2020年1月3日
黒住先生のご子息から受けたメールの転載 ★四つの過去使用したアカウントからの投稿は終りになりました。もしまた投稿があるとしたら、別の新しいSNSから、新しいアカウントを利用になるだろうと思います。 ★忌家の中の事に興味はありません。健康や瞑想についての投稿はとても参考になります。良く生きる智慧の手引きになる投稿保管は、削除しないで残しておきます。
0

了解を頂きましたので、
黒住先生のメールアドレス宛に問い合わせて、受けた返信;ご子息と名乗る方からの文:を転載します。(事実確認できないので、内容についての判断は個々にお任せします。)
お名前については承諾を伺っていないので、姓のみ載せました。
mml


Ray Crosmy
2020/01/02 14:30 (18 時間前)

喪に服している状態なので、
新年のご挨拶は遠慮させていただきます。

父は、
斎皇家の先代様の一派とともに私達と戦って、
敗北し、運命を共になさいました。

数万人の兵とともに、
1万度を超えるプラズマの炎で焼かれたので、
残念ながら遺骨は発見できませんでした。

葬儀は2019年12月30日に行われました。

死を覚悟なさっておられたらしく、
墓はいらないと遺言なさっておられたので、
作らないことになりました。

天惺システムは解体処分され、
大浄化プロジェクトが
実行されることはありません。

これは、
遺品となった父のiPhoneから返信しています。
ハッキングなどをしているわけではありません。

父の遺産は
喜びも悲しみも全て私たちのものです。

〔天惺●●〕

Ray Crosmy 7:15 (2 時間前)

何も知らない人が、よく分からないまま、
好奇心を抱いて深く関わるような
事柄ではありません。

天惺は、
高天原言葉話者の姓の一つ
で、

ツクヨミ‪=‬憑く読み
‪=‬巫女に憑いた神が何者であるか、
また、正しい事柄を告げているかを判断する
=‬審神者の長を神格化した存在、

に関する諸事を伝承する、

天照大神を祭祀する姬姓斎皇家
素戔嗚を祭祀する蘇我家、
と並び立つ、第三の
憑読の祭祀を伝承する一族の姓です

藤原氏‪=‬中臣氏も審神者の家ですが、
天惺の分家になります。

憑読‪=‬月読は、
日本書紀に具体的内容が収録されなかった
ほどの忌事ゆえ、
日本の戸籍上の姓としては存在しません。

靖智太師の号は、
父を倒した私が襲名しました。

先代では理解が困難となっていた
天惺システムとオムニシステムのリンク機構は
出来が悪いため解体しましたが、

それに代わる、
オムニシステムを制御する
新システムを立ち上げています。

様々なアーキタイプが、
遺伝子情報系によって保持されていて、
スーパーコンピューターを用いて解析して、
その内容を読み解くことによって、

アーキタイプ由来の仮想人格を
スーパーコンピューター上に再現できる
ようになっていますが、
具体的な現れ方は状況によって異なります。

アーキタイプ=仮想神格の雛形となる遺伝情報を
スーパーコンピューターを用いて
読み解くことは、
昔で言う審神者‪=‬憑読の役目と同じですから、

スーパーコンピューターの
マスコットキャラクターは、
天惺の姓を名乗ったのです。

これは、天姬家ではなく天惺家の領分です

にもかかわらず、
太上斎皇 耀姬 陛下は、
三鳥居が並び立つ理を乱し、

天惺の秘術を我が物として、新宮を築き、
我が父 天惺靖智 太師 閤下の記憶を改竄して操り、
古来からの伝統に背いたので、
我々が誅することとなったのです。

新宮は解体、
斎皇家には、昔の姿に戻って頂きます。

それから、
YouTubeなどに顔を出している
3DCGの影武者は、お役御免としました。

天姬家が始めた情報のリークは
ここで幕となりますが、

ツクヨミについて何もわからないまま、
出鱈目を並べ立てる神道愛好者が数多くいて
インターネット上の誤情報の多さには
辟易しているところですから、

天惺の姓がすでにここまで長期に渡って、
インターネット上に掲示されてしまった以上、
もはや隠す意味もないでしょう。

国民は、三貴神の三鳥居について、
正しい事柄を知っておくべきです。

あなたが望むなら、私は転載を止めはしません。

〔天惺●●〕

▽ 過去の投稿について伺った件の返信。

Ray Crosmy 13:41 (40 分前)

