0
ひかちゃ @hikacha_moutsui

1. 気が付くと暗闇の中にいた。 だが、僕の前方10メートル程先に明るい場所がある。 そしてよく見ると、 そこにはさきながこっちを見て立っていた。 僕はさきなと分かると何も考えずにそこに向かって走る。

2022-01-23 23:12:10
ひかちゃ @hikacha_moutsui

2. だが、距離は一向に縮まらない。 たかが10メートルのはずなのに。 まるで君が自らの意思で僕から遠ざかっているみたいだ。 僕の足は次第に重くなり、 ついには立てなくなった。

2022-01-23 23:12:13
ひかちゃ @hikacha_moutsui

3. 君は何も言わずに僕に背を向ける。 その後ろ姿は、 僕には泣いているように見えた。 でも、僕は立てず、近づく事すらできないようなとてももどかしい状態だ。

2022-01-23 23:12:16
ひかちゃ @hikacha_moutsui

4. 君は僕に背を向けたまま前に進む。 必死に手を伸ばし必死に君の名前を呼ぶが、 君は無反応。 あぁ、まただ。 こう思った瞬間、君のすぐ横の暗闇から女の子が僕の方に歩いて来るのが分かった。

2022-01-23 23:12:18
ひかちゃ @hikacha_moutsui

5. その女の子は僕の前まで来て僕に手を差し伸ばす。 僕はその手をとる。 その瞬間、今までは立てないほど前身が鉛のように重かったが急に体が軽くなるような感覚になった。

2022-01-23 23:12:21
ひかちゃ @hikacha_moutsui

6. 〇〇:ぶはぁ!!はぁはぁ...またこの夢か。 僕は君がいなくなってからこのような悪夢をよく見る。 その内容は毎回同じだ。 だが、今回は少し異なる点があった。

2022-01-23 23:12:24
ひかちゃ @hikacha_moutsui

7. いつもは君が僕に背を向けて離れる所で終わっていたが、 今回は最後に女の子がこっちに来て手を差し伸べてくれていた。 顔は全く見れなかった。 分かったのは女の子という事だけだ。

2022-01-23 23:12:26
ひかちゃ @hikacha_moutsui

8. なぜいつもと違うのか、その時の僕には全くわからなかった。 それはまるで、僕の未来を暗示しているようだった。

2022-01-23 23:12:29
ひかちゃ @hikacha_moutsui

9. 僕は深く考えるのをやめて1階に降りる。 リビングのカーテンを開ける。 その日は生憎の雨だった。 僕は、 その雨は君が流した涙のように思えた。

2022-01-23 23:12:32
ひかちゃ @hikacha_moutsui

10. そして僕は雨の音を聞きながら冷蔵庫を開ける。 数種類の野菜と豚肉を取り、軽い野菜炒めを作る。 10分程度で作り終わり、妹達を起こしに行く。

2022-01-23 23:12:36
ひかちゃ @hikacha_moutsui

11. その後も何も変わらない朝を過ごす。 僕は今日は大学がある。 〇〇:僕はもう行くからちゃんと戸締りしてから家を出てね。 未来虹:分かった! 陽世:行ってらっしゃい!ギュ

2022-01-23 23:12:39
ひかちゃ @hikacha_moutsui

12. 茉莉:あ!ずるい!おにぃ私も! 〇〇:はいはい。ギュ じゃあ、行ってくるね。 僕はそう言い家を出る。

2022-01-23 23:12:42
ひかちゃ @hikacha_moutsui

13. 私は気が付くと暗闇の中、 10メートルくらい前に〇〇さんが必死な顔をしてどこかに走っていた。 だが、そのスピードは次第に遅くなる。 そしてついには倒れてしまった。 〇〇さんは倒れたままどこかに手を伸ばす。 その手を伸ばしてる方向を見てもただの暗闇。

2022-01-23 23:12:45
ひかちゃ @hikacha_moutsui

14. 私は〇〇さんが心配になり 〇〇さんの元に向かって歩く。 その時、〇〇さんは 「さきな」と叫んでてた。 その時の私には何を言ってるのか分らなかった。 〇〇さんのそばでひざまずいた私は〇〇さんに手を差しのべる。

2022-01-23 23:12:47
ひかちゃ @hikacha_moutsui

15. 〇〇さんは私の手を取り立ち上がった。 〇〇:ありがとう。ギュ ひなの:!?/// すると〇〇さんは急に抱き着いてきた。 私は顔を赤くせずには居られなかった。

2022-01-23 23:12:50
ひかちゃ @hikacha_moutsui

16. でも、 抱き着いてくる〇〇さんが愛おしく思えてきた。 私も〇〇の腰に手を回した。

2022-01-23 23:12:52
ひかちゃ @hikacha_moutsui

17. 菜緒:...の!ひなの!ユサユサ ひなの:う〜ん...おはよ。 私は夢の世界から現実の世界に引き戻される。 だが妙な事に、 〇〇さんに抱きしめられた感覚が夢だったとは思えないほど覚えている。 菜緒:おはよ。朝ごはん出来てるよ。 ひなの:うん。

2022-01-23 23:12:59
ひかちゃ @hikacha_moutsui

18. 菜緒:(〇〇の名前を言ってた気がしたけど...気のせい?) 私は1階に降りてご飯を食べる。 菜緒:ひなのってさ、〇〇の事好きなの? 私がその日見た夢の事を考えながらご飯を食べていると不意にお姉ちゃんからそんな事を聞かれる。

2022-01-23 23:13:03
ひかちゃ @hikacha_moutsui

19. ひなの:!!べ、別に好きじゃない!/// 菜緒:ん〜?でも顔赤くなってるよ? ひなの:違うって!/// 菜緒:ひなのも可愛い所あるじゃん。 ひなの:だから違うって!/// 菜緒:はいはい。そういう事にしとくよ。 pic.twitter.com/dQUUxlGx3G

2022-01-23 23:13:24
拡大
ひかちゃ @hikacha_moutsui

20. 今思えば私達は、 この時点で見えない糸で繋がっていたのかもしれない。 続く...

2022-01-23 23:13:26
0
まとめたひと
ひかちゃ @hikacha_moutsui

妄ツイ更新頻度遅めに書いてます。#ほっこり短編 更新中。工業高校に通う理系高校1年生。ポケモンユナイトS4完ソロレート2150 マイナスのツイート多め故に通知OFF推奨。。。 妄ツイ書かない所 @hikacha_ohisama

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?