2021年10月28日
「「好き」を形にする。フィギュアの世界」の紹介。3回目はエヴァンゲリオンの女性キャラ、レイとアスカのフィギュア。会場:北九州市立美術館分館(福岡県北九州市小倉北区)、会期:2021/9/18~10/31。
0
タケ@ALL-A @take_all_a

#北九州市立美術館 分館(福岡県北九州市)で開催中の「「好き」を形にする。フィギュアの世界」の特別コーナー「シン・海洋堂 エヴァンゲリオン フィギュア展」の3回目は #シン・エヴァ の女性キャラ2人のフィギュア。まず綾波レイ。 #フィギュアの世界 pic.twitter.com/TTVBb81YIQ

2021-10-28 21:42:29
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

綾波レイ 等身大フィギュア(原型 林浩己、塗装 BOME)。キャプションによると、アニメそのままではなく人間風に造形したとのこと。 pic.twitter.com/yvLQBgR86X

2021-10-28 21:45:15
拡大
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

私は以前、これとは別のアニメ通りの姿で再現した綾波レイの実物大フィギュアを見たことがあるが、強烈な違和感を抱いた。いわゆる「不気味の谷」現象なのかな。 pic.twitter.com/rMVd7u7kPt

2021-10-28 21:48:43
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

逆に実在する車や兵器をプラモデル化する場合も、単純な縮小化では違和感が生じるため形状をデフォルメすると聞く。なので、フィギュアに限らず元のモデルを拡大・縮小した造形物を作る際は、何らかの補正作業が必要なのだろう。 pic.twitter.com/fc1sVdHSln

2021-10-28 21:51:34
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

このフィギュアの場合、人間 “風” のバランスが実に巧妙だ。顔はリアルな人間に寄せつつ目の大きさや輪郭はアニメ寄りだし、髪の表現は完全にアニメ的。 pic.twitter.com/WTleBFxcj0

2021-10-28 21:53:00
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

レイの特徴である目の赤味を再現しなかったのは思い切った判断だな。 pic.twitter.com/7fWE1jFy1N

2021-10-28 21:53:57
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

頭身や脚の長さといった全体的なバランス、そしてセクシュアルなボディラインはアニメ寄り。 pic.twitter.com/6pMXCNRZuF

2021-10-28 21:54:59
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

プラグスーツを着た等身大フィギュアを間近で見るのはかなりドキドキしたw ほとんどボディペイントじゃないか。 pic.twitter.com/lTNG6X77L2

2021-10-28 21:56:24
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

そしてアヤナミレイ(仮称)の農作業バージョン。 pic.twitter.com/0AeOs0MkBH

2021-10-28 22:04:58
拡大
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

最後はアスカ(原型 BOME)。キャプションによると式波ではなく旧作「惣流・アスカ・ラングレー」とのこと。あ、冒頭で「シン・エヴァの女性キャラ2人」と述べたのは間違いだった。 pic.twitter.com/IfVCC6UvJJ

2021-10-28 22:09:21
拡大
拡大
拡大
タケ@ALL-A @take_all_a

調べたら2000年に発売されたフィギュアのようだ。 惣流・アスカ・ラングレー 原作版 (ガレージキット) ホビーサーチ 1999.co.jp/10013758

2021-10-28 22:09:51
0
まとめたひと
タケ @take_all_a

福岡県を中心に、建築・団地・土木・産業遺産などについて、ツイッターにつぶやいたことをまとめています。個人サイトの方は放置中。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?