異界彷徨
0
埋火 @akeyoake

ダムに沈んだ集落の小学校跡 夏の間だけ現れるダムの底――岩崩れで潰えた道の先に、草原のような茫洋とした集落跡が広がる その高台に、横に長い不思議な石垣があった。中央には崩れた階段。夏草が生い茂る他に何もない謎の空間。 「二宮尊徳」と刻まれた傾いた石碑を見て、ここが何の跡か漸く分かった pic.twitter.com/U0ztEEr0S0

2022-07-17 19:05:00
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

石垣、井戸、家の痕跡、朽ちた小舟… 広々としたダム湖の草原に、水没した集落の記憶が断片的に散らばっている。 夏の時季に現れるダムの底。消えた集落の暮らし。一面に溢れかえる夏草。湖底の水音。 pic.twitter.com/DTeDO371iP

2022-07-17 19:38:00
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

ここは九州北部の山のなか。澄み透るひぐらしの鳴き声が、雨露に濡れた梢の間を縫って谷川に響いている。 ダムの底には、胸の奥が締め付けられるような、そんなどこか物寂しさの残る光景が広がっていた pic.twitter.com/5GKCGdhXRR

2022-07-17 20:20:19
拡大
埋火 @akeyoake

白鹿権現 ここは無数の鹿や猪の頭蓋骨が奉納された山の洞窟。 入口は険しい崖の中腹に埋もれ、現地には由緒を記した説明は一切無い。堆く積まれた獣の骨と、傾いた石塔、奥には古い祠。現世とはまるで様相を異にする信仰世界が広がっている 骸の山が白く灯る暗闇は、さながら黄泉路のようであった pic.twitter.com/c0PjOMNRJP

2022-10-30 19:08:22
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

洞窟のある山の一帯も、なにやら凄まじく神さびている。 シシゴンゲンは、此処から更に道なき崖の、そのまた崖の上… pic.twitter.com/ga7vfn3iGJ

2022-10-30 19:08:25
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

逢魔ヶ時だったこともあって、宵闇の神社で見たこの光景が、今だに現実だったのかどうか疑わしいのです。青うるむ夕空のなかを、鴉の真っ黒な影ばかりが舞っていました pic.twitter.com/ScsMasas1c

2023-08-11 15:09:33
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

雨に煙る境内の裏手に、千本幟のはためくずいぶんと静かな小路があって、その先に、おびただしい数のキツネサマが並んでいたのです pic.twitter.com/VjcGjt3Ia0

2023-06-11 18:28:37
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

この奇妙な海中鳥居神社が建つ海原に、(――新月の折、遠い沖合に生じるおどろ火の事)は現れる。 漁火ならざる揺らめきに魅入られて舵をとり、正体の袂をひとたび手繰れば怪火はたちまち夜陰へと散り始め、舟の徒浪の虚しい余韻だけを残し、かの現象の一切は泡沫の如く掻き消えてしまうのである pic.twitter.com/KrZ4hhGIal

2021-09-05 13:49:52
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

八百年ほど昔、博多で大なが打ち上げられた。 人魚出現は瑞兆とされ、浮御堂の傍で手厚く埋葬が行われて龍宮寺の名の由来となった。 寺務所兼本堂の建物ニ階に人魚の骨が今も安置されていました。妖しい光沢と艶のある大小の骨。明治の夏祭りでは人魚の骨を浸したタライの水を皆で飲んだそうです pic.twitter.com/GnYIsL12CV

2021-10-10 19:12:01
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

住宅街にある縁切り地蔵尊 深夜の住宅街の一角に、ぼんやりと灯る縁切地蔵堂。 足を一歩踏み入れると、空気は忽ち一変する。 とろけた地蔵に、悲しげな表情で俯く男女の絵馬、壁一面にびっしりと並ぶ封筒。 ここは様々な悪縁を断ち切る場所だが、その大半は男女や人間関係の負のもつれのようであった pic.twitter.com/gri6LVIC7j

2022-12-21 19:45:57
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

互いに背を向けて、悲しげに俯く男女の絵馬。 ここがどういった意味合いの場所なのか、この絵一枚が凡そ全てを物語っているように思える 近隣の住民は入りの際、このお堂を避けて通る__。そんな風習が今でも残っているのだとか。 深夜だった事もあり、この件は結局分からず終いだった pic.twitter.com/2YuTQ6vMku

2022-12-21 21:37:12
拡大
埋火 @akeyoake

ここはその昔、嫁入り前に自刃した姫の無念を哀しんで建てられた石蔵に由来する。小さなお堂にも関わらず、いまだに全国津々浦々から訪れる参拝客は後を絶たない。 この蕩けた地蔵尊、元々は人の姿をしていたそうなのだ… 参拝客が縁切成就の為に少しずつ削り取り、現在のような姿になったのだという pic.twitter.com/0lsJi8K491

2022-12-22 19:57:00
拡大
埋火 @akeyoake

行き止まりになった山道の川底に、三角形がやたらと落ちていて凄く良かった。幾何学図形の墓場のような河原 pic.twitter.com/o9836MR6Ki

2023-03-17 19:00:01
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

山の路すがら雰囲気漂う小さな集落を見かけることがある。古びた趣のある家屋。艶美に色めく草花。後で写真を見返しても、決まって場所を思い出せなかったりする pic.twitter.com/jrmUPZbgy7

2022-07-27 19:24:16
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

夏に埋もれた明治時代の橋 pic.twitter.com/PdMVKJTG27

2022-07-09 19:55:00
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

雀地獄 白砂、黄砂、灰砂が織り交ぜになった生々しい地獄河原。立ち眩むような硫黄の瘴気が一帯に漂っている。積み石が虚しく残されているばかりで、獄卒の姿も、父無し子の啜り泣きも、雀の亡骸もない 紫の宝珠を秋に落とした紫式部の梢。冬風にそよぐ枯れすすき。年の瀬に暮れゆく冷たい地獄山景 pic.twitter.com/mPBstFLcQi

2020-12-23 19:18:56
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

前衛的な芸術が壁のそこかしこに描かれている熊襲の古代洞窟 pic.twitter.com/Odpq3BFccY

2022-06-25 19:49:42
拡大
拡大
拡大
拡大
埋火 @akeyoake

鉄輪温泉の熱帯魚館。こんな雰囲気の水族館を夢の中で見た覚えがあります。ひしめく巨大魚、の魚、影法師。水槽の中をのたりのたりと泳いでいました。 pic.twitter.com/qJjJKwwhdk

2021-11-14 19:16:02
拡大
拡大
拡大
拡大