遠田大亮 @DaisukeEnta

農業、農政、農協等“農”に関してのツィートが多いです。 (個人的には)GHQの占領政策や押し付けられた憲法を金科玉条としたままでは、日本農業はもっと衰退すると考えています。 山形県農協中央会勤務。農協監査士。明治大学法学部卒。山形県酒田市出身。 過去のツィートは、以下↓のまとめサイト(min.t)からどうぞ。
min.togetter.com/id/DaisukeEnta

インプレッション数10万をこえた自分のツィート

ポツダム宣言受諾の詔大意(33万) ユダヤは日本に何をしたか(75万、11万) リベラリズムは日本人にいらない(10万、18万) コロナワクチンの解毒法(25万) 国民の教育(22万) 髙橋洋一のファクトチェック(10万)
遠田大亮
固定されたまとめ

この亀ヶ崎に生まれて(続亀ヶ崎今昔物語 下巻) 水越主基

父の恩人、水越主基さんの本の続編(下巻)。主基さんの学生時代〜兄の戦死〜農協理事〜組合長〜父への想い〜母の想いを抜粋しました。
遠田大亮

追憶の亀ヶ崎(続亀ヶ崎今昔物語上巻) 水越主基

父の恩人、水越主基さんの本の続編(上巻)。主基さんの農業への想いが綴られている後書きを抜粋しました。
遠田大亮

亀ヶ崎今昔物語 水越主基

父の恩人である酒田市農協組合長水越主基さんの本。非売品。 私も水越さんの想いを引継ぎたいと願っています。
遠田大亮

占領神話の崩壊 西鋭夫

敗戦から七十五年経つも、私たちは「第九条」の呪文に囚われ、身動きできない。米軍に日本の国防をしてもらうために、弱い日本は昭和の終戦から令和の今日まで数百兆円の税金を米軍に支払っている。「第九条」がある限り、米占領は終わらない。
遠田大亮

ユダヤ財閥がヒトラーを育てた シドニー・ウォーバーグ

ヒトラーはドイツ資本によるだけではなく、ドイツにおける権力闘争にその初めすなわち一九二〇年ごろから決定的に介入した国際資本、特にアメリカ資本によって主として育て上げられたのである。
遠田大亮

日本を虐げる人々 渡部昇一、松浦光修、八木秀次

『戦犯』処刑、憲法改定、言論統制を含む占領統治を『よかった」 などと肯定的に受け入れ、『屈辱的ではない』と評する神経がわからない。同胞の先人を 罵倒しつつ、他国の占領者に阿る感覚が理解できない。
遠田大亮

国民の歴史 西尾幹二

戦後における戦争に敗れたことが日本の「敗戦」の本当の意味である。戦闘に勝った他の国々は戦後もずっと自分の戦争を戦いつづけていたのに、日本はそれを忘れ、戦争といえば自分の戦争のことを思い出すこともなく、戦争一般の概念に所を譲った。
遠田大亮

高貴なる敗北 アイヴァン・モリス

非は理に勝らず、 理は法を従え得ず、法は力 (権)を抑え得ず、力はまた天を制することなし
遠田大亮

日本国民に告ぐ 小室直樹

大日本帝国は、日清、日露の戦勝の上に建てられた。ここのところを、しっかりと腑に落とし込んで おかないと、近代日本の本質が理解できない。
遠田大亮

大東亜戦争の正体 清水馨八郎

日本が真に名誉ある独立国たらんとする限り、かくのごときアメリカと最後に戦うほかなかったのだ。
遠田大亮 1

髙橋洋一のファクトチェック2023 髙橋洋一

話題のマイナンバーと健康保険証の下りを抜粋。
遠田大亮

平和の毒、日本よ 石原慎太郎

【現憲法の歴史的正当性】 【歴史的に無効な憲法の破棄を】 【原発についての冷静な討論を】 【天皇陛下の勇気】 【失われようとしている子供たちのために】
遠田大亮

日本開戦陸軍の勝算 林千勝

本書は、海軍の独断によって赤道の反対側まで送り込まれ、消耗戦の後に、補給路を断たれて餓死病死した英霊への鎮魂の書である。 大東亜戦争の基本戦略を目茶苦茶にした海軍山本五十六の元帥称号は剥奪されてしかるべきである。
遠田大亮

ユダヤは日本に何をしたか(3) 渡部悌治

ザビエルはユダヤ人。 ペリーはロスチャイルドの総代理人の娘婿。 マッカーサーの第一の功績は、宗教団体法の廃止と、神社の国教的特権を剥奪したこと。
遠田大亮

ユダヤは日本に何をしたか(2) 渡部悌治

天皇は廃して国民は烏合の衆と化する。日本語を捨てて英語の強要。米を忘れさせてパン食。 神道を去ってキリスト教化。それらが永年にわたるユダ ヤの対日政策であった。
遠田大亮

ユダヤは日本に何をしたか(1) 渡部悌治

暗雲が漂うとも、決してクーデターを起こしたり、加わったりしてはならぬ。それはわが国に内乱を起こさせて金融支配を狙うユダヤの計画によるものだからである。日本人として、この生命をもって何に捧げようかを己に問え。
遠田大亮

日本人にリベラリズムは必要ない。田中英道

ずばり、リベラルは「隠れマルクス主義者」です。自分が、マルクス主義者だと自認していないリベラルの方も多いでしょうが、誤魔化されています。
遠田大亮

日本のコメ問題 小川真如

戦後日本の農政が、なぜ、国内農家を守らずアメリカの言いなりなのか、常に疑問でしたが、この本で疑問が解消しました。 小麦と肉を減らし、伝統的な日本食(米や魚)を増やすと食料自給率は改善すると思いました。(簡単ではありませんが・・・)
遠田大亮
1 ・・ 4 次へ