モーメントからの移行方法はこちらをご確認ください。
苦手な方はお控えください。
71
さいかく @saikaku060606

1 ヌッチヨヌッチヨ ??:アンッ///////♥️アンッ///////♥️もっと///////♥️はげしくして?///////♥️ ○○:かわいすぎかよ///////♥️ ーーーーー1か月前ーーーーー 自分の部屋でスマホを触りながらベッドに寝転ぶ。 母親:○○〜!ちょっと下きなさ〜い! ○○:めんどくせ〜なぁ

2020-05-21 14:23:38
さいかく @saikaku060606

2 俺は面倒くさりながら階段を降り、母親のいる玄関に向かう。 ○○:なんだよ…って、誰? そこには制服を着た小顔の美少女と、男の人が立っていた。 美少女は顔立ちがとてもよく、まるでアイドルのようだった。 母親:○○のお父さんと、妹になる人よ ○○:は? pic.twitter.com/qCnn1YWjif

2020-05-21 14:23:41
拡大
さいかく @saikaku060606

3 突然のことに理解出来ず、俺は聞き返す。 母親:だから、私この人と再婚するの😊✨💕 俺の母親が男の人の腕を持ちそう言った。 男(以後父親):よろしく、○○くん!ほら、さくらも挨拶しな。 さくら:さくらです。高校2年生です。よろしくお願いします。

2020-05-21 14:23:42
さいかく @saikaku060606

4 新しい父親に言われ、さくらと名乗る女の子が恥ずかしそうに挨拶する。 母親:○○も挨拶しなさい。 ○○:お、おう。○○です。20歳の大学生です。 母親:今日から○○とさくらちゃんは兄妹だから、そんなに堅苦しくしないでね😊 父親:じゃあ、さくらは新しい部屋を○○君に案内してもらいな

2020-05-21 14:23:42
さいかく @saikaku060606

5 母親:○○の隣の部屋ね🙂 俺は言われた通りさくらを2階の俺の隣の部屋に案内する。 ○○:ここだよ。要らないものとかは、捨てていいから。 さくら:あ、ありがとうございます ○○:兄妹なんだから、敬語じゃなくていいよ🙂 さくら:う、うん。ありがと、お兄ちゃん ○○:お、おう。

2020-05-21 14:23:42
さいかく @saikaku060606

6 俺は急にお兄ちゃん呼びされて恥ずかしくなり、隣の自分の部屋に行った。 そこから2週間はぎこちないながらも、さくらや新しい父親と仲を深めていった。 ある日だった。 隣の部屋から声が聞こえてきた。 さくら:んっ///////♥️んっ///////♥️ 俺は壁に近づき、耳をすませた。

2020-05-21 14:23:43
さいかく @saikaku060606

7 さくら:んっ///////♥️はぁ///////♥️ 俺はもしかしたらと思い、隣の部屋のドアを少し開け、覗いてみた。 そこにはズボンやパンツを下ろし、自分の割れ目に手を当て小刻みに動かしているさくらがいた。 まぁ高校生だからそういうことをするかもとは思っていたがいざ目の前で見ると少し驚きだった pic.twitter.com/SXUiJhA8wO

2020-05-21 14:23:44
拡大
さいかく @saikaku060606

8 俺はその日はあまり眠れなかった。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー そこから約1週間が経ち、さくら達が来てから1ヶ月になった。 母親:ちょっと私たち、3日ぐらい留守にするから そんなある日、俺の母親が俺たちにそう言った。 ○○:なんで? 母親:新婚旅行🙂

2020-05-21 14:23:44
さいかく @saikaku060606

9 俺が聞き返すと、母親が嬉しそうに言った。 母親:料理はさくらちゃんができるし、あんたもさくらちゃんも今夏休みだから大丈夫でしょ?仲良くしててね🙂 そう言うと母親と父親は楽しそうに出ていった。 俺はそれを見送ると、リビングのソファーに座る。 さくらも少し悩むも俺の隣に座った。

