Microaggressions in Everyday Life.
0
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

『日常生活に埋め込まれたマイクロアグレッション~人種、ジェンダー、性的指向 : マイノリティに向けられる無意識の差別』デラルド・ウィン・スー著、マイクロアグレッション研究会訳、明石書店、2020.12.18. (p.35)マイクロアグレッションというのは、ありふれた日常の中にある、ちょっとした言葉や pic.twitter.com/CFnAizqusq

2021-01-10 18:21:41
拡大
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

行動や状況であり、意図の有無にかかわらず、特定の人や集団を標的とし、人種、ジェンダー、性的指向、宗教を軽視したり侮蔑したりするような、敵意ある否定的な表現のことである。加害者はたいてい、自分が相手を貶めるようなやりとりをしてしまったことに気づいていない。

2021-01-10 18:27:20
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

日本語版への序文 (p.3) 2017年に、マイクロアグレッションの単語が正式にMerriam-Webster 辞書に追加され、それによってこの用語がアメリカの「辞書の一部」になった。  国連教育科学文化機関(UNESCO) は、2011年、Teaching Respect for All という教材を開発した。

2021-01-10 18:33:38
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

(p.4) マイクロアグレッションに絶えずさらされることは、慢性的な「人種闘争疲労」をもたらす。  日常的な無礼な行為や失礼さとマイクロアグレッションは何が違うのか。 ①社会的な価値付けの低い集団の構成員の人生の経験において、マイクロアグレッションは持続的で継続的である。

2021-01-10 18:38:26
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

②マイクロアグレッションは累積的なものであり、たった一つの藁がすでに重荷を背負ったラクダの背中を壊すような事態である。 ③マイクロアグレッションは何が起こっているのかについて解読しなければならない二重メッセージを送信することが多いため、エネルギーを枯渇させていく。

2021-01-10 18:42:55
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

④マイクロアグレッションは、社会においてその人が二級市民であることを常に思い出させる。有色人種の人々が雇用のはしごの下の段を占め続けていること、歴史書はその人達を無視し、病理学的に描写し続けていることを示す。テレビやメディアにおける積極的な役割モデルが描かれることはほとんどない。

2021-01-10 18:49:54
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

はじめに (p.19) マイクロアグレッションは、周縁化された集団が善良な、モラルのある、立派な家族の一員や友人、隣人や同僚、学生や店員、雇用主やヘルスケアの専門家、そして教育者たちから軽蔑、侮蔑、無効化、そして屈辱を受けることが絶えず続く日々の現実である。

2021-01-11 20:30:52
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

マイクロアグレッションの威力は加害者にそれが見えないことにある。加害者は自身が相手を脅かし、貶めるような行為を働いたことに気づかない。  有色人種にとっての最大の脅威は白人至上主義者たちやクー・クラックス・クランのメンバー、あるいはスキンヘッドではなく、善良で、平等主義の価値観を

2021-01-11 20:36:14
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

持ち、自身の道徳性を信じ、公平できちんとした人物であり、けっして意識的に差別など働かないという自己認識を持った人々である。意識的なレベルでは、平等主義の価値観を支持するかもしれないけれど、無意識のレベルではマイノリティに敵意ある感情を抱いている。

2021-01-11 20:43:23
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

(p.20) これらの日々よくある攻撃の経験は、怒りやフラストレーション、そして自尊心に対して、従来のあからさまなレイシズム、性差別、異性愛主義の形態よりもはるかに大きくかつ強い影響を与えうる。さらに、その目に見えない性質のために加害者は、マイノリティに対して心理的ジレンマを生み出して

2021-01-11 20:49:09
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

いる自身の共犯性について、そして雇用、ヘルスケア、教育の不平等を生み出す自身の役割について気づくことなく、また向き合わずにすんでしまう。  マイクロアグレッションとは、特定の個人に対して属する集団を理由に貶めるメッセージを発するちょっとした、日々のやりとりである。

2021-01-11 20:54:28
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

(p.21) マイクロアグレッションという用語は1970年にピアースが「捉えがたく、当惑させ、非言語的にやりとりされる『こきおろし』」と定義した。それはまた、しばしば反射的あるいは無意識に有色人種に向けられる「(言語的、非言語的、そして/または視覚的な)捉えにくい侮蔑」としても定義される。

2021-01-11 21:01:16
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

人種やジェンダーを理由に認められなかったり、過小評価されたりするパターンを説明するためにビジネスの世界では「ミクロな不平等( micro inequities ) 」という用語が使われている。これは捉えにくい冷遇や、軽蔑的な視線、身振りやトーンとしてしばしば無意識のうちに発せられる。

