#FalettinSouls は、邦楽洋楽両方のファンク&ソウル分脈紹介Spotifyリスティング企画です。 【月火水木】:各名義から1曲ずつ拾い上げ6曲にリスト化:【金】:ファンク&ソウル分脈的に@tricken 個人が重要だと思うミュージシャンや系列を特集して1曲縛りを解除する曜日:【土】:月~金で評判の良かった名義から再度1曲ずつpick up;【日】:休日(好きにリストをリピート再生してね)……という曜日スケジュールで進めてゆきます。
0
前へ 1 2 3 ・・ 9 次へ
tricken@暁月6.0済 @tricken

03. 岡村靖幸. ビバナミダ. 2016. open.spotify.com/playlist/2rJoz… 岡村靖幸は昨日もプリンスフォロワー文脈で紹介しましたが、この曲は最近の岡村靖幸さんですね。一見宇宙を歌ってないけど、同曲でちょくちょく弦がヒュンヒュン言ってる。実はこれ、スペオペアニメ『スペースダンディ』の主題歌です。

2020-12-17 18:56:37
tricken@暁月6.0済 @tricken

今度『ゴジラ』脚本をやる円城塔さんが初めてアニメの脚本を一部手がけた記念すべきアニメでもあります。『カウボーイビバップ』のチームが再結集して作った同作は、ビバップよりだいぶ間口の狭いつくりでしたが、それを「うるせえ俺らはこの宇宙をやるんじゃ」と吹き飛ばすパワが岡村靖幸に託されてた

2020-12-17 19:00:37
tricken@暁月6.0済 @tricken

04. Earth, Wind & Fire. Jupitor. 1977. open.spotify.com/playlist/2rJoz… EW&Fは1970sに(音楽ジャンルとしての)ディスコの代表的グループとして君臨しました。ただディスコ文化を離れて個の音楽として聴くと、妙にスピリチュアルな主題が多めです。代表曲からして「宇宙のファンタジー」だったりするし。

2020-12-17 19:10:20
tricken@暁月6.0済 @tricken

面白いのは、のちのアシッドジャズならストリングスに置き換えられてそうな高音の装飾的メロが全部ホーンセクションなんですよね、Jupitorでは。宇宙を管で目指すか弦で目指すか、あなたはどっちがすき?

2020-12-17 19:14:20
tricken@暁月6.0済 @tricken

05. Incognito. Morning Sun. 2002. アシッドジャズからもう一曲紹介したいなと思ってIncognitoを選びました。Incognito、1979年結成なのにいまだに新作アルバム出してたりしてるんですよね。入れ替わり激しいみたいですが。

2020-12-17 19:19:59
tricken@暁月6.0済 @tricken

自分はまだ通しで追いかけたことないですが聴くたび好きなバンドです。いつかちゃんと聴いてちゃんと調べて、厳選遊びをしたいものですね、インコグニート。

2020-12-17 19:20:56
tricken@暁月6.0済 @tricken

06. kokua. Stars. 2016. open.spotify.com/playlist/2rJoz… kokuaはNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」主題歌のProgressの為に集った特別編成バンドですが、結成後10年近く経ってからやっと1stアルバムを出しました。その中のSimply Red カバーがこの一曲。

2020-12-17 19:24:00
tricken@暁月6.0済 @tricken

kokuaのメンバーは以下の通りです。 Vo. & 作詞: スガシカオ Produce &Kb.: 武部聡志 Gt.: 小倉博和 Bs.: 根岸孝旨 Dr.: 屋敷豪太 このうちドラムスの屋敷豪太さんが、1985年結成の英国ミクスチュアバンド、Simply Redの元メンバーの1人なんですね。

2020-12-17 19:29:15
tricken@暁月6.0済 @tricken

Simply Red はソウルやファンクの香強い楽曲で初期にヒットを飛ばしました。Incognitoの活躍し始めた時期と同期してますね。そのSimply Redがかつて発表したソウル色の強いロマンティックな曲調(原歌詞は別の文脈を含むようですが)を、スガシカオが日本語歌詞を独自に当てなおしたのがこのkokua版。

2020-12-17 19:33:34
tricken@暁月6.0済 @tricken

Simply Redの原曲のよさ、屋敷郷太氏の偉大な経歴とコネクション、そして作詞家として日本有数の腕前を持ちソウル理解も深いスガシカオがkokuaの仕事を通じて奇跡的に混じり合い、「日本語の歌詞で聴けるソウル・ミュージック」としては最高の曲のひとつが生まれました。