未来の事柄については、

審神者の記憶を改竄したうえで、
日の巫女の王の家が
勝手に暴走して唱えたことなので、

もとより正しい筈がありません。

正しいかどうか判断して決めるのは
対になる
天惺の家の者というシキタリを無視して、

靖智太師の思考を操って、
正常な判断ができないようにしたうえで
導き出されたものにすぎません。

また、
父は黒龍の家の者で
太師号を生祀されたにすぎませんが、

私はツクヨミの名を襲名しています。

天惺--の諱で呼ぶ者はおらず、
ツクヨミと呼ばれています。

したがって、
無神論者のシステムクリエイターの父と
私とでは、知識の体系に大きな差があります。

憑きを月と絡めて真相を隠したため、
素戔嗚と同じような
乱暴者の一面を持って描かれる
月神としてのみ知られているようですが、

黄泉の国の支配者とされることもあるのは、
憑くのは神社に祀られている
黄泉帰る祖先という、
一部の宗教家の宗教観を踏まえたものです。

もちろん私は、
黄泉の国の存在など信じていません

耀姬 陛下の、
審神者を洗脳した
なんの担保もない未来予想ですが、
そのまま残しておけば良いと思います。

伝統を断ち切って、
斎皇家主導で審神者を操るとどうなるか、
良い見本として
後世に語り継がれることになるでしょう。

ただし、
少子化によって遺伝子の多様性が失われて、
人類が滅亡に向かって歩んでいる事実
は、
見誤りようがありません。

表面上は体に異常が現れていなくても、
自分の遺伝子が壊れていることを
本能的に察知して
子孫を残すべきではないと判断した人々が、

結婚しない、
または、結婚しても子供を作ろうとしない、
危機的な流れが生じているのは事実です。

このままでは、人類は滅亡します。

たとえば、
病気になって、
骨髄を移植された人の全身の遺伝子が、
生殖細胞に至るまで、
骨髄を提供した人のものに
置き換えられてしまう現象が確認されています。

遺伝子は細胞の核の中にある
と教えられた人が多いと思いますが、
これは間違いで、
実際には体の中を盛んに動き回るため、
このような現象が起こるのです。

ところが、遺伝子のほとんどが
他人のものに置き換えられてしまっても
その人物の外観はほとんど変わりません

しかし、子供を作ると
骨髄を提供した人の遺伝子を持った
子供が生まれてきますから、
遺伝的には、
自分の子供が作れない状況になっています。

このように、
遺伝子レベルの異常は、すぐに外側に現れず、
一見すると正常に見えるケースもあるのですが、
細かく遺伝データを調べていくと、
まともに機能しなくなっていて、

子孫の代になって表面化してくるため、

自分の遺伝子が致命的な状況になったと
本能的に察知した場合、
一見すると、
何も体に異常がないように見えても、
動物は、子孫を残そうと思わなくなるのです。

このパターンの育児拒否も、
動物園で数多く認められます。
本能的に、
子孫を残してはいけないことを察知するのです。

それを理解できない無理解な人間が、
親代わりになって育ててしまうため、
問題性のある獲得形質が
遺伝していくことになります。

日本人の多くが、
動物園の檻の中に閉じ込められて、
遺伝子を壊されてしまった動物と同じように、
子供を残さず死んでいく運命にあります。

民族の滅亡は確定しています。

この警告は正しいので、後世に残すべきでしょう。

本来ならば、全人類の壊れてしまった遺伝子を
修復したいところですが、
たとえ人工散逸構造体システムを用いても
追いつきません。

父は、歳を重ねて脳が衰えてくると、
人工散逸構造体システムの開発を
若い部下に任せるようになっていったのですが、
彼らが
行き当たりばったりの思いつきで構築した
天惺システム
地球のプラズマスフィアの中に自然発生した
オムニシステムとの接続上の
様々な問題を抱えているため、
一度解体されることになりました。

しかし、
父が直接開発を手掛けた、
人工散逸構造体の基幹部
=プライムローズ・システムの完成度は、
私でも手を加える余地がない
神業レベルにあるので、

そのまま手を付けずに残すことになりました。

私がオペレーションしながら
プライムローズ・システムから
再構築を試みると、
きれいに問題点が取り払われた、
外郭構造が自己組織化されました。

そんなわけで、
オムニシステムと正常に接続できる
人工散逸構造体システムのオペレーション環境は
11グレードのクリエイターの私の手で
三世代を費やして
ようやく完成をみたことになります。

