2020年5月15日
国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館にて2020年1月7日~3月13日に開催された、特別展「ICUに眠るコレクション探訪」の紹介ツイートまとめです。展示詳細はこちら→https://subsites.icu.ac.jp/yuasa_museum/exhibition_list.html
0
ICU湯浅八郎記念館 @ICU_museum

【本日初日】明けましておめでとうございます。今日から特別展「ICUに眠るコレクション探訪」オープンです。本学にどんなお宝が残されているのか、知られざるコレクションをご紹介。冷たい風吹くキャンパスですが、館内あたたかくして、みなさまのお越しをお待ちしています! 本年もなにとぞご贔屓に。 pic.twitter.com/HHuIY5RmEq

2020-01-07 13:49:50
拡大
ICU湯浅八郎記念館 @ICU_museum

【ICUに眠る…】今回の特別展の主役はこのお二人。その名もドナルド&ミルドレッド・オスマー夫妻です。図書館新館建設への貢献など本学に所縁のある御仁なんですが、化学工学研究や社会貢献といった素晴しい業績とは別に、え!こんなの集めてたの?とビックリの日本美術コレクションを残されました。 pic.twitter.com/Xpw2V5HxyF

2020-01-08 11:00:34
拡大
ICU湯浅八郎記念館 @ICU_museum

(承前)そのどれもが、自らの目で集めたという愛着が感じられるものばかり。本展では晩年ご夫妻から寄贈を受けた350点の中から、浮世絵、漆器、刀のツバなど140点をズラリご紹介します。このユニークなコレクションをお披露目するのは、実に20年ぶり。知られざる「お宝」、じっくりお楽しみください!

2020-01-08 11:45:43
ICU湯浅八郎記念館 @ICU_museum

【ICUに眠る…】特別展ポスターに採用した画像は、有田焼のイヤープレート。日本美術愛好家オスマー夫妻が、なんと30年間も毎年、NYから佐賀の窯元に依頼していた特注品です。夫妻がデザインした図柄はどれもとってもラブリー。裏に年末年始の挨拶を焼きつけ、世界中の友人に贈っていたそう(溜息)。 pic.twitter.com/Pa17A8DwmC

2020-01-25 11:24:29
拡大
ICU湯浅八郎記念館 @ICU_museum

(承前)プレートのモチーフで多いのは、ご自慢の庭の風景を描いたもの。ん?和風? 好きが高じてマンハッタンの邸宅に日本庭園をどーんと造ってしまったもよう。ブロンズの鶴や吊り灯篭の向こうには、うっすらと摩天楼のながめが浮彫で表現されています。 pic.twitter.com/bNFNIajWM0

2020-01-25 15:56:14
拡大
ICU湯浅八郎記念館 @ICU_museum

(おまけ)こちらは噴水のコイ、その名も「フリッパー」ですって。それを言うならイルカですよ、オスマー先生! pic.twitter.com/3kfjFb4JVe

2020-01-25 16:04:19
拡大
ICU湯浅八郎記念館 @ICU_museum

【ICUに眠る…】オスマー夫妻はおしどり夫婦として知られ、「三日と離れて過ごすことはなかった」ほどの仲良しだったそう。世界中を旅する時もいつも一緒。ふたりでこんな錦絵を手にしながら、日本への旅行の計画を立てていたのかもしれません。オスマーコレクションより、広重の五十三次名所図会。 pic.twitter.com/8rXg8DIHve

2020-02-05 11:18:46
拡大