2020-12-17 19:37:03
tricken@暁月6.0済 @tricken

序盤の「本当はすごく離れていて」から「想像を絶するくらいの熱や光を持っていたりするんだろう」を経由して「(星を)君の部屋に散りばめたい」に着地させる、この巨視と微視を一曲の中でカメラワークさせるのスゴイヤバイですね。(スガファンの話なので話半分でどうぞ)

2020-12-17 19:42:33
tricken@暁月6.0済 @tricken

というわけで宇宙志向のファンク&ソウル文脈6曲をお送りしました。期せずして無自覚に80年代英国ファンク&ソウル展開の紹介になった気もしますね。あしたの #FalettinSouls は6曲 Sly & The Family Stone スペシャルです。

2020-12-17 19:45:12
tricken@暁月6.0済 @tricken

11月末から継続的にファンクとソウルの話してもう半月になる。

2020-12-17 20:01:29
tricken@暁月6.0済 @tricken

@kumagoro_h ふふ……そうなんだよ、でも鍵掛けて非公開にしてしまったら当日リストを解放するの絶対に忘れると思って公開のままにしてるのさ……

2020-12-17 20:03:11
tricken@暁月6.0済 @tricken

@kumagoro_h その日の夜に聴いたと思ったら思い直して早朝に変わってたりするのでそこだけ注意。午前リリースまではドラフト版です

2020-12-17 20:08:15
tricken@暁月6.0済 @tricken

たぶん、高音装飾(ストリングスにせよホーンセクションにせよ)のあるファンクが好みに近いのだと思います。今度その一種であるTower of Power も特集しますね! twitter.com/tsgross1111/st…

2020-12-17 20:09:27
tricken@暁月6.0済 @tricken

フルートファンク、どういうバンドあるかな…… twitter.com/kumagoro_h/sta…

2020-12-17 20:13:03
tricken@暁月6.0済 @tricken

けっこうあるな>フルート・ファンクを集めたDJメントスのミックスが公開 | Crown Cord crown-cord.jp/wax/news/flute…

2020-12-17 20:15:19
tricken@暁月6.0済 @tricken

いえーいやるやるー(土日Spotifyから離れられなくなる) twitter.com/nami0101/statu…

2020-12-17 20:17:16
tricken@暁月6.0済 @tricken

そういえば最後に大阪で生で見たスガシカオLiveでも、Fire Hornsメンバーのジュンジマンさんがスリーピースの時にフルートに持ち替えてたのを思い出した。なんの曲をフルートでやったんだっけな……

2020-12-17 20:20:08
tricken@暁月6.0済 @tricken

#FalettinSouls こんど検証してみまーす 鍵rt: とりっくんてきに、ムジカピッコリーノと、スペースチャンネル5はどう位置付けられるのか、気になっている。

2020-12-17 20:21:13
tricken@暁月6.0済 @tricken

おはようございます。金曜は6曲全部単一個人/グループ特集。今日はJBファンクとは別の大きなファンクのルーツ、西海岸ファンク・ファンクロックの嚆矢、Sly & The Family Stone で6曲構成しました。かっこいいよ。 open.spotify.com/playlist/7m6O9…

2020-12-18 08:12:15
tricken@暁月6.0済 @tricken

前期Slyから2曲、後期Slyから4曲、えらびました。順に聴いてね。 pic.twitter.com/jdThZXh9H1

2020-12-18 08:13:50
拡大
tricken@暁月6.0済 @tricken

01. Sly & The Family Stone. Dance to the Music. 1968. open.spotify.com/playlist/7m6O9… スライ&ザ・ファミリーストーンは、主に1960年代から1970年代中盤にかけて活動したファンクバンドです。JB的な古典的ファンク構成とやや異なる座組みであることから「西海岸ファンク」と区別されることもあります。

2020-12-18 18:38:08
tricken@暁月6.0済 @tricken

S&tFSは、スライ・ストーンをリーダーとして、彼の弟妹と、血縁関係のない仲間が合流して初期のサウンド(今回のリストでは2曲めまで)を作ります。のちにGraham Central Station のリーダーとなるラリー・グラハムはこのS&tFSの初代ベーシストで、細野晴臣が敬愛してるという話は先日しましたね。

