「どのストレス反応が起こるか」は自分で変えられる pp.122-8 Choose Your Own Stress Response
0
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

[ミントのサムネイル用] 抜粋④『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』 pic.twitter.com/mMm3KWf22H

2021-10-12 03:55:42
拡大
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

✄------------ 「どのストレス反応が起こるか」は自分で変えられる------------✄ 前掲書pp.122-8 Choose Your Own Stress Response

2016-04-01 14:13:02
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

これまであなたが人生で経験した出来事も、ストレスへの反応の仕方に影響を及ぼす可能性があります。とくに幼年期のストレス経験は、大人になってからのストレスシステムの機能に強く影響します。

2016-04-01 14:19:50
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

たとえば、子どもの頃に命にかかわる病気にかかった人は、ストレスを感じると強いオキシトシン反応を示します。幼いころからストレスを感じたときに人に頼ることを学んでいるため、「思いやり・絆反応」が起こりやすいのです。

2016-04-01 14:21:48
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

それとは反対に、子どもの頃に虐待された経験のある人は、ストレスを感じてもオキシトシン反応はほとんど起こりません。幼いころに、ストレスを感じたときに人を信用してはいけない、と学んだからです。

2016-04-01 14:25:09
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

その場合、大人になってストレスを感じた時には、「闘争・逃走反応」が起こって身を守ろうとするか、「チャレンジ反応」が起こって自分の力でがんばろうとします。

2016-04-01 14:26:52
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

あるいくつかの遺伝子を持っている人たちは、ストレス反応のアドレナリンによる興奮状態を好む傾向があります。またこれらの遺伝子を持っていると、競争のための「闘争・逃走反応」が起こる傾向が強まります。

2016-04-01 14:33:56
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

別のいくつかの遺伝子を持っている人たちは、オキシトシンに対して敏感になるため、「思いやり・絆反応」が起こる傾向が強まります。

2016-04-01 14:37:40
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

遺伝子プロファイルによって、その人がストレスの影響をどれだけ受けやすくなるかも決まります。ストレスに対する回復力が生まれつき高い人たちもおり、そういう人たちはストレスの影響を受けにくく、よくも悪くもあまり変化しません。

2016-04-01 14:39:08
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

いっぽう、生まれつきストレスに敏感な人たちもいます。逆説的かもしれませんが、そのせいでうつ病や不安症など、ストレスによるマイナスの結果につながる可能性が高くなるいっぽうで、思いやりが深まり、人として成長するなど、プラスの結果につながる可能性も高くなるのです。

2016-04-01 14:42:06
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

しかしこれから見ていく通り、そのような遺伝子の差異によって、私たちの運命が決まってしまうわけではありません。

2016-04-01 14:47:43
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

遺伝子による傾向は、あなたの人生経験や意識的な選択と相互に作用します。ストレス反応のシステムは適応性に富んでおり、あなたがどんな問題に直面しても、つねに最適な対処方法を見つけようとします。

2016-04-01 14:48:17
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

それとは対照的に、命に関わるようなトラウマ体験を経験すると、ストレスシステムは正反対の方向に働きます。トラウマによって「世の中は危険な場所だ」という認識が働くと、脳と体は「闘争・逃走反応」を起こして危機に備えようとします。

2016-04-01 14:54:43
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ここで重要なのは、これらの適応策は永続的なものではないことです。脳と体は、あなたが人生でもっとも重要な問題に対処できるように、つねに変化し続けます。トラウマ体験によって引き起こされた変化も、新しい経験や人間関係によって好転する可能性があります。

2016-04-01 14:57:42
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

つまり、ストレスに対する体の反応は、あなたが望むように変えることができるということです。

2016-04-01 14:59:51
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ストレスを感じた時、体は生物学的に経験から学びやすい状態になっています。ということは、ストレス反応には計画的な訓練の効果がきわめて表れやすいのです。あなたがストレスを感じた時にどんな行動を取ろうと、脳と体はそれを覚え、自動的に同じ行動を取るようになります。

2016-04-01 15:04:21
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

もしあなたがストレスに対する反応の仕方を変えたいのなら……自信をもって問題に立ち向かったり、自分の力でがんばったり、引きこもらずに人の助けを求めたり、苦しみにも意義を見出したりしたいなら……

2016-04-01 15:08:57
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

これまでの習慣を変えるために、ストレスを感じるたびに「新しい反応のしかた」を練習することほどよい方法はありません。  そうすれば、ストレスを感じている時間はすべて、あなたのストレス反応を転換するためのチャンスになります。

2016-04-01 15:11:06
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

Every moment of stress is an opportunity to transform your stress instincts.

