2021年11月26日
0
華猫🐾 @FaoMao

金神で「母」の存在がとことん希薄だった、名前と台詞のあるキャラの母親で名前と台詞のある女性キャラがほとんどいなかったこと(公式FB出るまでは鯉登ユキさんくらい)、 妻帯者がほとんどいないこと、そもそも女性キャラがほとんどいないことは、気になってて。 twitter.com/oanocc/status/…

2021-11-26 02:13:28
華猫🐾 @FaoMao

舞台設定からして女性キャラが少ないのはワカルし。現実、あの時代設定で、女性は母や妻として搾取される存在だったわけで。 母親は「母親」という役割だけでしか存在させない、 妻といって、お銀やインカラマッのように搾取されてない女性として描く、のは故意だと思ってたけど。

2021-11-26 02:22:14
華猫🐾 @FaoMao

女性ばかりが憂き目に、てわけでなくて、夫に先立たれた女が多い。夫である男性たちは、妻を残して死んでく。それも妻子を守るために、て近代的な理由ではなくて、大義とかのために。寅次や鯉登パパ、キロランケのように戦死する。花沢パパは横死だ…

2021-11-26 02:29:01
華猫🐾 @FaoMao

女性は男性に搾取され、男性はもっと大きな国家や大義に搾取される、てマチズモの構造が金神にあるのはたしか。 ただし多くの青年漫画よりかフェミニンに見えるのは、女性キャラが男性読者のために搾取されてはいないから、だろな。

2021-11-26 02:33:30
華猫🐾 @FaoMao

むしろ男性キャラが性的搾取の対象になってて、それが、旧弊なレイプカルチャーへの痛烈なパロディになってる

2021-11-26 02:37:02
華猫🐾 @FaoMao

作者氏がレイプカルチャーよくない、てんで敢えて描かないのかと思ってたけど、もしかするともっと感覚的に、読者サービスのための女性キャラを描きたくないてだけなのかも知れない。そういうシーンは気恥ずかしくて描けないとか言ってたしね、韜晦かもだが。

2021-11-26 02:43:05
華猫🐾 @FaoMao

女<男<大義、の搾取構造を、ソフィアさんは逆転させた。部下の男たちを生贄にして、本人は大義のために死んで行く。 ただし彼女を仕留めたのは、「死神」鶴見。長谷川さんへの罪悪感を毒矢としてソフィアに撃ち込んでいた。

2021-11-26 02:48:28
華猫🐾 @FaoMao

27巻末に至る鶴見劇場は、アシリパさんやソフィアに罪悪感という毒矢を撃ち込むため。同時に鯉登と月島の忠誠心を取り戻すためでもあるし、読者に諸々を説明するため、て、多層に渡って意味付けられてる。

2021-11-26 02:52:50
華猫🐾 @FaoMao

マイノリティ<マジョリティ<国家、みたいな階層的な搾取構造は、実は国家の発展のために必然なのかも知れない。富の偏在があるからこそ、高等教育の制度や、研究開発に富を傾注することが出来るわけで

2021-11-26 02:58:23
華猫🐾 @FaoMao

「一つのリンゴを十人で分けたら誰も幸せにならない」とはいうものの。リンゴを独占した人が別の形で全体の福祉に貢献するてのが、近代国家てやつだろうと。全員が満足出来るだけのリンゴを得られるようにする。

2021-11-26 03:01:41
華猫🐾 @FaoMao

社会の発展や公共の福祉のために搾取が必要だとしても、生まれ付きの属性によって一方的に搾取されるものが決められてはいけない、てのが、現代的…なのか? 近代は女性や子供や植民地人らマイノリティをマイノリティであるが故に底辺の搾取の対象として、それが国家の発展の原資になってた

2021-11-26 03:05:42
華猫🐾 @FaoMao

現実、近代日本で、労働者の7割は女性だった、それも比較的若年層の。ほとんどは製糸工場の女工。 『明治医事往来』 pic.twitter.com/mYvm1oM7nw

2021-11-26 03:17:07
拡大
華猫🐾 @FaoMao

近代日本の発展は、少女たちと、北海道や満洲などからの搾取で支えられてた、て歴史。

2021-11-26 03:20:24
華猫🐾 @FaoMao

金神で、戦争や集団戦が描かれる、それは勇壮で華々しいし、あるいはエモいドラマの場ではあるけど、それもまた階層的な搾取構造の結果であり原因でもあるのだよな…

2021-11-26 03:26:06

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?