現代に転生した道の姉に子供が産まれ、抱っこしたら前世の記憶が蘇った。この赤ん坊、晴だ! 晴が物心つく前に逃げて、離島に流れ着き、離島の御坊と養子縁組みした道を見つけた晴(小学生)が追いかけて一緒に暮らすようになるツリー
1
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

記憶あり現代転生パロ晴道。歳の離れた姉とご両親に恵まれ、すくすく大きく育った道。大きなお寺の子で、特に坊主になれとは言われたことないけど、やりたいこともないほで中学生のときに進路は仏教大学かなとぼんやり思ってたら、お姉さんが結婚してお寺はお婿さんが継ぐことに。

2021-05-03 10:14:34
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「道は好きに生きていいし、私も好きに生きるから!ほら、私、外向的だから近所付き合いしなきゃいけない大黒さんに向いてると思うんだよねー」 「へぇ?学生時代、ヤンキーを池に放り投げた姉さんが?大黒さんを??へえ???」 「なんだって????」 「痛い痛い痛い!嘘にございまする!」

2021-05-03 10:19:24
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

弟は姉に勝てない。じゃあ進路どうするかなーと思いながら、とりあえずは最初の仏教大学に。高1の時に姉に第1子が産まれてくるんですが、それが晴。赤ちゃん抱いてみなと言われて抱いたら、前世の記憶がぶわっと蘇った道。晴!と叫びそうになったが、必死にこらえて笑顔を作った。ひきつってたけど。

2021-05-03 10:33:12
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

まあ、憎き前世の仇といえど、赤ん坊だしな……と思いつつも、でも今世こそ晴に心乱されることなく平和に生きたい、力もないしと大学進学を機に一人暮らしする道。そのまま大学卒業後、実家に知らせずに引っ越した。家には「修行しながら仕事しまーす!場所は転々といたしまする!」と言っておいた。

2021-05-03 10:46:43
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

各地の寺で修行しつつ転々と住所を変えた道。最初こそは修行先から絵葉書を出してたけど、数年前から絵葉書も出さずに離島へ流れ着いた。旅先で出会った方が離島のお坊さんの親戚で、面白い人だよと聞いて訪ねたんですけど、これが良いところで。ここならばいくら晴でも追ってこれぬだろうと安堵する。

2021-05-03 10:49:38
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

離島に移ってから、御坊のお寺に住み込み師事をうける道。考えたら、今世のこの道、安倍道満ですね。最初は特に何とも思ってなくて、記憶蘇ってンンン!ってなる。御坊がたまたまあしやさんで、跡継ぎもいないとのことで、ここに骨を埋めるのもよいですなと思い、養子縁組みした道。

2021-05-03 11:58:43
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

高齢だった御坊は島民から慕われてて、亡くなられた時は道が経をあげて島民全員泣いたくらい慕われてた。道は御坊の跡継ぎとして務めを果たして御坊の墓を守ってた道なんですが、島の青年から「今年も都会の小学生を夏休み期間、田舎学習で預かるんですが、勉強場所に今年もお堂を貸して下さい」

2021-05-03 12:07:17
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

それは御坊がずっとやってきたことで、道は快く了承するんですよ。道が来てからそれなりに経ってて、島民にも慕われてて頼りにされてる。 「今年もよろしくお願いいたします、法師様」 「ええ、よろしくお願いいたしまする」 御坊が亡くなって未亡人感がました道。

2021-05-03 12:10:12
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

夏休み期間になって、今年の盆も忙しくなりますなぁ、そろそろ都会の子ども達が波止場についたころでしょうかとしみじみ思いながらお堂掃除してたらピンポーン、とチャイムが鳴る。はいはーいと玄関開けたら、にっこりと笑った子供がいた。 「見つけましたよ、道」 「ッギャアアアアアアア!!!!」

2021-05-03 12:14:59
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

身を翻してお堂に逃げる道。それをにこにこ笑いながら歩いて追いかける晴。お前はム○カ大佐ですかな?と思いつつも、必死にお堂に逃げ込み隠れるところはないかと探す。 「ねえ、道。どうして逃げるんですか?おまえの可愛い甥っ子ですよ。ねえ、ねえ、どこに行ったんですか?」 ホラーでしかない。

2021-05-03 12:29:22
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

お堂にある仏像の後ろに、小さく身を縮めて隠れる道。道を呼ぶ晴の声がするんですけど、口を押さえて歯がかたかた言うのを抑えてる。 静かになったんだけど、心臓は相変わらずばくばくいってるし、どうしてここがと思いつつ、逃げ続ける訳にもいかん。そもそも相手は子供だし、体格差的にも勝てる!と

2021-05-03 13:07:26
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「見ぃつけた」 「ッギャアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」 やっぱり無理だった