2020-05-21 14:23:45
さいかく @saikaku060606

10 さくらの匂いを近くに感じる。 先週のこともあり、余計ドキドキする。 さくらの方を見る。 綺麗な横顔、小ぶりな胸。 俺は行けない気分になり、目を逸らした。 そこから俺とさくらは何事もなく、さくらの手料理を食べたりして、過ごした。 夜になった。 pic.twitter.com/zYNp1ExDhV

2020-05-21 14:23:46
拡大
さいかく @saikaku060606

11 いつの間にかさくらは俺の隣で寝ていた。 俺は寝ているさくらに顔を近づける。 そっと頭を撫でてみる。 起きない。 俺はもう少し行けるかと思い、髪を触ったり、顔を触ったりしてみる。 最初の頃から思っていたが、ほんとに美少女だ。 俺はさくらの頬を撫でながら、自分の顔を近づける。

2020-05-21 14:23:47
さいかく @saikaku060606

12 チュッ 俺はさくらの柔らかい唇に俺の唇を触れさせた。 あまりの可愛さに我慢できなかったのだ。 俺はさくらの後頭部を持ち、唇をさらに押し付ける。 すると、さくらが目を開けた。 俺は慌てて唇を離す。 さくら:ちょっと!何してるの? ○○:いや、ごめん。さくらが可愛くて… pic.twitter.com/HvkeXnqol7

2020-05-21 14:23:48
拡大
さいかく @saikaku060606

13 俺が正直にいうと、さくらは照れくさそうにした。 さくら:も、もう、やめてよ?じゃあ、私自分の部屋で寝るから。おやすみ🙂 そう言うとさくらは階段を登り、自分の部屋に行った。 俺もそろそろ寝ようと思い、1時間ぐらいしてから階段を登った。 さくらの部屋の前を通る時、声が聞こえた。 pic.twitter.com/ylA519EvUt

2020-05-21 14:23:49
拡大
さいかく @saikaku060606

14 さくら:んっ///////♥️んっ///////♥️お兄ちゃん///////♥️ 俺は前と同じようにそっとドアを開け、覗く。 すると、さくらと目が合う さくら:ちょ、お兄ちゃん!? さくらは慌てて自分の下半身を隠す。 ○○:あ、ごめん! 俺は慌ててドアを閉じ、自分の部屋に戻る。

2020-05-21 14:23:50
さいかく @saikaku060606

15 そして、さっき光景を思い出す。 ○○:(お兄ちゃんって言ってたよな…) 俺はモヤモヤしたままその日は寝た。 さくら:お兄ちゃん!起きて! さくらの声で目覚める。 さくら:朝ごはんできてるからね。 そういうとさくらは俺の部屋から出て、階段を降りる。 俺は階段を降りる。 pic.twitter.com/Op2o4olkND

2020-05-21 14:23:51
拡大
さいかく @saikaku060606

16 そして、リビングに向かい、さくらと向かい合わせになるようにして座る。 最初は忘れていたがさくらの顔を見て、昨日のことを思い出す。 急に気まずくなり、俺は目を逸らした。 さくら:…き、昨日見たよね? さくらが沈黙を破り、質問してきた。 ○○:き、昨日って?

2020-05-21 14:23:52
さいかく @saikaku060606

17 さくら:その…ひとりで…してるとこ ○○:う、うん さくらが頬を赤らめる。 さくら:お父さんとかにはいわないで ○○:それは良いんだけどさ…昨日お兄ちゃんっていってなかったか? 俺が思いきって聞くと、さくらはさらに頬を赤らめ、目をそらす。 pic.twitter.com/S8yUrwhMOd

2020-05-21 14:23:53
拡大
さいかく @saikaku060606

18 さくら:それは…お兄ちゃんが昨日キスしてきたから… それを聞き、俺も恥ずかしくなる。 そして、昨日の感触を思い出す。 柔らかい唇に甘い匂い。 ○○:もう一回しちゃダメか? 無意識のうちに俺はさくらに頼んでいた。 さくら:え?!うーんと…いいよ? pic.twitter.com/TaHKSSlT93

