更紗蝦 @sarasaebi リンク限定
2024年3月16日~3月22日のつぶやき
0
更紗蝦 @sarasaebi

ミャクミャクといえば、大阪在住のポケモンGOフレンドさんが送ってくれた、デザインマンホール…。早くも年季を感じる風合いとなっています。 pic.twitter.com/i9ShbDbaE7

2024-03-16 09:40:42
拡大
拡大
更紗蝦 @sarasaebi

《アンモナイトの生息姿勢と遊泳能力は、計算や実験、シミュレーションなどから推測された。それらには合理的な推測も多かったが、それでも泳いでいるアンモナイトを実際に観察できない以上、どこか決め手に欠けるようなところがあった。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』145p

2024-03-16 17:40:53
更紗蝦 @sarasaebi

《これに一石を投じたのは、ユタ大学(アメリカ)のデイヴィッド・ピーターマンと共同研究者たちによるロボットを用いた一連の実験である。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 145p (相場大祐・著)

2024-03-16 17:44:33
更紗蝦 @sarasaebi

《ピーターマンの研究手法は、3Dプリンターでアンモナイトの精巧な模型を作り、漏斗があったであろう場所に推進力を生み出す動力源をつけてロボットにし、(続く)》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 147p (相場大祐・著)

2024-03-16 17:46:27
更紗蝦 @sarasaebi

《(続き)それを実際に泳がせてセンサーによりその動きをデータ化し、遊泳挙動の特性を解析するというものてである。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 147p (相場大祐・著)

2024-03-16 17:48:03
更紗蝦 @sarasaebi

《いつの時代でも、常に様々な形のアンモナイトが存在していたのは、速く泳ぐことに特化した形(オキシコーン)、様々な方向に自由に泳げる形(スフェロコーン)、(続く)》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 152p (相場大祐・著)

2024-03-16 17:53:43
更紗蝦 @sarasaebi

《(続き)そこそこの速さで安定して泳ぐことができる形(サーペンティコーン)、それぞれに適応的な利点があったからと解釈できる。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 152p (相場大祐・著)

2024-03-16 17:54:56
更紗蝦 @sarasaebi

《このように、ピーターマンとリターブッシュによるアンモナイト・ロボットの実験的研究は、遊泳能力という側面から、アンモナイトの形の多様性に理解をもたらした。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 152p (相場大祐・著)

2024-03-16 17:56:15
更紗蝦 @sarasaebi

《古生物の食性は、主に二つの側面から推測されている。  一つ目は歯や顎の形である。(略)  二つ目は胃や腸などの消化管の内容物や糞などの排泄物である。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 153p (相場大祐・著)

2024-03-16 17:58:55
更紗蝦 @sarasaebi

『軍靴の響き(JOY NOVELS)』半村 良 なんといっても読みどころは「徴兵制度の復活」です。若者たちは、処世術として割り切って徴兵制度を“賢く利用”しているつもりでいるのに、その実態は、生活を人質に取られているだけ…という状況に寒気が... #読書メーター bookmeter.com/reviews/412696…

2024-03-16 20:23:58
更紗蝦 @sarasaebi

『デストロイ アンド レボリューション 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)』森恒二 CIAのゴードンは、前巻では「(アメリカは)場合によっては核によって彼ら(テロリスト)ごと日本を焼き払う!」と言っていましたが、この巻でやったことは結局は非核攻... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119576…

2024-03-16 22:31:09
更紗蝦 @sarasaebi

『デストロイ アンド レボリューション 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)』森恒二 ユウキによってワンネスに引き込まれたモブキャラたちが、裸なのに眼鏡だけは着用しているのは、「自己イメージ」が影響しているということなのでしょうか?(「眼鏡は... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119603…

2024-03-17 23:47:09
更紗蝦 @sarasaebi

《筆者は研究をはじめるまで、アンモナイトの死後から化石として発見されるその過程のことなど考えたことはなかったし、ましてやそんな研究分野があることすら知らなかった。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 176p (相場大祐・著)

2024-03-18 19:14:51
更紗蝦 @sarasaebi

《タフォノミーはまさに「化石とは何か」に迫る学問であり、化石から生きた姿を復元しようとする古生物学の醍醐味である。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 176p (相場大祐・著)

