文里💉x7 @wenly_m

松山市をこよなく愛する独り者。 第2の故郷は三田の山。 min.tのサービスは使う人が増えて欲しいと思っている人

日中韓、兵器に乗る国家指導者

おまけに北朝鮮も
JSF 1

フランス視察2023のまとめ

海外視察と称してはいますが、国会議員は私一人で、しかも自費で来ているので活動は基本自由です。 しかし今年も「1:文化関連の公的機関の視察」と「2:漫画を通じた日仏友好」でスケジュールはギチギチ。観光は全然できませんでした。 とにかく「国会議員+漫画家」のネームバリューが強力で、フランスではどの施設へ行っても大歓迎される感じです。この立場を活かして視察を進め、その成果は日本でバッチリ形にしていき..
赤松 健 ⋈(参議院議員・全国比例) 22

ウクライナの新型自爆ドローン、UJ-26ビーバー

ウクロボロンプロムの新型? ウクルジェットの新型?
JSF 1

ベースブリード弾

ベースブリード弾(BB弾):砲弾の底から燃焼ガスを放出し、後方の負圧を無くすことで、空気抵抗を低減し、射程を伸ばす。燃焼ガスは推進力を生みだす量ではない。※注意:ロケット補助推進弾(RAP弾)とは異なる物。
JSF 1

極超音速迎撃ミサイルのメモ

JSF 2

【2023/5/8】五類に移行した節目でコロナのおさらい

コロナウイルス感染症(COVID-19)とコロナウイルス(SARS-CoV-2)のあれこれをおさらい。
加藤AZUKI 3

赤松健の国会にっき

漫画家で参議院議員の赤松健が、国会レポート漫画をツイッター上で連載しています。(月・水・金曜に更新)
赤松 健 ⋈(参議院議員・全国比例) 39

G7 Leaders' Portraits

赤松 健 ⋈(参議院議員・全国比例) 11

撃墜したキンジャールの残骸の公開

5月4日夜間にパトリオットがキーウで撃墜したキンジャールの残骸の部品を5月10日に公開。
JSF 1

要人巻き添え無差別テロと病院乱入ノーマスクに見る、無自覚無理心中の心理について

当人がそうと自覚しない無理心中は、「無自覚な孤立」と「意思の言語化能力の欠損、他者の言葉を理解する読解力の経験不足」が大きいのではなかろか、という話。
加藤AZUKI 3

岸田総理と演説会聴衆を狙った無差別爆殺テロ事件の「テロ認定」を巡る話と、SNSにおける議論の勝敗概念の話。

例えば御前会議から「わかったわかった。おまえはもう下がってよい」とつまみ出されたら、そこで議論への参加資格がなくなる。 【強制力のある議決】が存在しないSNSでの議論(会議ではなくディスカッション、もっと言えばブレーンストーミング寄り)での敗北は、【「議論の維持」「対話の継続」からつまみ出されること】、それによって【オーディエンスの説得、共感者の増大に失敗すること】だとは思う。 というようなお話。
加藤AZUKI 1

新聞社の衰退について考える(2023年春版)

不定期に論じているメディアの凋落についての考察2023年版です。 過去の類似まとめは、このまとめの最後の方に附録としてまとめてあります。
加藤AZUKI 1

イランの新型巡航ミサイル「パーヴェ(Paveh)」

正体はフーシ派に供給していたQuds-1~3の系統の可能性。
JSF 1

「中韓アニメ・漫画が肌に合わないのはなんでだろ」の連ツイがちょっとバズって様々な知見が寄せられたので、自分なりに顧み..

いいね20k越えは久々な気がしたが、これだけの人に言及されると「なるほど」「おっ、なるほど」「おおー、そうかそうか」な意見も色々あって、「コメント欄が本番」「引用RTを見て回るだけでもなかなか勉強になる」とかあって、SNSにあって集合知の示唆を愛する僕としては大変勉強になりました。らびん。
加藤AZUKI 5

昆虫食のバックグラウンド(地球規模での蛋白質獲得手段の飽和状態)について考察

・食用畜肉の飼料は大豆やトウモロコシなどの工作物 ・耕作地が地球レベルで頭打ちになりつつある ・1kgの肉を取るのに、牛30kg>豚4kg>鳥1kgの飼料が必要 ・しかし人類は動物性蛋白質の摂取が不可避なので完全植物食は選べない ・動物性蛋白質を「工業的に製造する」のに昆虫食は効率(事業コスト)の点で有望 ・「製造」した昆虫(の幼虫)を養鶏の飼料にする、などのルートも考え得る などなど。
加藤AZUKI 1

パーシングⅠbとパーシングⅡRR

パーシングⅡのロケットモーター1段式バージョン
JSF 1

北朝鮮ミサイル燃焼実験についての「証言」を検証

北朝鮮が2019年12月7日に行ったミサイル燃焼実験について固体燃料説を唱える証言の信憑性の判定。なお北朝鮮は一週間後の12月14日にもミサイル燃焼実験を実施。
JSF 1

イージスアショア配備問題について私(JSF)の見解

私はイージスアショア配備について2018年の当初から「秋田市街地すぐ傍へ配備する必要性は無い」「山口の配備ではブースター幾つかは敷地外に落下してしまう」と批判、配備計画に疑問を呈していました。この断言はどの識者よりも早かった。よってイージスアショア配備が見直された今、私の懸念は予想通りになったと言えます。予想が当たったなどと自慢したくはありませんでしたが、「JSFはイージスアショアを擁護してい..
JSF 1
1 ・・ 5 次へ