2016-04-01 15:17:04
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ストレス反応にはいくつもの種類があるのを思い出すことで、たとえ状況は変えられなくても、自分自身のストレスの受け止め方は変えられます。

2016-04-01 15:21:02
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

体がストレスに反応しているのを感じたら「いま自分にもっとも必要なのは、ストレス反応のどの効果だろう?」と考えてみましょう。闘うべきか、逃げるべきか、状況にしっかりと向き合うべきか、周りの人とのつながりを強めるべきか、それとも意義を見出すべきなのか、成長すべきなのか。

2016-04-01 15:27:29
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

もしストレス反応が起こって、流されてしまいそうになっても、「自分はどのように反応したいか」に意識を集中させると、それにしたがって、あなたの体の状態も切り替わります。

2016-04-01 15:29:59
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

✄------------ 第2章のまとめ ------------✄ 前掲書pp.128-9 ストレス反応の「ミスマッチ」理論は、ストレスに対して体が示す反応は、大昔のサバイバル本能のなごりだという考え方です。

2016-04-01 15:37:44
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

その考え方でいけば、命の危険に関わる緊急事態でもないかぎり、ストレス反応は起こるべきではないということになります。つまり、ストレスを感じるのは心理的な欠点や弱さのせいであり、直すべきだというわけです。

2016-04-01 15:39:18
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

このような考え方が生まれたのは、「ストレス反応=全身全力の闘争・逃走反応」という間違った思い込みのせいです。

2016-04-01 15:41:11
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

しかしそうではなく、ストレス反応には他にもさまざまな種類があることを知っていれば、私たちの体に頻繁にストレス反応が起こる理由も、そしてストレス反応は欠点のしるしなどではないことも、理解できるはずです。

2016-04-01 15:44:06
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

子どもたちに大急ぎで学校へ行く支度をさせたり、気難しい同僚とやり取りしたり、友人の健康状態を心配したり……そういう時、私たちの体にはストレス反応が起こります。

2016-04-01 15:46:27
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

なぜなら、自分にとって大切なものが脅かされた時、私たちはストレスを感じるからです。そしてもっとも重要なのは、ストレス反応が起こるのは、私たちがその状況に手を打てるようにするためなのです。

2016-04-01 15:49:16
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ストレス反応は、私たちが人間らしくふるまい、人とつながり、周囲や世の中と関わっていくための助けにもなるのです。それを理解した時、ストレス反応は恐ろしいものではなくなります。ストレス反応はその価値を正しく理解して、うまく利用し、頼りにすべきものなのです。

2016-04-01 15:52:12
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

出勤時間まであと1時間しかありませんが、少し自炊しまふ。 ✄------------第6章「成長する」から ------------✄ 「トラウマからの前向きな変化」前掲書pp.295-315

2016-04-04 19:51:03
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

カサンドラ・ネルソンは第2子の妊娠41週目に赤ちゃんの動きが止まっているのに気づきました。帝王切開による出産で体重3856グラムの美しい女の子の赤ちゃんは、ひっそりと身動きもせずにこの世に姿を現しました。家に帰った後、夫婦は体がこわばったかと思うと、怒りに震え、泣き崩れました。

2016-04-04 19:57:13
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

そこで、地元の非営利団体に勧められたHAND(Helping After Neonatal Death)という、新生児死亡を経験した人々の悲しみを癒すための自助グループに、思い切って参加することにしました。

2016-04-04 20:01:32
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

そうして他の夫婦たちの体験談を聞いていくうちに、亡くなった娘の思い出を胸に刻みつつ、歩みを止めずに前に進んでいくすべを見出しました。 「娘の死によって、夫とわたしの生活には大きな変化が起こりました。面倒な友人たちとは会わなくなりました。そのいっぽうで、昔からのいい友人たちとの絆は

2016-04-04 20:06:22
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

強まり、新しい、素晴らしい友人たちとの出会いにも恵まれました。自分たちにとってなにが大切か、以前よりもはっきりとわかるようになりました。

2016-04-04 20:10:13
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

わたしは赤ちゃんの命を守り切れなかった自分の体を、許せるようになりました。そして、ヨガをしたり、絵を描いたりしているうちに、自分の体をまた愛せるようになりました。」

2016-04-04 20:10:55
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

夫もわたしも、多くの人への思いやりが深まったのを感じました。わたしたちは、出産前もしくは出産後に赤ちゃんを亡くした人たちのために、悲しみを癒すためのミーティングを開き、まとめ役を引き受けるようになりました。また、ふたりとも、お互いに対する思いやりが深まっていくのを感じました。

