きりはら本丸の燭三日の甘ったるい幸せな日々です。
1
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

あの月のように、俺が見えなくなったら何とする?謎掛けのように、僕を試す三日月。僕のこの目が、あなたを見失うと思うのかい?腕の中に閉じ込めた儚げな月に囁く。いいや、思わぬ。この俺が伴侶と定めた旦那さまゆえなぁ。嬉しそうに、笑った。#燭三日

2018-01-31 23:00:33
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

桜の花びらを何とか受け止めたいういちゃん。落ちてくるのを追いかけて、捕まえられなくてべそをかいてる。初月、じっとしておればよいのだ。待つのもよいものだぞ。そう言ってかかさまは狩衣の袖を広げ、じっと座っている。隣にくっついてじっとしていると

2018-03-28 22:34:39
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

かかさまが言うとおり、花びらがかかさまの袖に落ちてきた。ぱぁっと顔を輝かせるういちゃん。しゃくら!と手を出すういちゃんに、まあもう少し待っておれ。それからまたしばらく我慢をしていると、やっとかかさまが立ち上がった。袖を抱えたままで。

2018-03-28 22:39:55
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

初月、さあ、桜の雨だ。そう言ってかかさまが袖を翻すと、桜の花びらが降ってきた。こんなに綺麗な雨は知らない。きゃあ!と甲高い声をあげてういちゃんは大喜び。…待っているとな、よいことがあるものよ。かかさまがまた小さく呟く。

2018-03-28 22:45:45
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

後ろについてきていた大倶利伽羅にういちゃんを任せて、光忠はそのまま三日月に抱きつく。見てられん…大倶利伽羅はういちゃんをだっこして、その場を離れる。大倶利伽羅の肩越しに見た両親は、桜に閉ざされていて。からちゃ、あれ…と指差すと

2018-03-28 23:03:12
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

3日ぶりなんだ、好きにさせてやれ、と肩車してくれる。 おかえり、光忠。ただいま、三日月。交した言葉はそれだけ。寂しかった心を埋めるように抱きしめあって、心ゆくまで口づけて。待っていればな、よいことがあるものよ…

2018-03-28 23:07:19
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

誰に言うでもなく、樹に寄り掛かった光忠にしどけなく縋って呟く。三日月、このまま閨に行って構わない?…旦那さまのいいように…。抱き上げるその腕に包まれるのがたまらなく嬉しくて。出迎えてもよかったけれど。たまにはこうして待つのも一興。 #燭三日

2018-03-28 23:13:21
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

本丸をあげて三日月や大包平達の国宝指定記念日を祝った。大騒ぎの宴は先程お開きになったところだ。…やっと僕と三日月だけになれた…。脚の間に座らせた君を背中から抱きしめて、こっそり君のためだけに作ったスイーツを。あなや…。喜色満面の君が愛しくて愛しくて。おめでとう、三日月。#燭三日

2018-06-10 01:58:42
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

廊下からねぇ!と言われたら食事、庭にいて居間からねぇ!と言われたらおやつの時間、浴室からねぇ!と言われたらお風呂のお誘い、風呂上がりにねぇ、と膝を叩いてきたら膝で甘えていい合図、額を合わせてねぇ、と微笑まれたら、目を閉じての合図、耳元でねぇ、と囁かれたら、抱くよの合図。#燭三日

2018-06-20 18:55:46
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

怖い夢を見たのか突然わんわん泣き出した初月を何とか宥めて寝かしつけた三日月が、膝を空けて待っていてくれた光忠の膝に乗ってキスを強請る時間帯。#燭三日

2018-07-01 03:03:46
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

いつものようにねぇ、と呼びかける。振り返るのは最愛の刀。けれど。どうして言わないの、具合悪いんでしょう?抱き上げても抵抗がない。そのまま医務室へ。なんでわかったんだ?燭台切の旦那。誰も気づかなかったぜ?薬研の言葉に光忠は微笑む。振り返る速度。あれ?なんで固まるの薬研くん。#燭三日

2018-07-04 13:10:38
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

梅雨の時期になるとだんだんと食べれなくなって弱る三日月。体調を崩しやすいのでなんとか食べさせたい光忠。食べなくていいよ、温まろうね、と脚の間に抱き込んで甘酒飲ませてる光景に、離れにお見舞いに来た短刀達が顔を赤らめて退散していく季節。#燭三日

2018-07-06 01:10:05
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

三日月といつまでも一緒にいられますように。光忠とこれからも幸せでいられるように。短冊の願い事は互いに同じようなもので、見せ合って笑みが零れた。君の願いは僕が。ではそなたの願いは俺が。共に叶え合おう。空を見上げ笑う。だから織姫達よ、俺達の願いはよいから、そなた達こそ幸せに。 #燭三日

