犬神人の亜種(狐)で重種の晴×犬神人(甲斐犬)の中間種の道
8
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

セクピスパロで現パロな晴道。晴は魂源は犬神人の亜種で、狐の重種。あ、となると玉藻ちゃんと親戚だろうな。玉藻ちゃんは従姉妹。めちゃくちゃ仲悪くて、親族がつがわせようとしたけど、二人とも暴れまわって、周囲を(物理的に)壊滅状態にさせたため、つがわせられないで済んでる。

2021-02-15 16:19:09
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

道満は猫又かなと思ったけど、なんとなく犬神人の中間種でいいかな。地方に流れた犬神人の血が細々と続いていて、地方では殆ど軽種ばかりになってた中での中間種でみんなから期待されてた。勉強のために上京したら、晴が面白い子見つけちゃった!と本家に(無理やり)つれて来ちゃう。

2021-02-15 16:22:18
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

敷地内は重種ばかりで圧が強いし、そもそも嫌がる道を無理やり屈服させて、意識がないところをつれてきたので、玉藻ちゃんは晴をぐーで殴った。この腹黒イケモンが!! 玉藻ちゃんは自分の意志で猿の学校に通い、斑類の爛れた倫理観ではなく、ちゃんとした倫理観持ってる。

2021-02-15 16:24:14
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

などと言いつつ。ちょっと続きます。 狐の総本山に(無理やり)連れてこられた道。使用人が抑えつけようとするもちぎっては投げ、ちぎっては投げで暴れまくる。監視カメラで見てた晴は大爆笑。玉藻ちゃんからもう1回ぶん殴られた。はよ収めてこんかい!

2021-02-15 18:08:32
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

希少な狐の血を引いてる家に勤めてる使用人も斑類で、道のことを田舎者のくせにと見下してる。晴に言いくるめ(斑類のことを学べる、賃金発生など)られ、晴の側付きに任命された道。最初こそ丁寧に接したけど、晴があまりに生活能力皆無2日でやめた。起床時間ですぞ!野菜もくえ!!脱ぎ散らかすな!

2021-02-15 18:13:33
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

今まで身の回りの世話をしてきて、晴に手を焼いていた使用人は道がきてから、晴が楽しそうに道の言うことを聞くのですごく助かってる。まだ家の大元の使用人には好かれてないけど、少しずつ狐の家に迎え入れられてる道。

2021-02-15 19:25:39
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

狐の家は、晴とたまもちゃんのW当主制度で、家業…なんだろ。政府お抱えの陰陽師とか?占い師とか?家業としての当主は晴、一族の面倒をみたりする家の統率する当主はたまもちゃんといった分業制。最初は全部晴がやってたが、そもそも他人の面倒をみるのが向いてなくてたまもちゃんがやるようになった

2021-02-15 20:09:40
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

家の方の使用人から好かれてない道。当然W当主制度設けてることを教えてもらってないので、たまもちゃんを晴の奥様だと思ってる。 ある時、晴が接待で女の斑類の臭いをかなり付けてきて臭いなと思いつつ、上着を預かったりしてたら、酔っ払った(ふりをした)晴から(無理やり)ちゅーされてしまう

2021-02-15 20:49:56
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「ふふ、奪ってしまった」 「酔っ払いはさっさと寝てくだされ」 「あれ?怒らないのですか?」 「酔っ払いのやることに一々目くじらを立てていてはきりがありませぬゆえ」 スーツのジャケットをハンガーにかける道と、でっかいベッドにそのままダイブする晴。しわになる!と結局目くじらを立てた。

2021-02-15 21:26:04
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

その日から、晴の距離が近くなった。今までは離れの使用人部屋に住んでいた道だが、いきなり晴の部屋に通じるドアがある使用人部屋への引っ越しを求められる。離れに住んでいる使用人仲間と結構仲良くなっていたが、仲間は大出世じゃん!と喜んで送り出してくれた。

2021-02-15 21:30:33
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

身の回りの世話でなく、スケジュール管理まで任されるようになり、道は執事兼秘書のような立ち位置になる。それを快く思わない古株の使用人たちも多かったが、道は仕事をきちんとこなしていたし、晴は道の仕事ぶりを認めていた。 ただ、晴が酔っ払って帰ってきた時はなぜかキスを求められ続けた。

2021-02-15 21:33:49
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

その日も、晴は接待で酒をのみ、斑類の女の臭いをさせていた。化粧の強い臭いに、魂源が犬の道は鼻が曲がりそうだった。なんとか顔を出さずにいつものように晴から上着を預かった。 「道」 ベッドに腰掛けた晴が静かに名前を呼ぶ。足元を指差す晴にため息をつきながら、その場へ膝をついた。