2021-01-11 21:17:57
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

このようなやり取りはしばしば簡単に片付けられ、無垢で悪気のないものとして言い繕われる。しかし、マイクロアグレッションはその受け手に対して精神的活力を奪うことで、そして不平等を創り出すことで多くの環境において能力を発揮できなくさせるため、有色人種に対して有害である。

2021-01-11 21:18:31
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

第3章のマイクロアグレッションにより生じる心理的ジレンマとそのダイナミクスで分析することは、 マイクロアグレッションが発生する時、その標的となる被害者は4つの主要な心理的ジレンマと直面する。 ①人種、ジェンダー、性的指向についての加害者と被害者の双方が状況に対して異なる解釈をする。

2021-01-11 21:25:22
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

②偏見が目に見えないために、加害者は被害者を侮蔑したり貶めてきたことに無自覚であり、依然として自身の潔白を疑わないでいられる。 ③たとえマイクロアグレッションが可視化されるときですら、それらはほとんど害をなさない、取るに足らない軽微なものとして見なされる。

2021-01-11 21:31:17
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

加害者が現実に対する歪んだ感覚、ある種の感情の欠如、不安、罪悪感そして他の有害な影響を形成する傾向にあることが示唆されている。 第11章、教育とマイクロアグレッション。 マイクロアグレッションがいかにして教室内における人種、ジェンダー、性的指向についての困難な対話の引き金になるか、

2021-01-11 21:46:04
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

この対話を促進しようとする教育者たちが悲惨に失敗する原因について一連の研究を提示する。 第12章、心理支援におけるマイクロアグレッションの影響で、 良心的なセラピストが気づかずに犯しているマイクロアグレッションがメンタルヘルスの施設の非活用や早期の終了の原因となりうることを論証する。

2021-01-11 21:51:34
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

第1章、マイクロアグレッションとは何か  人種、ジェンダー、性的指向に対するマイクロアグレッションの表れ方 「人種的マイクロアグレッション」という用語は、チェスター・ピアースによって1970年代に初めて使われた。ピアースはこの用語で、日常的にブラックアメリカンに向けられる、わかりにくく pic.twitter.com/Mn1hyhgoN4

2021-01-12 03:52:02
拡大
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

しばしば自動的に行われるけなしや侮蔑の言動について言い表そうとした。マイクロアグレッションは我々の社会の中で周縁化されているあらゆるグループに対して向けられる可能性がある。それはジェンダーに基づくこともあれば、性的指向、階級、障碍の有無に対して向けられることもある。

2021-01-12 03:57:30
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

(p.36) どんなマイクロアグレッションでも、一度だけなら影響は小さいだろうが、生涯にわたって継続的に発生することにより影響は蓄積し、深刻な結果をもたらす可能性がある。有色人種が生まれた瞬間から数々の人種的マイクロアグレッションに晒されることに、多くの白人は気がつくことができない。

2021-01-12 04:15:32
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

それはメディアや同僚、隣人、友人、教師、さらには教育の過程やカリキュラムそのものからすら受けるものである。このような侮蔑や軽蔑はあまりにも日常的で、いたるところで見られるために、気づかれないことが多い。  レイシズムは人や集団を目や髪や肌の色によって従属的な地位に置く態度、行動、

2021-01-12 04:20:43
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

制度、あるいは社会政策と定義できるだろう。レイシズムの複雑な様相は、個人・制度・文化の3つのレベルから成り立っている。  個人的レイシズムとは、アメリカにおいて最も一般的に知られているもので、明白かつ意図的、あるいは故意に、人種的マイノリティに対して害を及ぼしたり、別け隔てを

2021-01-12 04:25:43
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

したりする行為を指す。極端な形として、公然と行われるヘイトクライムがある。  制度的レイシズムとは、あらゆる政策、慣習、手続き、ビジネス、産業、政府、裁判所、教会、地方自治体、学校などにおいて、有色人種を不当に劣位に置き、他の集団がその結果から利益を得ることを許すような意思決定や

2021-01-12 04:31:24
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

行動がなされる仕組みを指す。例えば、雇用や昇進において差別すること、カリキュラムの中でマイノリティの歴史を無視し歪曲することなどが含まれる。制度上のバイアスはしばしば誰にでも等しく適用される標準的な決まりや規定を隠れみのにするが、それはたいていある集団を不利にし、他の集団を有利に

