京都大学学術出版会、2006年
0
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

今里悟之『農山漁村の〈空間分類〉:景観の秩序を読む』京都大学学術出版会、2006年 景観をテクストと捉え、村落空間の構造を記号論的に読み解く。理論編の比重が大きく、村落に限らず人文地理学の景観論の流れを学ぶのにも有用。これは買っておいて正解だった。 pic.twitter.com/V6jJMb8gd3

2021-04-30 05:12:57
拡大
拡大
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

実証編も、寄せ集めではなく丁寧に各章の位置付けがなされている。地域や村落形態のバランスをとることに加え、「複数性」や「階層性」など、それぞれの章のテーマとなる空間分類の特質が明確に打ち出されているのも見事。 pic.twitter.com/27QMWtdfAk

2021-04-30 05:21:28
拡大
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

第1章は村落空間論の系譜について。形態論(1910s~)→構造論・資源論(50s~)→認知論(70s~)→意味論(80s)→表象論(2000s)という整理が分かりやすい。後の章の構成も、認知(4・5章)、意味(6章)、表象(7章)と系譜に沿っている。八木康幸の境界論読んどかないとなー。

2021-04-30 05:35:13
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

2章はこの論文が元。「物的景観」と「景観表象」を対比させる見方は、「景観表象」の物質性を見過ごしてしまうという指摘。そりゃそうだ。学史は論争あってこそですね...(しみじみ)。 twitter.com/Naga_Kyoto/sta…

2021-04-30 05:42:15
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

第3章は新稿。バリバリの現代思想。村落空間を見る上では、よく参照されるレヴィ・ストロースよりもソシュールやイェルムスレウの記号論が有効であるらしい。そうなのか。統辞論、直示的な意味論、暗示的な意味論、語用論を景観に当てはめる見方は今一つ飲み込めなかった。

2021-04-30 05:49:39
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

4章以降は実証編。離島における「本村」(神道・仏教)と「新村」(キリスト教)の関係を追った7章は構図の分かりやすさもあって面白い。漁村における空間認識の性差を分析した5章も、民俗方位の話が勉強になる。8章は中国農村の前提知識が必要そう。

2021-04-30 06:00:45
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

元になった論文は読んだことのあるものも多いけれど、全体を構造化して提示されるとなんとも納得感が。あとやたらと図が出てくる。概念の対置のさせ方とか議論の組み立て方とか、筆者の思考の癖にとても親近感がある。7章の議論とか特に。

2021-04-30 06:08:34
永太郎(ながたろう) @Naga_Kyoto

そういえばこんだけ空間認識の話してるのに、トゥアン一瞬しか出てこなかったな。個々人の場所への愛着もあまり語られていなかったような印象。J.S.ダンカンの邦訳出ないかな...

2021-04-30 06:13:00

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?