僕だけがいない街 with 蜘蛛の糸
0
二色 @log_nishiki

いわば生還したカンダタであるハムスターをただのスパイスと名付けるあたり、この頃すでに先生は地獄に身を置いていて、抜け出すことも叶わないと諦めていたのではとアニメしか知らない僕は考える

2016-08-09 19:01:21
二色 @log_nishiki

@junerabbit 少なくともこの頃には生きるためにスパイスが必要な子供だったんだと思うと、先生が教職についた意味とか、教え子に贈る言葉の重要さとか、考えるよね…いやわりと楽しく犯行に及んでたかもだけど!

2016-08-11 00:49:51
二色 @log_nishiki

そんなとき人の頭上に蜘蛛の糸が見えたら、他人にばかり救いがあるように見えたなら、その糸を切ってしまうことも、そこから歪んだ優越感が生まれることもあるかもしれない

2016-08-09 19:09:04
二色 @log_nishiki

最初にベッドで目覚めた時は愛梨しかいなかったことを思うと、二度目の目覚めに仲間が駆けつけてくれたのは愛梨がチョキチョキしてくれたおかげかな……あ、先生もチョキチョキしてたな

2016-08-09 19:16:15
二色 @log_nishiki

そういや最終回のサブタイトルが完全なゴシック体だったけど、一話はもっとスラッとしてた気がするし、赤色じゃない回もあったような

2016-08-11 01:02:57
二色 @log_nishiki

@junerabbit 生まれ年がわかる作品もめずらしいよね。あのヒーロー像や幼少時代は、昭和じゃなきゃダメだったのかも

2016-12-30 00:14:12
二色 @log_nishiki

僕街の悟も、犯人を捕まえて正義の味方になりたかったのではなくて、その憧れをどう形にするかあがいた結果「悟の描いたヒーローを見た誰かがヒーローに憧れる世界」という結果に辿りついたのかなと思ってる

2017-03-18 00:04:28
二色 @log_nishiki

僕街の展開にやきもきしてる人へ向けた「これコナンじゃないからな」が的確すぎて笑う。そうだよね、危機を救うのは阿笠博士の道具がないと。

2017-05-21 20:45:15
二色 @log_nishiki

もしも八代のように、すれ違う人々の頭上に糸が見えたとしたら、なんて現実味に欠ける世界だろう。まるで傀儡の国だ。

2017-06-05 18:23:19
二色 @log_nishiki

それらを壊すではなく殺すことで、この世界に生きている実感を得ていたのなら、あの犯行にも頷ける。それが始まりではなくとも、操り人形の群れの中で悟だけが意思を持ってこちらを向いたのなら、さぞ刺激的なことだろう。

2017-06-05 18:27:16
二色 @log_nishiki

などと犯人の思考を追ってはいけない

2017-06-05 18:27:49
二色 @log_nishiki

恐怖と快感を同時に感じたせいで脳がふたつを結びつけてしまった例があるように、八代のいう刺激は畏怖や恐怖によるもので、その感覚が麻痺する何かが過去にあったのかもしれない

2017-06-05 18:28:44
二色 @log_nishiki

というのを明け方に考えてたのでツイートしてみた。なんか原作という答えを見る前にいろいろ考えてみたい感覚はある(買う気もある)

2017-06-05 18:29:44
二色 @log_nishiki

悟のリバイバルは未来を知った上で時間を巻き戻せる、とても優位な「強くてニューゲーム」のようでいて、実質ただのセーブ&ロードなとこ、万能感がなくて好き

2017-06-05 19:24:37
二色 @log_nishiki

子供の体で誘拐犯を相手にするならつねに複数で行動するなりやりようはあったのに、29才のつもりで動くから捕まっちゃうんだべ

2017-06-05 19:26:41
二色 @log_nishiki

にしてもケンヤさんはヒーロー視していた友達が目覚めなくなったことでどれほど後悔したんだろう。自分にとってお前がヒーローなんだと告げた世界でヒーローが昏睡状態になるんだぜ