2020-12-18 18:41:53
tricken@暁月6.0済 @tricken

特に初期は、公民権運動の激しい最中、白人黒人混成バンドであるということでもある種時代のシンボル的な受け取られ方をすることもありました。いまだと認識しづらいかもしれませんが、当時はまだそういう座組みが珍しく、また多少なりとも忌避的なムードもあったようです。

2020-12-18 18:43:27
tricken@暁月6.0済 @tricken

Slyたちは、ロックの殿堂ウッドストックのフェスにも参加し、曲を披露しています。SlyたちとJBファンクが違ってるのは、ホーンセクションが相対的に少数で(サックスのジェリー・マルティーニとトランペットのシンシア・ロビンソンがいます)、ギターベースドラム鍵盤もそれぞれ花形になることです

2020-12-18 18:48:01
tricken@暁月6.0済 @tricken

特にスライは、キーボードを弾き語りながら歌うヴォーカリストでもありました(スライの鍵盤、特にエレクトリックピアノはだいぶ独特)。そういうわけで、スライ的な音色の構成というのが「ファンク」というジャンルの典型の一つとしてあります。

2020-12-18 18:50:25
tricken@暁月6.0済 @tricken

さて一曲目のDance to the Music ですが、めっちゃパリピ感ありますね。この感じを覚えておいてください。どんどん……どんどん、暗くなります。(何?

2020-12-18 18:51:25
tricken@暁月6.0済 @tricken

02. Sly & The Family Stone. I want take you higher. 1969. open.spotify.com/playlist/7m6O9… これか Sing A Simple Song のどっちにするかで悩んだんですが、すでにメイシオパーカー(JBs出身の大家のひとり)がカヴァーした音源を #FalettinSouls で紹介済みなので、こっちにしました。

2020-12-18 18:55:44
tricken@暁月6.0済 @tricken

さてこの頃、スライ・ストーンと愉快な仲間たちは、悪い奴らに捕まって麻薬の常用が蔓延ってしまいます。特にリーダーのスライは麻薬のせいでだいぶ疑心暗鬼になってしまい、しばしばバンドとも仲違いを起こし始めます(詳しくは伝記などをどうぞ)。次のアルバム内の曲はその最中に作られました。

2020-12-18 18:59:34
tricken@暁月6.0済 @tricken

03. Sly & The Family Stone. Thank You for Talkin' to Me, Africa. 1971. open.spotify.com/playlist/7m6O9… ラリー・グラハムが脱退前に弾いたさいごのほうのベースがこれのはずです(※要再検証)。原曲はシングル曲Thank You (Falettin Be Mice Elf Again) のリアレンジですが、ほぼ別物ですね!

2020-12-18 19:02:52
tricken@暁月6.0済 @tricken

この曲が載ってる『暴動(There's A Riots Going On)』というタイトルは、同時期に出て売れたマーヴィン・ゲイ『What's Going On?』(何が起きてるっていうんだ?)に対する返答だという話もありますが、これ裏取れてる話だったっけ? 正確な出典をまだ確認したことないので情報求む。ベトナム戦争〜

2020-12-18 19:05:08
tricken@暁月6.0済 @tricken

まあこのThank You リアレンジ版は、麻薬中毒でどんどん家族や仲間をなくしていく中でなおなんとか演ってる中で恐ろしいくらいの迫力がある音がなってますね。キックとベースしかなくて、ギターの音が遠くでてろてろと控えめに鳴ってるだけ。後期スライの始まりです。

2020-12-18 19:07:15
tricken@暁月6.0済 @tricken

04. Sly & The Family Stone. Family Affair. 1971. open.spotify.com/playlist/7m6O9… これも『暴動』収録。濡れたウーリッツァー(Wurlitzer)の音と、スライにより使われ始めた打ち込み音源、音割れしそうなくらい地響くベース音、間延びを感じさせるほど引き伸ばされるギターのワウ。宅録的ファンクです。

2020-12-18 19:12:30
tricken@暁月6.0済 @tricken

このFamily Affairにより、のちのプリンス・サウンドにもつながる「シンガーソングライターによる密室的ファンク」、ジェイムズ・ブラウンのような豪放なリーダーがイケてるリズム隊を引っ提げてショウビズに繰り出すファンクとはまったくかけ離れた、異質なファンクの流儀が爆誕したことになります。

