いーじゃないの、幸せならば…(^_^) (その2)
0
戸田プロダクション @TodaProduction

昨日こしらえた「転び止め」を使って、追加した梁3本をネジ止め固定した。追加した梁には路盤上部と台枠前面からもビスを揉んだ。台枠を手前に引っ張り出すことが出来ればここまで苦労しなかったが、なんとか期待する剛性は出せたと思う。 pic.twitter.com/UbmEkUeVWC

2022-07-17 12:32:14
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ちょうど一週間前に切り出した追加の梁材3本をようやく固定することが出来た。これで概ね270ミリおきにライザーを立てることが出来る。 pic.twitter.com/pyDBynWYw7

2022-07-17 12:38:58
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

おまけ ANEX なめたネジはずしビット2本組 amazon.co.jp/exec/obidos/AS… これホント便利だわ。今まで何度もこの道具に助けられてきたけど、今日も抜けたネジ咥えて泣きながら感謝したところ (T_^)。 pic.twitter.com/c8Is1CB9p1

2022-07-17 12:46:16
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

大昔から使ってきた古いリョービ製の丸のこ (右)、ベースが歪んで直角がブレ始めたので廃棄することにした。今後は (左) の日立製丸のこを常用機とする。 pic.twitter.com/tg6VxAy2TD

2022-07-18 16:27:27
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

というわけで、以前こしらえた「丸のこガイド」も、日立機のベースに合わせて定規面をカット。 pic.twitter.com/AwwwK9ivsS

2022-07-18 16:30:08
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

いよいよ6線並走区間の路盤をタテに3分割するが、先日「作業台」代わりに準備したつもりの合板では長尺を切るのに全然長さが足りない。仕方ないからまたまた大汗かいて改めて虎の子のサブロク合板を引っ張り出してきたけど、もうこれだけで今日のパワーの大半を使い果たした感じ (>_<;)。 pic.twitter.com/IzPo8p2CIY

2022-07-18 16:38:03
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

よーっしゃ準備完了! いよいよ行くぜ! pic.twitter.com/pL9VZmhkXQ

2022-07-18 17:34:34
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

お疲れさまでした。本日の作業は終了いたしました。 pic.twitter.com/qw6HDPyp1o

2022-07-18 17:40:30
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

昨日3分割した路盤を現場に持ち込み仮置きしてみた。 pic.twitter.com/gzANGFKMic

2022-07-19 18:25:35
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

スパンが長く「びよんびよん」するのは当然ライザーで受けるとして、ここの下り勾配は実際にはこの上流の立体交差部分を作らないと決められないのである。とにかく今は、路線変更部から続くカーブ路盤の「切れ込み」検討を優先させる。 pic.twitter.com/etsXIZm8ZT

2022-07-19 18:29:18
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

カーブ路盤の切れ込み検討+6線並走区間路盤のカーブ接続検討 pic.twitter.com/auPPOl1ptq

2022-07-22 19:40:59
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

結論としては 1.カーブ路盤の切れ込みは案外どうとでもなりそう? 2.新しい6線併走区間路盤を切り出した方が良さそう 6線並走区間路盤はカーブ接続部分をもう少し広くして、その上で連続したカーブを描くべきだと思い至った。 pic.twitter.com/1S9gmkN0uO

2022-07-22 19:46:45
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

というわけで、続きの作業は明日以降のお楽しみ w (汗だくだく (>_<;)) pic.twitter.com/HxCYVet9qY

2022-07-22 19:48:52
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

6線並走区間の路盤切り直しを考えているうち、ふと我が家には確か KATO 架線柱の買いだめがあったはずだと思い出した。早速 蔵を漁ったら、なんと40箱 (240本分) もの大量の複線架線柱が出てきて仰天した。 pic.twitter.com/PTHihwPHCv

2022-07-24 15:27:56
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

これずいぶん昔、東京出張の折に KATO 総本山を訪れた時に、どういう理由か?知らんが「1箱100円」の超特価品が並んでいたから、そこにあったヤツ全部買い占めて配送してもらったのだった。今日の今まで完全に忘れ果てていた。これは絶対に有効活用しないとバチが当たる (^_^;)。 pic.twitter.com/62JBgahWCZ

2022-07-24 15:33:49
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

複線間隔33ミリの KATO ユニトラシステムにおいてこの複線架線柱の幅は70ミリ、複線間隔27ミリの「本邦鉄道」では複線路盤幅は60ミリらしいから、この辺の数値を十分意識しながら新たに切り出す路盤幅を決める必要がある。 pic.twitter.com/dRFkX14elY