2017-06-05 19:36:19
二色 @log_nishiki

たぶん元いた世界ではそんなこと言われなかったし、だから悟はくすぶっていたんだと思う。でもリバイバル後に背中を押された。リバイバル先での行動に自信がなかった悟にとって、それはどんなに、うっ、ケンサト

2017-06-05 19:38:44
二色 @log_nishiki

僕街アニメ見ててなぜ八代が怪しかったか、なぜケンヤを信じていられたかっていうと、八代はたいてい影の中にいてケンヤは逆光、つまりケンヤから悟に向けて光が差してるからなんだ。見直して気づいた。

2017-06-06 18:13:54
二色 @log_nishiki

先生は黒板の前に立っていても顔に影が入っていて、わりとざっくりした影の入れ方するなあと思っていたけど、これも不安を煽る演出だったんだなあ。顔色が読めない。

2017-06-06 18:21:46
二色 @log_nishiki

@junerabbit アニメだと赤が印象的なのに、なんでケンヤだけ白と青のイメージがあるのかと思ったら、教室でも階段の踊り場でも、光が当たって青い影ができる場所に佇んでいたからなんだって気づいてさ、だからケンヤは…光なんだ…

2017-06-06 18:49:38
二色 @log_nishiki

あとやっぱり一話の佐知子ママが死に際に涙ためてるとこ、つらい。思えばあの髪型の母さんはもういないんだな……

2017-06-06 19:00:54
二色 @log_nishiki

悟さんが元気になって都会で仕事するようになったら、また髪を短く切り揃えた母さんが来てくれるんだよね、信じてる

2017-06-06 19:12:44
二色 @log_nishiki

八代をカンダタ視点だと思うと人間味があって同情できるけど、逆に自分が糸を与える神様視点でいたとしたら、途端に怖いな

2017-06-07 23:25:39
二色 @log_nishiki

アニメではかわいそうな子供たちに加えて母さんや愛梨、悟にまで糸が見えるのは、カメラを犯人視点へ切り替えただけじゃなく、八代の人生という人形舞台の登場人物って意味もあったらおもしろいなって思ってた

2017-06-08 22:01:43
二色 @log_nishiki

神様に選ばれた彼らは、操られるままに動いて八代と出会い、すべての登場人物と対面を果たすと主役を終えて糸が切れる

2017-06-08 22:04:02
二色 @log_nishiki

かんたんに言うと、八代が蜘蛛の糸だと思っただけで、べつに救済の糸ではなかった説な!

2017-06-08 22:05:08
二色 @log_nishiki

にしきは げんさくを てにいれた! ててててってってってー

2017-06-08 21:43:08
二色 @log_nishiki

ちょっとだけ、と思って1巻読んだら「漫画家として観察眼はあるんだ、アイディアをくれよ」という事件がなくて退屈してる探偵みたいな漫画家がいた

2017-06-08 23:38:40
二色 @log_nishiki

目線の合わない遺影を見て、信頼に足る人物がカメラを向けないと子供のいきいきした写真は撮れないっていう、いい写真を撮る秘訣を思い出してつらい

2017-06-08 23:48:47
二色 @log_nishiki

ふう。メモといい刺殺直後のリバイバルといい、思った以上にアニメで変わってたんだなあ。正直、廃ビルのV字開脚はドラマでも省くんじゃないだろーか

2017-06-09 00:23:17
二色 @log_nishiki

そういえば日本の教室はなぜいつも窓が左側なのか、海外で疑問にされてたな。なんでだろ。光を多く取り入れる設計なのかな?

2017-06-09 12:10:45
二色 @log_nishiki

その光は悟にもケンヤにも見えるように加代のアザを照らす。席が逆ならきっと影だった。

2017-06-09 12:14:10
二色 @log_nishiki

あ、手のひら合わせた時に手袋を贈る気だったんだ。サイズ測ってたんだ!ぬあーーアニメでもこの微妙な間があれば気づけたのに!