2024-03-18 19:16:07
更紗蝦 @sarasaebi

《もともと生きていた場所から死骸がまったく動かされずに化石化したものを「原地性の化石」という。(略)もともと生きていた場所から死骸が動かされた後に化石化したものを「異地性の化石」という。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 179p (相場大祐・著)

2024-03-18 19:20:06
更紗蝦 @sarasaebi

《生きていた当時の完全な姿だけでなく、死んだ後にボロボロになった姿を受け入れてこそ、“真のアンモナイトマニアへの道”は拓けるのかもしれない。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 190p (相場大祐・著)

2024-03-18 19:32:15
更紗蝦 @sarasaebi

《大きなアンモナイトの中に保存された小さなアンモナイトの殻の保存状態を調べた結果、周りの地層から見つかる化石ではまず残らないような中心部分にある初期殻も溶解せずに残っていたことがわかった。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 193p (相場大祐・著)

2024-03-18 19:36:36
更紗蝦 @sarasaebi

《このように、大きなアンモナイトがシェルター(防空壕)の役割を果たし、“避難者”である小さなアンモナイトが匿われているような化石産状を、前田は「シェルター保存」と呼んだ。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 193p (相場大祐・著) ※前田=前田晴良氏

2024-03-18 19:39:30
更紗蝦 @sarasaebi

《シェルター保存は時代や分類を超えて見られる普遍的な現象であり、シェルターと避難者の役は各時代に存在していた生き物がそれぞれ担っていたようである。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 194~195p (相場大祐・著)

2024-03-18 19:42:49
更紗蝦 @sarasaebi

いのまたむつみ先生が挿し絵を担当された『ウインダリア』を再読したいなぁ…と思っていた矢先の訃報に驚きました…。ご冥福をお祈りいたします…。 x.com/inomatanekomat…

2024-03-18 20:47:44
いのまたむつみ @inomatanekomata

ファン、関係者の皆さまへ いのまたむつみの妹です。 pic.twitter.com/yp6BCTzXcS

2024-03-18 13:00:06
更紗蝦 @sarasaebi

twitter.com/sarasaebi/stat…

2024-03-18 20:48:31
更紗蝦 @sarasaebi

@amrtamanthana フランスの「イサ(イス)伝説」がモチーフの作品に、曽祢まさこ先生の『海にしずんだ伝説』(漫画)、藤川桂介先生の『ウインダリア』(小説&OVA)、そして、ゲームの『イース』があります。

2024-01-27 10:27:41
更紗蝦 @sarasaebi

twitter.com/sarasaebi/stat…

2024-03-18 20:48:48
更紗蝦 @sarasaebi

小学生~高校生の頃は、「読書感想文向きの本」に反発があって、敢えて「文学扱いされていない本」を選んで読書感想文書いてたなぁ…。中学生の時、藤川桂介の『ウインダリア』(角川文庫)とかで感想文書いてました。(当時、まだスニーカー文庫というレーベルはなかったけど、完全にラノベです。)

2024-01-11 19:23:52
更紗蝦 @sarasaebi

いのまたむつみ先生といえば、思い出したのが、この小ネタ…。 x.com/sarasaebi/stat…

2024-03-18 21:54:30
更紗蝦 @sarasaebi

【やるっきゃ騎士 2 (みやすのんきデジタル全集)/みやす のんき】「プロレス同好会の猪木むつみ」の元ネタが「プラレス三四郎のキャラデザ担当のいのまたむつみ」+「アントニオ猪木」だと分かった読者… → bookmeter.com/reviews/907931… #bookmeter

2020-07-03 17:26:07
更紗蝦 @sarasaebi

『デストロイ アンド レボリューション 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)』森恒二 「これから始まるんだよ本当の革命が!君には関係ない」とマコトに言ってしまう、ユウキの傲慢さときたら…。ユウキが“革命”で変えようとしている世界の住人には、マコ... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119619…

2024-03-18 22:38:02
更紗蝦 @sarasaebi

『ファラオを盗め!! 冥府の聖女 (上)』河原 よしえ 1995年に出版されたソノラマ文庫を底本にして、加筆・修正を加えた電子書籍版です。表紙と挿絵の担当は漫画家の柴田昌弘先生。主人公のウェンの描写に、凄く「柴田昌弘作品の主人公っぽさ」があるので... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119619…