2021-02-15 21:37:06
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴の細い指先が、道のネクタイをほどいた。酔っ払っているとはいえ、さすがに度がすぎると眉をひそめれば、晴は美しく微笑んだ。 「お前の魂源は何だい?」 「……甲斐犬です。毛の色は白と黒」 「へえ?みたいな」 ころりとこぼされた言葉に、道は大きく目を見開き、チッと舌打ちした。

2021-02-15 21:41:38
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

斑類にとって魂源を他人に見せるのは、目の前で全裸になることに等しい。剣呑さを隠さない道に、晴は楽しそうにこちらを見ている。試されていた。ずるりと体を震わせ、道は魂源を露わにする。黒と白のツートーンの毛並みをぶるりと震わせ、これでいいかと晴の手に鼻をつけた。

2021-02-15 21:47:08
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「美しい犬だ」 うっとりと晴がそうこぼせば、甲斐犬の体が再びぶるりと震えて道の姿になる。魂源を露わにして疲れたのか、疲労感を隠せてない道に晴は言いようがない高揚感が背筋を走り抜けた。道の頬をすくい上げ、唇を奪う。驚いて目を丸くする道の隙をついて、口内に舌をねじこんだ。

2021-02-15 21:49:39
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

酔っ払っていたとしても、今までのキスは触れるだけで、このような濃厚なキスはされたことがなかった。そもそも主と使用人という立場で、キスが当たり前になっていることがおかしかったのだ。唇が解放されても呆然としてる道の腕を強く引っ張って、ベッドの上に倒した。

2021-02-15 21:51:59
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

さすが狐の当主が寝るベッドである。毎日シーツを張り替えてるからこそ知っているが、とてもふかふかだ。大男の自分が乗っても軋み一つしない。贅沢なベッドだなと思ってはいたが、それに自分が横になることまでは考えたことがなかった。 混乱する道の上で、晴はつるりと笑っている。

2021-02-15 21:56:27
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

ネクタイをほどいた指先が、道の頬を撫でて再び唇が塞がれた。

2021-02-15 21:57:19
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

ここから先はえっちになるので……

2021-02-15 22:12:16
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴と一線をこえてしまった道だけど、道は猿の倫理観も斑類の倫理観も持ち合わせているので、これだから重種は…と思いつつ、たまもちゃんを奥様と勘違いしてるので、自分のことは遊びで暇潰しなんだろうと思ってる。むしろバリバリ本命だし、実は晴の一目惚れで連れてきてた。全く話してないけど。

2021-02-15 22:48:05
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

酔っ払った時だけでなく、普通に体を求められて、望まれるままに答える道。魂源の甲斐犬の強い忠誠心ゆえの行き違い。斑類は運命の相手に一目惚れするので、道に一目惚れした時から運命の相手だ!ってなってた(話してない)道は猿の倫理観も持っていたせいで、晴と会った時の一目惚れに気付かなかった

2021-02-15 23:08:57
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

道からしてみたら、晴は(自分の)誘拐犯だけど有能だし、自分の主人に足り得ると認めていたので、無体を働かれても従順だった。 晴が(無断で)道に懐蟲を使用して、自分の子を生ませようとする。めでたく妊娠したんだけど、まさか(同意なく)妊娠させられるとは思っていなかった。

2021-02-15 23:17:39
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

つわり(本人は体調不良と思ってる)で、ぐったりとしていたら晴が帰ってきて「ああ、ようやく孕んだね」と笑ってやっと気がついた。 勝手に母体にされて、勝手に孕まされて怯えて狐の家を出て行こうとする道。晴のいないうちに家を飛び出したはいいものの、誰も頼れず公園でぼうっとしてた。

2021-02-15 23:20:08
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

なんか道が可哀想になってきたので、救い主のなぎこさん登場。ナンパされて家に招かれて、話を聞いてくれて、「よっしゃ!なぎこさんに任せない!」と紹介されたのがらいこうさんの家。らいこうさんは熊樫の重種。あらあらまあまあ、子が生まれるまでゆっくりなさるとよろしいって感じで滞在する。

2021-02-15 23:23:12
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

居場所はわかるが、さすがの晴も熊樫相手に喧嘩をするわけにもいかず、目の前の屋敷に道がいるのにぐぬぬと歯噛みしてる。ちなみに、道が逃げたその夜にたまもちゃんから、てめーが悪い!とぐーで殴られてる。どんどんお腹は大きくなるが、道は母になることに気持ちの整理がつかない。儂が母?まじで?