2017-06-09 17:55:39
二色 @log_nishiki

よく毛糸と編み棒が手に入ったなあ ①朝ごはん代 ②手芸部 ③機嫌のいい時は買ってもらえることもある 毛糸だけでも200円じゃちょっと

2017-06-09 18:18:10
二色 @log_nishiki

西園ッこいつ顔を隠す気がねえッッ 傘から笑みを覗かせたアニメのここ好き

2017-06-09 18:38:12
二色 @log_nishiki

そっか、思えば虐待が日常だったら加代は機械的に帰ってたかもしれない。それが彼女にとっての当たり前だから。公園で時間を潰すようになったのは、ある時から帰りたくない家になってしまったせいなのかも……

2017-06-09 19:59:33
二色 @log_nishiki

6巻まって、情報過多。天から垂れた糸じゃなくて、最初の糸は蜘蛛の巣からだ!本人自身も糸について考えを巡らせていて、関心は糸が切れればどうなるか。罪人であるカンダタには興味がないんだな。自分を重ねてもない。

2017-06-09 23:26:42
二色 @log_nishiki

あくまで罪人は兄であり己ではない。代償行為を理由に罪悪感もない。瓶の中を見たときには、もう釈迦の目線に立っている。

2017-06-09 23:44:16
二色 @log_nishiki

八代は釈迦がカンダタを試したのではと考えたが、そんな希望すら与えず処分したハムスターが生き延びたことで、あれは気まぐれに与えた遊びだったと解釈。糸などなくても這い上がった逆転劇が刺激的で、自分が釈迦の立場になればそうして楽しめるとでも思ったんだろうか。むずかしい

2017-06-10 00:14:14
二色 @log_nishiki

でも今のとこ八代自身の穴が何なのかが語られてない。新しい遊びを見つけて遊んでるだけに見える。僕の中に兄がいる、僕の中に「穴の空いた」兄がいる?抑圧された何かの揶揄??

2017-06-10 00:19:49
二色 @log_nishiki

八代わっかんねー!ようはこの人が楽しく生きてたら回りまわって悟が踏み出すきっかけになったっていう、まんまバタフライエフェクトでした☆でいい気がしてきた

2017-06-10 00:40:04
二色 @log_nishiki

未来ちゃんの約束された顔面偏差値

2017-06-10 00:49:09
二色 @log_nishiki

よし、病院で一度アイリに会っているなら、雪の日の再会後に「僕があのとき助けられた鶴です」の体で話しかけるだけでいいな

2017-06-10 01:02:10
二色 @log_nishiki

があざんがまだあのがみがだに、ぞうだこれが、おれのだずげだがっだがあざんだ

2017-06-10 01:51:48
二色 @log_nishiki

物事に関心を持てない焦燥感が八代の穴か。なるほど、抗う姿に憧れてもそれができない八代にとって、代わりの誰かが抗えば言葉どおり「代償行為」になる!

2017-06-10 02:42:17
二色 @log_nishiki

ふつうタバコ代わりの飴を代償とか言わないもんな、代わりであってもつぐないとか飴ちゃんの肩には重すぎるから自重して

2017-06-10 02:44:36
二色 @log_nishiki

なんでもできた子供は、自分の欠けた部分にうっすら気づいていて、それをハムスターに教えてもらったので、同じものを見れば欠けたものが埋まると思ったのです。愛された子供は、そうでなくてはいけない。

2017-06-10 02:48:15
二色 @log_nishiki

悟をスパイスと呼ぶ八代と、アイリをわざわざAIRIと呼ぶ悟、同じセンスを感じる

2017-06-11 21:04:42
二色 @log_nishiki

ちゃんと目を通したことはなかったので蜘蛛の糸を読んでみたら、ぶらついてた釈迦が暇つぶしで罪人に機会を与えたものの、結果が期待外れでまた散歩に戻った、なかなかアレな話だった

2017-06-11 21:12:52
二色 @log_nishiki

「カンダタの足下で糸が切れても釈迦の評価は変わらなかったろう」という思考が私には不思議で、一度の善行で彼一人が助かることは悪ではないし、徳を積まなかった他の亡者に譲ることが善しとも思わないし、カンダタに続いた者の結末まで評価に関係なくないかって思ってたけど、そうことではなく

2017-06-11 21:15:39
0
まとめたひと
二色 @log_nishiki

感想まとめ

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?