2024-03-19 23:02:02
更紗蝦 @sarasaebi

『CDジャーナル2024年冬号』 12号連続で登場している中国のボーイズ・グループ「Produce Pandas(熊猫堂)」ですが、なんと対面取材は、今回が初めてとのことです。民族楽器に興味があるので、特注のハープ“アジュア・... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119637…

2024-03-19 23:44:14
更紗蝦 @sarasaebi

『一人きりでも明日のケーキは美味しいけれど【マイクロ】(1) (フラワーコミックスα)』桜田雛 主人公はBL漫画家なので、劇中劇として、主人公が連載しているBL漫画が1ページだけ出てくるのですが、そのBL漫画の登場人物よりも、主人公に絡んでく... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119637…

2024-03-20 00:30:10
更紗蝦 @sarasaebi

『一人きりでも明日のケーキは美味しいけれど【マイクロ】(2) (フラワーコミックスα)』桜田雛 エイジは、お坊ちゃまなのに料理が得意ですが、もしかしたら、和歌子に食べさせてあげたくて、ずっと練習してきたのでしょうか? 「一人より二人のほうがお.. #読書メーター bookmeter.com/reviews/119638…

2024-03-20 00:42:07
更紗蝦 @sarasaebi

『ファラオを盗め!! 冥府の聖女 (下)』河原 よしえ 秘密通路のアクションシーンは、是非とも実写で見てみたい!と思いました。人間キャラだけでなく、動物(ワニと猫)も物語で重要な役割を果たしていて、そういったところも、とても「エジプトらしさ」... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119636…

2024-03-20 00:57:23
更紗蝦 @sarasaebi

『ANIMAL X【新装版】(3)』杉本亜未 もくじのページに「※この漫画が描かれたのは2011年6月です。当時の表現がありますがご了承ください。」との記述があるので、原発安全プロパガンダを批判的に描いていたり、「旧原発での事故による放射... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119663…

2024-03-21 00:19:03
更紗蝦 @sarasaebi

『デストロイ アンド レボリューション 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)』森恒二 SF要素の部分に関してだけ言えば、オチはちゃんとついているとはいえ、マコトが辿り着いた「答え」に対して、マコト自身はそれを「否定」しなければ、物語としての筋... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119660…

2024-03-21 00:29:07
更紗蝦 @sarasaebi

誤字っていたので、リンク先の文章は直しました。

2024-03-21 01:54:53
更紗蝦 @sarasaebi

『白い戦士ヤマト 第1巻』高橋よしひろ 『銀牙 -流れ星 銀-』は「犬と少年が共に成長する話」から「犬同士が力を合わせる話」に移行したため、「犬の世界の群像劇」という作風に発展しましたが、『白い戦士ヤマト』は「闘犬」をテーマにした作... #読書メーター bookmeter.com/reviews/725320…

2024-03-21 11:21:54
更紗蝦 @sarasaebi

『白い戦士ヤマト』1巻のレビューが検索で出てこないので、ポストし直しました。 x.com/sarasaebi/stat…

2024-03-21 11:23:08
更紗蝦 @sarasaebi

《最初に描かれたアンモナイトは、船のように海表面に浮かんでいて、アオイガイように大きく発達した腕を、うさぎの耳のように上向きに伸ばしている。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 268p (相場大祐・著)

2024-03-21 17:44:24
更紗蝦 @sarasaebi

《最初のモデルがなぜアオイガイだったのかというと話は単純で、当時はオウムガイのことがまだよく知られておらず、螺旋状の殻をもう頭足類といえばアオイガイの方が有名だったからである。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 268~269p (相場大祐・著)

2024-03-21 17:46:43
更紗蝦 @sarasaebi

《一八九〇年から一九一〇年頃にかけて、それ以前は殻を半分くらい水面から出して海表面を漂うような姿で描かれてきたアンモナイトは、海中を泳ぐような、もしくは海底を這うような生き物として描かれるようになった。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 270p (相場大祐・著)

2024-03-21 17:57:22
更紗蝦 @sarasaebi

《アオイガイの次にアンモナイトの復元画のモチーフとなったのは、オウムガイであった。(略)一八六三年になってようやく、アオイガイをモチーフにしないアンモナイトの復元画が登場した(略)。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 269p (相場大祐・著)

