仕として働いていたエミル・ソラでしたが、お屋敷の主様に「今よりも、もっと良い環境で働いた方が身の為だと」言われ、野を越え山を越えた先に建てられている風変りな主が住んでいるお城を紹介され、エミルはそのお城へ向かう道中で雇われの女性剣士でもあるユーリエと出会い、共にお城へ向かう事になったのです――。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

管崎嘉平の冒険

管崎家の風来坊でもある管崎 嘉平(カンザキ カヘイ)は、とある街の出来事が解決したのち、再び放浪の旅に出ていた。宿に泊るものの、翌朝にはその宿の女将から従業員までほぼ全ての人が居なくなるという奇妙な出来事を目の当たりにする。嘉平は風呂場で出会った男、大映黒と名乗る者と共に行動していく後、一枚の浮世絵を発見し、その浮世絵を観察していた時、その世界へと引きずり込まれたのであった――。 (※連載当時..

一人の少女と二つの世界

約5年前までは両親が居た日々を過ごしていた少女、しかし、その日々は突如して終わった。一人の少女としての日々を過ごす事になったちひろ、そんな中である者達と出会い、一人で居た日々が少しずつ変わっていくのであった。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

【創作漫画】ボタンのばしょはどこにある?

ボタンの妖精の創作漫画です
橙花らうん🍍 2020-10-28 21:56:29

レオいず妄想

自分用メモ
†┏┛ゆと┗┓† 2020-05-17 02:33:26