2020-05-21 14:23:54
拡大
さいかく @saikaku060606

19 少し悩んだが、さくらは許可してくれた。 そして、俺とさくらはソファーに隣同士で座る。 さくらはぐっと目を瞑り、俺からのキスを待つ。 昨日は勢いでしたから緊張しなかったが、今はとても緊張する。 俺はそっとさくらの肩を持ち、引き寄せながらキスをする。 キスだけで気持ちよくなる。

2020-05-21 14:23:55
さいかく @saikaku060606

20 俺が口を離すと、さくらは恥ずかしそうに口を隠し、ニコッと笑う。 さくら:ドキドキした🙂 その笑顔が可愛く、俺はもう一度引き寄せキスをする。 チュッ ○○:ごめん、可愛かったから笑 さくら:もうっ笑 そこから、俺とさくらは何かある度にキスをした。 pic.twitter.com/ly9tIY03Uk

2020-05-21 14:23:56
拡大
さいかく @saikaku060606

21 さくらがキッチンで料理を作っている時に裏から抱きついてキスをしたり、テレビを見ながら不意にキスをしたり… そして、そのキスはだんだん過激になっていった。 さくらと俺が晩ご飯を食べ終わり、食器を洗っている時、どちらからともなくキスをする。 そのキスはいつもより長い。

2020-05-21 14:23:57
さいかく @saikaku060606

22 すると、俺の唇にさくらの舌が当たった。 俺は何も言わず、俺の舌とさくらの舌を絡める。 ンチュンチュ お互いの唾液が混ざる。 さくらが俺の歯の裏を舌でなぞる。 さくらはキスをしたまま後ずさりする。 そして、ソファーに来ると端に座る。 pic.twitter.com/SpJcfN9FAJ

2020-05-21 14:23:58
拡大
さいかく @saikaku060606

23 俺はさくらに被さるようにして、さくらを押し倒す。 俺は手をさくらのお腹からなぞらせ、そっとさくらの胸に手を置く。 すると、さくらが急に俺を押し返した。 さくら:ま、まって! ○○:あ、ごめん!やだった? さくら:嫌じゃないけど…初めてだから ○○:優しくするから pic.twitter.com/pyLdibSZOy

2020-05-21 14:24:00
拡大
さいかく @saikaku060606

24 さくらは頷く。 俺はもう一度さくらにキスをする。 さっきのキスよりもっと激しく。 お互いの舌がさらに絡み合う。 そして、さくらの小ぶりな胸を揉み始める。 最初は優しく撫でるように。 俺はさくらの服を持ち、脱がせる。 さくらもされるがままだ。 pic.twitter.com/P6XqtyS2XF

2020-05-21 14:24:01
拡大
さいかく @saikaku060606

25 上半身の服を脱がせ終わると、さくらの白の下着が目に入る。 俺はさくらとキスをしたまま背中のブラホックに手をかけ、ブラもぬがせる。 脱がせ終わると1度唇を離し、さくらの胸を見る。 ○○:綺麗だね 大きくはないが、きめ細やかな肌にピンクの乳首。 俺はその乳首を咥える。 pic.twitter.com/G0TAgx2u46

2020-05-21 14:24:02
拡大
さいかく @saikaku060606

26 さくら:あっ///////♥️んっ///////♥️んっ///////♥️ 俺はそっと舌でさくらの乳輪をなぞる。 チュパチュパ そして、焦らした後に乳首を舐める。 さくら:乳首///////♥️気持ちいい///////♥️ 俺は乳首から口を離すと、今度はさくらのズボンをパンツもろとも脱がせる。 pic.twitter.com/AM7KDJsnhO

2020-05-21 14:47:35
拡大
さいかく @saikaku060606

27 綺麗な割れ目から少し糸が引いていた。 俺はそこに手をあて、小刻みに揺らす。 そして、もう一度乳首を舐める。 さくら:あんっ///////♥️同時は///////♥️ダメかも///////♥️ 俺は指の動きを早める。 さくら:やばい///////♥️イクっ///////♥️ ビクンビクン さくらは腰を仰け反らせる。