2021-01-12 04:39:03
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

する結果をもたらす。  文化的レイシズムは、最も狡猾で有害な形態のレイシズムかもしれない。なぜならそれは個人的・制度的レイシズムを温存させる最も重要な覆いだからである。文化的レイシズムは、個人的または制度的に、一方の集団の文化的遺産(芸術、工芸、歴史、伝統、言語、そして価値観)を

2021-01-12 04:43:50
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

他方の集団よりも優れていると表現したり、その基準を他の集団に押しつけたりすることと定義できる。とはいえ、あからさまなレイシズムに対する意識が高まるにつれ、人々は、個人的、制度的、文化的なものに対するかたくなな偏見や明らかな差別表現については、以前よりも認識できるようになってきた。

2021-01-12 04:49:06
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

そのような行為は、公平、正義、そして非差別という、私たちが明言する価値観と正反対のものだからである。ところが残念ながら、これは意識レベルにしか当てはまらないのかもしれない。  レイシズムの表れ方はより現代的で狡猾な形に変化してきており、我々の文化的な仮定・信念・価値観や、制度上の

2021-01-12 04:55:20
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

政策や慣習、あるいは個々人の心の奥底に、隠れて存在するようになってきたと論じる人もいる。レイシズムは目に見えない、形容しづらい、より遠回しなものになってきており、意識レベルよりも深いところで作用しながら、見えにくい形で人々を圧迫するものになっているという、表れ方は様々な名前で

2021-01-12 05:00:35
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

呼ばれている。象徴的レイシズム、現代的レイシズム、暗黙的レイシズム、回避的レイシズムなどである。  ほとんどの白人が自分のことを善良で倫理的で、きちんとした人間であって、意図的に人種に基づいて他人を差別することなどけっして無いと思っている。だが研究によれば、アメリカで生まれ育った

2021-01-12 05:05:25
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

人であれば誰でも、脈々と続いてきた人種的な偏見から免れることは難しいということが明らかになっている。回避的レイシストは自分自身のことを、偏見を持っておらず、平等主義の価値観を信奉しており、けっして故意に差別などしないと深く信じている。しかしそれにもかかわらず、回避的レイシストは

2021-01-12 05:13:06
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

無意識のうちに偏見を持った態度をとっており、それが差別的な行動として現れる時がある。  一般的に、善意の人々によって、意識できないレベルで行われているという点で、人種的なマイクロアグレッションは回避的レイシズムに最も似ている。  1970年代の終りに、アフリカ系アメリカ人の心理学者

2021-01-12 05:18:21
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ロバート・ガスリー(1998)は、『ネズミすら白だった』において、心理学がまず白人ヨーロッパ中心主義的な分野であり、有色人種の口承の歴史がなしてきた貢献を無視していたり、故意ではないにせよ一つの集団(主に白人男性) の貢献のみを高く評価していたり、アジアやアフリカやラテンアメリカの人々の

2021-01-12 05:24:05
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

貢献を「見て見ぬ振りをすること」によって過小評価したりしていることを、激しく批判した。  (p.42) 双方の視点を知的に分析し、問題を明確にした学生のジャスティンへのリチャードソン教授の賛辞は、何人かの黒人学生にとっては屈辱的なものに感じられた。これはなぜだろうか?

2021-01-12 05:30:09
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

この問いに答えるためには、歴史的な人種のステレオタイプに対する理解と、それによって生じる人々のやりとりのダイナミクスに対する理解が必要になる。  リチャードソン教授と学生の間に起こったことは、2007年から2008年の民主党の大統領予備選挙で、ジョー・バイデン上院議員とオバマ上院議員が

2021-01-12 05:35:29
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

立候補した時に起こったこととよく似ている。大統領選挙に出馬することを表明した後、#Biden 氏はレポーターから、黒人の #BarackObama に対する国民の激しい熱狂について質問された。ジョー・バイデンはこう答えた。「私はね、雄弁で、賢くて、清潔で、そしてハンサムな、メインストリームの

2021-01-12 05:43:13
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

アフリカ系アメリカ人が初めて現れたと思っているよ。彼はまるで絵に描いたような男さ」。この発言を無礼で侮辱的で攻撃的なものだと考えた多くの黒人コミュニティは、すぐに騒然となった。多くの黒人コミュニティにとって、この発言は人種的マイクロアグレッションだったのだ。