2020-12-18 19:14:50
tricken@暁月6.0済 @tricken

05. Sly & The Family Stone. In Time. 1973. open.spotify.com/playlist/7m6O9… もうラリーもいませんし初期メンバーはだいぶ離れてますが、このドラムの刻みの中にあるセクシーなクローズドハイハット。自在に跳ねまわり唸るフェンダーローズ(Rhodes)の鍵盤音。後期スライの精髄といっていいと思います。

2020-12-18 19:22:24
tricken@暁月6.0済 @tricken

06. Sly & The Family Stone. Skin I'm In. open.spotify.com/playlist/7m6O9… これもFresh収録。If You Want Me to Stayと悩みましたが、「もう一度生まれ変わったとしても、またこの同じ肌で産まれたい」という、融和の象徴だった初期スライに翳りを与えつつも尊厳の線をどこかに引くような力強さを選んだ。

2020-12-18 19:24:55
tricken@暁月6.0済 @tricken

というわけでスライの6曲でした。今日までの間に、JB, P-FUNK, Sly, Prince というオマージュされがちなファンクの中枢群がわりと出せたので、話が早くなりそうです。(メイシオパーカーのSlyトリビュートを紹介したときにどこまで話すべきか迷ったので……)

2020-12-18 19:33:52
tricken@暁月6.0済 @tricken

ちなみにこのFamily Affair や In Time を聴いた後に、Prince の Sign O The Times やスガシカオ「黄金の月」を聴くとめっちゃ楽しいです。

2020-12-18 19:34:39
tricken@暁月6.0済 @tricken

Slyのその後。S&tFSの活動は70年代後半に後退してゆきますが、影響力は失ってません。2006年のグラミー賞でSlyが久々に人前に登場して少しだけ演奏をしたほか、Slyのトリビュート・アルバム Different Strokes by Different Folks なども出ました。メンツがR&B史じゃん amzn.to/3gXjB0Z

2020-12-18 19:56:36
tricken@暁月6.0済 @tricken

老スライ自身はいまかなり悲惨な暮らしを余儀なくされているらしく、半世紀前のミュージックヒーローが報われていないのは悲しい限りなのですが……人類の文化への貢献が末期までの幸せを保証しないのはなかなかつらいなあと思います。

2020-12-18 20:01:03
tricken@暁月6.0済 @tricken

いえーい ミュージッコーロジーッ(殿下 twitter.com/bijoux01/statu…

2020-12-18 20:01:35
tricken@暁月6.0済 @tricken

半世紀後にふりかえるジャンル再定義、おもしろーい! ほぼほぼスローテンポのアンビエントですよね。ただしどすぐろい。 twitter.com/bijoux01/statu…

2020-12-18 20:08:04
tricken@暁月6.0済 @tricken

そうです、サザンオールスターズの「マンPのG★スポット」(男は真顔で書き終えた)の歌詞の中に出てくるのはこのスライ&ザ・ファミリーストーンです。なお芥川龍之介はなろう転生しない限りスライは聴けない。鍵rt: 芥川龍之介がスライを聴いて のスライさんだ

2020-12-18 20:20:56
前へ 1 2 3 ・・ 9 次へ

コメント

tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月18日
まとめを更新しました。(2020-12-17ぶん)
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月18日
まとめを更新しました。2020-12-18金曜 Sly & The Family Stone 回。
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月22日
まとめを更新しました。2020-12-21月ぶん追記
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月23日
まとめを更新しました。2020-12-22 ディスコ特集前編(70s末の洋楽からディスコ代表とされる6曲)
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月23日
まとめを更新しました。2020-12-23 ディスコ篇後編・邦楽ディスコティック回
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月25日
まとめを更新しました。2020-12-24 クリスマスソング回
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月26日
まとめを更新しました。(2020-12-25 JB トレイル・オブ・ファンク特集, 2020-12-26 おかわり回)
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月30日
まとめを更新しました。2020-12-28新しめ曲特集;2020-12-29ジャズ・フュージョン&ニューソウル特集の2日ぶん
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2020年12月30日
まとめを更新しました。2020-12-30 水曜、ジョジョの奇妙なFunkartists特集でした
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2021年1月1日
まとめを更新しました。2020-12-31 通常営業
0
tricken@CCSコンボ @tricken 2021年1月2日
まとめを更新しました。2021-01-01 Flying Kids特集(〆)
0