JEL❖Aegis @Jelklude

主にFF14関連※最新パッチのネタバレが含まれる場合があります。 最近はFF14モンスターにご執心です。 旧FF14の発掘SSも載せたりしてます。 エレDCのAegisサーバーにて活動中。Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

FF14「アシエン」

歴史の影に潜み世界を混沌に招く闇の使途 ※FF14における最新パッチまでのネタバレを含む場合があります。 ご注意ください。
JEL❖Aegis 2020-05-14 22:52:40

FF14異名を持つNPC

FF14において、普段は普通の名前なのにバトルになると急にかっこいい異名がつくNPCを拝見していこうというツイート集です。
JEL❖Aegis 1 2020-05-14 02:32:20

旧FF14のお話

旧FF14時代のお話をSSを見ながら懐かしみます。[Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.]
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:30:26

FF14モンスター「甲鱗網」

トカゲや亀、蛇など強靭な鱗や甲羅を持つ生物が分類される生物群。大部分は陸生であるが皮膜の翼などで飛行する種や水中に適応した種も存在する。また元は水棲網であったが、過酷な環境に適応するために強固な甲殻を獲得し、甲鱗網に転じた例もある。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:27:58

FF14モンスター「百獣網」

大地を駆ける獣たちが分類される生物群。他の生物を襲う巨大な魔獣から、穏やかな草食の家畜まで非常に幅広い種が存在している。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:25:35

FF14モンスター「草木網」

植物や菌類の中でも意思を持って移動する存在がここに分類される。木々と聞くと無害な印象を持つが、罠を張り、胞子をまき散らし、毒を穿つこれらのモンスター達には特別な警戒が必要になってくるであろう。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:24:27

FF14モンスター「百蟲網」

羽虫、甲虫、芋虫などあらゆる虫が分類される生物群。外見の多様性、そしてその特性の多彩さは他の生物群に比べても目を見張るものがある。当然ながら虫とは言え、決して侮る事のできない存在である。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:23:00

FF14モンスター「水棲網」

海や河川、湖に棲息する生物群。魚類から軟体生物に至るまで水辺に棲まうすべての存在が該当する。冒険者にとっては相対する脅威となる事もあれば、釣りの対象にもなる関わりの深い生き物である。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:21:28

FF14モンスター「有翼網」

翼を持ち大空を舞うものたちの生物群。しかしながら進化の過程で飛ぶ能力を失った鳥や、雲海の環境の適応し宙を舞う雲海魚や雲海獣もこの分類に含まれる。チョコボをはじめとした騎獣として、地上から空、生活から軍事まで人々と共に生きる存在でもある。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:19:58

FF14モンスター「妖異網」

異界「ヴォイド」由来の生物を総じて妖異と呼び分類している。原初世界へは境界に生じた裂け目や人為的に開けられたゲートを通じ渡ってくる。太古の時代より人と関わり使役されてきたが、大きな危険を世界にもたらしてきたこともまた事実である。闇に滅びた世界より渡ってきた”隣人”がこの世界に何をもたらすのかは慎重に見極めていかねばならないであろう。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:18:34

FF14モンスター「六識網」

会話可能な高い知性を有する存在が分類される。ヒューランなどの「人」やアマルジャなどの「獣人」も六識網に分類されるが、ここではそういった社会を構成しておらず少数で棲息している者を記載する。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:17:07

FF14モンスター「死屍網」

何らかの原因でうごめく死体や、死霊、亡霊などが分類される。死体を操る邪法の存在は古くから知られるものの基本的にはそれらは禁忌であり、その原理は不明な点も多い。更なる研究が待たれるモノたちである。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:14:31

FF14モンスター「呪具網」

岩や石像、人形などの無機物にエーテルが宿り生物の様に振る舞う存在が分類される。魔導士によって生み出すものもいれば、エーテルの流れが集中するところなどで自然に発生する場合もある。特に霊災の前後など「世界の理」が乱れている状態では多く発生すると言われている。
JEL❖Aegis 1 2020-05-14 02:12:52

FF14モンスター「機関網」

魔力だけによらず、その機械的構造によって動作する存在が分類される。かつては魔法生物として「呪具網」と混同されていたが、徐々にそれらとは分けて分類される様になった。主にガレマール帝国の「魔導兵器」、過去の遺物たる「古代アラグ兵器」、ゴブリンが造り出した「ゴブリン兵器」が存在している。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:10:52

FF14モンスター「キメラ生物」

複数の生物を掛け合わせることにより人為的に生み出された存在。発達した魔科学よって古代アラグ帝国の末期に多く開発されきたとされている。5000年以上経過した現在でもそれらの子孫が繁殖したり、また古代の技術で保存されいたり、あるいはその強靭な生命力で生き抜いていたりと、その姿を見ることができる。いずれにせよ、その多くが軍用として生み出されたため危険な存在である。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:09:51

FF14モンスター「妖精網」

生命エネルギーたる「エーテル」に限りなく近しい存在。自然発生する「スプライト」の他、魔道士が生み出す「カーバンクル」などの使い魔も分類されている。かつては「妖異網」と混同されてきたが、妖異の定義が異界ヴォイドを起源にすると定義されてきた事によって明確に分類される事となった。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:08:35

FF14モンスター「ドラゴン」

世界に生息する生物の中でも千年、万年の時を生きる偉大な種族。その起源は星の彼方にあるとも言われており、肉体的な強靭さ、強大な魔力共々通常の生物とは比べる事さえできない。皇都「イシュガルド」と竜族による「竜詩戦争」と呼ばれる大戦争が千年に渡り続きてきたこともあり、現在でも竜は人を仇なす存在として認識されている。
JEL❖Aegis 1 2020-05-14 02:06:49

FF14モンスター「獣人」

アマルジャ族やイクサル族など人以外の「六識網」の中でも社会を構成している者たち。近年では「蛮神」を呼び降ろし世界を脅かす存在としても人々に恐れらている。
JEL❖Aegis 2020-05-14 02:05:11

FF14モンスター「蛮神」

一言で表すならば「地上に顕現した神」である。しかしながら近年蛮神召喚の仕組みが解析されるにつれ単純に「神」という存在でもない事が判明してきた。ここでは世界の脅威となる蛮神以外にも冒険者達の探索を阻む脅威についても紹介していく。
JEL❖Aegis 2020-05-14 01:51:41

FF14モンスター「ダンジョン」

冒険者が挑む地下迷宮や洞窟などを総称して「ダンジョン」と呼ぶことがある。ここではその「ダンジョン」の奥深くにて冒険者を待ち受ける危険なモンスターについて記載していく。
JEL❖Aegis 2020-05-14 01:50:16