2021-05-03 13:16:52
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「相変わらず、おまえは声が大きいですね……」 うるさいと言わんばかりに耳をふさぐ晴に、震えながらも睨みつける道。その様子ににこにこと晴は笑ってる。とてつもない美童。体の線は細く、まさに平安時代、童のときはこんな感じだったのだろうと前世の記憶の晴の姿から思い浮かべられる美しい子供。

2021-05-03 13:20:27
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「おまえが覚えてくれてるとは、本当に嬉しいです。ふふふ、道。本当に、よくぞこの私から今まで逃げおおせてきましたねぇ?」 「ひっ、な、なんのことです?!拙僧はあなたのことなど……!」 「私の顔を見て一目散に逃げたおまえが何を言う。まあ、そこまで言うなら……」

2021-05-03 13:30:53
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「おまえの可愛い可愛い甥っ子ですよ?」 「貴様のような邪悪が可愛いわけあるか!!!」 「あ、やっぱり覚えてますね。嬉しいです」 「ひっ!?」 にこにこ笑う晴に、怯える道。 「物心ついたときに、おまえの写真を見せられて思い出したのはいいものの、肝心のおまえは全く帰ってこないまま……」

2021-05-03 13:35:16
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

淋しそうに俯く晴に、道はちょっとだけ心が痛んだ。子供が悲しい顔をするのは、中身があれだとしても少し心が痛む。 「なので、絶対見つけて二度と離れないようにしなければと、5歳のときに誓いました!」 「お帰りくだされ!!」

2021-05-03 13:40:37
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

とりあえずお堂から出て、茶の間に案内する。まあ、今世は大人と子供。体格差があるので、殺されそうになっても何とかなるはず。 「ところで、どうやってここが?」 「ああ、最初はお前が出した絵葉書を順に調べたのですが、途中で出さなくなってしまったでしょう?さすがの私も詰んだなと思いました」

2021-05-03 13:44:22
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

お茶を飲みながら、しみじみと言う晴。 「今の時代は便利でいいですねぇ。SNSでこの島に旅行にきた一般人の自撮りに、おまえが紛れ込んでたんですよ」 ほら、とスマホを見せられる。そこには小さく自分らしき人影が写っていた。

2021-05-03 14:02:17
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「え、小さ……」 「この写り込みだけではおまえと断言はできませんでしたが、島の名前は確認できましたので、島の旅行者、島民のSNSを片っ端から調べました。あと、島から出た人間の過去のSNSも。そうしたら先程よりも大きい写り込みがありまして、嗚呼、おまえだと」 うっとりと笑う晴。寒気がした。

2021-05-03 14:06:30
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「しかし、今世はただの子供。多少の力はあるとはいえ、前世のようにはうまく行かず……いきなり子供が離島行きたいと言っても、両親が頷かないでしょうし。そこで調べてみたところ、小学生相手に夏休み、田舎学習やってるのを知って、行きたいとおねだりしたんです。うふふ、ラッキーでした」

2021-05-03 14:12:36
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「ということは」 「はい、おまえに会いたくて、抜け出してきちゃいました」 てへぺろ。 「お届けものにございまする」 「久しぶりの甥っ子に冷たい!」 晴を小脇に抱えて、田舎学習の企画者の青年に引き渡しました。

2021-05-03 14:25:17
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

田舎学習でお堂を貸すことになってることにあとで気がつく道。明日から毎日顔を合わせるのかーいやだーとなる。なるけど仕方ない。決まっていることなので、毎朝にっこにこの晴と顔を合わせる。空気を呼んで引っ付いてくることはないけれど、視線が追ってくる。

2021-05-03 14:42:02
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

(養子縁組みで名字が変わった事がばれました) 「どうして!どうして養子縁組みなんかしたんです?!せっかく、同じ名字で夫婦みたいだなと思っていたのに!!」 「はっ!残念でしたぁ!拙僧はあしやでございますれば!!貴様の思い通りにはさせぬわ!!」 「おのれ道!」 「ンンふははは!甘露!!」

2021-05-03 17:27:41
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

企画の青年から「法師様、田舎学習で来た子の親戚ってまじですか?!」「ええ、(不本意ながら)叔父になりまする……」と確認とられて、公私ともに晴の叔父と認識された道。リストをここで見せてもらって初めて晴が今世まだ10歳であることを知りました。10歳の迫力じゃなかったが?!