2018-07-07 23:02:25
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

君が唇を噛んで俯くのは、心がいっぱいいっぱいで辛くてたまらない時。助けてって言えない人だけど、そんな泣きそうな顔で見てくるなら縋ってくれたらいいのに。おいで、僕の三日月。飛び込んだ僕の腕の中でやっと君は泣く。たすけて、みつただ…。任せて。僕は君のためにここにいるんだから。#燭三日

2018-07-17 01:44:24
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

凪さん(@nagi_minaduki )のツイートからw両片想い?な燭三日の夏の夜。ほんのり。#燭三日 pic.twitter.com/pxOCXpJI1F

2018-07-22 23:00:33
拡大
拡大
拡大
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

ねぇ、こっちにおいでよ。文机で報告書を認めていた俺に光忠が声をかける。光忠がねぇ、と言う時は甘やかしたい時。…バレていたか。そう思いながら示された膝に乗って寄りかかる。ああ、たったそれだけなのにこんなに安心するなんて。僕がいるよ。囁かれたらもう、泣き止むなんて無理だった。#燭三日

2018-07-26 23:20:21
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

手入れ部屋から戻ると三日月が真ん中で正座していた。光忠、近う。…あ、笑顔だけど…怖いな。これ僕叱られる展開だよね?でも僕は大人しく向かい側に正座する。三日月は僕を引っ張り、頭を抱きしめてきた。生きた心地がしなかった…!!震える声。ああ、君にそんな声を出させるなんて…。#燭三日

2018-07-27 22:38:26
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

君は優しいね。強くて、綺麗で、いつも笑顔で。みんなが君を頼る。君はみんなを背負う。…ねぇ、じゃあ君は誰を頼るの?誰に背負ってもらうの?背を撫でる手は止まらない。僕がいるでしょう?ひ、と喉が引き攣れた。三日月、僕が君を背負うよ。君の傍を離れない。手入れ部屋で、誓われた。#燭三日

2018-07-28 15:29:28
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

梅雨から夏にかけて、三日月はゆっくりと体調を崩す。かつての主を失った季節なのだと力無い笑顔とともに語られた。ああ、そんなに心を残していては君をいつか夢に奪われるんじゃないだろうか。冷えた手足をあたためるように抱きしめたら、俺のことをどうか離さないでと。…誰にも渡さないよ。#燭三日

2018-07-30 23:53:00
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

診断メーカーより。 真っ赤な夕日を背負って笑う君が、可愛くて、溶け合ってしまうようなキスをした。 溶けてしまえばいいじゃない? #燭三日 #右三日スパダリ月間 pic.twitter.com/haJv1l97wB

2018-08-05 02:14:59
拡大
拡大
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

三日月、紅つけてる?出陣前に光忠の顔を見に行ったら気づかれた。うん。加州が俺にはこれが似合うとつけてくれた。だめか?んー。僕以外の男に唇触れさせるなんて…物陰に連れ込まれ、唇が合わさる。んんっ…。よし。光忠…?君にはこのくらいの淡さが似合うよ。口吸いで腰が立たぬ…あほう…#燭三日

2018-08-06 21:58:50
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

どうしたの?離れへ戻るなり三日月が抱きついてきたのを当然僕は受け止めてぎゅうっと抱きしめる。今日はな、はぐの日なのだそうだ。だから俺は光忠にはぐだ!誰?三日月にこんないいこと教えてくれたの。後で閨で聞き出さなきゃ。でも今はこの可愛くてたまらない奥さんの身体を堪能させてね。#燭三日

2018-08-09 23:33:49
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

花火は火を使うから苦手だった。打上花火はまだしも手持ち花火はやっぱり怖くて。けれど、無理はしなくていいと微笑んだ君が線香花火をひとりでしてる横顔があまりに儚くて。背中から抱きしめて手を添えたら何にも怖くなくて。綺麗だね。ああ。花火も、君も。だけど君の笑顔は花火よりも…。#燭三日

2018-08-12 21:59:36
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

あの世の者が、現世へ戻ってくるか…昔の主を思い出すのか、君は懐かしそうな泣きそうな、そんな顔をして穏やかに言う。月から使者が来たならついて行きそうな君を、僕は繋ぎ止めるように抱きしめた。俺は何処へも行かぬよ、光忠。うん。俺の居場所はここだろう?そうだよ。僕の腕の中だよ。#燭三日

2018-08-15 19:54:04
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

燭三日を書くきりはらさんには「繋いだ手が熱を持つ」で始まり、「だから君がいい」で終わる物語を書いて欲しいです。できれば6ツイート(840字程度)でお願いします。 #書き出しと終わり shindanmaker.com/801664 明らかに文字数オーバーww #燭三日 #右三日スパダリ月間 pic.twitter.com/xLrQhcPtYw

2018-08-20 00:04:04
拡大
拡大
拡大
拡大
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