2016-04-04 20:14:21
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

以前は不安や怒りや苛立ちの原因になっていたつまらないことは、もうどうでもいいと割り切って、気にしないことにしました。 娘を亡くした経験によって、自分がどれだけ成長したかを振り返ることがあります。あの子が亡くなってからも、人生がどれだけ素晴らしいものになったかと思うと、

2016-04-04 20:17:50
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

ときには罪悪感をおぼえることもあります。でもそんなときは、天からのささやきが聞こえてきます……あの子の魂はかたときも離れず、わたしとともにあり、わたしを励ましてくれている、と。そう思うと、もっと精一杯生きようという思いが湧いてきて、人生のつらさも受け入れられるようになります。

2016-04-04 20:21:17
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

精一杯生きていると、娘のぶんもがんばって生きているんだと思えます。娘の命はこの世に誕生する前に失われてしまいましたが、わたしの胸の灯となって、いまも明るく照らし続けてくれています。」

2016-04-04 20:23:41
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

トラウマや喪失の体験は耐え難いほどの苦しみをもたらしますが、そのいっぽうで、前向きな変化をもたらします。心理学ではこのような現象を「心的外傷後成長(post-traumatic growyh)」といいます。

2016-04-04 20:29:10
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

発達障害のある子どもの世話や、脊髄損傷による肢体不自由や、トラウマに対するカウンセリング業務や、慢性の病気などにより、ストレスに常にさらされている人たち、レイプの被害者や戦争捕虜など、もっとも苛酷なトラウマを体験した人々についても、「心的外傷後成長」の事例が報告されています。

2016-04-04 20:35:58
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

﹅以前よりも周りの人たちに対する親しみを感じるようになり、思いやりが深まった。 ﹅自分は思っていた以上に強いことがわかった。 ﹅以前よりも自分の人生が価値あるものに思えるようになった。 ﹅新しい生き方を確立することができた。

2016-04-04 20:38:40
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

心的外傷後成長の研究についての2013年の報告書では、次のように述べられています。 「成長は、並外れて優れた人びとのみに見られる現象ではない。」

2016-04-04 20:40:37
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

心的外傷後成長は、人がトラウマの影響などまったく受けずに、逆境からすぐに立ち直るということではありません。心的外傷後成長をとげた人びとが、自分自身や人生に前向きな変化が表れたことを実感したからといって、苦しみを感じなくなったわけではありません。

2016-04-04 20:43:55
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

2014年に42の研究事例について行われた分析では、心的外傷後成長の苦痛が深刻な場合ほど、心的外傷後成長の度合いが大きい傾向にあることがわかりました。心的外傷後の苦痛は、前向きな変化につながる心理的プロセスを引き起こすのです。

2016-04-04 20:46:52
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

✄------------ 苦しみ自体によいことがあるわけではない ------------✄ 前掲書p.301- ジェニファー・ホワイト(→about.me/jenniferelaine…)が23歳のとき、母親のジョーニーが自殺で亡くなりました。

2016-04-05 13:07:47
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

母の死後2年たっても、ジェニファーは深い悲しみから抜け出せずにいました。セラピーに通ったり、遺族のサポートグループに参加したり、自殺に関する認識を高めるためのウォーキング大会に参加したりしました。しかし、どんなことをしても怒りは消えず、悲しみは癒えませんでした。

2016-04-05 13:15:19
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

そんなある日、ジェニファーは、地元ロサンゼルスの小学校でペンキ塗りをするボランティア募集の広告を見かけました。それを見た彼女は、両親がテキサス州の病院で出会った、なれそめのエピソードを思い出しました。当時、母は看護師で、父は外科の研修医として勤務していました。

2016-04-05 13:21:39
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

母が小児病棟の壁にセサミストリートのキャラクターを描くボランティア活動に参加した日に、ふたりは出会ったのです。少しでも母を近くに感じたくて、ジェニファーは小学校のペンキ塗りに参加することにしました。彼女が任されたのは少し退屈な仕事でした。

2016-04-05 13:30:09
花びんに水を☘ @chokusenhikaeme

建物の側面の半分を占めている鉄格子の古いペンキを剥がす仕事です。ジェニファーは小さなヘラを使って、何時間もペンキを剥がし続けました。ほかの人たちがお昼の休憩に行ってしまった後も、休まずに続けました。それが終わると、今度は鉄格子を明るいブルーのペンキで塗り直す手伝いをしました。

2016-04-05 13:34:17

コメント