2022-07-24 15:39:04
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

考えてみれば、ひょっとして俺って「シーナリィ」のこと考えるの生まれて初めてじゃないか?!…とかなんとか (^_^;) (えええええ~~~~~??) 少なくともこの5年間は、レイアウトの地下部分 (完成後は見えなくなるところ) ばかり作ってきたからなぁ (^_^;)。 pic.twitter.com/8Jq6ZlUUdb

2022-07-24 15:43:18
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

…というわけで、新たな6線並走区間路盤は未だに切り出し出来ぬまま (>_<;)。 pic.twitter.com/4QYVHRenH2

2022-07-24 15:44:55
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

1週間ぶりに大工仕事を再開。以前 切り出しに失敗した古い駅路盤から新しい6線並走区間路盤を切り出し。 pic.twitter.com/QnupsxxKE7

2022-07-30 19:33:46
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

今度は先にここに線路を仮置きして、路盤の切れ込みラインを検討する。 pic.twitter.com/o91QoBIiMe

2022-07-30 19:35:23
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

うーん、難しい (>_<;)。 なんかもう「どげぇでんなれ!」っちゅう気になってきた (^_^;)。 pic.twitter.com/m7ygfPNk9p

2022-08-04 18:09:32
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

気合を込めて6線併走区間の路盤を新たに切り出したあと、ついに当初からの目的だった「カーブ路盤の切れ込み」を入れ終わった。 pic.twitter.com/vZy3XOYgGx

2022-08-06 13:07:44
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ようやく切れ込みを入れ終わったカーブ路盤。これで中2線だけを別勾配にすることが出来る。 pic.twitter.com/atQy6mqkZB

2022-08-06 13:09:51
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ちなみに左は (ちょっと失敗した (^_^;)) 古い6線並走区間路盤。右が今日切り出し直した新しい6線並走区間路盤。微妙に違うカーブを描けたので、これでヨシとする。 pic.twitter.com/7k4vlVSaKT

2022-08-06 13:13:16
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

この 1820×700 ミリの作業用合板、意外と使いやすいのでこのまま脚をつけて作業台に仕立てようか?とも思うが、この手の板は高さのある「立体」になった途端にメチャクチャ邪魔になるはずだから、なかなか決心がつかない (以前、台枠に脚をつけた時に、同じ思いを嫌というほど味わった (>_<;))。 pic.twitter.com/z6ucWsCrYa

2022-08-06 13:25:28
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

今日切り出した路盤を現場に仮置きしてみた。20日ぶり?くらい?(^_^;) pic.twitter.com/iQF9SBvTHX

2022-08-06 18:05:44
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

この図で言うところの路盤Aと路盤Bの材料が揃って勾配を検討出来るところまで来たわけだが、先日も言ったように、この勾配を正式決定するためには上流の路盤Cと路盤Dの勾配を先に決める必要がある。要するに「まだ路盤Aと路盤Bには線路が敷けない」というわけだ (^_^;)。 pic.twitter.com/pB9oQj1ASs

2022-08-06 18:11:25
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

さらに路盤Cや路盤Dは、未だ工事中であるこのレイアウトの「地下部分」に完全に線路を敷き終わり、地表0ミリベースの地面をこしらえたあとじゃないと設置することが出来ない。早い話が「他の地下部分を先に完成させなきゃ地表に進めない」ということだ。ホント、迷走に次ぐ大迷走だよなー (^_^;)。

2022-08-06 18:20:43
戸田プロダクション @TodaProduction

先日「他の地下部分を先に完成させなきゃ地表に進めない」と気づいた?我が迷走レイアウトだが、あと残っている地下部分と言えばこの場所をおいて他にない。ここに我がレイアウト最大の地下ギミック、広大なる「第1地下ヤード」が展開されるのである。今は単なる「物置き台」に過ぎないけど…(^_^;)。 pic.twitter.com/IC0qdYzlTI

2022-08-08 16:48:38
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ふー、汗びっしょりになりながら「物置き台」の上の荷物を別の場所に移動。数年ぶりに地下ヤード台枠の上面に掃除機をかけて掃除した。 pic.twitter.com/4DQEkeA4NI

2022-08-08 18:22:17
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

昨日掃除した地下ヤード台枠に、とりあえずの感じを掴むため、線路を置いて並べてみることにした。あくまでも、とりあえずの感じを掴むため、置いて並べてみるだけ。 pic.twitter.com/hm6UpwUK37

2022-08-09 17:49:26
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

どどーん!(^_^) 左より、仕立て線2本+留置線13本+通過線2本、全17本の第1地下ヤード (ただし仮の姿) が出現! pic.twitter.com/x7ApXU77aw

2022-08-09 18:37:31
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

雑に線路を置いて並べただけなので、すでにこの段階で各部の塩梅がなんとなくおかしい (>_<;)。線路全体の奥行きや間隔はともかく、向こうから伸びてきたアプローチ線が明後日の方向を向いていて繋がらない。こりゃ超正確なケガキからやり直さなきゃ駄目だ。今日はここまで。 pic.twitter.com/V9YVqRhrId

