伍条 月斗(創作アカ) @5jyouTsukito

基本は自分が考えた創作ッ子達の事を呟いたり、絵を上げたり、お話も書いたりします。偶に違う話等もしておりますが……ようは気まぐれだが基本は創作用アカウントです。(※食べても美味しくない鶏野郎で無言フォローをしたり、時として話すとアツくもなりますがそれでもよろしければです)御用の方はDMまで。
profcard.info/u/P3zrEreI5raR…

事務所物語「ある料理人の想い過去」編

役場に併設されている食堂で働く前沢慎太は最近、自分の料理の腕に自信を無くしそうになっていた。 そんな折、謎の人物から「自信を取り戻す石」を渡されるが――。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

事務所物語「続・この街にはヒーローが居る」

秋山事務所に届いた一通の手紙、それは季刊誌カルチャーワン夏号の懸賞商品の一つ「ユウランドペアチケット」だった。

事務所物語 「この街にはヒーローが居る」

高校時代からの友人でもある白波レイユと偶然の再会をした朝松紗南は「壱ノ笠の平和を守るヒーローと悪い軍団がいる」という話を聞き、それを事務所長でもある秋山愁治に話した途端、何時も以上に興奮し出したのは、彼自身が特撮を始めとしたヒーロー好きとしての一面があったのだ。そんな中、愁治の親戚の子でもある結が事務所へやって来てレイユと同じことを言いだしたのだから、何時もよりも気合を入れて依頼を受けたのと同..

事務所物語「記憶の死に神」

違法タイムトラベラーこと、リリア・ノーランスが盗んだのは過去の発明品でもある「ヒトの記憶を奪い、操る懐中時計」だった。リリアはとある過去の時代へ向かい、一人の少年が居る屋敷へ行ったが、空気以外何もない白の世界へ誘われたと思えば、そこに現れたのは最初に出会った少年に似た者で、リリアはその子に懐中時計を埋め込ませたのだった――。 (※連載当時のまま掲載しているので、誤字脱字があります)

事務所物語「4つのお話」

今まで勤めていた会社を突然クビにされてしまった朝松紗南だったが、ひょんなことから自分よりも一回り年上で身長も小さく、前髪で目元が見えない上に街では数少ない【多彩能力者】の秋山愁治が経営する『秋山事務所』の事務員兼雑用係として再就職が決まるのであった。自称ミュージシャンなおじさんの依頼から、自分の所で雇っている者を捜してほしい少女、何者かによって目玉を奪われてしまった男性、愁治の妹でもあるマイコ..