2021-05-03 23:31:21
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

あべくん10歳、島の子たちと海で遊んだり、山で遊んだりして楽しそうにすごすあべくんに「あやつも年相応なところがあったんですな」と思ってたら、普通に尻を撫でられたので拳骨落とした。 「尻を触るな!」 「相変わらず安産型の良い臀部ですね。素晴らしい張りでした」 「そういうことじゃない!」

2021-05-03 23:40:03
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

企画の青年「あべくん、田舎学習でいろんな事やってるときは大人びてて頭よくて皆に優しいできた子なのに、法師様相手だとやっぱり甘えが出るのかいたずらっ子のようなんですよ。法師様に拳骨落とされてました」 近所のおばちゃん「あら!あべくん、この間も法師様に怒られて首根っこ捕まれてたのに」

2021-05-04 00:23:18
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

微笑ましいわねーと島民から見守られてるあべくんと道。あべくん、島の子と一緒に海岸でシーグラス拾いをして、一番きれいなやつを道にあげました。 「ぴかぴかしてきれいだったのであげます」 「……ありがとうございまする」 この間はピカピカした小石を貢いでました。

2021-05-04 00:26:34
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

離島に逃げて、何年も前から音信不通、養子縁組みして戸籍も離れてたどり着けないようにしたのに、甥っ子(晴)に追いかけてこられた晴道なんですけど(長い 最初は夏休み期間を利用した田舎塾的なものでやってきた。 次の夏休みは普通に姉とやってきた。

2021-05-17 22:49:41
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

普通に音信不通にしたこと、しこたま怒られたし、なんなら土下座して謝った。姉には勝てない。体は遥かにでかいし、腕力も体力も上であることわかってるけど、目元がどこか晴に似てる姉が、目をきりきりとつりあげ、両頬を全力で抓られて、道は本気で謝った。それを晴はにこにこ笑顔で見てた。

2021-05-17 22:55:19
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴「ちょっと体が弱くて、通院があるから連れてこれませんでしたが、おまえに姪っ子ができましたよ」 道「はぁ、姪っ子ですか……姪っ子ぉ?!え、あなたが兄ですか?!大丈夫ですか?!」 晴「失礼ですね、おまえ。ちゃんと兄として振る舞ってますよ……怯えられてますが……」

2021-05-17 23:15:01
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

道「え、なして怯え……え、兄というか人間として対応できてます?大丈夫です?」 晴「大丈夫です。ちゃんと子供なりに兄らしく振る舞ってたんですが…妹は、香子でして……今、5歳なんですが、どうも記憶があるようで……」 道「なるほど」 香子さん今世は晴の妹に転生した。ばっちり記憶ある。

2021-05-17 23:18:23
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴「ところで道、私を引き取りませんか?」 道「…………はい?」 晴は昔のようににこりと美しく笑った。 聞けば、妹として転生した香子殿は体が弱く入退院を繰り返し、今も週1で通院が必要らしい。記憶はあってもまだ幼子である。母親の姉は妹に付きっきり、父親は寺の仕事が忙しいらしい。

2021-05-18 00:26:11
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴「今世の両親は本当に良い人たちです。記憶があることは話していませんが、うすうす自分たちの子が普通ではないことを見抜いている。見抜いていて、それでいて普通の子のように優しく接してくれるのです。……妹にかかりきりなって、申し訳ないと思い詰めるくらいには」 道「でしょうな」

2021-05-18 00:28:23
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

義兄も姉も、信じられないくらいお人好しで善良な人だ。力がないものは奪われることが常であった平安の記憶を持つ自分たちには、あまりに善良すぎて眩しいほどである。 晴「道、私を引き取ってくれません?昔ほど力は戻っていませんが、それなりにおまえの助けになるかと」 道「バカですか、あなた」

2021-05-18 00:31:33
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

はあとため息をついた。ぺちんと晴の額をデコピンする。痛いと不思議そうに見上げる顔は、子供そのものだ。 道「あなたも子供でございまする。いくら記憶があろうと、儂はあなたを子供扱いいたしますぞ。引き取った際には、散々甘やかすつもりゆえ心なされよ」 晴はへらりと笑った。

2021-05-18 00:34:54
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

まあ、姉も当然渋る。渋るけれど、滞在中、晴が去年の田舎塾で仲良くなった離島の子供たちと仲良く虫取りや魚釣りして遊んで、道に対して子供らしく甘えて懐いてる姿を見て、少し考えるんですよ。都会にいた時は、誰と遊ぶこともなく静かに本を読んでるだけだったのに、ここではとても楽しそうだから。

2021-05-18 00:41:45
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴「お母さん、見てください!イシダイが釣れました!!」 姉「これ、イシダイなの?」 晴「そうです!若いときは縞模様がありますが、年をとると縞模様が薄くなっていくんです。のざき君がタモ構えてくれて、一緒に釣りました!お刺身にしてもらいましょう!とても美味しいんですよ!!」 晴にこにこ

2021-05-18 00:45:08
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴「道!道!」 道「おじさんをつけなされ。何ですかな、晴殿」 晴「イシダイを釣りました!」 道「おや、立派なイシダイですねぇ」 晴「お刺身で食べたいです!!」 道「ええ、わかりました。お刺身にしましょうね」 晴「やったー!」 大人びてて、どこか達観したような息子が楽しそうで姉は泣いた。