2022-08-09 18:43:31
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

今日は廃材を利用し、半日かけて大きな「直角定規」をこしらえた。 pic.twitter.com/B8SWZDEARz

2022-08-10 17:08:47
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ずーーーっと昔から欲しいと思っていたのだが、それでもこれまでの人生、これを実際に作るところまでは行かなかった。しかし今回、レイアウト工事で正確なケガキを行なう必要が生じたので、ようやく運命だと思ってこしらえたもの (^_^)。 pic.twitter.com/KywvAvFH51

2022-08-10 17:15:51
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

♪ 人は誰でも~、人生で一度は~、大きな直角定規を~、そう~、こしらえるのよ~ ♪♪ pic.twitter.com/2CBa5b8oQL

2022-08-10 17:19:28
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

早速、本当に直角が出ているか?テストしまくった。我が家で「まぁそこそこ信用出来るであろう直角」を求めて、色々な場所に直角定規を当ててみた。 左上:床と建具OK  右上:こたつの天板OK 左下:液晶画面OK  右下:清く正しい本棚OK pic.twitter.com/RPRl27WIsU

2022-08-10 17:27:03
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

この週末は本当に大変な思いをしている…orz。 pic.twitter.com/MoUd94yfac

2022-08-14 15:39:31
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

アプローチ線のラインが皆目繋がらない (>_<;)。あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たぬ。こんなにシビアな条件だとは思ってもいなかった (^_^;)。 pic.twitter.com/icqmwL0uwE

2022-08-14 16:00:05
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

最悪の場合、片方の ST-5 と ST-6 を入れ替えて、ヤード入り口の分岐器配置を上下非対称にせざるを得ない。 pic.twitter.com/fw5Ahuiowt

2022-08-14 16:18:58
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

この第1地下ヤード、現時点ではまだ「絵に描いた餅」だと言わざるを得ない。今後すべての工事が完了するまで一体どのくらい日数がかかるだろう? 今年の春に作った第2地下ヤードが完成まで丸2ケ月かかったことを考えると、この第1地下ヤードは少なくとも年内一杯、正月までに完成すれば御の字か? pic.twitter.com/T85WQNd09u

2022-08-14 16:41:31
戸田プロダクション @TodaProduction

どつぼにハマった地下ヤードの出入り口、熟考に熟考を重ねて、なんとか無理なくアプローチ線と自然に繋がるラインを見出すことが出来た。 pic.twitter.com/HSbpCgzMJa

2022-08-15 19:51:11
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ヤード出入り口の分岐器を上下で1ケ所だけ非対称に配置した。このラインだと留置線が外側に若干広がるが、Uターン部カーブが大曲線になるため却って好都合だと判断した。これでようやく先に進める算段がついた。 pic.twitter.com/NYCPWWNCVJ

2022-08-15 20:01:43
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

先日来、ようやくアプローチ線からの繋がりに目処がついたので、今頃になって初めて、第1地下ヤードに使用する ST-5 と ST-6 の通電仕様について真面目に確認し始めた。 pic.twitter.com/JkNEbXf1J5

2022-08-17 16:57:22
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

ST-5 と ST-6 は自分が初めて使うインサルフログの分岐器だが、今まで多数使ってきたエレクトロフログの分岐器とはリード部やフログへの通電仕様が違っていて興味深い。「なんでこんな風に通電出来るんだ?」と思ったら、裏側に仕込まれたジャンパ線のうち片方が透明チューブで絶縁されてるんだな?w pic.twitter.com/LwhEmmWrrm

2022-08-17 17:12:36
拡大
戸田プロダクション @TodaProduction

第2地下ヤード同様、第1地下ヤードでも Tortoise の切替接点を使ってフログ給電切替を行なうつもりだったが、こういう仕掛けになっているのだとしたら、むしろ Tortoise の切替接点など使わず、分岐器自体にジャンパ線を追加し完全非選択式 (全通式) 改造?した方が早いんじゃないか?と思い始めた。 pic.twitter.com/3jCoZ6jHxu

2022-08-17 17:25:39
拡大
toji@山越敏雄 @toji024087933

@TodaProduction ここが導通してたらショートしますね。 絶縁してあってもたまに車輪が触ってショートする可能性も。 うまく切れてれば問題ないですね。 pic.twitter.com/jlo4k0XL5D

2022-08-17 18:41:22
拡大
0
まとめたひと
戸田プロダクション @TodaProduction

本名 戸田隆 / Nゲージ 国鉄都会型レイアウト迷走中 / 清く正しい本棚の作り方 著者 / らじるれ郎 作者 / Delphi ファン / ツイートは年寄りの日記です (フォロー非推奨)