2021-01-12 05:47:38
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

バイデン上院議員としては、なぜ仲間の民主党員に対する褒め言葉が、黒人たちを怒らせたのか理解できなかった。メッセージは時に多様な意味を含んでいるということを理解することが重要である。バイデン氏の発言は、表面上称賛のように見えても、メタコミュニケーションのレベルでは(つまり隠れた

2021-01-12 05:53:15
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

メッセージにおいては)、黒人の人々に「オバマは例外さ。ほとんどの黒人は知的ではないし、雄弁ではないし、汚らしいし、魅力的ではない」と伝わった。このような人種的マイクロアグレッションは、加害者が有色人種の人々の存在を認めたり称賛したりするものであると同時にその集団をステレオタイプに

2021-01-12 05:58:21
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

当てはめることでもあるのだ。黒人の学生を称賛することは教授の善意からくるものであったとしても、その発言から、黒人の学生が知的で示唆に富む意見を持っているということに対する教授の驚きが伝わってきたために、それはマイクロアグレッションとして体験されたのだ。

2021-01-12 06:02:10
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ジェンダーに関するマイクロアグレッション  一見わかりにくい性差別主義は、善意があって、ジェンダーの平等を信じ、女性に対してけっして差別などしないと思っている男性が行ってしまうものであるという点で、回避的レイシズムと似ている。このような人々は知らないうちに、女性に対して、不利な

2021-01-12 06:22:15
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

目に合わせたり、子ども扱いしたり、ステレオタイプを押しつけたり、機会に平等にアクセスすることを認めないような振る舞いをとったりしてしまう。  女性を性的な道具のように扱うあからさまな表現は、口笛を吹くことやひやかしに始まり、もっとかすかな、例えば公共の場でまるで衣服を脱がされた

2021-01-12 06:27:18
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ような気持ちにさせる「凝視」まで、幅がある。女性を性的な道具と見なすマイクロアグレッションが伝えているメッセージは多い。それは、(a) 女性の見た目は男性を楽しませるために存在する、ということや、(b) 女性とは弱くて、依存的で、助けを必要とする、ということ、(c) 女性の身体は彼女自身の

2021-01-12 06:32:40
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ものではない、ということだ。女性の中にはこのような屈辱的な行動に、傷つけられる人もいる。  (p.46) 「最もふさわしい人が採用されるべきだ」といった発言を仕事の面接の場において聞く多くの女性達は、これをジェンダーにおけるマイクロアグレッションだと感じる。それはこの発言に、

2021-01-12 13:10:39
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

「女性は男性よりもふさわしくない。だから男性の志願者が選ばれたとしても、それは偏見とはなんの関係もなく純粋に彼の資質によるものだ」という意味が込められているからだ。この副部長の発言は、彼はジェンダーに基づく偏見を持つことなど不可能だと暗に示している。なぜなら、彼にとっては

2021-01-12 13:15:47
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

「ジェンダーなど関係ない」(gender-blind ✴️) のだから。同じような現象はカラーブラインド✴️の神話について、有色人種の人々からも言われている。[✴️原文ママ] (p.49) マイクロアグレッションは受け手の精神的なエネルギーを奪い、自尊心を低める。適応しようと務めることや問題を解決するための

2021-01-12 13:28:09
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

エネルギーを枯渇させ奪ってしまう。 (pp.49-50) 『私はもううんざりだ』(Locke, D. C.1994)  白人たちとやりとりする時、「人種など関係ない ( don't see color )」と言われることに。  人種についての会話になったときに、水を打ったように静かになることに。

2021-01-12 13:48:26
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

私が「アフリカ系アメリカ人」と呼ばれることを望んでいる理由を説明しなければらないことに。  ものごとはよくなるのだろうかと、思い巡らせることに。  私がタクシーに乗ろうと手を上げたことが、運転手には本当に見えていなかったのだろうかと、思い巡らせることに。

2021-01-12 13:51:28
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

権威ある地位に有色人種が全然いないことについて、何の正当化にもなっていない説明を並べ立てる報道を聞くことに。  私の性的願望は白人女性に向いているわけではない、と説明しなければならないことに。  私がうんざりしている理由を説明することに。  もううんざりだ。

2021-01-12 13:55:50
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

しかし、マイクロアグレッションが個人的で心理的な影響を与えるのみにとどまらないことに、注意しなければならない。マイクロアグレッションは、私たちの社会における周縁化された人々の生活の質や生活水準にも影響を与えているのだ。マイクロアグレッションは教育、雇用、ヘルスケアにおける機会と

2021-01-12 14:05:53

コメント