氷砂糖の文芸同人誌『アイノマジナイ』への感想集です。
0
むしこ/まるた曜子◎通販あるよ~ @musi_ko

そしてこちら、佐藤こおり/氷砂糖(@ice03g)様から頂きました!「僕魔女」に構想を得たんだかリスペクトだかいやいやそんなん気にしなくてもよかんべや?な経緯から献本だそうでw わーい、単純にこおりさんのおはなし好きなのでうれしい(^◇^)さてどこが似てるのかな~わくわくw pic.twitter.com/picSTMOXxG

2016-11-27 21:54:55
拡大
むしこ/まるた曜子◎通販あるよ~ @musi_ko

『アイノマジナイ』(氷砂糖@ice03g 様)わー、結末が。でも《ノロイ》になるんじゃないかって気がしてる。私自身は自由でいたいけれど、縛られる、というのは安心感でもあるから、それに惹かれる人は一定数いる。常日頃はそうでなくても折れそうな時に道を示されたら縋る。苦しいモノガタリだ

2016-12-01 21:16:13
むしこ/まるた曜子◎通販あるよ~ @musi_ko

@ice03g (ところで、え、言われてた一部、特に「僕魔女」に似てるとは思わなかったけど。インスピレーションはあったんだとしても紡がれたのはこおりさんの話だよこれ。私は書かない)

2016-12-01 21:16:36
柳屋文芸堂 @yanagiyamanpuku

@ice03g 「アイノマジナイ」読みました。「ガラスの花」が好きだなぁ、と思っていたらそのすぐ後に胸キュン展開だったのでオォォ!となりました。でもマジナイさんとボクさんは愛に溺れていったわけではなさそうで、二人はどうなったのだろうと心配しています。

2017-04-28 00:50:59
高梨來🐕‍🦺文フリ大阪欠席 @raixxx_3am

氷砂糖さん(@ice03g)「アイノマジナイ」読みました〜。物語を紡ぐことを手にし、<マジナイ>と名付けられた彼女の唱える<マジナイ>がやがて運命を切り開いて行くお話。彼女の唱える<マジナイ>である作中の超短編と物語の繋がり行く様がお見事 #テキレボ戦利品 pic.twitter.com/l2oO7xBXsO

2017-06-04 21:06:55
拡大
高梨來🐕‍🦺文フリ大阪欠席 @raixxx_3am

@ice03g 物語ることは祈りようなもの、と捉えているのですが、彼女の紡ぐ物語はいつしか「マジナイ」の力を超えて行く。それでも彼女はそれに抗おうと、言葉の力を開いて行く。「僕」とマジナイは果たして愛の檻に囚われてしまうのか、その向こう側へ降り立つことが出来たのか。明確な答えを示さなまま

2017-06-04 21:12:23
高梨來🐕‍🦺文フリ大阪欠席 @raixxx_3am

@ice03g 「マジナイ」がさらりと差し出され、物語は幕を降ろす。決して語り過ぎないけれどいくつもの波紋を投げかけてくる余韻がとても深く美しく感じられました。ひやりと冷たいのにあたたか。ユーモラスさと冷徹さとの調和。言葉とはこんな風に自由に軽やかに奏でられるものなのですね。

2017-06-04 21:15:01
高梨來🐕‍🦺文フリ大阪欠席 @raixxx_3am

@ice03g 氷砂糖さんは原田宗典と江國香織がお好きとのことですが(原田氏はもっぱらエッセイばかり読んでいましたが)言葉の置き方、響かせ方がどことなく「わかるなぁ」という感じでした。とても刺激的な一冊でした、ありがとうございます。