2021-02-15 23:27:47
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

正直、おろしてしまいたかったが、狐の当主である晴が仕込んだものだし、その意に背くことになって敵対したくない気持ち7割、らいこうさんからゲイミックスの子は育ちにくいこと、せっかく宿ったのなら生むまで待って、育てられないなら私が育てますからと言われて生む決意をする。

2021-02-15 23:30:05
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

お子の守護者らいこうさんと、なぎこさんに見守られつつ、出産を迎える道。無事に狐の重種が生まれました。可愛いかと言われれば可愛い。だが、自分だけで育てることも、らいこうさんに預けてしまって、熊樫と狐が争うのは避けたい道。 「晴殿と会って話をします」

2021-02-15 23:32:51
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

らいこうさん家のお座敷で晴れて面会をはたした晴道。しかし2m離れること条件です。何やらかすかわからないので、晴にはたまもちゃんがついてきました。開口一番、たまもちゃん、晴の頭を抑えつけ「誠に、誠に、もーうしわけございません!」と土下座する。道、びっくり。

2021-02-15 23:36:12
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

ちなみにらいこうさんとなぎこさんは、道のすぐ隣に侍ってます。らいこうさんに至っては、いつでも刀を抜けるようにそばに置いてる。何かあったらすぐさま晴を斬りつける所存。土下座するたまもちゃんに、道も慌てて、「奥様、奥様がそこまですることでは!」「奥様じゃありませぇん!」

2021-02-15 23:38:19
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「この暗黒イケモンの妻とか虫酸が走りますぅ!私はこいつが内政苦手だから、血族の者として纏めてただけです!!勘違いなさらないでくれますぅ?!」「す、すみません…」余りの迫力にこっちが謝った。「言ってなかったかい?たまもとはただの従姉妹だよ」「言ってないですな!」

2021-02-15 23:40:29
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

一番最初に説明されてないと駄目なやつですねそれ。脱力する道に、お前がちゃんと説明してないからここまでこじれたんじゃ!と、たまもちゃんがぐーで殴った。 「あのですね、道さん。アナタ様が決めたことに、狐は口を出しません。この顔だけ暗黒イケモンを許せないというなら、近づけさせません」

2021-02-15 23:44:23
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「そもそも同意なく無理やり孕まされたもの。育てたくないとおっしゃるなら、私の子として引き取ります。ええ!この莫迦には指一本触れさせませんとも!!」ちゃんとこいつから同意得てますので!と言い切るたまもちゃん。 「それでよろしいので、晴殿?」「……お前が望むのなら」声が震えている。

2021-02-15 23:47:42
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「……では、晴殿はどうなさりたいので?」 「…………戻って来てほしい。お前がいないと、私は何をしたらいいのかわからない。お前がいないと、息の仕方もわからないほど苦しい。恋しい」 絞り出された声に、道はため息をついた。晴の瞳が不安と恐怖で震えている。

2021-02-15 23:50:30
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「…………仕方、ありませんなぁ」 ふ、と道は肩の力を抜いた。 「子ともども戻る条件として、報連相の実施を要求いたします。1に連絡、2に相談、3に報告!はい、復唱!」 「い、1に連絡、2に相談、3に報告!」 「よろしい。これを破ったら、儂はまた出て行きまする」 「ま、守るとも!」

2021-02-15 23:53:38
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「後、言っておきますが貴方がなさったことは犯罪です。パワハラです」 「すまない…」 「なので、今後このようなことはなさらないとお約束くだされ」 「わかった、約束する」 こくりと頷く晴に、道は深く深くため息をついた。らいこうさんとなぎこさんに向き直って深く頭を下げる。

2021-02-15 23:56:34
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「貴方様がたがいらっしゃらなかったら、儂は子を宿したまま身投げする勢いでごさいました。貴方様がたには感謝しきれませぬ」 「なぁに、いいってことよ!」 「ええ、また子の顔を見せにきてくださいね」 なぎこさんとらいこうさんに見送られ、晴とたまもちゃんと一緒に帰る道。

2021-02-15 23:58:55
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「とりあえず、この莫迦には育児の大変さを仕込みますのでご安心くださいませね」 「お世話になりまする」 「道」 赤子を抱えた道に対して、晴はどうすればいいのか困ったように立ち尽くしていた。 「……今度からは、きちんと話してくださるのでしょう?」 「ああ」 「ならば、いいです。それで」

2021-02-16 00:01:35
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

手のかかる人で、怒ったり泣いたりしたが、どうしたってこの人に恋をしたから仕方がない。ふっと微笑んだ道の頬に、母の顔と恋をした少女の顔が映っていた。終

2021-02-16 00:04:00
8
まとめたひと
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

腐垢。成人済。 その時々にはまったCP吐き出し用。現在fごの晴道にはまっています。晴道吐き出し中。 道受も道攻も好きですが、晴道固定派。 吐き出したネタは定期的にプライベッターやminへ移しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?