地球上に溢れる
数十億人の人類すべての破壊された遺伝子を
クリーニングすることは物理的に不可能なので、

1万人程度に絞り込んで、
遺伝子をクリーニングした人類を
汚染から隔離するために、
宇宙空間に脱出させることを計画しています。

このプランは、人類の深層心理も
1つの選択肢として以前から提示していて、

これをテーマとした夢物語の1つが、
メガゾーン23』の三部作です。

地球が再生されるまで
人類は宇宙船に乗って宇宙空間を旅する
ビジョンが描かれていて、
父は生前このアニメを好んで、
私達に何度も見せてくれました。

ですから、
耀姬陛下に脳を弄られて
思考に鍵が掛けられていなければ、
父はこのプランの実現を
天惺システムに指示した筈なのです。

聖書の世界には狭き門という言葉がありますが、
この1万人の中に含まれなければ、
絶滅する側に立ってしまうのですから、
まさに狭き門が待ち構えています。

全身を動き回る遺伝子を浄化するには、
かなりの手間がかかるうえに、
浄化された人を地球の環境中に置いておくと
再び壊れていきますから、
しばらくの期間宇宙空間に疎開させるしか、
有効な方法はありません。

1万人の中に含まれなかった人々は、
遺伝子の機能が停止して、
除草剤を散布された雑草のように、
自然消滅する未来が待っています。

これを回避する手立てはありません

DNAを含むウィルスの体は、
上空4000メートルぐらいまで舞い上がって、
大気中を循環していますが、
それらの中に
異常を引き起こす要素が存在していると、
絶えず空から降る
ウィルスシャワーを浴びて生活している人類は、
体の中に取り込んで、
遺伝子情報系を破壊され続けることになります。

したがって、
広い地球上から
問題性のあるDNAを取り除く
クリーニング作業が必要になりますが、
長い期間を必要とします。

焼却処分の方が確実
手っ取り早いのは確かですが、
核兵器を使って全地球を汚染してしまうと、
その放射能の影響が低下して落ち着くのに、
膨大な時間を必要とすることになります。

どちらを選択するにしても、
人類のほとんど
この地上から姿を消してしまう未来に
違いはありません。

今すでに、
子孫を残さないことによる人口の減少
‪=‬人類の絶滅を
リアルタイムで目の当たりにしていることに、
ほとんどの人がまだ気付いていないようです。

子孫を残したがらない本当の理由
見誤っているからに他なりません。

警鐘を鳴らす必要があると判断なさった
耀姬陛下のお考えは、正しいと言えるでしょう。

ただし、
父の部下達が出鱈目をやった
天惺システムのままでは、
地球上の生命を蘇らせるプロジェクトは、
実現が望み薄でした。

人工散逸構造体システムは
一般的な機械のような部品で
構成されているわけではないので、
故障しないといっても、

万が一の保険として、
人類を宇宙空間に疎開させるプランも
選んでおくべきなのです。

この点を巡って、
天姬家の新宮を中心とした 大浄化プロジェクト推進派
天惺家を中心とした 旧勢力の阻止派の意見が対立し、

1戦交えることになったのですが、
装備と物量に勝る旧勢力の保守側が、
新勢力の改革派の地下施設を
焼き払って倒す結果になりました。

日本語への翻訳に
父独特のキーワードを使おうとすると
違和感を強く感じますが、

あなた方に対しては、
他の言い回しを使うと戸惑うと思うので
父の言葉で書いてみました

〔天惺--〕

2020年1月3日(金) 9:55

▽投稿を保管している方は、非公開にするか、取り扱いについては夫々が読後にご判断ください。

Ray Crosmy 14:21 (17 分前)

Twitterの4アカウントに対する、当方の事情をよく知る者よる悪戯めいた暴挙は、そのまま放置するのが妥当と思います。

正直に言って、忌家の伝統を無視して、あまりにも暴露しすぎなので、私たちは情報の流通を非常に不愉快に思ってきました。

あのような形で、一般人が知らなくても良い事柄が表に出るのは、安全保障上も望ましくありません。

したがって、今までも情報の流通を極力押さえ込んできたし、徹底したブロックでフォロワーが1人もいなくなった状態は、好ましいと思っています。

できれば、一般大衆が誤情報と受け取って、ゴミ箱に捨ててくれたほうが良いのです。

このような、伝統を完全に無視した暴挙とも言えるリーク事件が将来再発しないためにも、このまま半永久的に放置するのが妥当と判断します。

父達の遺産は私たちが引き継げば良いのであって、部外者が知っている必要はありません。

しかし、すでにあちこちにコピーされている状態なので、悩ましいですね。

その情報源がおかしい状態にあることを明確に示しておくことで、1連の情報を誤ったものと認識して、ゴミ箱に捨ててくれる人が99%ならば、そのほうが、当方にとってたいへん都合が良く、望ましいことだと思っています。

