主に在処偽音の新デザインまとめ。
0

▼在処偽音(アルギオン・エスト/Algion EST)

メタ的なことを言うと「ぼくのかんがえたさいきょうのなんとか」
開き直って好きなもんを好きなように描くぜ!路線なのでかなり中二病である(というより、そういう風にするコンセプト)。
主人公ポジションではなく悪役とか敵役のイメージ。

元々(物語が存在する場合、その物語のメインになる舞台の)別の場所に住んでいたがその場所の時間の概念が崩壊、その影響で自分に関わる歴史(姿や記憶含めた自らの情報全般)を破壊された存在。
「真贋証明者」と呼ばれ、歴史の転換点に現れるとされている。その行動は昔から変わってないらしい。

というか、正体は時間そのもの、「歴史のターニングポイント」が生物化したもの。
「正史」とされる未来の道を行くため、彼にとって「偽史」へ進むパラレルな「選択肢の枝葉」を切り捨てる、ということをしている。

元が「時間」であるため性別の概念はない。

細かいことは↓のサイトへ。

リンク algion-est ページ! ▼此処 ぼくのかんがえたさいきょうのなんとか 小学生的気分の一次創作キャラ在処偽音(アルギオン・エスト/Algion EST)についてまとめたサイト。 気分次第で随時追加。

↓台詞を添えたもの

まとめ 在処偽音+α(台詞添えバージョン) 絵に台詞添えてみたもの。

▼N素体

在処偽音の生物としての本来の姿。正確には姿や情報を失った在処偽音の現在の姿。
無数の目や爪を持つ靄であり、「喰得(捕食)」と「相転(模写/変化)」の力を持つ。
返って決まった姿を持たないために様々な姿を持つ可能性を得た。
普段はあまりこの姿にはならない。

「N」は在処偽音が失わなかった唯一の情報と手がかりである。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・N素体 在処偽音の現在の姿、しかし本来はまた違う姿であったとされている。名前も故郷も情報も、その何もかもを失った結果だという。しかしそれ故に様々な形態、型に姿を変える可能性を持つことになった。性格の情報もないせいか型で若干性格に変化が現れることも。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/mhcGcfpFwT

2020-10-24 17:13:11
拡大
拡大

▼形態について

在処偽音の形態は「N素体」を起点として8種の形態、型へと続き「〇〇形態/〇〇型」と表記する。
更に〇〇型の発展形は「〇〇式」とつき、「〇〇形態/〇〇型/〇〇式」となる。ひとつの型に対して式はひとつだけとは限らず、「A形態/A型/A式」「A形態/A型/B式」「A形態/A型/C式」などと延々分岐する。イレギュラーの「偽音系」もあるが本来ない系統であるため「〇〇形態」とは呼ばれない。

また、形態はモチーフや火や氷のような属性ではなく「スペック」や「特徴」で分類しているため、例えば蟲がモチーフでもスペックによっては蟲殻形態に分類されないという場合も有り得る。

形態によって性格や態度に変化が現れるものもあり、それは在処偽音が自身の情報「自分が何者であったか」を失っているせいだと思われる。

▼擬人形態

形態の中で一番取ることが多く、主に二足歩行。共通点は「手に道具を持つこと」

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・擬人形態/竜鎧型 「在処偽音のとる中で一番多い形態」。どんな系攻撃しそうなのかは「見たまま」。武器はこの他いくつかあるよ。主に個人的に「なんでロボットものってこういう感じのデザインのパーツをくっつけてるやつが少ないんだろう」というパーツで出来てる #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/0O3COXd4v9

2020-08-29 13:18:37
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・擬人形態/竜鎧型/儀仗式 竜鎧型の純粋な強化版。正統派路線。飛ぶのに翼を必要としなくなった。物語の主人公ポジのキャラではないが、返って主人公感出た気がする。「儀仗」はここでは「本来単独行動派だが誰かにつき従う意志を見せた、或いは敵を歓迎する」みたいな意味合い #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/CghQItLGBb

2020-08-29 13:20:28
拡大
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・擬人形態/模写型 人間をいじるため人間っぽい見た目になった在処偽音。正々堂々な竜鎧型と違って黒い性格になる。でも反転目だったり血の通ってない白い肌、仮面の下は? 地味に設定上性別不明なのでなんかそんな感じ。人面苦手なので描くのくっそめんどい。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/gL0TAhb8z4

2020-08-29 13:23:06
拡大
拡大
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・擬人形態/模写型(軽装) 模写型は衣?など諸々を省いたバージョンもあります。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/SZD97xTwzU

