加藤AZUKI @azukiglg

安全保障趣味者。 平和を希求するより安全を確保するほうが現実的。 全ての理想はコストに見合う範囲でなら実現を願うべき。 分を知り、身の丈に合うことをしましょう主義者。 集合知と猫の下僕。 Tweetの利用はご自由に&計画的に。
http://www.takenokoshobo.com/

「コロナワクチン未接種者に重症者が多いという証拠を出せ」と【情報検索弱者】の話

「ワクチンに効果がある証拠を出せ!」という人、未だに後を絶たない。 ※現在、連ツイが封印される障害の最中なので、連続しない連ツイをセルフまとめする運用テスト。
加藤AZUKI 1

【2023/5/8】五類に移行した節目でコロナのおさらい

コロナウイルス感染症(COVID-19)とコロナウイルス(SARS-CoV-2)のあれこれをおさらい。
加藤AZUKI 3

【2023GW版】反コロナ、反ワクチン、反マスクという非スピリチュアルな【新型信仰】について

WHOによる「コロナ禍に関する緊急事態宣言の終了」を、「コロナ禍の終了」と読み違える人のための確認とまとめ。 そして、反コロナ、反ワクチン、反マスクという【信仰】がこれから猛威を揮うことになるが、「コロナ禍は終息していない」ということを努々忘れぬよう。
加藤AZUKI 2

【2023年1月期】何遍言っても通じない五類移行後の備えとワクチンとマスクのお話

油断しすぎて忘れているか、最初から知らないか、幸運にも自分には何事も起きなかったせいで、色々甘く見ている人に冷や水ぶっかけたりする話をしたかった訳ではなく。 1)COVID-19に特効薬はまだない(ゾコーバは8日を7日にする薬) 2)マスクしろ(マスクは感染し発症するまでの間にウイルスを放出し始める【自分】が、【他人】に感染させる可能性を1%でも下げる為の、【自分の拘束具】) 3)手指消毒は、..
加藤AZUKI 1

#五類引き下げに反対します 政府の判断に賛成できないが、仮に確定になっても自衛はすべきだろ、というお話

コロナウイルス感染症の公的対応の変換について不満はあるので、自民議員事務所に反対を申し入れたよ、というのと、「自分の身は自分で守る自衛意識」がないとやばいんちゃう?という話その他。
加藤AZUKI 1

ワクチン打てば対策不要論とワクチンそもそも不要論

「ワクチン打てば2019年以前の暮らしに戻れる」説 「ワクチン打っても感染拡大してるからワクチン無効でコロナは風邪」説 について掘り下げるついでに、あまりさわりたくないカルトについても触れてみた。 カルトにさわりたくない理由は様々あるけど、「人の話を聞かない人の誘蛾灯」になりがちだから。分野的には本業の隣接分野なので知見も意見もないではないけど、とにかく面倒臭いのでさわりたくない。
加藤AZUKI

ワクチンを接種しない人が起こす社会的影響で、あなたの家族が手遅れで死ぬかもしれない話。

ワクチン未接種者が今後(今既に)起こすであろう社会的影響について、できるだけ卑近に引き寄せて説明してみた。
加藤AZUKI 3

「自分の若さ」を自負する人がワクチンを軽視する理由を突き詰めていくと、やっぱり「注射怖い」「病院怖い」に立ち戻る話

「ワクチン打ちたくない人は注射が怖いだけなのでは?」は、別に侮蔑や分断を意図してる訳ではないんだけど、その心理を掘り下げてみたらやっぱり「注射が怖い」「病院に行きたくない」という幼児特有の心理に根ざしているのでは、という気持ちになって、「所詮子供は子供」とか「アダルトチルドレン(意味が違います)」とかいう気持ちになった話。 結論としてはワクチンは何らかの治療中で医師に止められている人以外は打と..
加藤AZUKI 3

反ワクチン及び様子見勢がワクチンを寄付する理由と治療薬・特効薬に飛びつく心理について

なぜ彼らはそんなにワクチンが嫌いで、何もしない自分を正しいと思ってしまうのかについて掘り下げた。
加藤AZUKI 2

「ウイルスの着ぐるみ(中の人はいない)」で喩えるmRNAワクチンの機序の解説

「mRNAワクチンを打たないのが賢い」「信用できない」「何もしない俺が勝者」という人が一人でも減るように。あと、「はたらく細胞」+「はたらく細胞二次創作のCOVID-19漫画」が分かりやすいと思うんだけど、読まない人は何よ読ませても駄目という「知性の壁」問題をどうにかしないと駄目かもしれない。
加藤AZUKI 13

COVID-19の後遺症とワクチンが不可避な理由についてのまとめ

・PCR検査について ・ワクチンについて ・マスク、手洗い、密回避について ・COVID-19の症状と後遺症について などについて、「ワクチンが必要だと考える理由」を知り得た知見・論点の整理を兼ねてまとめ。
加藤AZUKI 7

未熟と無能と門外漢は、何故恐怖を想像できないのか?という話。

「恐怖」するには、知識・知見と想像力・連想力が必要で、これらが足りない人は「自分に起きうる不利益を想像できない」=「恐怖しない」ので、不利益に向かって全力疾走してしまう、というお話。
加藤AZUKI 4

信頼していた家族や友人や同僚や知り合いに「お前のせいだ」と言われる前にワクチンを打つべき話

「ワクチンを打たない自由」は、当人及びその周囲のリスクを引き揚げるのでオススメしません、という話。
加藤AZUKI 4