Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
坂と階段の町・長崎に設けられた、3機の小型モノレール。狭い路地を縫うように斜面を登っていくレール。街に溶け込んだ「鉄道」とてもエモい。
2
羽鳥写真館 @hatolier_camera

崖と階段の街・長崎の住宅地に設けられた、懸垂式モノレール形の移送機器。 斜面にへばり付くせせこましい裏路地、をゆっくり登っていく。 pic.twitter.com/RaFTnXy1yZ

2020-01-11 11:55:47
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

急斜面の狭い路地に設置された小型モノレール。 pic.twitter.com/T5lb1C0eOc

2020-01-11 11:59:47
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

急な階段をのっそり下りてくる1号機。 pic.twitter.com/uUxAzpB9z8

2020-01-18 07:37:24
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

地形に合わせて上下左右にクネクネと曲がりくねるレール。 pic.twitter.com/am3XFF4Aug

2020-01-18 07:49:45
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

住民に交付されるカードキーを挿すと起動する。 pic.twitter.com/L5FZmSpPXe

2020-01-18 08:07:34
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

歩くより遅いスピードだが、足への負担は大きく軽減されそうだ。 pic.twitter.com/2NrUqSRmW1

2020-01-18 08:12:25
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

「終点」に到着。およそ5分の「旅路」 pic.twitter.com/JHwx7tU21V

2020-01-18 08:17:39
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

住民の多くは、この機器よりも、階段を自力で上り下りすることを選ぶ。 pic.twitter.com/jV5EM5SMJI

2020-01-18 08:23:29
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

天神町には車が進入できる道路が皆無に等しいため、この機器が高齢者を中心に生命線になっているのは間違いない。 全国に普及していくことを期待。 pic.twitter.com/tJW8TuX69i

2020-01-18 08:30:37
拡大
拡大
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

長崎の天空住宅地の急峻な階段に設けられた「斜面移送システム」 2号機は下界を遥か見下ろす、文明の残滓のようなメランコリーがそこに漂っていた。 pic.twitter.com/DZPYYdYIS3

2020-01-18 08:45:54
拡大
拡大
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

2号機に到達するまでは、下界の街から恐ろしい急坂を延々と登る必要がある。 pic.twitter.com/O7BZlrzA56

2020-01-18 08:57:09
拡大
拡大
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

急坂を登り切ると現れるモノレールの先端。 「制限速度30、ここまで」の標識があまりにもシュールだ。 pic.twitter.com/KWWkiJuSqj

2020-01-18 09:00:21
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

風の音しか聞こえない静かな路地。 奥に反対側の「斜面の街」が見える。 pic.twitter.com/vgUIqXEIMa

2020-01-18 09:13:38
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

下界を見下ろしつつ、のっそり下りていく「さくら号」 pic.twitter.com/vzWi7OnXUr

2020-01-18 09:21:31
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

1号機と違い、軌道が階段の中央を走っている。 pic.twitter.com/T3L40iBwSp

2020-01-18 10:09:29
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

階段の頂上の「終点」に佇む「さくら号」。 pic.twitter.com/vRTLFRR8ef

2020-01-18 10:12:28
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

デパートの遊園地のような、どこか現実離れした感傷に浸る。子供たちで賑わうはずだった遊具が、寂しく放置されているような。 pic.twitter.com/poevYoM7GE

2020-01-18 10:16:27
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

生き物の神経のように、地形に沿って有機的に伸びるレール。 pic.twitter.com/dsb4uFTiou

2020-01-18 10:28:15
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

移動速度は分速15m。 1メートルを4秒かけてゆっくりと進む。 pic.twitter.com/rdqmXINMul

2020-01-18 10:33:01
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

雨の日も風の日も、住宅地の片隅で「乗客」を待ち続けている。 pic.twitter.com/BI5fotkAAg

2020-01-18 10:36:45
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

対話する時間はあまり残されていなかった。もっとこの小さくてメランコリックなモノレールのそばに寄り添っていたかった。さらば、また会う日まで。 pic.twitter.com/onGrTWYQ6W

2020-01-18 10:41:18
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

坂と階段の街・長崎のミニモノレール「斜面移送システム」 最後は長崎湾を挟んだ対岸にある3号機「水鳥号」 1号機・2号機にも負けないこのエモさ。長崎を象徴する光景が眼前に広がる。 pic.twitter.com/2w2eNy8yjZ

2020-01-18 12:28:34
拡大
拡大
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

狭い路地伝いに家屋が密集しているため、軌道がかなり曲がりくねっている。 pic.twitter.com/QJpNjWh7VI

2020-01-18 12:45:50
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

3号機の「終点」。 人がひとりやっと通れる狭い路地。 急峻な斜面を登り切った先に、まだ密集した住宅地が広がっている。 pic.twitter.com/fQjUOPJHVI

2020-01-18 12:49:05
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

山裾を這う大蛇のように、斜面に絡みつきながら屈曲する軌道。 その姿は完全に路地の生活空間に溶け込んでいる。 pic.twitter.com/mJOtXrtvl3

2020-01-18 13:14:34
拡大
拡大
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

3路線の中で最も急勾配な3号機。距離はさほど長くないものの、自力で登るとかなり体力を消耗した。 pic.twitter.com/2uHl50KSDh

2020-01-18 13:23:21
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

中華街の裏手の階段路地に設けられた、移動支援機器「SARUKU(さるく)」 自動運転の握り棒が、階段の昇降をアシストする。 斜面の街ならではの様々な工夫が見られて面白い。 pic.twitter.com/v0zxb98gv9

2020-01-18 11:51:57
拡大
拡大
拡大
羽鳥写真館 @hatolier_camera

SARUKUのある階段路地。 まだ実験段階なのか、長い階段の一部にしか設置されていない。 pic.twitter.com/n6nXyUcGkS

2020-01-18 12:06:18
拡大
2
まとめたひと

コメント

ほーく3号 @hawk3_3 2020年6月28日
なんか昔のひとが思い描いた未来が実現して寂れた感が感情を揺さぶるんですが…エモい
0