2020-08-29 13:24:12
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・擬人形態/模写型/厭世式 人間を真似するのを止めた在処偽音。不定形っぽくなり純粋な捕食者、ただ黒い。お怒りモード、儀仗式と正反対な性格になる。無尽蔵に剣を生成するよ。胸の口がチャームポイントです(多分)。人外度数上がったけど描くのめんどいのは変わらない #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/EGoNXrxXFK

2020-08-29 13:25:09
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・擬人形態/模写型/偽身式 もし物語の舞台がそこまでファンタジーではないなら、或いはもう少し人間を真似してみよう、の模写型。と言いつつ人型を100%取り切らない残念な部分はそのまま。あくまで性別不明なので性別不明な服装であることが多い。本来の目要素控えめ。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/UqB8s6YRWZ

2020-09-03 13:07:46
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・擬人形態/薬衣型 RPGでいう所の白魔導士的ポジションで、防御や回復寄りの性能。性格も優しい。多分毒効かないかすぐ治る。手に持ってるのは杖と見せかけて薙鎌。まあ本格的に戦うなら違う形態になるけどね!こういう平和な形態もあります。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/QmMAQoNthO

2020-09-03 13:06:44
拡大
拡大

▼形像形態

主に鉱物系、無機物の身体を持つ。そのためあまり素早くなく防御力が高いというものが多い。
液体金属もアリのため、必ずしも硬い形態というわけではない。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・形像形態/仮面型 簡単に言うと「ビーム打つ浮遊するゴーレム」的な形態。あんまり素早くないけど硬い。飛び道具はあるけど火力より防御力重視。この形態になると無口気味。地味に猫耳っぽい。こういう手が身体にくっついてないデザイン描きたかったの。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/FqGveBOl2m

2020-08-29 14:13:24
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・形像形態/仮面型/彫刻式 仮面型の飛行能力や素早さを棄てて攻撃力と防御力を特化させた形態。ゴリ押し系。やっぱり無口。元は別の絵のデザインを在処偽音に流用したもの。重心が前の方にあるので何もしない時はゴリラみたいな体型バランスで両手を地面についてる。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/iuE3vAybux

2020-08-29 14:14:50
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・形像形態/凍土型 氷系の形態、性格は優しい方。サラブレッド=走力よりは荷物引っ張る力持ちの馬モチーフ。どっしりしてる分つよいぞ。氷ということで一応白と水色系多め、鬣バッサァ。あと見えづらいけど歯車もあるよ。式になると無機物っぽさが増した外見になる。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/CcSdNP4UMG

2020-08-31 23:41:59
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・形像形態/傀儡型 小柄で攻撃力低め、でも本体は後ろの球体のどれかだ!タイプ。油断すると本体っぽいやつが自爆して来るよ。メガネザル系モチーフなのだが、角と爪つけたらそれっぽさが消えてしまった。在処偽音らしからぬちょっと卑怯系なので、本来は偵察用なのかも #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/ELf8WRr4xH

2020-09-02 16:04:36
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・形像形態/爛壊型 水銀の形態。金属中毒に陥らせるため、地上だろうと水中だろうとどこにいても何もしなくても汚染する迷惑系。種族によっては触るのも危険かも知れない。ウミガメモチーフで水に浸かってること多いイメージ、でも潜航形態ではない。いるだけで勝手に汚染していく #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/5OPn4oPqXE

2020-10-22 17:02:15
拡大
拡大

▼潜航形態

主に「水中特化」の形態。ただし必ずしも泳ぎが得意な訳ではなく、じっと身を潜めて待ち伏せるような形態もある。
形態によっては陸上戦もこなせるものもある。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・潜航形態/魚鱗型 純粋に水中戦格闘戦特化の形態。巨体。と言っても「大きな船と比べて凄くデカい」みたいな非常に曖昧な認識しかないけれど。腹部の衝角は趣味。目に見えるのは実は模様。あんまり飛び道具を持ってないので式がつくとその辺強化したものになる。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/ARAGzs9cdp

2020-08-29 14:20:38
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・潜航形態/幽居型 泳ぎに特化している魚鱗型とは違い、泳ぎはそれほど得意じゃないけど水中で周囲の景色にステルスして待ち伏せしたりするタイプ。強力じゃないけどビームは撃てる。触手描くのに時間掛かり過ぎて同じデザインで2回目描く気がしないです。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/geRY2gcR5f

2020-08-29 14:21:44
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・潜航形態/穿渦型 泳ぎスキルは普通め。精神ハッキング型・単体よりは誰かとタッグ組んだ方がより力を発揮できる系。解りにくいけど金魚体型で前面にパーツが集中してるデザイン。イメージは山羊座のあの風貌。式が付くとハッキング出来る相手の範囲が広がる。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/TiEvc1OI7Y