2020-05-21 14:47:35
さいかく @saikaku060606

28 俺は時分のズボンを下ろし、ガッチガチになった物をさくらの割れ目に当てる。 ○○:さくら、もういいか?///////♥️ さくらは頷く。 俺は自分のを持ち、さくらの割れ目に近づけ押し込む。 さくら:痛っ///////♥️ ○○:大丈夫か? さくら:うん///////♥️動いて?///////♥️ pic.twitter.com/09gsYSy7xh

2020-05-21 14:47:37
拡大
さいかく @saikaku060606

29 俺はさくらの腰を持ち、正常位の体勢で腰を揺らす。 さくら:んっ///////♥️んっ///////♥️ さくらの小さな胸も突く度少し振動している。 ○○:気持ちいいか?///////♥️ さくら:あんっ///////♥️あんっ///////♥️気持ちぃ///////♥️ 暖かいさくらの中で俺はさらに固くする。

2020-05-21 14:47:37
さいかく @saikaku060606

30 ヌッチョヌッチョ 2人の液が混ざり合い、卑猥な音をたてる。 さくら:あんっ///////♥️ひとりでするより///////♥️全然気持ちぃ///////♥️ ○○:ひとりでシてるときはどんなこと想像してたんだ? さくら:お兄ちゃんと///////♥️激しくエッチすること///////♥️ 俺は腰の動きを早める。 pic.twitter.com/6g2soopTM0

2020-05-21 14:47:39
拡大
さいかく @saikaku060606

31 さくら:あんっ///////♥️あんっ///////♥️もっと///////♥️はげしくして?///////♥️ ○○:かわいすぎかよ///////♥️ 俺は快感に体をゆだね、さくらの奥を突く。 さくら:お兄ちゃん///////♥️大好き///////♥️ 俺はさくらにキスをする。 さくらの中がきつくなる。 ジュボジュボ pic.twitter.com/SqzMGC5oo1

2020-05-21 15:12:41
拡大
さいかく @saikaku060606

32 さくらがイきそうなのを感じ、俺はラストスパートをかける。 俺のにも精子が通ってくるのを感じる。 ドピュドピュドピュ 俺はさくらの有無も聞かずさくらの中に出した。 さくら:もう///////♥️今日危ないんだけど///////♥️ ○○:ごめん、ごめん気持ち良すぎて 笑

2020-05-21 15:12:41
さいかく @saikaku060606

33 さくらが微笑み、キスをしてくる。 そのキスに俺はまた勃たせてしまった。 さくら:また固くなってる笑 そう言うとさくらは無言で俺に熱いキスをする。 俺はさくらを俺の上に乗せる。 そして、さくらの割れ目に再び挿れる。 さくらは今度は自分から動き出す。

2020-05-21 15:12:42
さいかく @saikaku060606

34 俺はキスをやめ、目の前で少し揺れる胸に手を当て、揉み始める。 さくら:あんっ///////♥️あんっ///////♥️ さくらが甘い声をあげる度、俺のは固くなる。 さっきので敏感になった俺のはすぐに絶頂を迎える。 ○○:また出そうだよ///////♥️ さくら:んっ///////♥️また///////♥️中に出して❤

2020-05-21 15:12:42
さいかく @saikaku060606

35 さくらは一気に中をきつく締め上げる。 俺とさくらの液はあわだっている。 ○○:いくよ?///////♥️ さくら:うん///////♥️ ドピュドピュドピュ さっきより奥に出しているのを感じる。 さくら:赤ちゃんできちゃうかもね?///////♥️ ○○:責任取るよ笑

2020-05-21 15:12:42
さいかく @saikaku060606

36 そこからなかなかさくらと俺の行為は終わらず、次の日両親が帰ってくるまで続いた。

2020-05-21 15:12:43
71
まとめたひと
さいかく @saikaku060606

リクエスト軽く検討中。 あくまで妄想です。質問箱→peing.net/ja/saikaku0606… お題箱→ odaibako.net/u/saikaku060606 作品RT垢→@saikakur

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?