Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
流星のロックマンシリーズの登場人物であるハイドに関する独自考察をまとめたものです。
0
しばろく@好き作品考察妄想多趣味アカウント @tcbn_sibainuman

【流星のハイドについて考察】 ・作中では舞台役者のように振る舞いながらひたすら脚本に拘る言動が目立つ→元は舞台演出家の人だった可能性あり ・力に執着し、ソロから「お前は力を全て失う事を恐れている」と言われた際に物凄い喚き散らす形で取り乱している→何らかの劣等感? #流星のロックマン

2021-03-11 13:28:37
しばろく@好き作品考察妄想多趣味アカウント @tcbn_sibainuman

・流星3では自分の描いていた筋書きを散々台無しにされたという事でロックマンに(痛々しく見えるレベルで)キレ散らかして襲いかかる→過去にここまで拗らせるような事情があったのか? 以上の点から推測するとこいつも人間社会の闇が生んでしまった負の側面に立つ人物とも考えられなくもない

2021-03-11 13:28:37
しばろく@好き作品考察妄想多趣味アカウント @tcbn_sibainuman

ハイドの人物像をまとめてみたら、自分の創作物を周りが評価してくれないせいでコンプレックスを抱くようになり、それで承認要求に取り憑かれて道を誤ってしまったタイプに通じるものがあるな

2021-03-11 13:32:10
しばろく@好き作品考察妄想多趣味アカウント @tcbn_sibainuman

流星2から登場したハイド氏は自分の唯一の趣味である創作活動という事で手掛けた創作物(=脚本)が元々才能に乏しい事もあって周囲から評価されず、更に自分の技量の乏しさや取り柄のなさから周囲に冷遇された事で拗らせてしまい、それで力に執着するようになった可能性がある。 #流星のロックマン

2021-03-11 15:35:30
しばろく@好き作品考察妄想多趣味アカウント @tcbn_sibainuman

作中で見せた力への執着や、力を失う事への恐れからの取り乱しようは過去の事情からずっと抱えていた力の乏しさから来る劣等感によるものだと考えられるし、オリヒメの軍門に下ってでも自分が大きな力を得る事で世間から認められるような存在になろうとしていた、という承認要求思想があったのかも

2021-03-11 15:47:59
しばろく@好き作品考察妄想多趣味アカウント @tcbn_sibainuman

もし流星4が出たらハイドの過去や力に執着していた本当の理由が明かされそうな気はするが、3の終わり方と合わせて続編が望めない現状だし結局謎のままなんだろうなー なんかの資料本で明かされたりはしないのかな?

2021-03-11 16:05:18
0
まとめたひと
しばろく@好き作品考察妄想多趣味アカウント @tcbn_sibainuman

某柴犬好き一次創作者の好きな作品考察、二次創作妄想専用の多趣味アカウントです。ジャンルは幅広く取り扱っていますが、現時点ではロックマンシリーズ、ドラクエシリーズ(主にダイの大冒険)、ジョジョに関する話題が多め。詳しい説明はツイフィール(https://t.co/2AVVf7BpzV)にてどうぞ。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?