2020-10-09 01:15:38
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・潜航形態/機雷型 水中特化の潜航形態だからってモチーフが魚だけとは限らない。水陸両用の型。腕についてるやつは魚雷として使えたり機雷に使えるよ!という形態。獣型だから陸上戦もある程度こなせそう。在処偽音はどっちかというと格闘戦向けが多い。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/JdAhzWMrty

2020-08-29 17:05:35
拡大
拡大

▼蟲殻形態

主に形像形態ほどではないが硬い殻を持ち、何より有毒である形態。
在処偽音の性格上毒そのものを武器とする型は少なく、あくまでサブウェポン的扱い。
名の通り蟲がモチーフであることが多いが必ずしもそうではない。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・蟲殻形態/鎌爪型 腕は鎌と見せかけて肥大した爪。毒針付きだけど性格上毒そのもので倒すよりは麻痺させたりするのが目的。飛べないけどわりとジャンプ力あって機敏だよ。蟲殻形態も比較的硬いものが多いが毒がウリ。好戦的な性格になる。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/MGSt1eGrnw

2020-08-29 15:57:38
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・蟲殻形態/腐廃型 何故か毒舌オネエな口調になり、性格は腹黒く外道。自身は攻撃力も耐久度もないが、攻撃が当たる度毒の毛が撒き散らされるという猛毒体質。何もしてなくても毒を撒くため集団相手に真価を発揮する。飛び道具ないと結構きつい。腹部の棘は飛ばせます。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/HnMs2xm5Up

2020-09-01 17:34:49
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・蟲殻形態/風船型 性格は可愛い方面になるが毒風船。発射する「子機」も毒ガス弾で周りにまとわりついて大変鬱陶しい。腕?翅?は折り畳み式。回転して刃で切り裂くのかなあと漠然と考えてる。こじんまりしたデザインなので何も考えずに描くと空間が余りまくる。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/4mlUVOYtbn

2020-08-29 15:58:46
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・蟲殻形態/看破型 鈍重で硬く大柄。でも一番の武器は先読みに特化すること。素早さの割にあまり攻撃が当たらないので苛つくタイプ。蟲殻形態なので毒は持っているが、メイン武器ではないので毒性は低い。仮面型同様常にフワフワ浮いてる系。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/XnvfkNc6Uy

2020-10-10 14:57:50
拡大
拡大

▼翼弦形態

飛行能力に特化した形態であり、「その飛行能力を戦闘時直接の武器に出来る型」
性質上素早さに秀でたものが多く移動用にも使われる。
必ずしも鳥型が分類されるとは限らない。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・翼弦形態/飛翔型 やっぱり飛ぶのに特化した形態は欲しいよね。性格は陽気。細身なのでガチでぶつかり合うよりは一撃必殺系。基本的に移動用、本気で戦うなら別の形態を選ぶ方が多い。鳥だから視力はいつもより高いよ。何もせず上空から辺りを見渡してることもある。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/ChqOTnR1N1

2020-08-29 19:50:06
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・翼弦形態/光刃型 ジェットの突撃で相手を蹴散らすタイプ。飛翔型より小回りは効かないが直進の性能は高い。翼のビーム刃はON/OFFできます。自分の脚で走っても速いが飛んだ方が速い。強行突破した時によく使われ、とにかく直進の性能を特化全振りしたタイプ。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/tGyg7ZpTSQ

2020-08-29 19:52:03
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・翼弦形態/音撃型 蝶と蝙蝠を足して割った結果。音(振動)を駆使して戦うタイプ。暗い場所でもあまり問題にしないし振動なので壁に阻まれた状態でも攻撃通せることもある。本人はそこまで攻撃力は高くなく、飛び道具に特化した型。目だけを頼りにしてると不利。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/lclW6AA6N6

2020-10-09 22:02:54
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・翼弦形態/後光型 光を背負い、神々しく見せかけといて実際にやることは黒いタイプ。この形態の時の在処偽音の言うことはあんまり信じてはいけない。信じた者を突き落とす詐欺野郎。脚や手は退化したような感じであまり使いものにはならない。性質上飛び道具が多い。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/9vHubF2eoX

2020-08-29 19:53:22
拡大
拡大

▼怪樹形態

主に植物の性質を持ち、あるいは「実体のある不定形」が分類される。
緑のパーツがどこかにある。
植物の性質があるからといって動かないとは限らない。
毒草だったり種を撒いたり、やることがちょっと特殊。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・怪樹形態/大輪型 粘菌と蔓的な。素早くはないが壁や天井にもくっつけるよ。体内で生成した刃物や爪を発射したり、一旦取り込んだものを後で吐き出せる。前者は出すのは無限で後者は限りある。トリッキー系、式がつくと姿の変化が激しいタイプ。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/1LKv317mCk