ねぇ。膝ではなく向かい側の畳を叩く光忠。怒っている…袴を握りしめて恐る恐るそこに座る。僕に何か言うことは?…悪かった。何が?け、怪我をした…から…。僕はそんなことで怒らないよ。手を握り額を合わせ。それを黙っていたからだよ?あ…。潤んだ目を向けたら光忠は困ったように笑った。#燭三日

2018-08-29 22:02:08
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

飛び降りて!炎に巻かれた戦場で、逃げ遅れた三日月に光忠が叫ぶ。炎は大嫌いなのだろうに。先に行け!早くここから逃してやりたい。そう思うのに光忠は動かない。三日月!!声に背中を押されて光忠目掛けて飛び降りる。お転婆だなぁ僕のお姫様は。受け止めてくれた恋刀の頬にご褒美のキスを。#燭三日

2018-08-31 00:57:21
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

三日月。耳許で呼ばれる。ねだるような響きに腰が甘く疼く。光忠の膝に抱えられて、首に腕を回す。湯浴みをした後のさらりとした肌が、ゆっくりと汗ばんでいく。どうして僕と同じもの使ってるのに君からは花のような香りがするのかな…確かめてもいいかい?ああ、もう…はよう確かめておくれ…#燭三日

2018-09-02 01:49:01
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

おもむろに呼び止められ後ろを振り返ると、不慣れな手つきで抱きしめられ、聞いた事のない真剣な声で「ずっと一緒にいて欲しい」と言われて、驚きのあまり固まってしまうきりはらの燭三日 shindanmaker.com/597297 一世一代の三日月の告白、まさか三日月から言ってもらえると思ってなかった光忠。

2018-09-05 23:06:02
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

光忠が三日月とふたりきりの時だけ、手袋をはずせる理由。 #燭三日 #右三日スパダリ月間 pic.twitter.com/Wpwl6cIySm

2018-09-06 21:46:20
拡大
拡大
拡大
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

食べてみたいと強請られ現世のパンケーキ屋にやってきた。目の前には生クリームとフルーツで鮮やかに飾られたパンケーキ。目を輝かせて頬張るのを見守る。ん?首を傾げる。どうしたの?光忠が作ったやつの方が好きだなぁ…。君が望むならいつでも作るよ。うん!嬉しそうな笑顔には敵わないな。#燭三日

2018-09-09 02:05:37
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

朝晩が涼しくなると、三日月の顔色がよくなってくる。食欲の秋とはよく言ったもの。さてどんな趣向で三日月を喜ばせようか。光忠が厨で歌ってるのなんて珍しくもないがこんなに楽しそうなのは初めてだ。恋は凄いね。三日月のために何かを作る時、歌仙の言葉を思い出す。楽しい秋の始まりだ。#燭三日

2018-09-10 18:28:04
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

風呂上がりの、まだ少ししっとりした髪に光忠の大きな手が入ってくる。耳の後ろを擽られ、クスクスと笑いが漏れる。光忠…寝間着の袷に手を入れればまぁだ、とお預けされた。はよう…拗ねた口振りで肩に頭を擦り付けたらもっと可愛い顔を見せて?と。いけず…こんなはしたない顔をしてるのに…#燭三日

2018-09-12 23:10:06
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

ひとりでは脱ぎ着ができぬこの装束、手間はかかるが面倒だと思ったことはあまりない。着るも脱ぐも、光忠がやってくれるものな?しなだれかかって見上げる。でも、時々もどかしくなるかな、僕は。今すぐに君と繋がりたいって時に、袴を解くのも時間が惜しいから。今だって…ね?囁きに、堕ちる #燭三日

2018-09-15 22:28:02
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

離れの洗濯物は結構多くて(乳児いるし)畳むの大変なんだけど、座布団で寝てるういちゃんを隣に見ながら畳む時間が三日月はすごく好き。肌着とか畳んで、光忠のシャツになると何となくあててみたりして。旦那さまのしゃつは俺には少し大きいな、と面映ゆくなったり。それを目撃した光忠が悶えて文字数

2018-09-16 12:06:29
きりはら🕯🌙@右みか職人 @kirihara_novel

手を繋ぐ。誰かと手を繋ぐことはあっても右手を預けることは絶対になかった。それは三日月にとって一期との想い出を切り捨てることを意味していたから。けれど今は、光忠だけが繋ぐことを許されている。君の全ては僕のものだ。時折零す呟きに三日月は笑う。うん、俺の全ては光忠のものだぞ、と #燭三日

2018-09-20 23:46:31
1
まとめたひと
きりはら🕯🌙 @kirihara_novel

成人済。前ジャンル黒バス(右緑)。とうらぶ燭三日最推し、右みかを大体節操なく書く。全方位型光のふじょし。安定のスパダリ、安心のハピエン。アイコンはみけ(@MICHE_POO)さん、ヘッダーはにがい(@nigaikaraiamai)さん作。唐突にスランプに陥るし、軽率に復活する。まとめはmint(↓)にあります。