2024-03-21 18:00:35
更紗蝦 @sarasaebi

《これはイカに非常によく似た軟体部をもつ姿として描かれている。その後の一八七二年には、オウムガイのように鞘から細い触手が伸びている腕とフードらしきものをもつアンモナイトの復元画が描かれた(略)。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 270p (相場大祐・著)

2024-03-21 18:01:07
更紗蝦 @sarasaebi

《二〇世紀の間は、多くの復元画にオウムガイのようなフードが付けられていた。これは、二〇世紀初頭に制作された復元画の影響を受けている可能性の他に、顎器を蓋とする考えが割と主流だったことにも関係がありそうである(略)。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 271p

2024-03-21 18:04:43
更紗蝦 @sarasaebi

《二〇世紀終盤になると、アンモナイトはオウムガイよりもむしろイカ・タコと多くの共通点を有していたことがわかってきて、イカがモチーフにされたと思われる復元画が増えてきた(略)。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 271p (相場大祐・著)

2024-03-21 18:06:36
更紗蝦 @sarasaebi

《アンモナイトの復元画の傾向が大きく変わったのは二〇一〇年前後で、滋野修一らによるオウムガイの発生を調べた二〇〇八年の論文(略)の影響がおそらく大きい。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 272p (相場大祐・著)

2024-03-21 18:08:59
更紗蝦 @sarasaebi

《この論文では、オウムガイは独自にフードを獲得した可能性、また腕の基本数が一〇本であることが示されている。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 272p (相場大祐・著)

2024-03-21 18:11:08
更紗蝦 @sarasaebi

《論文には、研究者自身の私情など挟まれないことが理想ではあるが、復元画は、古生物学の良い意味での「曖昧さ」を象徴するものであると同時に、客観的であるべき研究者の主観性を感じられるものでもある。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 274p (相場大祐・著)

2024-03-21 18:15:43
更紗蝦 @sarasaebi

《筆者はアンモナイトの復元画に心惹かれてしまう理由はそこにあるのだと思う。》 『アンモナイト学入門 殻の形から読み解く進化と生態』 274p (相場大祐・著)

2024-03-21 18:24:47
更紗蝦 @sarasaebi

『独裁者グラナダ【新装版】』杉本亜未 『独裁者グラナダ』『Birthday』が収録されています。巻末のライナーノートによると、二作品とも杉本先生が病気で入院している時に考えた話なのだそうで、「人間はふいに存在しえなくなったらなにを... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119506…

2024-03-21 20:12:40
更紗蝦 @sarasaebi

『冷たいプロポーズ ハーレクインコミックス』JET,ミランダ ・リー 「大人の分別」をテーマにし、「家父長制」を批判的に描いているところが、とても良かったです。DV野郎への鉄拳制裁のシーンも、「喧嘩っ早い」という描写ではなく、「冷静沈着なお礼参り... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119678…

2024-03-21 22:36:09
更紗蝦 @sarasaebi

『アンモナイト学入門: 殻の形から読み解く進化と生態』相場 大佑 アンモナイトという生物の全体像だけでなく、アンモナイトの研究の“歴史的背景”も理解できる内容となっています。「3Dプリンターで作ったアンモナイトの精巧な模型に動力源をつけてロボッ... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119679…

2024-03-21 23:19:15
更紗蝦 @sarasaebi

『ANIMAL X【新装版】(4)』杉本亜未 リネアのセリフに「ジェンダー」という言葉が出てくるのは現在はさほど違和感がありませんし、裕司の特殊な「家庭の事情」をすんなり受け入れる柔軟性も「多様性(diversity)」を意識した描写だと... #読書メーター bookmeter.com/reviews/119695…

2024-03-22 22:08:55
0
まとめたひと
更紗蝦 @sarasaebi

50歳の主婦。趣味は美術館巡りと読書と音楽鑑賞です。 生まれてからずっと江戸川区に住んでいます。 13年ほど前に「温排水問題」と「放射性廃棄物問題」に興味を持ち、それ以来、原発な無くすべきだと思っていまです。 http://blog.livedoor.jp/sarasata/