2020-08-29 22:07:33
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・怪樹形態/大輪型/昇華式 通常の大輪型の単眼から更に身体を生やしたもの。王冠と杖を持っていて異形の癖に人間ぶったしぐさも若干見られる。本体はあまり動かないがその分粘菌の身体や蔓がバシバシ動くし次々と生えてくるのでそう感じさせない。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/gDbnCjoY5O

2021-05-19 15:40:47
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・怪樹形態/暗視型 デザインの半分はゾディアックさん提供。視力が色んな意味で優れてるので暗闇だろうが靄がかかっていようが見えるし目潰しはあまり効かない系。大きく口開きます。毒蛇かと言えば意外と毒はないので、やっぱり在処偽音は真っ向から相手にぶつかっていく性格なのだと思われる。 pic.twitter.com/Pb9UCts5Yc

2020-08-30 21:15:41
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・怪樹形態/跳躍型 デザイン9割ゾディアックさん提供。かっこいいウサギ、アンバランス素敵。防御は紙で飛び道具もなく攻撃と素早さに特化。攻撃は最大の防御ってやつです。植物だからって動かないとは限らないよ!耐久紙だけど多少破損してもすぐに再生は出来そう。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/a7Qmb7Uf0F

2020-08-29 22:08:10
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・怪樹形態/鎮座型 小柄で根を張って完全に地面に固定して動かないタイプ。但し地形の力を奪い取る系、香りで惑わし蔓(?)を使う。場合によっては毒ガス扱いしても良い。頭にも小さい花があるのは「たまにぼーっとしてる」せい。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/s9M9d8erL0

2020-10-22 14:39:32
拡大
拡大

▼獣面形態

割と普通の四足歩行の獣型が分類される。
特徴として単独行動が多い在処偽音だが、何らかの形で「群れを作る」能力を持ち、集団戦に持ち込むことが多い。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・獣面形態/双角型 背中の角は物理攻撃ではなく起こした音波で誰かを操る装置。そして群れを作って差し向ける。群れを作った後はどこかで高みの見物を決め込んでいるのでそれなりに性格悪い形態かも。以前は普通に頭にでかい角だったが全く面白くなくて今のデザインになった。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/daBN1fx1gJ

2020-08-30 16:47:57
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・獣面形態/山嶺型 大柄で硬い重戦車。魚鱗型の陸上版みたいなイメージでどんどん突き進んでいく。あまり走ることはしないが機動力もわりと高いぞ。大きな牙は前に倒すことも出来る。雑魚はその姿を見るだけで逃げ出す、みたいなタイプ。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/SrDp6yer3T

2020-09-03 18:03:15
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・獣面形態/飽食型 四足歩行型だけど座っていることが多い。珍しく可愛い系。獏型でいつも眠っているが、現実空間では夢の内容がそのまま現れるので近づくことが難しい。目覚めた時は捕食モードになり、眠るとそれが夢に出て現実に反映される。夢だけでなく金属も食べる。獏だもの。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/6gMeVqrMfk

2020-10-22 13:50:56
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・獣面形態/伏竜型 竜鎧型に対して王道の、いかにもなドラゴンの型。ブレスとか牙とか尾とかやる事も戦い方も王道。普通にテンプレの形式のドラゴンも好きだからね!竜鎧型より引き籠り気味であまり他人と絡みたがらない性格になりがち。王道故に安定していて厄介でもある。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/JQdxv2fC0q

2020-08-30 18:45:01
拡大
拡大

▼零骸形態

実体のない不定形が分類される型。精神攻撃が得意だったり憑依が得意だったりする。
在処偽音本人が直接真っ向からぶつかる性格なため、とられる頻度は少ない傾向にある。

キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・零骸形態/妄覚型 N素体のようにゆらゆら揺らめく幻のような、幻覚のようないまいち実体がはっきりしない型。霧というより炎。本体は何でもないけど憑依とか幻覚見せるのが得意なやつ。元々のモチーフがクリオネなので、式がついたら形状がバッカルコーンします。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/JcRo7XxQ8f

2020-08-31 23:49:11
拡大
拡大
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

・零骸形態/妄覚型/鬼没式 通常の妄覚型から人型に変じたもの。他の型と比べやや女性寄りの姿を思わせる。幻覚に魅入られ前後不覚になった者たちの精神をむしり取り蒐集するという悪趣味さを持ち、その精神を使って更にまた新たな幻覚を別の者に見せていく。 #在処偽音形態紹介 pic.twitter.com/iHN1BsnG2s

2021-05-19 15:51:51
拡大
拡大
0
まとめたひと
キョーカ👁‍🗨 @kyoka_sos

基本はmin.tで個人的なまとめを、たまにtogetter。へっぽこ携帯カメラなのでまとめ写真の画質へっぽこでごめんね。 min.tはトップよりこっちから見てくれると解りやすいです。→ https://min.togetter.com/Ccp1qYj

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?