時代小説お好きな方、ロマンス小説も読んでみませんか~!ヒストリカルを書いてる作家さんは、歴史マニアなところもあるから、当時の生活が活き活きと描かれていて、楽しめますよ!軍隊もの、船乗りものも多くておすすめです~~!
0
ほのちくりん @honochikurin

#翻訳ロマンス小説でめぐる世界の国々 #翻訳ロマンス小説でめぐる時代 2011年 角川書店(絶版) 『ジュリエット』  アン・フォーティア イタリアのトスカーナ地方 1300年代(ロミオとジュリエットの時代)のシエナと 現代のシエナを 行き来しながら物語はすすみます。 pic.twitter.com/WeSKEeT3ND

2020-11-18 22:55:39
拡大
拡大
ほのちくりん @honochikurin

#翻訳ロマンス小説でめぐる時代 児童書 1998年  徳間書店 『イングリッシュローズの庭で』  ミシェル・マゴリアン イギリスの海辺の町 第二次世界大戦中の 17歳のローズのロマンスと  第一次世界大戦中に 「狂人」と呼ばれていた ヒルダの日記にかかれていたロマンス pic.twitter.com/1c6wrbUKZ8

2020-11-19 15:54:28
拡大
拡大
Romance夢紀行 @flamekissflower

#翻訳ロマンス小説でめぐる世界の国々 #翻訳ロマンス小説でめぐる時代 「ありのままの自分で」ジュリアン・ドナルドソン 1816年 英国ケント州 気難しい祖母と田舎の屋敷で暮らすヒロインがケント州の有力一族に招待されて…模範的な紳士と淑女のもどかしーーーー恋模様が堪能できます☆ pic.twitter.com/o1j3pL8Ag8

2020-11-21 20:18:15
拡大
拡大
Romance夢紀行 @flamekissflower

#翻訳ロマンス小説でめぐる世界の国々 #翻訳ロマンス小説でめぐる時代 「悪の華にくちづけを」ロレッタ・チェイス 1828年パリ 我が道をいく(のに不思議と調和する)破れ鍋に綴蓋カップルが最高です。周囲が思わず次の展開を期待して見つめてしまう劇場型の個性。それでいて感動もある作品です。 pic.twitter.com/QmwJHS3M1Y

2020-11-21 20:24:57
拡大
拡大
ドクロミオ@通販今月再開予定! @hyskullove

リサ・ヴァルデスの『パッション』 1851年。世界初の国際博覧会である、ロンドン万国博覧会のクリスタルパレス。 そこでヒーローとヒロインが出会い物語が始まる。。。 この小説を読んだことで、‘パッション’て美しい言葉だなと、改めて感じました✨ #翻訳ロマンス小説でめぐる時代

2020-11-21 21:32:37
Shino Fujimine @Shinondam

@himawaringo_02 拙い英語力で読みきるより先に本が届いたので、時代と背景だけ~。 十世紀末~十一世紀初頭。 ビザンツ(東ローマ)帝国バシレイオス二世《ブルガロクトノス》治下コンスタンティノープル!でした。 #翻訳ロマンス小説でめぐる時代 で、ダイアナ・グロウはミア・マーロウでもあるらしい。納得。 pic.twitter.com/XR8lIvJwCt

2020-11-22 00:24:24
拡大
Romance夢紀行 @flamekissflower

#翻訳ロマンス小説でめぐる時代 「傷だらけの逃亡者」モライア・デンスリー 1867年 英国 行動や思考にクセのある天才肌ヒーローは、ヒロインを至高の存在としてロックオン。怖いほど情熱的。ヒロインは過去に虐待をうけ殻に閉じこもっていますが…サバイバーの勇気を見てください。 pic.twitter.com/SGYarr6KlV

2020-11-22 08:10:48
拡大
拡大
金井真弓(Mayumi Kanai) @makohuck

こちらも引き続きお勧め本のご紹介をお待ちしています! #翻訳ロマンス小説でめぐる時代

2020-11-24 22:37:28
ひまわり @himawaringo_02

#翻訳ロマンス小説でめぐる時代 #翻訳ロマンス小説でめぐる世界の国々 英国舞台じゃないヒストリカルを探してみた。 「スペインの奇跡」ゲイル・ウィルソン ハーレクイン 1813年スペイン pic.twitter.com/W5dU1pwC5p

2020-11-30 10:26:00
拡大
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?