永太郎(ながたろう)@『色分け日本地図』発売中! @Naga_Kyoto

まち歩きと地図が好き/人文地理学・近代都市社会史/関心→露店,社寺境内,京都,空間論,民俗学,建築史,GIS/ツイまとめタグ→ #地図で見る日本, #参道研究会/研究中→近代都市の露店商(主に京都・東京)/フォロー外通知切ってます/詳しいプロフィールはブログへ↓
http://blog.livedoor.jp/naga_taro/

『都市のイメージ』と「道に迷うこと」

ケヴィン・リンチ『都市のイメージ』を読んだ感想と「道に迷うこと」についての考察とか

場所の歴史はいかに語られるか:ゲニウス・ロキ、場所性、時間の克服...

ゲニウス・ロキ、場所の力、郷土、風土、場所の感覚 時間の克服、時の断面、環境決定論、空間決定論、地形決定論

エドワード・ソジャ『第三空間—ポストモダンの空間論的転回—』

エドワード・W・ソジャ(加藤政洋 訳)『第三空間—ポストモダンの空間論的転回—[新装版]』青土社、2017年(原著2006年)

城下町関連の文献まとめ

・webで読めるもの ・城下町全般について論じたもの(個別の都市ではなく) を中心にまとめてみました。 目次 ・城下町研究の流れ ・城下町プラン類型 ・タテ町・ヨコ町論 ・城下町の都市内部構造論 ・官庁街への転換 ・ヴィスタ(見通し街路)の研究 ――――― ※2020.4.17作成のまとめをTogetterより移行

COVID-19と「地図の罠」

新型コロナウイルスに関する地図を見て考えたこと。地図の扱いの難しさとか。 ――――― ※2020.4.8作成のまとめをTogetterより移行

今和泉隆行(地理人)『みんなの空想地図』読書メモ

初詣旅行↓の帰り道で読んだ本 2016.12.31-2017.1.3 初詣巡検 https://togetter.com/li/1303520 ――――― ※2018.12.30作成のまとめをTogetterより移行

吉田初三郎まとめ

吉田初三郎の作品と関連論文について。京都が中心。自分用メモ。 ――――― ※2018.3.16作成のまとめをTogetterより移行

橋まとめ

橋です ――――― ※2018.12.29作成のまとめをTogetterより移行

ジェントリフィケーション ~都市の再開発と階級分断~

読書メモとか。 ①藤塚吉浩『ジェントリフィケーション』古今書院,2017年 ②ニール・スミス(訳:原口剛)『ジェントリフィケーションと報復都市:新たなる都市のフロンティア』ミネルヴァ書房、2014年(原著:1996年) その他webサイト ――――― ※2019.9.19作成のまとめをTogetterより移行

アンリ・ルフェーヴル『空間の生産』読書メモ

がんばってよみました。むずかしかったです。 メモは別箇に取ってたんですが、ツイートはⅣ章以降のみです。 ―――――――――― アンリ・ルフェーブル(斉藤日出治 訳)『空間の生産』青木書店、2000年 >社会空間とはなにか。資本と国家が巧に切り分け編成する抽象空間。現代資本の矛盾と対抗のうちに抽出した、「空間の権利」宣言。20世紀社会科学フロンティアを拓いた社会学の新しい古典。 ―――..

都市デザイン研究体(1968)『日本の都市空間』読書メモ

地理学と建築学の違いとか ――――― ※2017.11.27作成のまとめをTogetterより移行 なんか自分いつも学問の比較やってますね

ドリーン・マッシー『空間のために』読書メモ

空間のために|月曜社 http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784865030129.html ―――――――――― グローバリゼーションと排外主義は、なぜ共存しうるのか? 時間を変化の次元として、そして空間を静的な次元として取り扱う西洋的な思考の伝統に異を唱え、ベルクソンや構造主義、ドゥルーズやデリダなどの時間/空間理解を批判的に検討するなかで、多様な歴史の軌跡の相..

「SNS映え」と観光地のあり方について

写真映え→動画映え? ――――― ※2017.11.27作成のまとめをTogetterより移行 このへんの感覚は4年前と今(2021年)でも結構変わってる感じがしますね