2017-06-04 21:17:50
高梨來🐕‍🦺文フリ大阪欠席 @raixxx_3am

@ice03g 艶かしさとクールさのバランスがとても心地よくて、読んでいてどきどきさせられました😌

2017-06-04 21:21:04
凪野基⏳ @bg_nagino

氷砂糖さん(@ice03g)「アイノマジナイ」読み始めた。まだ途中だけど溢れそうなのでメモ。目次がおさかな。物語を「書く」モノガタリやマジナイが、例えば万年筆で直筆するのではなく、パソコンで書いてプリントアウトするというのがこおりさん的だと思うし、印字された「モノ」として→

2017-06-14 11:45:37
凪野基⏳ @bg_nagino

@ice03g 作品世界と読み手を繋いでいるように感じる。最初の習作のふんわりはきっとわざとで、その匙加減が作品世界、読み手、読んでいる私、と何枚も鏡を合わせたような構造に思えて、覗きこんでも果てはなく、自分の姿が写るだけ。どきどきしながら続き読みます。

2017-06-14 11:48:11
凪野基⏳ @bg_nagino

#テキレボ戦利品 氷砂糖さん(@ice03g)「アイノマジナイ」こおりさんは言葉そのものや、書くこと、物語ることについて真摯に向き合ってる方なので、この本が生まれたのは必然なんだろうと思います。主人公が「モノガタリ」から授けられた「マジナイ」の名を受け取り、→

2017-06-15 04:32:45
凪野基⏳ @bg_nagino

@ice03g マジナイとして物語って生きてゆく、その片鱗が作中作を交えて語られます。公式アンソロ参加作「嘘つきのピアノソナタ」は単独で読んでもすばらしいけど、物語の一部としてどんな役割を担うか、ぜひ本編を読んで確かめていただきたいです。「飛翔を画策」して「保護」されていた主人公の背景など、→

2017-06-15 04:33:08
凪野基⏳ @bg_nagino

@ice03g 語られない余白がきちんとあって自由な解釈が許されている(=正解などない)こと、そして終わり方がとてもとても良いので、これはみなさん読んで、こおりさんファンになってください。物語の持つプラス面を記すだけでなく、その作用が強すぎてしまうこともある、とカウンターを当てるのは→

2017-06-15 04:33:25
凪野基⏳ @bg_nagino

@ice03g とても公平な見方だと思うし、この世界における物語は「おくすり」としての一面もあるんですね。こおりさんはこおりさんという「中の人」と物語がだいぶ近いところにある方だと感じてるのですが、今作も相当近いのじゃないかな。目次は一見して魚だと思ったけど、リボンぽくもあるなあ。

2017-06-15 04:33:39
たこやきいちご @takoyakiitigo

氷砂糖さま(@ice03g )「アイノマジナイ」 精密に整えられた箱庭のなかの風景は、現実の哀しさと、しんどさ、そしてすべてのものへの静かな愛情と、他者への祈りに似た信頼の絵の具で描かれている。 すべての物語には語り尽くされていない「余白」があるように感じられ、その余白に(続く)

2018-02-09 20:25:04
たこやきいちご @takoyakiitigo

読者は、作者の声なき声を聴く。けれど多分、その声は、読者によって違う言葉に聞こえるのだろうと思う。さながら、書中「マジナイ」が迷える人へ差し出す物語のように。 箱庭のような世界の物語でありつつ、世界の広さを感じさせるのは、たぶん、作者の作ったこの世界が、(続く)

2018-02-09 20:32:28
たこやきいちご @takoyakiitigo

空に向かって開いているからだろう。未来への遙かな不安を胸に一歩も動けなくなっていた主人公が、他者への、自分への信頼を、すこしずつ積み上げて、自分の足で未来に踏み出してゆく物語だと、私は感じました。

2018-02-09 20:35:48
0
まとめたひと
氷砂糖.txt @ice03g

息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、超短編を書いたりしています/.txtなので難しいことはできません/schizophrenia/self-injury/障害者雇用/SKOOP/SingLikeTalking/TRIX/スガシカオ/東京事変/江國香織/原田宗典/競馬/HAWKS and more.