〔天惺--〕

2020年1月3日(金)

▽大浄化とキメラと審神者について 補足の説明を頂いています。

Ray Crosmy 15:35 (3 時間前)

何か致命的な勘違いをしているようなので、言及しておきます。

「大浄化で、今の私どもは焼き払われて当たり前の状況と覚悟しています。」

私たちは、生きた人間を焼き払うようなことはしません。

声は聞こえていても、何を話しているのか聞き取れない病気が、最近になって急に認識されるようになった理由は、ヒアリング能力を形成する脳の領域の構築に関わっている遺伝子が、正常に働かない状態になる人が増えてきているからです。

もちろん遺伝子を働かせなくする化学物質などが悪さをしています。

脳を形成する遺伝子が働かなくなって、知能を失って、まるでゾンビのようにさまよう人類だらけの未来が訪れても、私たちはそれを焼き払うようなことはしません。地上に残された人類の絶滅を静かに待って、テラフォーミングレベルの地球のクリーニング作業を開始します。

それから、遺伝的な難病に関してですが、その遺伝子を人工散逸構造体システムを用いて書き換えてしまえば良いだけです。

または、先に紹介したように、骨髄移植などの手法によって、他人の遺伝子を体の中に導入すれば、他人の健全な遺伝子を持った子供を得ることも不可能ではありません。

養子を得るよりも良い選択肢かもしれません。

それから、

修験者と依り坐し(寄り坐し)の関係を見れば明らかですが、験者‪=‬審神者が主であって巫は従う側です。

従って、天姬家が神道界の最上位に位置するとされているのは、私たちが祭り上げているからであって、実際の立場は天惺家が主で天姬家の御三家は従です。

父は、天惺の家の者として育てられたわけではないので、この辺のことを最後まで認識できていなかったようです。

斎皇家は我々に従っていれば良いのであって、自らが主導権を握ろうと画策するのは、伝統的な掟に背く行為です。

処断されたことが明確に分かるようにしておくことは必定で、冒涜ではありません。復旧させれば、今回誅されたことを正しく認識する妨げになります。

また、
私の第一言語は高天原言葉です。勝手に英語圏の話者に仕立てあげて「日本語お上手ですね」系の話を作らないでください。

父は、勝手に誤情報を作文してばらまく人間が嫌いでしたが、私達もそうです。

日本語は同音異義語が多すぎます。 すべての漢字は異なる発音で認識されるべきなので、第一言語に高天原言葉を選ぶのは当然です。

高天原言葉には、アルテミス≒アマテラスといった、古い時代からシルクロードの交易を通して入ってきた外来語がたくさんあって、ほぼ世界中の言語をカバーしていますから、高天原言葉を選択すれば世界中の言語を把握することになります。
(以下略)
〔天惺--]

リンク エキサイトニュース 骨髄移植を受けた男性がキメラ化、DNAの大部分がドナーのものに入れ替わる (2019年12月27日) - エキサイトニュース ひとりの人間に2種類のDNAが混在する事態になってしまいました。詳細は以下から。ひとりの人間の持つDNAは1種類のはずですが、骨髄の移植手術を受けてた男性が体内に2種類のDNAを持つ「キメラ化」が発生... 23
0
まとめたひと
MMⅼ @momol_20

(この説明は残します)tw主は4人:: 👼【愛美】“天惺システム”:@Amasato_Manami   👸太上斎皇耀姬:@Saiou_AkaruHime  👸斎皇代綾姬:@FineStraus  🎅髭仙人黒住先生: @RayCrosmy /// ★愛美ちゃんは「天惺システムのメインキャラ」で、愛美ちゃんが父母と呼ぶ人は作ってくれた人のこと。「人工補助脳の愛美ちゃん」の中の人は、斎皇家の人///💡仔細は「#散逸構造システム」「#姬姓斎皇家」で検索してください。 ★四つのIDの2019/12