2021-05-18 00:48:11
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

いつも子供らしくない微笑みを浮かべて、学校から帰ったら遊びに行くこともなく、一人静かに本を読んでいる手の掛からない息子が、道の前では子供なんですよね。道に抱き付いて、好きな食べ物を食べたいといい、虫や魚をとってきては見て見てと見せに来る。

2021-05-18 12:09:46
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

いつもは遠慮がちなのに、お母さんと笑顔で寄ってきてくれる。 道「姉さん、よければ儂があの子を預かりましょう。このままでは、義兄さんも姉さんも参ってしまう。ここで友達もできたようですし、遊び相手には事欠かないでしょうから」 姉からどうすると聞かれて、晴はぎゅっと抱き付いて頷いた。

2021-05-18 12:13:36
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

夏休み終わる前に、晴と姉は都会に帰っていったんですけど、ここから道の準備が始まるんですよ。 近所の島民に話をつけて、迎え入れる環境を作っておく。変な噂話をばら撒かれるより、先手打って適度な話をこちらから明かしておけば、人の好奇心は満足させられる。

2021-05-18 12:30:34
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

次の学年にあがる前、春休みに島へと引っ越してきた晴。波止場につくなり、抱きついてきたのでよしよしと頭を撫でる。 晴「新婚生活ですね」 道「違いますが??」 げんこつをおとした

2021-05-18 12:53:10
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「あべくんだー!」「あべくん、久し振りー!」 島の子供たちともすでに顔見知りで、荷物置いたらすぐに遊びに誘われる晴。前日、姉から送られてきた晴の荷物は本当に少なくて、私物と言えば図鑑などの書籍のみ。我慢をさせていると姉夫婦が苦しむのも無理はないかと思った。

2021-05-18 13:13:51
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

「法師様、こんにちわー!」 「はい、こんにちわ」 「あべくん、借りていっていいですか?」 「構いませんが、何して遊ぶんですか?」 「虫の名前にめっちゃ詳しいから虫取りして遊ぼうかなって!」 「へえ」 良い事だと頷く道。 「あべくん、美味しい虫に詳しいんだ!」 「晴殿、ちょっとお話が」

2021-05-18 13:21:22
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

あべくんは、今世「はるあき」君です。なので道もはるあき殿と呼んでる。 道は御坊と養子縁組みするまではあべさんだったんですが、養子縁組みした際に出家もしたので「あべみちたる」から「あしやどーまん」になりました。

2021-05-18 17:17:39
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

あべくん、都会の垢抜けた美少年なので、すごくすごくモテます。年下から年上、なんなら愛想もいいのでお婆ちゃんたちにもモテます。お婆ちゃんたちには道の方がモテますが。お坊さんなので、よく声をかけられるし、お菓子もよくもらう。

2021-05-18 21:27:33
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

運動神経もよくて、勉強もできる美少年がモテないはずないんですが、当人は道しか眼中にない。 一応、記憶があるので精神年齢爺なので、女児相手に子供のような対応はしない。ちゃんと女性として扱うので更にモテる。近所のおばちゃんから「あんないい男、放っておかないわよー」と言うくらい。

2021-05-18 21:36:22
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

道「皆騙されておる。こやつ、顔と愛想だけはいいが性格悪いですぞ。子供の身のくせに、儂を追いかけてここまできたやつですぞ」 晴「狐は一途ですから」 道「今世は狐ではございませぬでしょう?!」 晴「ええ、おまえを求めてやまない、一途で愚かな男ですよ」 道「……そう言いながら尻を触るな!」

2021-05-18 23:18:51
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴「一人で寝るのが怖いので、一緒に寝てください(満面の笑み」 道「(嫌そうな顔)姉から、晴殿は小さいときより一人で寝てたとお伺いしておりますが?」 晴「両親は妹と一緒でしたから。川の字で寝るのに憧れがあるんです(上目遣い」 道「……しかたありませんな」 尻を揉まれたので叩き出した。

2021-05-18 23:33:39
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

晴「道、道、布団の中にいれてください」 道「自分の部屋で寝なされ」 晴「いやです。おまえと寝たい。あ、大丈夫ですよ。ちゃんと精通してますから」 道「何も大丈夫じゃないですが?!」 叔父を犯罪者にする気か。 セクハラしない襲わないを念書に書かせ(わざわざ起きて文書作った)一緒に寝た。

2021-05-19 00:31:37
1
まとめたひと
どろあんこ @V4v7mV9cKzIIWs9

腐垢。成人済。 その時々にはまったCP吐き出し用。現在fごの晴道にはまっています。晴道吐き出し中。 道受も道攻も好きですが、晴道固定派。 吐き出したネタは定期的にプライベッターやminへ移しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?